野良子猫のちーが生きてた?!
2013 / 09 / 12 ( Thu )
ちょっと聞いてくださいませ。


たみえさん、めちゃくちゃ驚きましてん。
やー、お尻の穴がきゅーーーーってなるくらい驚きましてん。




ちーが死んだ翌日。

キジトラの猫が勝手口の通路を通りました。
へーと思いました。

するとその後を、白にキジトラの猫が通りました。
そして、私の方を見ました。
目が合いました。
じーっと私を見ました。







ちーと同じ顔をしていました。
顔つき、目の大きさ、目の色、そして口元の柄。




ちー!
あんた、死んだんじゃなかったの?!




と、驚いて思わず叫びました。
その声にびっくりして、庭の方に逃げた白キジトラのその猫は、全身キジトラに合流し、こちらを見ました。




あー。
ちーより大きいな。
キジトラ柄の割合が、ちーより少しだけ多いな。
キジトラ柄の色もちーより濃いめだな。
ちーじゃないや。


と、思って、ホッとしたようなガッカリしたような、妙ちきりんな気持になりました。
ブ子を近くに行かせても、ガン無視していたので、絶対にちーではないことは明らかでした。



やー、しかし、ほんとーにそっくりな顔をしていました。
昨日の夜も、またやってきて、またしても近距離で目が合ったのですが、頭で分かっていてもちーだと一瞬思ってしまいました。
これだけ似てるんですから、親か兄弟かもしれません。




ブ子は人間になでなでしまくられるようになってからは、庭にやってくる大人猫たちにすり寄ることは減りましたが、
ちーは相変わらずオスでもメスでもすり寄って、威嚇されて逃げられてションボリ…って感じのことを繰り返していました。

もしかしたら、道路に飛び出したのも、この大人猫たちを追いかけてのことだったのかもしれないねー、とお父ちゃんが言いました。
そうだとしたら、それもまた切ない話やなぁ~……と、ブ子をなでながら思いました。
スポンサーサイト
16 : 05 : 44 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「くまえる絵本」と「88888のなんちゃってチャネ絵……その4」 | ホーム | 野良子猫ちーが死んだ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/791-dd206c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |