大地の深い深いところに在るのは…?
2014 / 11 / 17 ( Mon )
お客様の天使の絵が、ピカピカしてたりふんわりしていると、あー良かったなー、って少しばかり思います。
やはり飾るならば明るい絵がいいですもんね。

でも、時々どーーーんと「重たい絵」になることもあり、大丈夫かなー?と若干心配になることもあります。
今回はそんな絵でした。

大天使サンダルフォンです。
オラクルカードはVictory!でした。

大天使サンダルフォン

「あー。またこのカードや~。最近多いな~。」
なんて思いつつ、絵を描く準備を整えて、さて描きましょうかー……と、座ったところで、ぽんとイメージが浮かびました。
描きながらカタチになっていくことが多い私には珍しいパターンです。

大地の深い深いところに、宝石が眠ってる

そんなイメージでした。
もちろん、この「大地の深いところ」というのは、お客様の心の深いところだと思いますし、
宝石というのも、心の深いところにある「宝物」のことだと思います。


背景は何層にも「大地の色」を塗り重ねていますし、全体として決して「明るい・軽い」雰囲気ではありません。
お客様も、ご覧になった瞬間に「怖い。」と感じられたそうです。

それでも、お客様はいつの日か、時間がかかってでも、暗く冷たい大地の底まで「宝物」を取りに行かなければならなくなるのだろうな、と思いました。
その宝物に触れることができた時、暗く冷たい大地は、豊穣の大地へと変換されていくのだろうなー、と思いました。






そういえば。
生命の樹」では、第10のセフィラであるマルクトは物質世界を意味していて、ここの守護天使がサンダルフォンと言われてますね。
象徴される惑星はもちろん地球。

ですので、大地の深い深いところにある宝石…という絵に、サンダルフォンがいるというのもこれまた象徴的な気がしました。


私自身は、サンダルフォンは宇宙的なものをよく感じるのですが、今回の絵を描きながら、サンダルフォンは地球の深いところから深宇宙までの「つながり」のようなものをカバーしているようにも感じました。
(なんとなく感じたってだけなので、テキトーに読み流しておいてくださいませ~。)



スポンサーサイト
14 : 43 : 12 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<まさに劣等感の裏返しに見える | ホーム | 「リズム」や「間」って大事。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/976-69657955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |