【民絵屋】大天使ラジエルの絵
2012 / 08 / 09 ( Thu )
大天使ラジエルの絵について、お客様のご感想を紹介します。
オラクルカードはSpiritual Understandingでした。

大天使ラジエル


大天使について全然予備知識がないので、一体どんな大天使でどんな内容のメッセージなんだろうと、
ドキドキしながら届くのを待っていました。
そうそう、mixiで大天使ラジエルのことを書かれているサイトを紹介されてましたね。
ありがとうございました。

この絵を受け取った日の夕方、実家へ1泊ですが帰省することになっていました。
出かける前に窓を閉めようと外を見たとき、大きい天使の梯子が出ていました。
天使の梯子は私が家を出てからも、私が向かっている方向に広い空に渡って出ていました。
天使の梯子を見るのは本当に久しぶりだったので、絵を受け取ったことと重なり、
とても印象的な出来事になりました。

ベースとなっている、青のような青緑のような色は私の大好きな色です。
大天使ラジエルの姿は、私のほうへ飛んできてくれているような感じがして、
眺めていると感謝の気持ちで胸が一杯になり、自然と涙が出てきました。

「Spiritual Understanding」というメッセージは、初めて読んだとき、実はもっと違うメッセージを
期待していたので、少々ショックでした。
あっ、でも、誤解しないでくださいね。描いていただいて、メッセージも添えていただいてとても感謝しています。
そして何より、これは確かに私へのメッセージです!
良い話を聞いてそれだけで満足していたり、実際に自分の生活に当てはめてみる、
ということをなんとなく無視し、どこか遠い世界の人ごとのように聞いていたのではないかと思います。
今考えると、現実逃避とでも言いましょうか。。。私はそんなつもりは毛頭なかったのですが。
そんなわけで、ちょっとしたスパルタのように、私の心に効いてきています。

メッセージを読んでまず浮かんだのは、同居している主人の母とのことです。
うまくいっているご家庭も多いと思いますが、うちは厳しすぎる母の言葉に私が付いていけず、
いつも反抗してケンカばかりでした。

厳しい言葉の裏には「愛」があるんだ、とたみえさんや通っているヨガの先生の言葉などから
頭では理解できていたつもりでしたが、やっぱり心でそれを受け入れることがずっとできなくて。。。
今回、絵を受け取ってから少しは私の気持ちを癒して解放することができたかな、という気がしています。
これからもっともっと母からの愛を理解し、逆に私から母へ愛を送れたら、と思っています。

そういう気付きのチャンスを与えてくださって、本当に心から感謝しています。


さて、中央に描かれている六芒星は、「調和」とか「結合」という解釈でいいのでしょうか?
自分で感じとることが一番良いのでしょうが、そういう感性がまだ未開発で。。。
ラジエルさんよりも目立っているような気がして、一体何なんだろうと見つめても「?」しか浮かばず。。。
教えていただけたら嬉しいです。




私も「嫁」という立場におりますからね。
私の場合、お姑さんの方がいろいろ気をつかってくれますし、車で10分くらいのところで別居なので、いい関係のままずーっといることができますが、
いくらお互いに気遣いあってても、毎日の生活の中で「良好な関係」のままでいるというのは、ほんとーに難しいと思いますし、それは実の親子でもそうだと思うのです。
お客様みたいに「反抗してケンカができる」なんてのは、逆にすごいなー、と思っちゃうくらいです。

だからと言って、無理に「愛さねば。」というのも、やはり長続きしないと思うのです。

頭で分かっていることを、現実の身近なところで活かしていくというのは、ほんの少しずつの意識変化からでしかなく、いきなりは変われないけど、気づいたらいい感じになってた……というのが、ホンモノかもな、と私なんぞは思ったりしてます。


お客様とお姑さんとの関係が少しずつ少しずつストレスの少ないものになっていくといいなぁ、と祈ってます。




そして。
六芒星については……なんなんでしょうね???
あーここに描かなきゃー…って思ったので描いたんですが、意味までは分かりませんでした。
でも、お客様が感じてくださったことが、答えなんだろうな、と思っています。


スポンサーサイト
22 : 04 : 14 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一仕事して、ほっと一息のくまえる | ホーム | 【民絵屋】大天使ミカエルの絵と、「エネルギーって温かい?」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/579-125fbe05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |