はなちゃんは19歳まで生きました。
2013 / 12 / 19 ( Thu )
猫で19歳といえば、かなりのおばあちゃんです。
今年の夏に実家に帰って、はなちゃんに会った時は、ほんとにほんとに「おばーちゃん」だなぁ…と、その姿を見てしみじみ思いました。



19年前。
弟1号が道でひろった子猫は、まだお皿からミルクを飲むこともできないくらいの小さな子で、
オカンが懐に入れて子供を育てるようにして育てました。
あの頃は、まだオヤジさんもおばーちゃんも元気に生きていて、私も独身で沼津に住んでいました。

19年って、やっぱり長い時間なんですね。



はなちゃんが3日前くらいから食べなくなったと連絡があったので、そろそろなんだなぁ…と思っていたら、
ゆうべ、天国に行ったそうです。




おとーちゃんのおばーちゃんが、去年の春に93歳で亡くなったのですが、おばーちゃんの名前が「はな」さんで、
「はなって名前は長生きなんだねぇ。」
なんて話したりもしていました。








はなちゃん。
ありがとうね。

はなちゃん
スポンサーサイト
10 : 02 : 21 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ちょっと書いておこうかなと思ったので、書いてみた。 | ホーム | 「クジラとペンギン」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/840-53f70a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |