自分が何を選択し続けているか、を実はよく分かっていないのかも。
2011 / 02 / 03 ( Thu )
まぁ、まずこれを読んでみてくだされ。
http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2011/02/post-0b06.html




なんらかの「仕組み」が宇宙にはあって、それをいろんな人がいろんな言葉で言ってて、
それは確かにそうなんだろうけど、
マクロの話はちょっと横に置いておいて……。


自分がこの人生を生きていく、というところにおいては、自分の魂が選択した青写真の範囲の中で、何が鍵となるのかというと、

「人間ってこう言うものだ。」
「自分はこういう人間だ。」
「世界はこういうものだ。」

という、さまざまな認識なんだろうなー、と思うのです。
(シェルドレイクの言う形態形成場の影響は、おそらくすげー大きい。)


んなもん、スピ的には言い尽くされてることだけど、でも、ほんとうに自分がどういう認識を選択しているか、というのは、案外分かっていないのかも、と思ったんです。


つまり、たとえば、苦しい苦しい…と嘆き悲しんでも、結局はその認識を手放そうとはしてない、ってことです。

手放さないから、それを選び続けてることになる、と。






でね。

昨日のmixiの日記にひの♪ねーさんがコメントしてくれた内容が興味深かったんだけど、
それに照らし合わせると、


その認識を選び続けて苦しんでる人の、その選択した心に寄り添おうという仏の慈悲みたいなところを選択してるのが、ひの♪ねーさんで、

「んなもん、もう要らないよね?もうポイしようよ~。」と言いたくなる自分を選択してるのが私で、


ほんとに「すべて」が選択だなー、と思ったのです。






さっき、横に置いた「マクロ」の視点だと、もしかしたら、個人の選択の責任を、ある程度の規模のグループソウルで負うとかさ、そーゆーこともあるかもしれないんだから、

やっぱり、自分がどういう認識を瞬々刻々と選択し続けているか、を意識してみるのは大切かも。


で、
「その意見は受け入れられない。」と思った時に、自分の認識をチェックしやすいのかも、と思ったりしました。
スポンサーサイト
10 : 15 : 12 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<mixiでキリ番ゲットの人に絵をプレゼントしておりまして…。 | ホーム | 旧暦正月の扉の絵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/360-b6d3ccee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |