大天使ミカエルとセラフ・ローズオーラ
2017 / 03 / 16 ( Thu )
お客様からのミカエルご指名で、描かせてもらいました。

大天使ミカエル

前回載せたアップの写真は、これが元絵です。

20170314101212729.jpg

お客様からのご感想メールの一部を紹介します。

先日、大天使ミカエルの絵が届きました。

ありがとうございます♪

1年以上前にお願いした、大天使ラファエルの絵の時もそうでしたが、届いた絵を開封して見た瞬間、涙がでて止まりませんでした。

心が先に反応しているようです。

今年から、ようやく自分のやりたい道をスタートさせました。
不安と怖れからなかなか腰が上がらず、考えてるだけで行動に移せずにいましたが、何かに背中を押された感があり、やっと1歩踏み出せたんです 。
なので、きっとミカエルがサポートしてくれてるんだろうと思っていたところ、同封されていたメッセージに

『行くべき道の少し前の所から、「こっちだよ。」と促しているような そんな感じの絵になりました。
勇気を出して、その道を進んで行かれる ことになるのかな、と思いました。』

と書いてあったのに驚きました。まさにそうなのですから。


やりたいことの一つに、「エンジェルリンク」のファシリテーターとしての活動があります。
先月、5天使すべての伝授が終了したので、自分へのご褒美として、民絵さんの天使の絵を注文させていただきました。

さ っそく前回の大天使ラファエルの絵の隣に、ミカエルの絵も飾りました。
並べてみると、すごく嬉しくて幸せな気分になります♪



絵を見て涙が出て止まらなかった…というのは、私にとっては最上級の褒め言葉です。
このお仕事をやってて良かった!と心底思わせてもらい、ありがたくてメールに向かって手を合わせたくなるほどでした。

背景が出来上がって、さてミカエルの姿を…と思った途端、背中をこっちに向けて、顔だけこちらに少し振り返っているような、そんな姿が思い浮かんだのでした。
描き終えてみると、道の少し先の方から「こっちおいで。」と後ろでモゾモゾしている子供に言っているお父さんやお母さんみたいにしか見えなかったので、あのようなメッセージを添えさせてもらったのでした。
すると、どんぴしゃりの絵と言葉だったようで、「さすがミカエルだなぁー。」と思ったのと同時に、「ちゃんと通訳できてて良かった。」とホッとしました。



それからですね。
こちらのお客様から、セラフ・ローズオーラの絵は描けますか?というお問い合わせもいただいたんです。
(今すぐというわけじゃなくて、もしいつか頼むとしたら可能かどうか、というお問い合わせです。)

そのメールの文章を読んで、
「あーーーー……。そいえばむかーーし描いたなぁ~~。」と思い出し、画像を漁ってみました。
ありましたありました。

セラフ・ローズオーラ

ペラい紙にラクガキ程度に描いたものですけど、エンジェルリンクのファシリテーターでもあった友人が、当時何故か私に必要だと思ったそうで、セラフ・ローズオーラとのご縁をつないでくれたんです。
その時の感覚を絵に残しておいたのでした。

ずーっと忘れてましたが、必要だったんですねぇぇぇ~。
ありがたいことです。
10 : 51 : 54 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「そもそもお前が実現したい自己って何だよ?」
2017 / 03 / 14 ( Tue )
先日、ミカエルの絵を描いた時に、絵の一部をマクロレンズで撮ってみました。



ひとりで
「ミカエルっぽい!ミカエルっぽい!」
と、ニヤニヤしておりました。



さて。

確定申告の書類も税務署に提出し、やれやれといったところだったのですが、
ここ数日は基本的にもにょーーーんとしておりました。
そういう星回りだったのかもしれません。

そいえば、12日(日)の23時過ぎに乙女座の満月だったようですね。
その翌日13日…って昨日ですけど、昨日の正午ちょい前に「お!」がやってきました。

ここ2年ほど氣乃さん伝授のヒーリングをちまちまちまちま…と続けたことによって…だと思ってるのですが、
自分の中の「ベースライン」みたいなものが少し上がってきたなー、という感覚になっています。
さらに、去年の11月にこじ蔵さんのセションを受け、自分の中にずーっとあった「目立つのが怖い」という過去世由来の不要となった思い込みもそこそこ解消されていきました。

そうなったところで、私のホロスコープに対する月子さんの解釈を再考してみると、どうしても「自己信頼ができていない」というところに行き当たってしまうのでした。
そんなことを考えているうちに、この数日は自分が停滞しているような、そんなもにょーんとした気分になっていったのでした。

すると昨日、とあるツイートが目に入りまして。
それは、子供を通して自己実現するしないの話だったんですが、それを読んで


とツイートしたんです。
娘がディスレクシアだと分かった時に、私は自分自身に隠しつつもガッツリそういう意識を持ってる、ということを自覚させられたのでした。
そんなことを思い出しつつツイートしてたのですが、はたと問いが浮かんだのです。

そもそもお前(私)が実現したい自己って何だよ?

と。
すると、するするする~~~と、絡まってた紐が解けるかのような感覚になりました。



いやいや。

実現したい「自己」なんて、そもそも無いやん。

信頼すべき「自己」なんて、この肉体の「表層意識の私」としての「自己」には備わってないやん。

つまり、その「自己」である自分を信頼するなんてことは、ハナっからできないことなんや。

信頼すべきは、高次の自分、神なる自分しかないやん。

脳の働きによって表出している「私」なんてのは、実在ではなくて『働き』でしかないもん。

スマホのアプリみたいなもんや。

実在する本体はスマホなのに、1アプリ(プログラム)を実在する自分自身だと、どうしてもすぐに思い込んでしまうんやな~。

で、この『働き』(アプリ)を洗練するために、知識を得て知性を磨く(アップデートする)ということは良いことではあるけど、そうすることで【「私」を信頼に値するもの】へと変えていこうとしてたのが間違ってたんやな。

信頼できないものを信頼しようとしたって、いつまで経っても信頼できるわけないわな~。

自己信頼できてへんのが正解やったんやな~。

でもって、信頼すべきものを信頼しない限り、私の六芒星のエネルギーは回せないままなんやろうなぁ…。


……と、『今まで頭で分かってたこと』が『お腹の辺りまで落ちてきた』のでした。
頭では十分分かってたことなのですが、なーんだこういうことか……と、お腹で分かったのでした。


頭で分かってるのと、お腹で分かるのって、雲泥の差だよね!




は~……、すっきりした~……と、いう感覚になったところで、丁度正午のサイレンが鳴ったのでした。
まるでなんだか1枚脱皮したような、そんな心持ちになったので、近所の神社にお参りに行ってきました。
お腹の辺りに落ちてきてくれました、ありがとうございます、とお礼を言ってきました。
おみくじ(←神様からのお手紙だと思っている)を引いたら大吉でした。
「今はイマイチやと思ってても、ええ感じになるよ~。」というお手紙でした。


そしたらさきほど、こんなツイートが流れてきました。


ここで言う「エゴ」が「働き」のことで、「あなた」が「神なる自分を信頼している私」だとすれば、その通りだよな~、と思いました。


「人の子よ、ようやく分かったか。」

14 : 34 : 44 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たみえはマクロレンズを手に入れた!
2017 / 03 / 08 ( Wed )
ペンデュラムに続き、たみえかーさんはスマホ用マクロレンズを手に入れました!
それも百均で!

私のスマホはダブルカメラなのでマクロレンズは使えないかなー、と思っていたのですが、メインカメラの方にくっつけてワイドアパーチャ機能をOFFにすれば使えました~♪
一眼のカメラでもよく接写で撮ってたんですが、もっと手軽にできて楽しいです~♪

紅梅

オオイヌノフグリ

inahoサボテンちゃん

時空のトンネル接写

これは月子さんにプレゼントしてもらったお気に入りの「時空のトンネル」(FUSION FACTORY) にレンズをべったりくっつけて撮りました。
コレです。
時空のトンネル

今日はスーパーで釜あげしらすを買ったので、タコの赤ちゃんやイカの赤ちゃんが混ざっていたら撮りたいと思っております!
17 : 19 : 27 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
たみえはペンデュラムを手に入れた!
2017 / 03 / 06 ( Mon )
先日、とある人とおしゃべりをしていましたら、テーブルに置かれてたその方の本の上に水晶のペンデュラムが乗っかってるのが目に入りました。
それまでも、その方のペンデュラムは目にしてたと思うんですが、突然すごーーーく気になり出し、
「ちょっと触ってみていい?」とお願いすると、快諾してくださったので触らせてもらいました。

……すると、動くんです。

わあああああ!となりまして、一気にペンデュラムが欲しい~~!となってしまいました。
今までペンデュラムが欲しいとか、使いたいとか思ったことがほとんど無かったのに、です。
まるでストーブの点火ボタンを押したかのような変化でした。
いきなりボッ!と燃え出した…みたいな。

頭にすぐに浮かんだのは、白魔堂さんのコレでした。
「ミカエルの導き」ですよ!ミカエルですよ!
……しかし、初心者も初心者の私にはこんな強いヤツは使いこなせないよな~、と思いまして、これは断念。
※売れちゃいましたね!

じゃあ、お花ちゃんにシンプルなペンデュラムを作ってもらおうかな~……なんて思っておりました。

で、ツイッターで「ペンデュラムが欲しい。」とツイートしたところ、月子さんから「ペンダントでいいやん。」とリプが来たのでした。
ペンダントか~…。
でも、丁度いい感じのってあったっけなーー?
と、翌日だか翌日だかに思い立ってゴソゴソと探してみました。



…すると、ありました。

伯母の形見の1つに、キューブ型の水晶のペンダントがあったのです。
子供の頃に伯母のところに行く度に、この水晶をせっせと磨いていたくらい私は大好きなものでした。
私が20歳の時に伯母が亡くなったのですが、伯母には子供がいなかったので(ただ一人の姪っ子である)私がアクセサリーをいくつかもらいました。
その中の1つだったのですが、好き過ぎてずーーーーっとしまってあったのです。
チェーンも細いので、切れて失くしたらイヤすぎるし。




というわけで、今日から君は私のペンデュラムだ!と、宣言しまして、使ってみました。



……動きます。ちゃんと動いてくれます。



感動しました。



が。
「これは欲しい答えが出るように、無意識に微妙に指を動かしているに違いない。」
と思う私もいます。
そして、そういう考えを前面に出して質問してみると、これがほとんど動かないんです。
そりゃそうですね。

ダウジングに科学的な説明をしようとは元々思っていないのですが、
それでも「欲しい答え」を求めて水晶を振るのではなくて、質問に対してできる限りニュートラルでいることが大事そうだなー、と思いました。
そこが難しそうです…。


というわけで。
こんなサイトを見ながら練習してみました。
http://dowsing.jp/101/index.html

ちゃんと動いてくれるんですよ!
ちゃんと止まってくれるんですよ!
(や、だから、無意識で指を微細に動かしてるからに違いないんですけど、自分の身体を動かしてるものが何か、なんですよね。ニュートラルであれば、その何かが「エゴ」ではない可能性が高くなりますもんね。)


ずっと愛着を感じてた水晶なので、こうして「使う」ことができるのが、とても嬉しいです。
水晶ちゃんも嬉しいに違いない、と思い込んでおります。
11 : 19 : 45 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春が来ましたね。
2017 / 03 / 03 ( Fri )


春が来ましたね。
……春はどっちかっちゅーと苦手な季節なのです。
体調が乱れやすいので苦手な季節です。
でも、ちょっとソワソワするような、そんな感じは嫌いではないです。

去年の春は息子が地元の小学校卒業・支援学校中学部入学ということで、寂しさもあり、多少の不安もありましたが、
支援学校へはすぐに慣れて、毎日楽しく通ってくれているので、一年前の私に「予想以上にええ感じやよ♪」と言ってやりたいです。


今年の春は、みなさんにとってどんな春になりますかね。
別れもあるかと思いますが、素敵な出会いのある春になるといいですね♪

14 : 56 : 52 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
出会ってしまったら、仕方がない。
2017 / 02 / 28 ( Tue )
「出会ってしまったら、仕方がない。」

先日、「なみだの分かちあいアジア」というNGOの代表である「りゅうさん」がおっしゃった言葉です。
出会ってしまったので、りゅうさんはずーーーーーっとアジアの各地で大変な思いをしながら生きている人たちのために活動を続けていらっしゃるのだそうです。

STA

多少は知ってることもありましたが、やはり知らないことがいっぱいでした。
危険な場所にも赴いて、現地を見てきている人の言葉は重たかったです。
りゅうさんも言葉に詰まることがありましたし、会を主催してくれたinahoの店長さんは会の早いうちから目に涙を溜めていました。
今回は、特にバングラディッシュのチッタゴン高原における少数民族虐殺についてお話を聞きました。
(良かったらこちらなどを参照してみてください。)


そんなお話を聞いて、知り合いの参加者さんの中には、恵まれてるのにコレといって何もできない自分たちに罪悪感に似たような気持やもどかしさを感じていたようでした。
それこそ、出会ってしまったら仕方がない、のです。
知ってしまったら、そういう気持ちなるのは仕方がないのだと思います。
「自分には関係ないことやし~。」とスルーできるくらいの人なら、あんな会に参加しませんからね。
ですから、そうやって心が強烈に動くというのは、大切なことだと思います。

しかし、やっぱり罪悪感は要らないものだと思うのです。
悲しみや怒りは行動力の源泉となることができると思うのですが、罪悪感はモノゴトのねじれを解消するための行動力を呼び起こすことはとても少ないような気がするのです。
自分を責めるだけで終わってしまうような気がするからです。

ですから、出来事に対して悲しみや怒りを感じてる途中で、それが罪悪感になってしまいやすい人は、まずはそういう自分の中のねじれを解消することから取り組むべきなんじゃないか、と私は思います。
それでも全然遅くないと思います。
と、言いますか、それが結局は一番の近道なんじゃないかな、と思うのです。
私たちはみんな「ねじれまくってる存在」なのでしょうから。






や、しかしほんと、「出会ってしまったら、仕方がない。」という言葉には、深く頷くしかありません。
人生を捧げるような仕事であったり、パートナーであったり、または殺す殺されるという関係になってしまったり…。
良い意味も悪い意味も半々ですね。

でも、どんな「因」を持っていたとしても、それを「果」とするための出会いである「縁」を起動するためには、「自分がどのような言動を選択するか」にかかっているようにも思います。
どんな「縁」が発動するかは、今の自分の在り方そのもので決まるんだと思います。

……って、じゃあいきなり国が内戦状態になって難民になってしまった人たちは、そういう在り方をしてたのか?と問われると、
集団意識の状態でそうだったとも言えるかもしれませんし、そこに生まれたという時点ですでに「縁」が発動してた、とも言えるような気もします。
私たちが今の日本に生まれた、ということも、そうでしょうし。

………って、じゃあ好ましくない「因」の「縁」が発動してしまったら、もうどうしようもないのか?と問われると、
それを完うするしかない、とも言えるかもしれませんし、「その出来事に対してどう反応し、どんな言動を選択するか」を更に問われてる、とも言えるような気もします。



出会ってしまったら、仕方がない。


…ので、まずはそれを受け入れる。
でも同時に、その出会いをどのようなものにしていくのか、の裁量権を与えられてることも忘れない。

そういうことなんじゃないかなー?と、私は思います。
11 : 28 : 39 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒーリングセションを受けたら放置口座が気になり始めたので…
2017 / 02 / 22 ( Wed )
このヒーリングセションを受けてから、変化…と言っていいですかね。
分かりやすい変化が2つほどありました。

ひとつは、腰回りのお肉が落ちたことです。
私は痩せてる方なんですが、それでも中年になってから脇腹に肉が付いてきました。そして落ちない落ちない。
それが、ヒーリングセションを受けてから特に何もしていないのにスッキリしてきたのです。
心や精神と体は無関係ではありませんから、「心や精神の方で要らないものが落ちた」のかもしれません。

そして、もうひとつが、ずーーーっと放置してあり、すっかり忘れていた銀行口座のことが突然気になり出したのでした。
「これはお金を大事にしてないことになっとる!それはいけない!」と、なんともソワソワした気持になってしまったのでした。

放置口座は3つありました。
すべて会社員時代に必要があって作った口座でしたが、なんがかんだで最終的には数百円預けたまま10年以上も放置してしまいました。
2つはメガバンク、1つは地方銀行の口座だったのですが、2つのメガバンクはそれぞれ統合していて銀行名も違いますし、
そのうちの1つのメガバンクと地方銀行の口座なんて旧姓のままでした。

なので、気になり出したものの、どれも解約が手間取りそうで面倒だなー……と、思ってなかなか銀行に問い合わせをする気力が出ずに、ズルズル先のばしにしていました。
ズルズルしっぱなしではさすがにマズいと思い、「面倒でも3月中には片づけるぞー。」と少し前に目標を設定したところでした。


しかし、です。
日曜日の夜からちょっとお腹の塩梅がイマイチになり、結果的に「ナチュラル・プチ断食」の状態になりまして、
それを超えて…昨日のお昼前に突然…本当に突然だったのですが、「口座を解約しないと!」と気力がいきなりモリモリ湧いてきまして、すぐにそれぞれの銀行の最寄りの支店に電話して問い合わせたのでした。

さすがメガバンクです。
どちらも問い合わせに対しての回答がとても速かったです。
その上、旧姓のままの口座でも、通帳とカードと届け印があるなら、すぐに解約に応じてくれるとのことでした。

地方銀行の方は、問い合わせに対しての回答にもちょっと時間がかかっていましたし、旧姓のままなので戸籍抄本が必要だと言われました。(その電話の後すぐに役所に行きまして、抄本も取ってきました!)
解約手続きもその場で完了ではなく、残高は数日後に指定した別口座に振込ということでした。


そして、今日の午前中に3つの銀行に行ってきました。
メガバンクは手続きも速かったです。
最初に行ったメガバンクの方なんて、「長いことお取引していただいてありがとうございました。」と案内係の方にも担当の方にも、さらになんだか恰幅のいいオジサマにも丁寧に言ってもらっちゃいまして、
『いやいや、ずっと放置してただけだから~~。』と内心申し訳ない気持になるくらいでした。
でも、あんなに丁寧に対応してもらえると、この銀行のネットバンク用口座を作っちゃおうかな~、と思うくらいでした。

もうひとつのメガバンクの方は、そういう丁寧さよりも迅速な処理!という感じでした。
これはこれでありがたかったです。

地方銀行は一番手間がかかりましたが、対応や雰囲気に「あ~、昔ながらの銀行って感じや~。」と思いました。
洗練はされてないんですけど、それはそれでいいのかも、と思いました。




というわけで。
スッキリしました!

21 : 33 : 08 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「不和」は唆す。
2017 / 02 / 19 ( Sun )
人の子よ。我にカリカリを捧げよ。



黒丸さん、すっかりブ子兄さんよりデカくなっています。
チンコは無いけど元気です。






さて。
今朝のことです。
だら~っとツイッターのTLを眺めていましたら、こんなツイートがありました。
























「ふはーー。」となりました。
この後、自分でもツイートしたので内容は半分くらい重複しますが、このブログにちゃんと書いておこうと思います。

この一連のツイートに対して「ふはーーーー。」となったのは、とどのつまり『自分を真に信頼する』という私の人生の命題から派生してる課題の1つだからなんです。
『自分を真に信頼する』ことと『傲慢になる』ことは別のことであるというのは頭では分かってるんですが、どうしても傲慢さ回避で自己評価を下げる癖が抜けませんし、本気で抜こうとも思っていないのかもしれません。
手を緩めると私はすぐに傲慢になる、という思い(込み)があるからです。

しかし、傲慢になることもなく真に自己を信頼するためには、『大元の神と呼ばれるような存在』…またはうんと下がって『己のハイヤーセルフ』にすべてを委ねきるしかないというのも頭では分かっています。
分かっているんですけど、それは非常に難しいことでもあって、ついつい(純度の低い)思考が走りまくって、いつものやり方に陥るのです。

すべてを『大元の神』または『真の自己』に委ねきることと、何も考えないこと、は、これまた違うことなのに、おそらく私のアイデンティティが「思考する自分」に置かれてるので、それを手放すのを怖がっているのだろうと思います。
違うと分かってても怖いんでしょうね。
「委ねきる」ことは思考しないことでも努力しないことでもないのに。
やるべきことをちゃんとやる、という、一番効率の良いことなのに。

五井先生が『人事を尽くして天命を待つ』のではなく、『天命を信じて人事を尽くす』のですよ、とおっしゃってますが、
この『天命を信じる』というのが『大元の神様や宇宙とかハイヤーセルフ…などと呼ばれる真の自分に委ねきる』ということで、ある意味では『降参する』なんですよね。
もう、この表層意識の自分のエゴエゴしい意識の欲求をエゴエゴしい表層意識の努力だけで叶えようと躍起になるのは無理無理ぃぃ~、と、潔く降参し、何があっても真の自己を信じきる、委ねきる。
それができて始めて、やるべきことをしっかりやる(人事を尽くす)ことができる……ということです。


頭では分かるんですけどねぇぇぇぇぇぇぇ。


と、まぁ、委ねきることの難しさを15年近く感じ続けてはいたのですが、現象界のレベルといいますか、表層意識のエゴエゴしい自分というレイヤーと言いますか……そこでの知的欲求の充足を自分自身のアイデンティティとしている部分があって、それを手放すことに対して(しかしそれは決して思考することを放棄するわけではないのは分かっているのに)強い抵抗感が何故あるのか、が分からずにいました。

そしたらですね、先日と昨日と2回に分けて、月子さんから興味深いメールが届きました。
私のネイタルチャートにおける火星についてと「絶対に勝てない相手」という意味のパラスという小惑星についてです。
実は私の火星は「避けられない不幸」という意味の小惑星と「不和」という意味の準惑星とで厄介なアスペクト(角度)を取っています。
この「避けられない不幸」な小惑星の度数が、サビアンシンボルでは「知的好奇心満々で新天地を冒険する」みたいな意味のところにあるんです。
知的好奇心満々で新天地を冒険するって、好ましいことのはず。
でもそれをやると避けられない不幸を呼び込むことになる……というのが、どうしてもピンと来てきませんでした。

しかし、月子さんのこれらのアスペクトと、追加でパラスの解釈を読んで、ちょっと分かったような気がしました。
「避けられない不幸」をさせようさせようと「不和」が唆し続けていたのです。

知的好奇心は絶対的に良いものだ、という価値観が自分の根底に在り、それによる恩恵をたくさん受けてきたのも確かなのだけれども、
その思い込みが私を容易に傲慢にさせることを、私自身は無意識に分かっていた………ので、(せっかく自己肯定感は根付いているのにも関わらず)自己評価を常に低くしよう低くしようと躍起になっていたわけです。

……ありがたいことに、「避けられない不幸」な小惑星のすぐ隣の度数に「パート・オブ・フォーチューン」があります。
この感受点の解釈も簡単ではなさそうなのですが、少なくとも私にとっては「最後の魔女」みたいなものなのではないかな、という気がします。
眠れる森の美女で、悪い魔女が呪いをかけた後に、最後に残った魔女がその恐ろしい呪いを緩和する祝福をする、というアレです。
なので、Curiosity killed the catの猫にならなくて済んでいるんだと思ったりします。

でも、それも今までの話であって、これからは違うんでしょうね。
気づいてしまったのですから。
「不和」の唆しを振り切って、真の自己を信頼しきって六芒星の示すところをやるしかない……のでしょうね。



嗚呼さりとて、「不和」の唆しに抗うことの難しさよ~~~~~!
15 : 40 : 26 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
願いと祈りの違いを娘に話した、というお話。
2017 / 02 / 15 ( Wed )


今日まで学校に行けない息子は、妖怪ウォッチのメダルを出し入れしたり、タブレットで「ぐるぐるマップ」(←グーグルマップのこと)を見たり、友達の名前をたくさん書いたりして遊んでおります。


しかし、おとーちゃんはお布団の中です。
実は、日曜日の午後からダルいと言い出し、月曜日に発熱しまして……。
インフルエンザA型でした。
多分、息子を休日夜間診療所に連れてってくれた時に罹ったんだと思います。
待合室に50人くらいいて、そのうち20人くらいがインフルエンザっぽいなー…と思ったそうですから、ちょっと喉が弱っていたおとーちゃんが罹ってもおかしくなかったと思います…。

おとーちゃんも熱は火曜日の朝から引いてるんですが、まだちょっとダルいみたいです。
お仕事をいろいろ抱えてて大変そうなので、与えられた休息と捉えてゆっくり休んでくれたらいいかな、と思います。






というわけで。
NOインフルエンザな私と娘が昨日は一緒にお風呂に入ったのですが、
娘が突然質問してきました。

「世界が平和であるように、と思ってることって、口先だけのことなの?」

学校で何かあったのかなー?と思いつつ、その疑問は横に置いておいて、湯船につかりながら娘の質問に答えていきました。



「もちろん、娘ちゃんが世界が平和であるようにと思って、何か行動したとしても、世界は平和にならんよね?」

「うん。」

「娘ちゃんがトランプさんみたいにアメリカ大統領になったとしても、それは簡単なことやないのは分かる?」

「うん。」

「ってことは、誰が平和を願って行動したとしても、世界はそうそう変わるもんやないのは分かるやんね?
でも、『自分1人が選挙で投票したって日本は変わらない。』と思ってたくさんの人が投票せーへんかったら、変わるもんも変わらんやろ?」

「うん。」

「だから、どうせ無駄だからって何も期待せんくて何もしないというのは違うってのも分かるやろ?」

「分かる。」

「そういう意味では、小学生の娘ちゃんであっても、世界を変える直接的な力が無いから無駄やと世界の平和を望まないというのは良いことやないってのは分かるよね?」

「うん。」

「でね。それとはまた別の意味でね、『祈り』と『願い』は違うんよ。」

「違うの?」

「違うんよ~。これが。願いは…娘ちゃんは立春にお稲荷さんの奥の院に行ったやろ?あそこでおじさんに『ダキニ天さんにお願いしてくださいね。』って言われたやろ?それで『ソロバンとトランペットが上手になりますように。』とお願いしたやろ?それはお願いなんよ。だから時間が経つとお願い事はどんどん変わっていくんよ。娘ちゃんが中3やったらきっと『第一志望の高校に合格しますように。』ってお願いするやろうし。」

「ああ、そうやね~~~。」

「でもね、お祈りは違うんよ。何歳になろうがどんなことが起ころうが、同じことを祈り続けるやろ?自分がお金持ちになったら世界が平和にならんでもいいや~、ってならんやろ?」

「ならんならん。」

「それにね、お祈りはね、あれは自分でしてるようで、自分でしてるんやないんよ。」

「どゆこと?」

「人間はみんな大元の神様から光っちゅーか、命をね、わけわけしてもらって生まれてきてるからね、みんな大元の神様とほそーーーい糸で繋がってるんよ。お釈迦様とかイエス様とかは、その大元の神様とずどーんと繋がったから糸がちょーーー太くて、体そのまんまの太さやけど、娘ちゃんやおかーさんはほっそーーーい糸くらいなんよ。あ、○○先生(←豊橋の霊能師さん)やと親指くらいの太さかもしれんね~。とにかく、普通の人はほっそーーーい糸で繋がってるんよ。でもね、大元の神様と自分の間に黒い厚い雲がどんよりかかってるとね、糸が繋がってることすら分からんくなってしまうんよ。」

「あー…。クラスメイトにそういう感じの子おる…。神様なんておらんって言う。」

「そうなると、大元の神様からの光がちゃんと届かんのよ。でも娘ちゃんはほっそーい糸やけど、ちゃんと届いてるから、世界が平和になりますように、って本気で思えるんよ。世界が平和になるようにって本気で思ってるのは、実は娘ちゃん自身やなくて神様からの光がそう思わせてんのよ。それが祈りなんよ。」

「あーーー!そうなんやーーー!分かった!すごい分かった!」





と、
娘は納得してくれました。
どうやら、学校で読んだ本の中に「そんなの口先だけだ。」という話があったようで、それで自分もそうなのかな?と疑問に思ったとのことでした。



ちなみに。
私は(入信はしてませんけど)五井先生の世界平和の祈りをずーーーーっと続けておるのですが、
五井先生も、それを教えてくれた豊橋の先生も、それこそ最初は口先だけでいいから続けてね~、と言ってまして、
それは娘に説明したことの「逆」のことが起こるからなんです。
口先だけで祈り言を言い続けると、それが少しずつ少しずつ大元の神様からの光を通してくれるようになって、いつしか口先だけの祈り言から「祈り」になっていくんです。
それはどんな宗教の祈り言でもそうなんですよね。
たまたま私は五井先生とご縁があったというだけで。
ですから、信仰というのは、「どんな状況であってもその祈り言をずーーーーっと言い続けることができるしぶとさ」とも言えるような気がします。


…とは言っても、これはやっぱり古いやり方なんでしょうね。
スピ的にはいろんなメソッドがあるようですし。
昔なら死ぬほどの修行でもせん限り知り得なかったことを本やネットで知ることもできますしね。(←あくまで「情報」という意味で、ですけどね。)

でも私は古いやり方が好きなんですよねぇぇぇぇぇ♪
14 : 48 : 14 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
リレンザを上手に吸い込めるか問題
2017 / 02 / 12 ( Sun )


金曜日に支援学校から帰宅した息子がちょっと熱を出しまして、
その上、「今日は(隣の席の)○○くんがインフルエンザでお休み。」と言ったので、ヤバいな~~~~~……と思っていたら案の定でした。


土曜日は祝日だったので、市内の休日夜間診療所におとーちゃんが息子を連れてってくれたんですけど、
「薬はどうする?」とメールが来ましてね。

……小3の時にインフルエンザに罹った時にリレンザを処方されて、初回は吸い込めなくて吹き散らかしたんだよなぁ。
これって知的障害児あるあるらしくって、去年末に支援学校のクラスのママさんたちと『リレンザ吹き散らかし問題』を話してたんだよなぁ……。
でも、もう中学生だし、なんとかなるんじゃないかなぁぁぁ…。

と、思いまして、リレンザでいいよと返しました。
(その診療所では10歳以上はリレンザを処方されるらしいです。)






40℃近い熱でホコホコふらふらの息子に、リレンザを吸い込ませなければなりません。
深呼吸の仕方を見せて、一緒に息を吸ったり吐いたりしてから、いざ!






……1つ目を吹き散らかしました。





あああああ~……。
やっぱりダメだったか~~~~……。







しかし、2つ目は半分は吸えたみたいで、
さらに、「ラーメン食べるみたいにするんだよ!」で、しゅっと吸い込むことができました。


母は「ラーメン食べるみたいにするんだよ」という呪文を獲得しました!



夜はほぼほぼ吸い込めました。
やったね息子よ。





というわけで。
ラーメンを食べるみたいに吸い込んだリレンザのおかげで、今朝は平熱……いや平熱以下に下がっていました。
しかし、水曜日まで学校に行けないので、学校大好き息子は「治ったのにー。」と納得できずにおります。
熱が下がったら治ったと思うよねぇぇぇ…。
でもまだまだウィルス撒き散らしてるんから、おとなしくしててねぇぇぇぇ。

21 : 09 : 40 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ