言語の役割
2012 / 01 / 15 ( Sun )
人間の脳は、右と左の2つに分かれていて、その右側を右脳、左側を左脳といいまして、その間は脳梁と呼ばれる神経線維でつながれてます。
そいえば、この脳梁って女性の方が太いので、女性は平行していろんな家事ができるけど、男性は1つの仕事しかできない…なんて言われたりもしますね。

でも、右脳と左脳の役割については、まことしやかにいろいろ言われてますが、医学的には根拠は無いんだそうです。
まだよく分かってないってことですね。

で、
右脳は体の左半分を制御し、左脳は右半分を制御しているわけですが、
言語を司る言語中枢というものがどちらか片方に入っているんですね。
これが、不思議なんですが、

●右利きと左利きでは、右利きの人の方が圧倒的に多い
●右利きの人のほとんどは左脳に言語中枢がある
●左利きの人の4割が右脳に言語中枢がある
●ほんとに珍しい例だけど、左脳にも右脳にも言語中枢がある人もいる

ということらしいのですね。
だから、「言語中枢は左脳にある」とざっくり言われがちなんだそうです。
左脳に言語中枢がある人の方が多いから。

でも、左利きの私はもしかしたら言語中枢が右にあるかもしれんのかー、と思ったら、ちょっとワクワクしちゃいました。てへ。
(にのちゃんは、右脳に言語中枢がありそうだなぁ。なんとなくだけど。)



と、いうのをふまえてこちらを。
http://plaza.rakuten.co.jp/siriun/diary/201201140000/


左脳が…っていうより、言語中枢が破壊されたことで起こった変化ということですね。

たしかにね。
私が17歳の時にオーストラリアに1年間、交換留学で行った時に、
もともと英語がそんなに得意でもなかったので、最初はうまいこと言葉が聞き取れないし話せない状況に置かれてしまったのですね。

そうなんです。
まるで日常生活から「言葉」の力がすーっと消えてしまったような感覚に陥ったんです。
すると、不思議なもので、五感も五感以上もなんですが、「感覚」が冴えてきたんです。
いろんなことを「まるごと」で捉えて、そこからいろんなことを自分の中に落としこむ…みたいな感じですかね。
あの時に、いかに人間は「言葉」にべったり頼ってるかということを体験を通して理解させられたんだなー、と今更ながらに思います。



おそらく、「言語」というのは、「分離」するというのが仕事なんだと思います。
なにもないところに、水平の線を1本ひいて、空間を分離し、「上」と「下」という概念を生み出す……みたいな。
それが「言語」の役割なんだろうな、と思います。
分離して1つ1つを規定していくことが。


なので、言語にべったり頼っていながら「統合」に至ることは難しくて、だから「頭で考えてるだけではダメ」なんでしょう。
そして、自身の存在そのものまるごとで体感するということを通して到達した境地のことを言葉で語るというのは最初っからできないことなんだろうな、と思います。




でも、私は、こうやって言葉を使って何かを伝えようとすることを止められないんですねぇ…。
えへへ。
スポンサーサイト
23 : 30 : 49 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<地球という惑星 | ホーム | 癒しの大天使ラファエルをもってしても……>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/479-5b795bbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |