「なにみえ」が解散ということで。
2010 / 09 / 04 ( Sat )
「なにみえ」が解散っちゅーことで、感慨深いものがありますね。
やっぱり。



私は「なにみえ遠足・一期生」になってから、ネット上とはいえ、仲良くしてくれる人がぐ~んと増え、それがやっぱり一番ありがたいことだなー、感謝しとるですよ。

それが第一。



で。
そのうえで、「見えない世界」のことを、いろんな人と共有できたというのは、実に興味深い経験となりました。

「上で○○さんが△△してたよねー。」みたいな情報交換が、アストラルトラベルを始めた頃にはお互いにとても興味を惹かれたコトだったと思うけど、
だんだん、そーゆーコトじゃなくて、『肉体だけの自分・五感で感じるだけの世界』から少しばかり踏み出して見えてきたこと、分かってきたこと、自分が変化してきたこと……を、言葉にするようになってきた時に、
お互いが同じベースをどこかに持っている、ということが無意識にも「相手を理解しよう」とする力を強くしていたのかもしれないな、と思うんですね。


ある種の「仲間意識」といえば、そうなのかもしれんです。


それを好ましく思わない人だっているだろうし、合わない人だっているだろうけど、
とりあえず、共有する「世界観」があるというのは、そこをベースとしてさまざなことを発見するチャンスを与えられた、と捉えることができると、私は感じたです。




そして、「なにみえ」を通じて、いろんなスピ情報、スピ知識を得ることができたです。


スピに関することだけじゃなくて、どんな種類の情報・知識だってそうだけど、
その妥当性を自分なりにどうやって検証するかってことや、知識をどう扱うかということは、多分、どれだけたくさん「世界観」を共有してる人たちがいても、ものすごーーく「個人」に依るものであって、

自分という個人・人格そのものが試される

とすら言えることだと思うんです。
そして、それをつくづく感じさせてもらったです。「なにみえ」のおかげで。





私は、ブログにもコミュにもほとんどコメントしなかったし、スタッフとかもしてないし、恩恵受けるばかりだったけど、
「なにみえ」を通じて得たことが私の中で消化吸収されて、巡って巡って、私の中から何かしらの言葉となって出てきた時に、たった1人の人にでも「お。」と思ってもらえれば、それが恩返しかもなー、と思っとるです。(←なので、恩返しできるかどうは分からん。てへ。)

だから、ブレてもブレても、ちゃんと自分の「芯」に戻れる自分であり続けたいなー、と思うです。
もちろん、だからって気負ったりはしないけどねー。






てことで。
じぇいど♪ボス、ちゅまちゃん、お疲れさまでした。
今までありがとうね。

マイドラ時環とともに、愛をこめまくりー。
スポンサーサイト
11 : 46 : 22 | 「上」関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【民絵屋】ポストカードをご用意しました & 民絵屋アルバムに絵を22枚追加しました | ホーム | ジャッジするなと言われても、反射的にしてしまうので。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/302-4d2bada7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |