【mixiより転記】もうそれは要らない。
2008 / 12 / 23 ( Tue )
【mixiより転記 12月23日】

20歳直前にかかった胃腸風邪から、簡単に言えばいわゆる自律神経失調がヒドくなっていったわけなんですが。



いろんな肉体的苦痛がありまして、その時は耐えるしかないんですけど、なんてゆーかなぁ……。

以前は、自分で言うのもヘンですけど、かーーなーーり辛抱強かったと思うんですよ。
その苦痛に耐えることができたんです。

それでね、その肉体的苦痛そのものもイヤに決まってるんですが、もっとイヤだったのは、「広場恐怖」に陥ってた精神的状態だったんです。

なので、それをなんとかしたい、とヒプノのセラピストさんのところに行き、そして彼女から今もお世話になっている霊能師の先生を紹介してもらい、その先生から五井先生のお祈りを教えていただき……と、なったわけです。

もちろんイヤなものはイヤなんですけど、それでもこの肉体的苦痛があったからこそ、という部分は自分でも認めているわけです。



んでね。
いつからかなぁ……。

息子を産んでからかなぁ……。
いや、娘を産んでからかなぁ……。



数値化はできんのですが、多分ね、その苦痛は以前ほどの大きさの痛みや苦しみではなくなってるんですよ。
それなのに、以前ほど辛抱できんくなってるんです。

苦痛そのものに「イヤっ!」と拒否反応が強く強く出るんです。
痛みやしんどさを感じていること自体に我慢ができなくなって、その「我慢できんっ!」っていう状態が非常に苦しいのです。



「苦痛に耐える回路みたいなものが、使いすぎで擦り切れてきたんかなー?」
なんて、時々うっすらと思ったりもしてましたが、多分違うな、と、昨日ふと思ったんです。
寝る前に。



もうね、ほんとに要らんのですわ。
今までの肉体的苦痛が。
それが道しるべだった時とは、今はもう違うんだ、ってことです。

きっと、今の苦痛は「繰り返しの体験の中で強化されてしまった想念」が創り出している苦痛であって、道しるべでもなんでもないんです。

だから、苦痛に耐えることができなくなって、苦痛に耐えようとすることが苦痛そのものになってるんですね。




「感覚」の変化って、ちゃんと意味があるんですね~~。
スポンサーサイト
22 : 28 : 06 | 健康とか。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あけましておめでとうございます。 | ホーム | 【mixiより転記】本当の自分>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/119-a025b9a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |