頭の中だけで、世界を捉えようとしてるから、相対的に「濃度」が下がっちゃうんだろうな。
2009 / 11 / 24 ( Tue )
mixiの記事なんですが、これを読んでいたら、
ふと、中学生の頃の感覚が蘇ってきました。



あの時、
私は、永遠と刹那は同等なものだと、根拠もなく、そう感じたのでした。




五井先生は、
私たちは生命(身体)を、瞬々刻々(神から)いただき直している
と、言いました。


上記リンクに書かれていることは、上から見た時の解説で、
五井先生の言葉は、人間の目線からの解説だな、と思いました。



量子の世界では、モノゴトは「とびとびの値」をとります。
割と身近な「電子」でさえ、原子の中にあって、エネルギー的に励起されると、「とびとびの値」で軌道を変えます。

学生の時、これが非常に不思議でなりませんでした。
なぜ、連続していないのか?
不思議でなりませんでした。


しかし、もしたしたら、物質世界においては、すべてが「非連続」なのかもしれないな、と、思うようになりました。

まるでアニメーションです。

時間が流れるのではなく、我々の意識が動くことによって、世界は「連続」しているように感じているだけなのかもしれません。



だとしたら、「永遠と刹那は同等」である、という、あの時の感覚も、あながち間違いではないよな、と思うのです。






スピリットは偏在し、過去も未来も現在も、すべてが同等で、
それらをハイヤーセルフが「残らず」チューニングしているとしたら、

「転生」という考え方すら幻想でしかなく、

すべての人生は、平行して同時存在しつつ、お互いが共鳴しあっているものなのかもしれません。










と。
こーゆーことを考えていると、
私の場合は、どちらかと言うと、空虚感に近いものがじんわりと湧いてきます。

自分が今持っている「濃度」が、現在の「生」の中だけで保持し続けたものなので、概念だけであっても、一気にパンと世界の方が広がると、相対的に「濃度」が薄まるんでしょうね。


まー、私には五井先生のお祈りがあるからまだいいけど、
一気に相対的な濃度がぐんと下がって、そこに「ヴォイド」を感じる…なーんてこともあるんでしょうねぇ。

それって、コワイよねーーーー
(ふつーの人間の精神では耐えられんかもしれん、という怖さね。それそのものがコワイというわけではないよ。)


なので、宗教的にもスピ的にも、すべては愛だーーー、光だーーーー、喜びだーーー、と、口を酸っぱくして言うんでしょうなぁ~…。
スポンサーサイト
22 : 52 : 55 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<癒し合うために生まれてきてくれたのかも。 | ホーム | へんなかんじー。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/190-b8fd67e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |