ヒプノマンの心の話21
2009 / 02 / 10 ( Tue )
なにみえ遠足の同級生で、宇宙一のヒプノマンであるPさまに快諾してもらったので、Pさまの日記を転載します。

Pさまの当該日記はココです。

--------------ここより転載:------------------

ヒプノマンの心の話21

「北斗くんの教え」の巻~

『認めるものが現れて、見つめるものが拡大する。
 人は自分が認めたものを、認めたように体験していく』

このむつしい言葉、北斗くんという名前の赤ちゃん(当時1歳)が言った
(と北斗くんのお母さんが教えてくれた)言葉。
6、7年前の話だけど・・・

それ以来、いまだにあちこちで話させていただいてる。

ようするに、
いま私たちの目の前に現れている現実(と思っているもの)は、
私たちが認めて創り出したもの。
そして、それにフォーカスすればするほど、それはさらに大きくなって現れてくる、
っちゅー意味だと思うんだけど。

初めて聞いたとき、「ひぇ~、バシャールとおんなじこと言ってる~」と思った。
(バシャールは20年以上前だけど)

なんでこんなこと突然言い出したかというと、今、あちこちの大きな会社が何万人リストラだ~、とか、工場閉鎖だ、なんて言ってるけど、こういうことを否定的にとらえればとらえるほど、そのとおりさらに否定的な現実として現れてくる。
反対に、「おっ、これで今までの間違った経済のシステムがこわれ、偏ったエネルギーの循環が正しい方向に向かうチャンスだ!」という方にフォーカスすればそれを体験できる。

私なんか、ますます「おバカの地球改造計画」がうまく進んでる~
な~んて思えて、ひとりでニヤニヤしてんだけどね~

どうせ同じ体験をするなら、そっちのがいいと思いません?

な~んちゃって
スポンサーサイト
16 : 08 : 22 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<凛々さんの日記から | ホーム | 最新の天使の絵を2枚追加しました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/134-b02bccb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |