ちょっと、怖い。
2013 / 04 / 24 ( Wed )
雨が、それもけっこー横なぐりやないのーって雨が降る中、
どしても必要なものがあったので、本屋に行きましたの。

そして、ついでにブラブラしていたら、このマンガが目に入りましたの。

エルハンブルグの天使 (Feelコミックスファンタジー)エルハンブルグの天使 (Feelコミックスファンタジー)
(2013/03/08)
あき

商品詳細を見る


表紙見ただけで、一目惚れして購入しましたの。








なんで、こんなに細かく綺麗に描けるんだろう……。







と、まじまじと表紙だけに5分くらい見入っておりました。
おそらく、バッチリな下書きがあって真似しながら描く…というのなら、時間かければできなくもないと思います。
(あ。40代になってからだんだん目が遠くなってきてるから、ド近視用の眼鏡を外してじゃないと描けないな。)

でも、自分ですべてデザインするなんてのは到底無理。
そこが一番のポイントなのにぃぃぃぃぃ。



自分がこういう絵を描きたくても描けないので、表紙を5分も眺めてしまうわけです。




で。

以前なら、
「あー。いいよねぇ。絵の巧い人って~。羨ましいわぁー。」
で済んでたんです。
だって『絵は巧くなりたいけど、ならなきゃいけない理由は無い』からです。

なので、いいなーこんなふうに描けたらいいなー…と思っても、すぐに「自分は巧くなくても別に問題なかったんだっけー。」とするりと諦めて終わりで良かったんです。
(そして、10年ほど絵を描くこと自体をやめてしまったくらい。)


しかし、今はそんなふうに逃げられないんだよなぁ……と、この表紙を眺めながら、ため息をつきながら、思い知らされました。

もちろん、こういう画風になりたいとかって意味じゃなく、もっと全般的に……もっともっといろんな絵が巧く描けるようになりたい、という意味で、です。


だって、経緯や理由は何であれ、絵を描くことがお仕事になっちゃったんですもん。



今までずーーーっと「どうせ私は才能ないしー。」と簡単に諦めるという選択がOKだったけれど、これからはそれが通用しないんだな、と思ったら、ちょっと怖くなってきました。

…うん。
怖いです。
怖いなぁぁぁぁ……。






足元が、すーっと透けて薄く薄くなっていくような、そんな怖さ。
ひぃ。




(こういう怖さって、何度か経験してても、ひぃ…ってなるなぁ。)


スポンサーサイト
23 : 35 : 06 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<先生なザドキエルとパキっとしたチャミュエル | ホーム | 宇宙的人的サンダルフォン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/717-86eac7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |