表層意識の「私」と、神なる「私」と。
2010 / 07 / 08 ( Thu )
先月の月食(満月)から、今月11日の日食(新月)の間って、体調不良で頭痛とか消化器官の不調とか、そーゆーのが多くなるって、なんかに書いてあったわー。


てことで、頭痛はそのせいってことにしておこう。
そうしよう。




でさ。
この不安定な(?)時期の間に、内観が進む……みたいなことも書いてあったのを読んだ覚えがあるけど、



なんかねー、
不思議なんだけどねー……







あたし、別にいつ死んでもいいよな





って、すげー深いところから湧いてくるんですよ。
いや、別に今すぐ死にたいとかってんじゃないですよ。

ただ、生きてることに執着してないなー、って感じ。
深い部分の「私」は。


でも、表層意識の「私」は、

痛いのとか苦しいのとかはイヤだー、
子供がまだ小さいからまだまだ死ねんがねー、
一度は松潤を生で見てみたいがねー、
お金、やっぱもっと欲しいなー、
お肌、つるつるになりてー、

とかとか、いろいろ騒がしいし、それらはもちろん当然だよねー、って思うんですが、
そことは別に、深いところの……「神なる私」に近いところの「私」は、



何かを成し遂げたいとか、何かをしたいとか、こういう自分でありたいとか、そーゆー自己実現を超えた存在



なんだな~、とぼんやりとながら「実感」できるんです。この数日。

ただ、在るだけで十分、みたいな感じ。
だから、別にいつ死んでも問題ナシ、って感じなんだろうなー。



小3の時に、突然「世界がクリアに見え始めた」時から、自己実現の欲求は強かった私ですが、
20歳直前から身体をこわして、ずーっと自己実現というのもから遠ざかってしまいました。


これって、どういう意味があるのかしら……と、時々ふと思うこともあったけど、

この数日は、
「ほんとに、これって消えていく姿だったんだなー。業を出しちゃって、お掃除してるんだなー。自己実現の欲求さえ業だったのねー。」
と、なーんかほんとに深い部分で思うんですよ。




いや、だからね。
しつこいようだけど、表層意識の私は、生松潤に会いたい~とか、そーゆー煩悩まみれのカワイイ奴なんだけどね。
それを否定してるわけじゃないっす。





ここんとこ、洗顔や歯磨きの時、鏡を見ながら、
「我即神也。私は神だよ。」
と、声に出して言うようにしてたんですよ。


そのおかげで、いつもより神に近い部分の「感覚」がすこーしばかり滲み出てくるようになったのかなー、とも思うんですが、時期的なものもあるのかしら。
はてさて。





神なる「私」の感覚と、表層意識の「私」の感覚が、どこかでバチっとリンクしたら、その時は、スーーーっと雲が晴れるような感じになるのかもしれんね。
今は、まだ別々だなぁ~。

スポンサーサイト
11 : 55 : 05 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<41歳で、今さらな感は否めませんが。 | ホーム | そよ風に吹かれて揺れていたら。>>
コメント
--お邪魔します^^;--

さちえるさんチから、タイトルに惹かれてお邪魔しました。
はじめまして。

私もいつ死んでもいい…と思っています。
たみえるさんがそう書かれていらっしゃるのを見て、思わずコメント書き入れました。
いつ死んでもいいけど、心残りは息子…だろうな。
それだけ。
by: 向日葵 * 2010/07/13 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
--◆向日葵さん◆--

> さちえるさんチから、タイトルに惹かれてお邪魔しました。
> はじめまして。

はじめまして~~。
でも、むかむんむんのところでお名前拝見しとります~。


> 私もいつ死んでもいい…と思っています。
> たみえるさんがそう書かれていらっしゃるのを見て、思わずコメント書き入れました。
> いつ死んでもいいけど、心残りは息子…だろうな。
> それだけ。

向日葵さんもですか~~。
いつ死んでも「ま、いいかー。」みたいな感覚なんですよね。
進んで死にたいというんじゃなくて。
やはり「奥の方の自分」の感覚なんでしょうね~。これって。

でもやっぱり、子供のために元気でニコニコしながらそこそこ長生きしなきゃな、とも思う自分もアリだよな、って思うです。
子供って、やはりスゴい存在ですよね。
肉体界での偉大なるアンカーですねぇ。
by: たみえ * 2010/07/14 21:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/288-3673d3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |