それも含めて、「自分らしさ」なのかな、と。
2013 / 07 / 10 ( Wed )
さつきのひかりさんのこの記事
http://satukilight.blog.fc2.com/blog-entry-1273.html
を読んで、今日の午前中にしたツイートが以下です。
まとめときます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さつきのさんが分かりやすい読みやすいいい記事を書いてる。さすが。

「自分」って、この肉体とこの精神・心だけが自分やと思うと、「世界」はものすごく理不尽に見えてしまうんやけど、
「根源(神とか)」から派生して「この肉体の次元」まで降りてきて「肉体で生きることを体験中」と(続く)


頭で知るだけでも、「世界」の見方が変わるし、
アストラルトラベル等で「肉体より少し高い次元の意識体」である自分をうっすらとでも認識できると、さらに「世界」の見方が変わって、
この肉体と環境を選んで生まれてきた自分ってものも、もっと真っ直ぐに見つめることができるようになるんよね。


なんて言うか……
「ひとつたりとも、他人のせいになんてできない」
んやと、だんだん分かってくる、みたいな感じかな。

それがだんだんと分かってくると、肉体として現実をどう生きるか、がより主体的になるというか、濃くなるというか、
己を知ることの意味を深く知る…ことになるんよね。


別に、それは、悟りを得て聖人になることではなくて、
どっちかってゆーと、ものすごくしっかりと現実を生きる、ってことにつながるんやと思う。

てか、グラウンディングが弱いと、それができんくて、ふわふわしてしまって、本末転倒になってしまう、ってことなんかなー、と思うんやけどね。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


で。
結局は、今の自分がどういう自分でありたいと思うのかによるのかなー、と思うです。
生まれつきの性格・性質もあるし、育った環境の影響も大きいけれど、
現実のここにいる自分が、どういう自分でありたいか、によって、上と下のバランスの取り方も微妙に変わってくるのかなー、と思うんです。

どれが正解というわけではないんでしょうけど、そういうのも含めて「自分らしさ」なのかな、と思ったりします。
スポンサーサイト
16 : 52 : 46 | 「上」関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<息を、吸って、吐いて。 | ホーム | 魂の声を聴くために>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/759-ad355cef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |