外猫ちーとブ子
2013 / 09 / 09 ( Mon )
えー。
この子たちですが、すくすくと大きくなっております。


最初に我が家に迷い込んできた野良子猫ちーも、
9月ちー
少し遅れて迷い込んできた野良子猫ブ子(←娘がこう呼ぶようになったので)も、。
9月ブ子
病気せずに、元気に大きくなってます。


さて。
2匹に威嚇されっぱなし距離取られっぱなしのたみえさんでしたが、夏休み後半も後半。
事態は急展開しました。

小1のうちの娘が、なんとブ子を手なづけてしまったのです!

するとどうでしょう~。
あんなに人を怖がってたブ子は、家猫よりも家猫らしいくらい「されるがまま」に撫でられまくる猫に大変身してしまい、娘とめっちゃ仲良しになっているではありませんか。
もちろん、私にも息子にもおとーちゃんにも懐いて、ゴロゴロ喉を鳴らしまくってます。



しかし。
ちーはダメです。
ちっとも慣れてくれません。

やっと最近、おそるおそる、おいしいモノ(←チーズのカケラとか、鶏肉のカケラとか)を私の手から食べるようにはなりましたが、ちょっとでも触るものなら飛んで逃げますし、
かなり距離は縮んだとは言え、やはり触れる距離に私が入り込むと逃げます。

目の前でブ子が人間に心を許しまくって撫でられまくっていると、ちょっといたたまれないわー…ってな感じになってすーっとどこかに行ったりします。


やはり、小さい時に私に一度掴まったのがよほど怖かったんでしょうね。
トラウマがっつりできてます。


しかし、ほんとーにトラウマってのは厄介だなー、とちーを見てると思います。
きっともう、この人たちは大丈夫だと、ブ子との関係を見ていて分かったと思うのですが、それでも気持がついていかないんでしょうね。

逃げなくてもいいのに逃げて、心地よくしてもらえる手からわざわざ自分を遠ざけるんですから。

トラウマがあると、「なりたい自分」になるのも一苦労だよなー…と、網戸の向こうでゴロンと横になってるちーを見ながらよく思います。





すると、最近、たてつづけにこんなのを目にしました。

茂木さんのツイートのまとめと、うさみみさんのブログ記事です。

茂木健一郎さん 連続ツイート第1028回「どんな自分に、なりたいのか」
http://matome.naver.jp/odai/2137859671689106101

「何についてどう感じるべきか」を決めて自分を調教する
http://celestie.blog23.fc2.com/blog-entry-1726.html


どんな自分になりたいのか、を、まずは曖昧でもいいから形作ることが大切で、
それができてきたら、その「なりたい自分」だったら、どう感じてどう選択するか、をちゃんと意識して、
今の自分のそれとの差を越えるにはどうしたらいいか、を考えていくことって、大事だってことですね。

自分が好きじゃない、とか、自分は変わりたい、とか言ってるだけじゃ、たしかに思う方向へと変わることは難しいかもな、って思います。

人に触られるなんてコワイ!って反応をしてしまうちーが、もしもそのトラウマを越えることができたら、
ほんとうは自分もねこじゃらしで遊び倒したいのに躊躇して、気が狂ったように遊んでるブ子を見てるだけ……なんて「場所」から脱して、うきゃうきゃしながら遊び倒せるようになるわけです。
(ブ子がいない時に網戸の隙間からねこじゃらしを出してやると、おそるおそる手を出すようになりましたが。)


事象に対しての、自分の反応回路を書き換えるための方法はいろいろあると思うので、そこは自分にあったものを探して選ぶしかないですが、
とにもかくにも、「なりたい自分」を明確にして、「なりたい自分ならどう反応しどう感じるか」というところまで明確に意識できるようになるというのが、変化のためのポイントかもなー、と思いました。






そんなわけで。
触りまくれるようになったブ子のおまたをじっくり見てみたところ、しっかりタマタマがついてました。

そして、触ることはできませんが、昼寝中とか、ブ子と遊んでておまたぱっかーんとなったところとか、こっちにお尻むけて伸びをしてるところとか、遠目ですが一生懸命観察したところ、ほぼほぼ男の子のようです。ちーも。
(ブ子に比べてタマタマが小さいので分かりにくかったのですが、だんだんタマタマっぽくなってきたところで先日、寝起きで伸びをしてたら、おちんちんの先っちょが出てたので、もう間違いなく男子でしょう。オス猫飼ってる人は分かると思いますが、オス猫って時々ピンク色のおちんちんの先っちょが出ることがあるんですよねー。伸びとかして。)

2匹ともオスなら、そのうちメスの匂いに誘われてどっかに行っちゃう(うちの庭をナワバリにしてる大人野良猫もいるし)だろうから懐かなくてもそれでいいやー、と思っていたのですが、
娘が手なづけてしまって、懐きまくっているので、今度は逆に、どうしたもんかなーってな状態になってます。

とりあえず、虫下し飲ませて、フロントラインを垂らしてノミ除けしないとだなー……。
ああ、でもブ子はいいけど、捕まえられないちーはどうするんだよーー????
困ったなー……。

ってな感じになっとります。

9月ブ子ちー
「おばちゃーん。うまいものくれにゃー。」

スポンサーサイト
14 : 36 : 36 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<野良子猫ちーが死んだ。 | ホーム | 「宇宙から地球」の絵と「白蛇」の絵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/789-b98ff470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |