自分はそっち側の人間じゃないので関係ないと思いつつアレコレ考えていたら…
2014 / 06 / 08 ( Sun )
えー。
昨日の夜はですねー、
AKBの総選挙をけっこーな時間見てたんですよ。

……娘にせがまれましてね。

娘はまゆゆが好きなんです。
まゆゆが今年は1位になるのかどうか、が気になって仕方がなかったようです。
良かったね。まゆゆが1位になって。


てなわけで、見ておりましてね、
味の素スタジアムから生中継なのかー、あれー?すげぇー雨降ってんじゃねー?AKBオタのみなさん風邪ひかないといいけどなー……と、ぼんやり思ってたんですが、
すると、
あー、そいえば、エイトの大阪での野外ライブも雨だったよねー、エイターも雨の中ずーっとライブに参加してたんだよねー……と、DVDで観まくった2012年の野外ライブの映像がぽこんぽこんと浮かんできたりしました。


関ジャニ∞を好きになってから、初めてファンクラブなるものに入会しライブにも行くようになったし、
AKBもなかなかエゲつないようですけど、ジャニーズもけっこー上納金が必要になりましてね、お金をそれなりに貢ぐようになっておるんですね。

なので、AKBオタのみなさんの気持ちも分かるんです。
てかまー、オタクという方々の気持ちってのは、分野を越えて分かる気がしておるのです。


そしたらですね、
順位ごとに呼ばれて前に出てくる子たちが、ファンのみなさんに感謝の気持ちをスピーチしてる姿を、これまたぼんやり見ているうちに、あれ?って思ったんです。

私はAKBのファンでもなんでもなくて(あ、でも高橋みなみはすごいなーと思ってる。)、
でも、オタのみなさんの気持ちは分かるので、「バカみたい。」とかは思わないんだけど、
でもでも、やっぱり引いた目線で見てるわけです。

そうすると、メンバーがファンのみなさんに向かって話してる感謝の言葉が、なーんとなく不思議な感覚として感じられ始めたんです。

エイトがライブで私達エイターに向かって、熱量の高い感謝の気持ちを言葉にしてくれると、それはめっちゃダイレクトに私の中に響いてきて、素直にそれを受け取るんですね。
それは一方方向のものじゃなくて、双方向のエネルギーの流れとして感じられるんです。
個人に向けられた言葉じゃないんだけど、メンバーと自分との双方向の流れでもあり、同時にたくさんの「個人」が集まった「ファン(エイター)」という総体との双方向の流れだと感じるんです。

……や、言葉にするとそんな感じだよなー、と初めて思ったんですけどね。
いろいろぼんやり考えてて。
感覚としてはあったけど、言葉にしてみるとこんな感じだなー、と。



で、ですね。
おそらく、昨日のあの場にいたAKBオタのみなさんも、同じような感覚なんだろうなー、と思った……んですが、
端から客観的に見てると、そういう流れって、やっばりめっちゃ特殊なものなんだよなー、というのがイヤでも分かっちゃうわけです。


そうなると、ですよ。

エイトにしても、AKBにしても、他のいろんな有名人にしても、
「何十万人ものたくさんの人から好意を寄せられる人たち」が、「ファンのみなさんに熱く感謝の言葉を言う」時の感覚ってのは、一体どういうのものなんだろう????って、すごーーーく不思議に思ったんです。

私はそーゆー立場になったことがないので、
ステージの上から、不特定多数の「自分に好意を寄せてくれてる人たち」に対して、感謝の気持ちを伝える時の気持ちというのが分からないわけです。


よくよく考えてみたら、不思議なことですよね。
何かのやりとりがあって、誰かに対して感謝の言葉を伝えるというのは日常でもよくあることですが、
顔も名前も知らない大勢の人たちが、自分のことを大好きだと思ってくれて、お金もいっぱい使ってくれて、自分を応援してくれてる……って状況は、ものすごーーーく特殊なケースですもんね。

ごっそりひとまとまりにして、たとえば我々のような「エイター」という総体に対して、感謝する場合の感覚っていうのは、なんとなくですが分かるような気がするんです。


が。
そのひとまとまりになった「ファン」という総体は、それぞれさまざまな人生を歩んでる個人の集まりなわけで、
総体の向こうにいる個人個人に対して、顔も名前も知らないけれど、思いを届けようとする……みたいな感覚でもって感謝の気持ちを述べているとするなら、

それって、エネルギー的にめっちゃデカい器じゃないとできないことじゃね?

と思ったんです。
思った途端に、ゾッとしました。
その容量のデカさを想像して。

もしかしたら、そういうことが無意識にできるくらいじゃないと、有名人として売れないのかもしれないですね。






なーんてことを、総選挙を見ながらつらつら考えてたわけですが、
考えてることがつい漏れて、ぼそりとゆーたんです。

「こーゆー人たちって、ありがとうってゆーてるけど、たくさんのファンに対してどーゆー気持なんやろうなー?こーゆー立場になったことないから分からんなー。なんか不思議やわー。」

って。
すると、娘が間髪入れずに言いました。

「おかーさん!おかーさんの絵が好きだって言ってくれる人たちがいるでしょ?そういう人たちもファンって言うんだよっ。そういう人たちにありがとうって思う気持ちと同じだよ!」

……え?
えーと。
そりゃありがたいことに、私の絵とか文章が好きだとゆーてくれる人は時々おるけど、それはめっちゃたくさんのファンの人たちに対しての気持ちってもんとは数からして違い過ぎてだなー、同様には論じられな………って、でもなー、顔も本名も知らない人が私の絵とか文章を好きだとコメントしてくれるってことについては、構造的には似てるよな、確かにー………って、でも、何万人何十万人って数でのことを考えていたわけで………あれれー???


と、3秒くらいぐるぐるーっと考えていて言葉を返せずにいたら、
おとーちゃんが、
「お前、すごいな!おとーちゃん感心したよ!」
と、娘を褒めだしたので、余計に何も言えなくなりました。

あれれー???



……ま、でもね、やっぱりね、そーゆーのはファンって言わないよねー。
なーんて思って、そこで考えることはやめちゃったんですが。




そしたら、そっこーで、こちらの日記に、
「たみえさんのファンになりました」なんて言葉が入ったコメントが入りました………。

もちろん、コメントをくださった方は、軽いノリで書かれたんだと思いますが、
タイミング良すぎです!



私は何十万人というレベルでの話を考えていたので、私とは全然関係ないところのことだからよく分からんなー、と思ってアレコレ考えたのですが、
これっぽっちも関係ない…というわけじゃないんだよ、と言われたような気がしました。
もちろん数の大小は全然違うけど、だからって全く関係ないわけじゃないんだよ、と。
だから私自身も、そのあたりの意識をもう少ししっかりした方がいいよ、と言われてるんだろうなー、と思いました。

じゃなかったら、ふいにこんなことを考えて、こんなタイミング良くコメント入りませんよねぇー。





え?
誰に言われたか?って……そんなもんねー、そりゃもー、ミの字の親分でしょうよーー。
ははーん。





ドラえもんだらけ、ってゆーオモチャなんだけど、全部のドラえもんを乗せるのはなかなか難しいんだよー(>_<)

スポンサーサイト
12 : 57 : 56 | エネルギー | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<もう、ストッパーを外してもいいのかな…? | ホーム | どうしても受け入れがたくて、泣いてしまいました。>>
コメント
--わたしも--

たみえさんの文章と絵のファンですよ(o^-^o)。更新、楽しみにしてるもん。いつか池袋の梅舎茶館さんであえるといいなと、思ってます。
by: kirieTomoko * 2014/06/08 19:44 * URL [ 編集] | page top↑
--ママンママン--

軽いノリ、とか言ったらショボンショボンかもしれないのよ、それを言った方が(´ω`)
私は、たみえさんがかなり初期に描かれた緑の背景の可愛い天使の絵、あれでもう速攻で今まで追っかけ続けるようなファンになったんですよ?それは、軽くはないのんですよ?その方のことはわからんくても、軽いか重いかはわからんのんですよ!
と、酔っぱらいjuvi はたみえさんのイラストへの愛を告白するのです(*´ω`)
by: juvi * 2014/06/08 20:29 * URL [ 編集] | page top↑
--もしかしたら…--

こんにちは。
あの、もしかしたら…なんですけど、送り手も受け手も同じくらいのエネルギーが双方向で流れているのではないのかな、とか思ってしまいました。
感謝を送る側も、感謝を受けとる側も、同じようにエネルギーを受けとる器ってのが潜在的にあるのかもしれないなって感じました。

私は、コンサートとかほとんど行ったことありませんが…友達に誘われて行った時に、エネルギーが循環しているのを感じました。
舞台上に立つボーカルに向かって流れるエネルギーが、ボーカルの歌声と共に青い光となって会場全体を包み込んでいました。
歌もすごく上手かったのですが、それだけじゃなくて声そのものにも凄い力を感じました。
10年以上前の事ですが、今でも鮮烈に思い出せます。

ただ自分にはそれだけのものを受けとる器なんて無いって信じているから、受け取り拒否していることもあると思うんです。
もしコンサートや総選挙みたいな非現実的な空間でなら受け取り可能だというのなら、ストッパーさえ外す事が出来たら…。
by: 楓 * 2014/06/08 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

私もっ!たみえさん大好きです(*^^*)
絵や、文章はもちろんの事ですが。
いつか、天使の絵をお願いした時。感想を送った際でのお返事で、とても癒されました。
まるで、カウンセリングを受けた様に心が軽くなりました♪
凄く感謝しておりますm(_ _)m
by: あゆこ * 2014/06/09 13:46 * URL [ 編集] | page top↑
--◆kirieTomoko さん◆--

> たみえさんの文章と絵のファンですよ(o^-^o)。更新、楽しみにしてるもん。いつか池袋の梅舎茶館さんであえるといいなと、思ってます。

ありがとうございますぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。(←泣きそう)

梅舎茶館さんとはいつごろにしましょう?というお話になっております。
決まり次第お知らせさせていただきます♪♪♪
ワクワクドキドキです~。

by: たみえ * 2014/06/09 16:20 * URL [ 編集] | page top↑
--◆juvi たん◆--

> 軽いノリ、とか言ったらショボンショボンかもしれないのよ、それを言った方が(´ω`)
> 私は、たみえさんがかなり初期に描かれた緑の背景の可愛い天使の絵、あれでもう速攻で今まで追っかけ続けるようなファンになったんですよ?それは、軽くはないのんですよ?その方のことはわからんくても、軽いか重いかはわからんのんですよ!
> と、酔っぱらいjuvi はたみえさんのイラストへの愛を告白するのです(*´ω`)

ひゃふーーーん!
そ、そうだね…。
もしかしたら軽いノリじゃないかもしれないもんね。
ついつい、また悪いクセが出ちゃったよぉぉぉー。

juviたんが気に入ってくれたのは……めっちゃ最初の頃に描いたラファエルなのかなー?
ずっとファンでいてくれてありがとうね♡
ママン、これからも精進するよ!
by: たみえ * 2014/06/09 16:23 * URL [ 編集] | page top↑
--◆楓 さん◆--

> こんにちは。
> あの、もしかしたら…なんですけど、送り手も受け手も同じくらいのエネルギーが双方向で流れているのではないのかな、とか思ってしまいました。
> 感謝を送る側も、感謝を受けとる側も、同じようにエネルギーを受けとる器ってのが潜在的にあるのかもしれないなって感じました。
>
> 私は、コンサートとかほとんど行ったことありませんが…友達に誘われて行った時に、エネルギーが循環しているのを感じました。
> 舞台上に立つボーカルに向かって流れるエネルギーが、ボーカルの歌声と共に青い光となって会場全体を包み込んでいました。
> 歌もすごく上手かったのですが、それだけじゃなくて声そのものにも凄い力を感じました。
> 10年以上前の事ですが、今でも鮮烈に思い出せます。
>
> ただ自分にはそれだけのものを受けとる器なんて無いって信じているから、受け取り拒否していることもあると思うんです。
> もしコンサートや総選挙みたいな非現実的な空間でなら受け取り可能だというのなら、ストッパーさえ外す事が出来たら…。

こんにちは。
コメントありがとうございます。

コンサートでアーティストとファンの間に双方向にエネルギーが流れている、というのは、私も多分そうなんだろうなー、となんとなくですが思ってました。
といいますか、感じていました。
やっぱりそうですよねぇぇぇぇ。

そして、「自分にはそれだけのものを受け取る器なんて無いって信じてるから、受け取り拒否していることもあると思う」というのも、そうだろうなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁー、と思いました。
私だけじゃなくて、たくさんの人がそうなんだろうな、って思いました。

私は、諸事情であまりに大きなエネルギーが流れるとぶっ倒れるということを繰り返してきたので、そんな器じゃないと思うことは、まったく不必要なことだった…というわけでもないのかもしれないのですが、
もうそろそろそーゆーのは要らないのかもしれないなー、と楓さんのコメントを読んで更に思いました。

by: たみえ * 2014/06/09 16:31 * URL [ 編集] | page top↑
--◆あゆこ さん◆--

> 私もっ!たみえさん大好きです(*^^*)
> 絵や、文章はもちろんの事ですが。
> いつか、天使の絵をお願いした時。感想を送った際でのお返事で、とても癒されました。
> まるで、カウンセリングを受けた様に心が軽くなりました♪
> 凄く感謝しておりますm(_ _)m

コメントありがとうございます!
私の返事で心が少しでも軽くなっていただけたなんて、ほんとーーーに嬉しいです。
この仕事をしてて良かったぁぁぁぁー、と思います。ほんとにほんとに。

これからも精進しますので、よろしくお願いします♪
by: たみえ * 2014/06/09 16:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/910-6e0a314f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |