やはり、ほんとうのことを知りたいし、ちゃんと評価したいし、ちゃんと学びたい。
2012 / 11 / 20 ( Tue )
以前、こんな日記を書きました。
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/blog-entry-590.html


すると、その後、たまたま本屋でこの本を見つけまして、買って読んでみたんです。

阿川佐和子の世界一受けたい授業―第一人者14人に奥義を学ぶ (文春MOOK)阿川佐和子の世界一受けたい授業―第一人者14人に奥義を学ぶ (文春MOOK)
(2012/10/10)
阿川 佐和子

商品詳細を見る


河合隼雄さんと養老孟司さんとの対談目当てだったのですが、
李登輝さんとの対談もあったんです。
読んでみたら、やはり日本が統治してる時に教育、公共衛生、治安、財政……と、さまざまなことで台湾に貢献して、新しい台湾を作り上げた、と言ってるんですよね。
元・台湾総統が。

こういうことって、日本の歴史の授業で教えてもらえませんよね?
少なくとも私は聞いた覚えがありません。


そして、本屋さんで最近見かけたので、これを読んでみました。
台湾生まれの方が書いています。

日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか
(2012/08/10)
黄文雄

商品詳細を見る


この人も、リンク先の韓国の方と同じようなことを言ってました。
日本統治のおかげで、朝鮮は国家破綻寸前ところから立ち直ったのだ、と。

また、自然環境や歴史背景が違うと、こうも国民性が違ってくるのか、と考えさせられました。
すごく興味深かったです。

もちろん、本に書いてあることを鵜呑みにしてはいませんけどね。
「従軍慰安婦問題」や「南京大虐殺」が「でっちあげ」と言うのは言い過ぎじゃないか、と思いますし。
(規模をめっちゃデカくして韓国や中国の人たちは言ってるだろうな、とは思っとりますが。)



日本がしてきたことを全て正当化しろという意味じゃなく、
客観的に何があったのか、を知りたいですし、良くも悪くもちゃんと評価したいですよね。
そうじゃないと、歴史から学ぶことができないですもん。
スポンサーサイト
18 : 39 : 38 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<結婚・出産・育児で「仕事」が途切れてしまっても。 | ホーム | 子供たちの力をぐ~んと伸ばしてあげられる先生って、すごいと思います。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/637-bcf86ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |