あなたは何色の翼を選ぶのか。
2013 / 10 / 18 ( Fri )
大天使アリエルです。
オラクルカードはSpread Your Wings!でした。

大天使アリエル

単色ではない翼は、お客様の中の可能性が多種多様なのだと伝えてきてくれてるような気がしました。
きっと何を選択しても良いのでしょう。
自分が広げたい色の翼を広げようという意思が、とにもかくにも大切だ…という内容のメッセージを添えさせていただきました。

すると、お客様から以下のようなメールをいただきました。

天使の絵は本日午前中に届きました。
ワクワクドキドキしながら開封して 優しい配色の天使に出会えて……
そしてその絵柄にちょっとびっくりしました。
……というのは
約8年間在宅介護した母が今年1月に89歳で亡くなりました。
長崎の被爆者でもあった母は、元々体も強い方ではなかったので
長年母一人子一人で寄り添うように生きてきましたが、
その長い年月の間には……まぁそれなりに確執のようなものがあって
私は長年苦しんでいました、今になれば私の独り相撲だったとも思えますが………
そんなこんなで半ば自分の人生もあきらめてしまっていて
何か自分を変えたくてあれこれやってみようと思っていても
この数年介護の状況も重くなって、昨年秋には母が再入院して年末を迎え……
賀状の絵柄を考えたとき浮かんだのが、今私のブログのトップ画像にしているものでした
その時は明るい未来にしたい!という気持ちとこれでいいのかなという気持ち半々でしたが
描いて頂いた天使の絵と共通点が見えて、やはり天使様が応援して下さっているんだなぁ~
と、救われた気がしました。
ほんとうにありがとうございました。



メールを読んで、少し泣きそうになりました。
たくさんのご苦労を重ねられてきた方だからこそ、これからはご自分のために伸びやかに生きていきましょうね、と、その背中を少し押すためにこのような絵を描かせてもらえたのかも…と思ったら、胸がきゅっとなって涙が出そうになったのでした。




スピ的には「(トータルな)自分が現実を作りだしている。この現実を選択している。」と言われますし、実際にそうなのだろうな、と思います。

しかし、視点が「肉体に宿るこの意識の表層部分」にある日常においては、「自分ではどうにもならない運命の中で生きるしかない」という捉え方になってしまいます。
それが苦しいために、視点を高くした時の「真実」を求め、苦しみから解放されたいと望んでしまいますが、「自分ではどうにもならない運命の中で生きる」という捉え方をしているからこそ、そこに「物語」が生まれるわけで、それらは紛れもなく「愛」について語っているのですよね。
さまざまな形の愛の物語を紡ぐために、わざわざ狭い視野の中で生きている…とも言える気がします。

だから、人生は「運命」でもあり「魂の選択」でもあるのだと思います。


運命の中で生きていくことも、
運命を越えて選択をしていく生き方も、
どちらも魂にとってかけがえのない経験なのではないかと思います。


何を選ぶか。
何色の翼を広げていくのか。


人生を、生命を、どう捉えるのか……でそれらはどんどん変わっていくのかもしれません。
まさにそれが「叡智」なのかもな、と思ったりします。
スポンサーサイト
22 : 08 : 15 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<さつきのひかりさんのゲリラヒーリングが…… | ホーム | 88888のなんちゃってチャネ絵……その6>>
コメント
----

そうですよね。。。

魂的には、結果として心が磨かれると
分かっていても、そこがモチベーションには
ならず。。。(爆)、私の場合はですが^^、
毎回新しいお題に直面する度、
そう感じます。

状況が厳しくなればなる程。。。
なのかも知れません。

話は変わり

先日テレビで、ダウン症で書家の
金澤翔子さんのお母さんが、
娘は持久走でビリになっても
意味が分からないの。
だから他の子達は、娘がいるから
安心出来たと思う。 

と仰ってて、凄い境地に人生ずっと
いられるんだなぁと、尊敬してしまいました。
by: おんぽたんぽ * 2013/10/19 07:10 * URL [ 編集] | page top↑
--◆おんぽたんぽさん◆--

肉体の人間の意識としては、そりゃしんどいのはイヤですもんねー。
なかなか魂が磨かれるからってのがモチベーションにはならんですよ。
それがモチベーションになるのは修行僧くらいでしょー。
ふふふ。
by: たみえ * 2013/10/22 16:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/809-04949b5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |