そんな選択ができたらいいな、と思う。
2013 / 08 / 28 ( Wed )
まず、ゲッターズ飯田さんのこの記事
http://ameblo.jp/giida/entry-11601396061.html
を読んでください。





母方の叔母が、48歳の時に死にました。
入院して、もう意識が無く、集中治療室みたいなところにいた叔母に(オカンたちと交代で)付き添っていた私のことを、叔母の娘だと思った方(←とある患者さんの付き添いの方)が、
「人間は病気で死ぬんじゃないんですよ。寿命で死ぬんですよ。まだお母さんはお若いから、きっと寿命はまだあるだろうから、あきらめちゃダメでよ。」
と話してくれました。

「ありがとうございます。」と返事しながらも、私は
『ああ、じゃあ、ちーちゃん(←おばちゃんのことをこう呼んでた)は死んじゃうんだろうな…。』
と思っていました。


なぜなら、叔母は時々、
「私は48歳で死ぬんだって。」
と笑って言っていたからです。

占い好きの叔母が、何かの占いでそう言われたらしいのです。


そして、叔母は占いのとおり、48歳で死にました。






しかし、実家の近所にある喫茶店のママさんは、これまた占いか何かで寿命が○歳だと言われ、
そんな早くに死ねないからと、仏様のご加護をいただくために忙しい毎日なのにこまめにお寺にお参りを続けてきたそうです。
先日、半年ぶりに実家に帰ったのですが、ママさんも相変わらず元気そうでした。



ゲッターズ飯田さんの記事を読みながら、叔母のこととママさんのことを思い出しました。

多分叔母にも、生きようと思えばその瞬間を乗り越えて生きられる道はあったと思うのです。
死ぬことがダメなことで生きることが良いことだと決めつけるというのもどうかと思いますが、
とりあえず、叔母にもオヤジさんにもまだまだ生きてて欲しかったので、そこを乗り越えて生きる道を選択できるものならして欲しかったよな~、なんて、残された方としては思ったりします。




ただ。
叔母とママさんの違いは、ものすごく分かりやすいですが、
自分だったら、ゲッターズ飯田さんのような選択ができたらいいな~、と思います。

運命を受け入れつつも、自分が他人のためにできることに力を尽くす、という選択です。

叔母は、ただ受け入れただけ。
ママさんは、自分のためにできるかぎりのことをした。

けれど、できることなら、ゲッターズ飯田さんのような選択のできる自分でありたいなー、と思いました。
なかなかできないよなー、って思いますけどね。

スポンサーサイト
16 : 43 : 08 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<私はのび太が好きじゃない。 | ホーム | 88888のなんちゃってチャネ絵…その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/781-16e6aca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |