今年の関ジャニ∞の名古屋ライブ参戦と、ミカエルと、そして私達。(その2)
2012 / 12 / 28 ( Fri )
(つづき)

8月8日のイベントに月子さん共々落選してガッカリしていた時に、じぇいど♪さんが
「真夏のイベントに参加できるほどではない(体力がそこまでは戻っていない)んだよ。それはまだまだなんだよ。ちゃんといい時期に行かせてもらえるって。」
慰めてくれて、
「じゃあ、やっぱりライブツアーだ!」
と、さらに強く思ったわけなのですが、
ライブツアーの日程が出てみたら、12月26日・27日で、去年のナゴヤドームの頃と同じ時期だったのです。
暑い時期より寒い時期の方が身体の調子が比較的良い私にとっては、この時期というのは確かにちょうどいいのです。

それも平日の水曜日と木曜日。
お父ちゃんにお休みを取ってもらいやすい曜日です。

うむー。やはり去年のライブ後に「来年もお願い!」と頼んだことが生きてるのね、とニヤニヤしてしまいました。
もう絶対に行けると思いました。


ただ、ふと思って計算してみると、周期がズレない限りバッチリ生理初日に重なってしまうことが判明してしまいました。
おおっ、これはいけません!
だいたい28日周期の私。このままだとバッチリ重なるだろう……と思い、ミカエルに、
「どうか生理をズラしてください。生理でライブなんてしんどいです…。ただでさえいろいろ持病抱えてて、そっちも気になるのに、生理まで重なるとえらいこっちゃですー。(生理前から重いんだけど)2日ほど遅くなるとかそういうのでいいですからー。」
と、またしてもお願いしました。

すると、9月はえらいこと早く生理が来て、10月も早めに来ました。
私の場合、2カ月続けてこんなにズレることって滅多にありません。
こんなに速攻で、それも前倒し方向で調整してくれるなんて……、と、正直ビックリしました。

しかし、きっとホルモンバランスが乱れたんでしょうね。
その頃は体調も不安定になりましたが、11月と12月は周期通りに来て、体調の乱れも少しずつ治まってきましたし、結果的に見事に前倒しでズレて、ほんとうにありがたかったです。


と、こんなこともあったので、もう絶対にライブに行けるように調整してくれるに違いない、と思えるので、安心してのほほーんとしていたのです………が。









今年は、ノロウィルス大流行というニュースが飛び込んできました。


20歳になる1カ月前にかかった「胃腸風邪」のせいで、20歳からの私はそれまでの私とは違う生き方をせざるを得なくなりました。
今から思うと、ノロウィルスだったんじゃないか、と思うのですが、ヒドい嘔吐をして、胃の具合がずっと良くないせいで、1週間で5~6kg痩せてしまいました。
もともと瘦せ型の私にとって1週間でこれだけ痩せるというのは大問題だったようで、そこから自律神経失調になってしまったようなのです。

それ以来、胃腸風邪というのは私にとっては「天敵」だ、という感覚になっていたのですが、
子供が拾ってきて、私にうつる…というのも数回ありました。
その度、子供の回復力は早いのに、私はちょっとズルズルと調子悪いのが続きました。
やはり「天敵」なだけあります。




マズいなー…と思いました。
ノロウィルスは12月にピークを迎えるとか言われてますから、ライブの頃なんてとてもヤバいんじゃないか、と思ったわけです。
ライブの頃に天敵襲来なんてなったら、泣くに泣けないです。

いや、でも、もう調整すらしてくれてるんだし、スタンド席最前列っぽい席が当たったんだし、絶対行けるよ!
ライブ直前に天敵襲来なんて、きっと無いよ!

……と、思う自分もいるのですが、テレビやネットのニュースではノロウィルスの話題がいっぱいでイヤでも目や耳に入ります。
その度にヒヤヒヤしてしまっていました。


私自身が罹るのはもちろん大問題ですが、
子供たちが罹っても大変だし、おとーちゃんが罹ったら一貫の終わりです。
子供の面倒を見てもらえません。ライブに行けなくなってしまいます。

どんどんノロウィルス関係のニュースは増え、私のヒヤヒヤ感もどんどん増えて行きました。





不安に思っていると、そういう現実になりやすい……というのは頭で分かっているし、
ここまでライブに関してミカエルがしっかり手回しをしてくれてるのもよーく分かってるのに、
それでも不安な自分とどうやって付き合っていくのか、を、すごく考えさせられました。

今でも「不安に思う自分とどうやって付き合うか」をさまざまな形で考えさせられてきましたが、
今回は私にとってはなかなかハードルの高い課題でした。

……だって、娘の保育園でもノロが出ました、とかお知らせが来たりするんだもん。
ドキドキヒヤヒヤしないなんて無理だ、って思いましたもん。


で。
結局は、家族みんなで手洗いをしっかりする、とかくらいしかできないわけです。
それでも、そういう基本を押さえるのはとても大切だと思ったので、子供たちと一緒に手をしっかり洗うようにしていました。

できることをしてるから、きっと大丈夫……と、ニュースを聞いてヒヤヒヤな気持ちになる度に自分に言い聞かせて、それ以上不安にならないように気をつけていました。
意識的にスルーする、ということですね。


実は、私はこの「スルーをする」というのが苦手なのです。
不安はもちろん、さまざまな「イヤな気持ち」になった時に、なかなかスルーできずにグルグルしてしまうのです。
頭で分かっていても、気持ちはちっともグルグルから離れられないことがとても多いのです。


私はミカエルがしっかり手配して護ってくれてると信じている。
でも、心は不安をどんどん生み出し、それをうまくスルーできない。


そんな課題でもって、意識的にスルーすることを訓練させられていたように思います。
しかし、無理矢理なんとかスルーしていただけで、華麗にスルーできるようになるまでにはまだまだうんと遠い道のりのようです。

無理矢理なので、まだまだ赤点ですな……。
ええ、甘くなかったですよ…。



でもですね。
だんだん、自分のことや家族のことだけじゃなくて、
関ジャニ∞のみんなも、ライブチケットが当たったエイターみんなも、当日は元気に集まれますように…と自然と祈るようになってきたことは、自分でもちょっと嬉しかったです。
嬉しくなると、ヒヤヒヤをスルーするのもちょっとだけ上手になったような気がしました。

ここらへんにヒントがあるのかもしれないなー、と思いました。

(まだつづく)




スポンサーサイト
08 : 08 : 08 | 関ジャニ∞ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年の関ジャニ∞の名古屋ライブ参戦と、ミカエルと、そして私達。(その2.5) | ホーム | 今年の関ジャニ∞の名古屋ライブ参戦と、ミカエルと、そして私達。(その1)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/653-485c85ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |