知人に贈った「つなぎの絵」
2017 / 06 / 01 ( Thu )
プレゼント絵を今週月曜日に投函したので、そろそろみなさんのところに届いてるかと思います。
届いたよと3名の方からメール等をいただきましたが、喜んでくださってるようでホッとしております。

またプレゼントさせていただきますので、今回ハズレだった方もまた懲りずにご応募くださいね!
よろしくお願いします!



さて。
今日は、一か月以上前に知り合いにプレゼントした絵をアップします。


プレゼント絵

某所でちょいちょいお会いしてる方でして、現在の目標に達した時に私に絵を注文したいと言ってくださってました。
その時を楽しみにしてるね~♪と私も言ってたのですが、
ある日突然、「つなぎの絵」を渡した方がいい、と何故か強く思ったのでした。

「今の彼女にとってのゲート」のように感じました。
彼女が目標に達するためのサポートの絵なのかもしれません。


そいえばですね。
プレゼント絵が届いたよとメールをくださった3名の方々が、もちろん表現はそれぞれだったのですが、現在「変容の流れの中にいる」ような…そんな感じのことをおっしゃっていました。

我々は「常に変容を促されている」のだろうとは思うのですが、その促しが緩やかな時と激しい時があるような気がします。
もしかしたら、私の絵が届くというのは『ちょっとばかり促しが激しくなりますよ』というサインでもあるのかもしれませんが、促しが激しくなったというのは、単に「そこそこなだらかな登り道だったところから、少し坂道の角度が急になってきた」くらいのことだと思いますし、結局は山の頂上まで登らないといけませんもんね。
来世まで持ち越しになったとしても、ある程度は登っておきたいですしね~。

そうは言っても、肉体に宿っているこの「意識」の自分としては、しんどいのはイヤですし、できれば楽に登りたいですよねーー。
……でも、おそらく、ハイヤーセルフと呼ばれる自分が「これが最適の道」と選んでるのですから、登るしかないんですよねぇぇ。
とほほ。


というわけで、お互い頑張りましょう!
頂上でまたお会いしましょう!
11 : 59 : 45 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
★プレゼント絵の追加と当選者発表です★
2017 / 05 / 25 ( Thu )
民絵屋プレゼント企画にご応募ありがとうございました♪

というわけで、1枚追加です。
メタトロンです。
強いです!
メタトロン


では!
当選者を発表します♪
当選者の方は、当ブログのメールフォームまたはmixiのメッセまたは(相互フォローの方は)TwitterのDMにて

お名前・郵便番号・ご住所

を送ってください。
よろしくお願いします。
どの絵になるかは、届いてからのお楽しみということでお願いします♪












当選者は~……












くじ

あき さん

nico さん

usobukiii さん

sounori さん

ケイミー さん


の五名です。
おめでとうございます♪♪
19 : 19 : 09 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(15) | page top↑
会話はどんどんあらぬ方向へ
2017 / 05 / 24 ( Wed )
民絵屋プレゼント企画にご応募くださったみなさま、ありがうございます!
今夜にでもくじびきをしたいと思います♪





ブ子

さて。
昨日のことなのですが。


昨日は朝からお腹が痛くてゴロゴロしてたのです。
娘が帰宅した時なんてウトウト寝てました。

でも、友達が3人遊びに来るというので、お母さんは居間で横になってるから隣の部屋で勝手に遊んでてねー、って娘に言ったわけです。
そしたらですね、遊びに来た友達の中のAちゃんが、私の様子を見て、
「あ、じゃあ、外の公園とかで遊んだ方がいいんじゃない?」と、娘に言ったんです。
なので、
「ああ、いいよいいよ~。おばちゃん、お腹がちょっと痛くて横になってるけど、勝手に遊んでくれればいいから~。」とAちゃんに言いました。

娘が体調不良で困った時もAちゃんは「いいよいいよ。私がやっておくから保健室に行っておいで。」と言ってくれるそうなのです。
ですから、昨日のお風呂の中で娘に、
「Aちゃんはほんとにいい子だねぇ。お母さんがそう言ってたと伝えてね。」
と、言うと、娘はあらぬ方向に話を持って行きました。

「うん。Aちゃんいい子でしょ?なのにBちゃんが『Aちゃんの好きな人を探ってみんなにバラしたいから手伝え。』って言ってきたんだよ。私に。」

Bちゃんは気の強い子で、以前は正義感の強いAちゃんとぶつかることもちょいちょいあったようなのです。

「でも、イヤだって言っても、Bちゃんは聞いてくれなくて、『もう決まったことだから。』とか言うんだよ~。もうほんっとに困る~。もちろんそんな仲間には入らんけどさ…。」
と、娘が言うので、
「じゃあさ、今度また同じようなことになったら、Bちゃんに、『私はBちゃんの良いところも知ってて、そこは尊敬してるけど、そんなこと言うとBちゃんを嫌いになっちゃうよ?私にBちゃんを嫌いにさせないでよ。』って言ってみれば?」
と、アドバイスしました。
「あー……なるほど~。」と、娘も納得。

これでお話はおしまい…かと思ったら、娘はまたあらぬ方向に話を持って行きました。

「それ、Bちゃんには通用すると思うけど、Cちゃんには通用しないと思う。」

あーーー……、と思いました。
Cちゃんはちょっと拗れちゃってる子なのです。

「私、悪いけどCちゃんとは関わりたくないんだよね…。」
と言う娘に、
「うん。いいんだよ。関わらなくて。班が一緒になったりして、一緒に何かしなくちゃいけないなら、それだけ協力してやって、後は関わらなくていいんだよ。みんなと無理して仲良くする必要はないんだからね。」
と答えました。

「なんでCちゃんはあんなふうになっちゃったのかなー?」
と、娘。
「うーん…。まぁ、やっぱりお母さんがCちゃんのことを本当には理解してないからじゃないかねぇ?だってCちゃん、学校でお母さんのことを『あのクソババァ、私の気持ちなんて全然分かってない。大嫌い。』って〇〇先生に言ってたのを、近くで遊んでた娘ちゃんと△ちゃんで聞いちゃったんでしょ?一緒に同じようなことを言ってたDちゃんは本当はお母さんのことを好きだと思うけど、Cちゃんは本当にお母さんが嫌いなんだと思う、って娘ちゃん、言ってたやん?」
と答えると、
「でも、Cちゃんのお母さん、すごくキッチリしてそうじゃない?」
と娘が言うので、
「やー、キッチリしすぎてるからアカンのかもよ?ちゃんと育てようキチンと育てようとし過ぎて、子育てを楽しんでなかったのかもしれんね。余裕が無かったのかもよ?余裕が無いと、子供の気持ちを見逃しやすいと思うしなぁ~。お母さんだって体調悪い時は余裕が無くて笑えんし、すぐ叱ったりしちゃうやん?」
と答えると、
「あーーー。なるほどなぁぁぁ。だってお母さん、体調が悪い時はすぐ怒るけど、体調が良い時は軽いもんね!ぴょんぴょん跳ねるみたいな感じだもん。面白いし楽しいし。」
と娘。


……反省させられました。
15 : 07 : 07 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
★民絵屋プレゼント企画★色鉛筆で描いた四大天使
2017 / 05 / 19 ( Fri )
みなさんこんにちは♪

来月から郵便ハガキの値段が52円から62円に上がっちゃうそうですね。
我が家には年賀状の書き損じハガキを官製ハガキに交換してもらったものが何枚も残ってまして、
それも50円時代のやつですわ~。

なので、ハガキに色鉛筆で描いてみました。
これを1枚ずつ4名にプレゼントしたいと思います!

でも、ハガキのままで送ったら、汚れがついちゃった…ということが以前にあったので、これを封書で送りますね。
(じゃあなんのためにハガキに描いたんや~。)

四大天使です。
四大天使

ミカエル
愛を注ぎまくってくれてる…という感じがしました。
ミカエル

ラファエル
とにかく祈り!祈り!祈り!…という感じでした。
ラファエル

ウリエル
会いたい人…というか、会うべき人に会うため…という感じがしました。無理やり言葉にすると。
そのために「あるべき自分」へと如何にして近づけるか、を問われそうです。
ウリエル

ガブリエル
これはですねーー、もしかしたら一番キツいかもしれません。
水は無意識を表わしてるな~と描きながら思いまして、それに足つっこんでますからね。ガブリエルさん。
水、跳ねまくってますからね。
結果的には癒しに至るとしても、そのプロセスはそこそこカオスかもしれません。
でも、大掃除なんてそうですもんね。一時的にカオスになりますもんね。
ガブリエル

どれが当たるかは神のみぞ知る…ということでお願いします。
ハガキを紙に包んで、どれがどれか分からないようにして封書に入れるつもりです。

良かったらご応募くださいませ♪


★★応募要項★★

◆応募資格◆
日本にお住まいの方
(82円で届けることができるって意味です~。なので海外の方なら代理で誰かに受け取りを頼んでくれてもいいです。)

◆応募方法◆
・当ブログ記事のコメント欄に「プレゼント希望」とご記入ください。
・ハンドル名は、他の方と被っていないかご確認ください。
・今のご自分からみなさんへ【お薦めの〇〇】を一緒にコメントしてください。本でも映画でも歌でもレシピでも何でもいいです♪

◆募集期間◆
この記事アップ後から2017年5月24日(水)9:00まで

◆抽選方法◆
うちの子達によるくじびき

◆結果発表◆
〆切日の翌日か翌々日にブログで発表します。
当選者の方は、当ブログのメールフォームかmixiのメッセで「お名前とご住所」をお送りください。


14 : 17 : 49 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(27) | page top↑
娘がわんわんと大声出して泣いた母の日
2017 / 05 / 15 ( Mon )


母の日ということで、娘からもらいました。



そんな娘のことですが。

昨日の夕飯を作ってる時に、娘が台所にやってきたので、なんやかんやと普通に会話していたのですが、
何だったかなー……何かの私の問いかけから、ちょっと様子がおかしくなりました。
あれ?と思っていると、娘が
「こんなことお母さんに言っちゃいけないと思ってたんだけど…。」と話し始めました。

お兄ちゃんが時々自分を睨むこと。
それをとてもイヤだと思っていること。
お兄ちゃんのことは大好きだけど、お兄ちゃんをイヤだと思ってしまう自分がイヤなこと。

お母さんはお兄ちゃんのことが大好きだから、私がそんなふうに思っていると知ったら絶対に悲しい顔をすると思って言えなかった、と娘は言いました。

知的障害のある息子にしたら、妹の方が何でもできるという事実に葛藤があるのかもしれません。
そして、そんな妹と意見が食い違うと、上手く言えなくてムッとした顔で睨んでしまうことも増えてきたようなのです。
息子が中学生になってからそんなことが増えてきたようです。
健常の子でも中学生というのは不安定さが増す時期だと思いますが、ダウン症児でも同じなのでしょう。


料理の手を止めて、私は椅子に座り、娘を抱っこしてやりました。
娘はわんわんと泣き出しました。

「そんなのね~、普通だよ~。大好きな人に対してもイヤだと思うところがあって、そこは嫌いだ~、イヤだ~、と思うのなんて普通だよ~。大丈夫だよ~。」
と、背中をぽんぽんしながら泣いてる娘に話しかけました。

「それに、お母さんが悲しむからって言えなかったなんて、娘ちゃんは優しいねぇぇぇ。大丈夫やよ~。そんなことくらいで悲しくならへんよ~。普通のことやからね~。」
と、さらに続けると、娘はもっと大きな声で泣きました。



彼女なりにいっぱい考えて、ずーっと溜め込んでいたんだなぁ、と思うと、私までホロリと涙が出ました。
そんな母の日でありました。
13 : 41 : 45 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
親子ペンデュラム
2017 / 05 / 12 ( Fri )
たみえはペンデュラムを手にいれた!
…と、喜んでいたのですが、このチェーンが切れてしまいました。

自分でなんとかしようかとも考えたのですが、ここはプロに任せた方が絶対にいい、と思いまして、お花ちゃんにリメイクを依頼しました。


それが昨日届きました!

親子ペンデュラム

なんと、もう一つはお花ちゃんからの「母の日のプレゼント」で、親子ペンデュラムとして戻ってきたのです。
いえ、もちろん私はお花ちゃんの友達であって、母でないのですが、まぁかなりの年の差もありますし、若い頃に私が産んだ子だとゆーても通るくらいの年齢差ゆえに、お花ちゃんはどこか私にオカン風味を感じていてくれているようなのです。
珠ちゃんは私のことを大学生の頃からずーっと「ママン」と呼んでくれるし、やはり私はどこかオカンちっくなのでしょう。


そんなわけで、母の日のプレゼントペンデュラムと一緒に戻ってきてくれた我が水晶さん。
ネックレスから完全にペンデュラムとして生まれ変わりました。
相変わらずよく動いてくれます。


そして、子供ペンデュラムは実子の娘にあげました。
とっっっっっっっても喜んでいました。
すぐに手にして、
「時計周りに回ってください……ああああ、回った~。」
と、くるくるやっていました。

するとですね、
「お母さんのはYESだと縦に動くのに、私のは横に動くよ~。」と娘が言い出しました。
あら?そうなの?と、私も手にして試してみたら、本当にそうでした。
石によって違うんですね~。面白いですね~~。



これでお花ちゃんはペンデュラムも作れるようになったわけですので、欲しいな~、という方は、お花ちゃんのお店からオーダーしてみたらいかがでしょうか~♪
おすすめです♪
(お花ちゃんも商品として陳列すればいいと思うよ~♪)
12 : 38 : 22 | | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
記憶の中のマルデックは緑の惑星だった。
2017 / 05 / 09 ( Tue )
ちょっといろいろありまして、なかなかブログを更新することができずにおりました。

さて。
今日のお昼前にエイトのライブDVDが届いたので、早速見よう…と思ったのですが、何故かそこからお絵描きモードになりまして、
まず、アクリル絵の具でガーっと描きまして……でも、今日は曇天のためか写真が綺麗に撮れませんので、その絵についてはまた後日。
で、その次になんとなく色鉛筆で描きたくなりまして、ぼ~っと描いていましたら、
「これ、マルデックだなぁ……。」と思いました。
……もう破壊される寸前という感じ。



2週間前くらいですかね。
これまた何故か急に昔購入したこの本を読み返したくなりました。



拾い読みをしてたのですが、な~んとなくマルデックのところは割とじっくり読みました。
その意味は、数日後に分かったのですが(←これもまた落ち着いたら後日ちゃんと書きます。)、なんとも久々にマルデックがこうやってちょいちょい出てきます。


私の中で最初にマルデックのことが出てきたのはコレだったのですが、もうこの数年はほとんど思い浮かぶことがありませんでした。
なので、久々にマルデックのことをフォーカスしている自分に対して、ちょっと不思議な感じすらしてます。
14 : 57 : 17 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こんな私ですけど。
2017 / 04 / 20 ( Thu )


以前、こんなことを書きましたが。
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/blog-entry-1297.html

この数日後、浜松のお寺に行ったのですけど、そこは浄土真宗のとある宗派ですから、もちろん「他力本願」なお話をしてくださるわけです。
そして、私たち夫婦(や家族)が豊橋の先生と20年近くも縁が続いてるというのは、「(他力本願による)救われの道」に入っているからだ、と言われました。

「他力本願」を本来の意味とは違った使い方をしている人も多いかと思いますが、めっちゃざっくり言いますと、すべての人間が救うという阿弥陀如来の「本願」によって我々は救われる、ということです。
五井先生の教えも「お任せしきる」ですし、小学生の頃に2年間ほど教会に通って聖書の教えを聞いていたのですが、イエスの教えも私からすると同じに思えていました。

振り返ってみると、私の場合は自力で救われようとする方法ではなく、神霊(神・仏・高次の自分…などなど)にお任せしきるという道を進むように促されていたんだなー、と思います。
もちろん、全員がその道を進んでるわけではないです。
私の場合は、です。

そして、浜松のお寺さんに「自力も他力もどっちもと、中途半端なのがよろしくない。」と言われて、内心きゅうううう~となりました。
『信頼すべきは、高次の自分、神なる自分しかないやん。』と思えたにも関わらず、どうしても「自分」でなんとかしようという意識が知らず知らずに浮かんできますからね。
お任せしきる、というのは簡単なことではありません。
下手に知識や経験がある方が余計にアカンですね。
親鸞が「善人尚もて往生をとぐいわんや悪人をや」って言ってますけど、そりゃそうだよなー、と思います。
自分のことを悪人だと自覚しているなら、こんな悪人の自分が救われるのは阿弥陀如来への帰依しかない、という心境になりますもんね。
イエスが癒しの奇跡を起こした時にも「貴方の信仰が貴方を救った」と言ってるところがありますしね。


まぁ、でもですね。
それを分かった上で、宗教についてもスピについてもあれやこれやと分析し考察し、自分の中で組み上げ続けているんです。
遠回りなんだろうなー、とも思うんですが、おそらく誰かに語るための言葉が欲しいのだろうと思います。
私は誰かを救うことはできないけれど、私の魂を語ることで、誰かに「それが私たちなのだ」と伝えたいのだと思います。

で。
最終的には、言葉で語らなくてもそこに居るだけでそれを伝えられる可愛いおばーちゃんになりたいですね。
そのためには、お任せしきるしかないんですけどね。
16 : 35 : 15 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これ見て~♪
2017 / 04 / 18 ( Tue )
これ見てみてー。




ほんとに「ほぼ同じ人」ですなぁぁぁ!
17 : 08 : 16 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テオに甘えてしまった。
2017 / 04 / 13 ( Thu )
咲くのが遅かった今年の桜ですが、例年以上にぱーーーっと咲いてぱーーーっと散っていってます。

桜くまえる


ちょっと私のガイドの話をば。


おかげさまでここ2ヶ月ほど体調がそこそこ良かったのですが、4月になってからカクンと調子が下がってきまして、
でもって(前回は3週間遅くきたのに)1週間早く来た生理が、閉経前の頑張りを見せているのか、今回はどえらいことしんどくてですねぇ…。
さらにそんな時に限って、いつもはおとーちゃんが息子をスクールバスのバス停に送っていってくれるのに突発的に用事ができまして、どうしても私が送っていかないといけない状況になったりしたわけですよ。

しんどい時に車の運転はしたくないんですが、息子をバス停まで送っていかないと息子は支援学校に行けませんからね。
どうしても行かないといけません。
ですから、漢方薬も飲みましたし、ヒーリングもしまくりましたが、重い重い生理のしんどさは治まりませんでした。
しんどいながら、なんとか運転してたのですが、やっぱり辛いわけです。

すると、運転中にふとガイドのテオの顔(←っても私の勝手なフィルターを通した顔なんだけどね)が浮かびまして、
「ああああー。テオ、お願いだー。君のエネルギーで包んでおくれ~。」
と、いつもならそんなことお願いしないのに、しんどさのあまりお願いしたのでした。

で。
バス停に着いて、時間調整で少し車の中で息子とおしゃべりして、バスが来たら息子をバスに乗せて、他のママさんと少しだけ新年度のお話をして、車に乗り込んで帰路についた……ら、

「あれ?いつの間にか楽になってる……。」

と、気づいたのでした。
お願いしといてこんなこと言うのもガイドに失礼ですが、正直驚きました。
まさかこんなにすぐ楽になるなんて、思ってもいなかったからです。

や、漢方薬が効いたんだろう…。
や、ヒーリングが効いたんだろう…。

と、思ったりもしましたが、テオのおかげが大きい気がしてならなかったので、素直にお礼を言いました。



てなことがありまして。
昨日もまだしんどくてダラダラしつつも、ブログ記事を書いていたらですね、またしてもふとテオのことが頭にふと浮かんだのです。
そして、テオだけでなく、いろんな存在が守護してくれてるんだよなぁ……と、彼らに対して想いを向けた途端、つけっぱなしにしていたテレビから聞いたことのない歌…だけど、聞いたことのある歌声が流れてきました。

NHKのみんなのうたの、今月・来月の歌でした。
V6の「太陽と月のこどもたち」でした。
http://www.nhk.or.jp/minna/

うああああああ!

と叫びそうになりました。
ちょっと泣きそうになりました。





うん。
ほんとうは知ってるんですよ。
彼らがこんな感じだってのは。

でもですね、なんだかね、甘えちゃアカンと思ってる自分がいるんですよ。
正確に言うと、「上手に甘える」のと「甘え過ぎる」のと「依存する」のと……そこらへんの線引きがイマイチよく分からんのです。
多分彼らは、アカン方向に甘やかすなんてことはしないと思うので、甘えたって大丈夫だと思うんですがねぇ~。
変なところで長女気質が発動してるようです。






……いや、分からん。
テオはあまあまに甘やかすかもしれん。私を。
18 : 19 : 37 | 「上」関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ