人間なんて、ほんとうは変わりたいとは願っていない。
2014 / 12 / 12 ( Fri )
……のかもしれない。



と、思うことがありました。
変わりたいと願っているのは、顕在意識のほんの一部で、
深いところでは、ちっともそんなこと願っていないから、なんだかんだまっとうそうな理由をつけて、今の場所から動かない。
そんな人の方が圧倒的に多いのかもしれない、と思いました。



いえ、それを批判してるわけではないのです。
それよりも、自分もきっとそうなんだろうな、と思ったんです。




そういえば。
私は、自分が稼げない立場になることがすごく怖かったんです。
父親が会社倒産により借金を抱えてしまい、(身体が丈夫じゃなかったのでほぼ専業主婦だった)オカンがお金の苦労をしてきたのを子供なりに見てきたので、稼げない立場になることが怖かったんです。
だから、(バブルの最後の年に実力以上の会社に入らせてもらったはいいけれど)仕事が自分には合ってない…といいますか、根本的に好きなれなくて、精神的にしんどかったのですが、
それでも、辞めるという選択をしようとはしませんでした。
せっかくちゃんとしたお給料をいただけるのですから。
おかげさまで、会社員人生後半からはなんとか一人前のアウトプットはできるようになっていましたから、自信なんて全然無くても、達成感も無くても、仕事を続けることに他人への罪悪感はありませんでした。
仕事を一緒にしている仲間にとって、私が全く役に立ってない…とも思っていなかったので続けることができたのだと思います。


しかしですね、
好きになれなくて、線表に追いかけられてるうちに、顔中に吹き出物が出たこともあります(その時に出来た大きなシミは取れません)し、
下痢が止まらなくて、一ヶ月間のドクターストップを言い渡されたこともありました。

それでも辞めなかったのは、怖かったからです。
11年、そうやってお勤めしてました。
文句言いつつも、変わることの方が怖かったのです。





それが、ですよ。
息子を妊娠した時に、周りは辞めずに産休育休に入って復職してる女性が多くて、私もそのつもりだったのですが、
旦那さんに、
「今、辞めないで、いつ辞めるの?」
と言われて、あ…そっか!と思ったんです。

身体が丈夫じゃないから、きっと両立は無理だよな、と考えたのもありますが、
それまで怖いと思ってた状態に自分を置くことに何故かちっとも躊躇しなかったのです。
それは、母親になるということが最優先事項だと芯から思っていたからなんじゃないか、と、振り返ってみて思ったりしてます。
変わるチャンスに自然と乗っかることができたのでした。




結果的に、それはその後の私の人生を全く違うものにしました。
もちろん、経済的には大きい会社に夫婦で勤めていた方が圧倒的に良いに決まっていますが、
旦那さんも会社を辞めて、今の暮らしを10年近く続けて来て、幸せだよねー、とよく夫婦で話しています。
子供の成長にとって、今の暮らしの方が絶対に良いと言い切れますし、
私も、思ってもいなかった絵を描く仕事をすることになり、
好きなことを仕事にすることの大変さをたっぷり味わいつつも、達成感が全然違うことに喜びを感じています。




変わることは、怖いです。
変わることを楽しめる人もいますが、怖い人の方が多いんじゃないか?と思います。

どれだけ身体がSOS出しても、
どれだけサインがチラついても、
変わらないための言い訳を探すのです。
それも、正論っちっくな言い訳を。

私は特にそうです。
言い訳を探すの、得意です!




我慢して、変わることを恐れて、ずっと仕事を続けてきた11年間が無駄だったとは思ってませんし、たくさん得たものが多かったと感謝してます。

でも、あのままでは(あくまで私の場合は)今ほど精神的に豊かだったとは思えません。
やはり、成長に合わせて、人は居場所も変わっていくものなんだろうな、と思います。

または、居場所を変えることで成長するとも言えるのかもしれません。



辛抱すべき時は辛抱して、がっつりと実力を蓄えなければその後の飛躍はありませんから、そこは勘違いしてはいけないと思うのですが、
変わるべき時に言い訳を並べて動かないのも、同じくらい愚かなことなのかもしれないな、と、ちょっと思ったりもします。
自戒こめまくりで、そう思ったりしてます。
ちょうどこんなツイートも見かけたばかりですしね。
https://twitter.com/2012wat/status/543206927899959296

(つづく)













ぬおーーん。
スポンサーサイト
14 : 58 : 36 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<その思い込みを捨ててしまうことに躊躇う自分がいる。 | ホーム | ガブリエルから羽ペンを受け取ってみる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/990-e03f1e0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |