「情報」を選別するだけじゃ、多分ずっと惑わされ続けると思う。
2010 / 11 / 02 ( Tue )
そいえば。

和尚さんのセミナーで、えりもも先生が「帰依」という言葉を使われてたんですよ。


ああ、えりもも先生って、いいなー、って思いました。

もちろん、その言葉ひとつだけでそう思ったわけじゃないんですけどね。
でも、それが象徴的に私の中に入ってきました。





えりもも先生も、和尚さんも、宗教的にもスピ的にも、いろんな情報が有り過ぎて、みんなぐるぐる惑わされちゃってるよね、ってことを言ってました。

確かにそうかも、って感じます。




けど、その「情報の洪水」の中から、「絶対の真実」を見つけようとしても、きっとそれは不可能に近いんじゃないかなー、とも思うんです。

奇しくも、セミナーが終わってから、なおぴむんといろいろ話してた時に彼女が言いました。

「私、100%のもの(情報)を求めてたんだよね。でもそれは無理だと思ったんだー。」

って。
でもそれって、すごく分かるなー、って思いました。



たとえば。
えりもも先生っていいなぁ~、って思ったし、スゴイいなーって思ったのも本当だし、
和尚さんはスゴいな~~、って思ったのも本当だし、
オープンな心でお話を聞いてたつもりです。

でも、精査していないか、っていうと、そういうわけじゃないんですよ。

でもでも、精査してたからって、決してナナメな姿勢でお話を聞いてたわけじゃないんです。




んじゃ、そこで精査して、「自分に合う部分(情報)だけを良いとこ取り」してるかっていうと、それもちょっと違うんですよね。

情報だけを「これはアリ」「これはナシ」と選別するのであれば、それはどんな人の話を聞いたとしても読んだとしても、
やっぱり、いつまでたっても「情報に翻弄される・惑わされる」というところをぐるぐるするだけだと思うんです。


自分の全部をもってそれを一度吸収して、そして自分の全部をもって……「濾過する」みたいな感じかなー?

そういう精査をしないと、単なる情報の選別に終わるような気がします。









…って。
えらそーなこと言ってるけど、私にそれがちゃんとできてるかってーと、それは分からんです。

でも、そーゆーもんじゃないか、と私はなんとなく思っておるです。



そしてそれはね、スピに限ったことじゃないよね。
スポンサーサイト
18 : 37 : 16 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「1つ」では「世界」は生まれなかった。 | ホーム | 何かがもう一度始まる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/321-4a2016a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |