昨年の金環日食観測後のデキゴト。
2013 / 05 / 10 ( Fri )
今日はオーストラリアの方で金環日食があったそうですね。
すっかり忘れておりました。



金環日食と言えば、去年の5月21日に日本でもありましたね。

去年の金環日食を観測した後に、実はとんでもないことになりました。
それについて、落ち着いてからmixiで限定公開日記を書いていたのですが、
こちらに公開しちゃいましょう。

こんなことがあったんだよー。





あたしは、スピ的である前に科学的なのだよ。


なので。

金環日食のエネルギーがどうのこうのなんてーハナシはだ、
そーゆーのはエネルギーをがっつり感じられる系の人たちが盛り上がってりゃよくて、

あたしはただ純粋に珍しい天体ショーを、特に娘に見せてやりたかっただけなんだよ。

こうやって理科好きにしてやりたいだけなんだ。
中学理科・高校地学の教員免許持ってる身としては、そう思うのが当然だろ?








だがな。

甘かったようだぜ。


朝から血圧がぽーんと上って頭痛がかなりキツかったさ。
まぁ、それは更年期障害のハシリでたまにあることだからいいや。
無理してがんばって、子供たちを車にのせて、保育園の駐車場に行ったよ。
(家の前の道路は車の往来が激しいので、興奮して飛び出したらコワイので。)


灰色の分厚い雲も、子供たちの「みかえるー、らふぁえるー、きんかんにっしょくをみせてー。」ってお願いが通じて、丁度金環食開始時間から薄雲になって、日食メガネ無しでほとんど見ることができたさ。
ほんとにほんとーーに奇跡的だったさ。

子供たちはおおはしゃぎさ~。
あたしも大喜びさ~。





でも。
帰宅後、ぶっ倒れたよ。
おかーちゃん。

血圧のせいじゃないよ。
自律神経も大騒ぎ状態で、どうにもならなかったさ。
水分も思うように摂れないレベル。(←これは私尺度でかなり重度)

たまたま今日は、息子が午後から子供会でボーリングに行くってんで、おとーちゃんが休みを取っておいてくれたから、いつものクリニックに運んでもらえたよ。


……でも、ほんとに身体中がざわざわしてて苦しくて、どうにもならなくて、ずっとクリニックでも(鍼を頭に刺したまま)横になってたよ。トータル2時間ほどね。

で、先生が言ったよ。

「日食の太陽はエネルギーが格段に違うからね!」

って、日食の光を当てたシールを顔にペタっと貼ってくれたよ…。先生ってば。








んで。
しんどいなりにもなんとかなってきたので、漢方薬やらなにやら処方してもらって、帰ってくることができたけど、
おとーちゃんが運転しながら言ったよ。

「だからさー、おれみたいにテレビで見るだけにすりゃ良かったのに~。」

エネルギー受け取り過ぎなんでしょ?どーせ…みたいに笑ってたよ。
おとーちゃんが。




ちきしょう。
なんか悔しいぜ。

そんなもんなー、たまたまなもんじゃないか。
月の軌道がたまたまそうなってるよーってだけで。
それがエネルギー的にどうのこうのなんて私には分からんわい!
分からんってゆーてんのに、なんで身体はどかんと反応するんじゃい!
おかげで、洗濯を干すことができたのがお昼になっちゃったじゃないか!






で。
さっき、おとーちゃんが昼食(もちろん私は何も食べられなかったけどな。)後に30分ほど寝てた時に、息子が私にぺたぺた甘えてきたんだよ。
そしたらなんと!!!

すーっと身体が楽になってくじゃないか!!
おまえはアースなのか?アースしてくれてるのか?

と、横になりながら息子をなでくりまわして遊んでたんだけど、
ほんとにウソみたいに楽になって、血圧のせいで頭痛はしてるけど、不調はそれだけになったんだよ。
だからこうして日記も書けてるんだけどな、ほんとにアースしてくれたとしか思えんわ。





てことで。
どうやら、金環日食のエネルギーがどかんと流れて、負荷過剰で私の身体はまたしてもブレーカー飛んだらしい。

認めたくないものだがな。







さて、今日は?


ふふーん。
頭痛いしお腹痛いよ。
でも、気圧変化の頭痛だろうしー。
お腹は……下位チャクラが痛いヤツなんだけど……たまたまだろ。
ふふーん。
スポンサーサイト
17 : 11 : 30 | エネルギー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「物語」というものの意義 | ホーム | 女の子を育てる・男の子を育てる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/728-bf09a1db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |