富山に行ってきました。
2016 / 04 / 01 ( Fri )
息子は藤子・F・不二雄先生が大好きで、2013年のクリスマスの日に川崎の藤子・F・不二雄ミュージアムに行きましたが、
そこを堪能した息子は、それからはずーーーーっと富山県高岡市に行きたい行きたいと言っておりました。
高岡市は先生の生まれ育った街です。
修学旅行で奈良の大仏様を観てからは、さらに高岡大仏にも行きたい、と言い出し、
藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーもオープンしたことですので、卒業記念だ!とお父ちゃんが頑張って連れていってくれました。
ええ、車で愛知県の東三河から富山まで行ってきました。
30日31日と一泊二日の富山旅でした。

早起きしまして、4時間かけて富山に到着。
まずは氷見の藤子不二雄A先生の資料館に行きました。
そして高岡に行き、高岡おとぎの森公園に寄ってから、ふるさとギャラリーを堪能してきました。
あ、私が、です。
川崎のミュージアムの時は、息子がたくさん飾ってある原画をすっとばして行くので、じーっと鑑賞できずにいたのが心残りだったのですが、今回はじっくり観ることができました。
特に複製原画の中に本物の原画も何枚かありまして、その中の色原画を見入っておりました。
ふつーの、子供たちが使う絵の具と同じもので描かれているとは思えない原画でした。
今はPCで色塗りをする人が多いでしょうし、アナログでもコピックなどを使う人が多いんじゃないかと思うのですが、ふつーの絵の具で描かれた原画の塗りに感動しておりました。
丁寧なのに迷いを感じない筆使いに、「F先生!私も精進します!」と心の中で誓ってしまいました。

川崎のミュージアムの方がもちろん規模は大きいのですが、高崎のギャラリーは予約も不要で人もそんなに多くないのでじっくりゆっくり観ることができて良かったです。



そして、(車を置いて)ギャラリー近くの大きな高岡古城公園から歩いて高岡大仏にお参りしまして。


そこからまた歩いて駅前まで行きまして。


駅前で富山名物ブラックラーメンをいただきまして。

そして、駅の中にある「ドラえもんポスト」に、息子がお世話になった先生へハガキを投函しまして。


時間になったので、ドラえもんトラムに乗って高岡古城公園まで戻りました。





そして、お宿へ。
かんぽの宿に宿泊しました。
夕飯もおいしくいただきました♪
お米がおいしかったです♡♡
デザートのオレンジプリンもめっちゃおいしかったです♡♡



お宿は東向きの窓だとお父ちゃんが気づきまして、(疲れて9時過ぎに寝てしまったためか)何故か私も日の出1時間前から目が醒めまして、家族みんなで日の出を観ることができました。
遠くに見える富山の高い山々から登ってくるとても綺麗な日の出でした。


かんぽの宿の展望室から見た朝の景色です。



2日目は富山市に行きまして、富山湾を展望台から眺めたり、古い町並みを歩いたりしまして、
そして、「世界一美しいスタバ」に行ってお茶してきました♪

桜も咲いてて、ほんとーに綺麗な公園でした♪

お昼はますのすしの工場見学をしてから、工場内のお食事処でますのすしをいただきました♡
大好きなの~♡♡




お昼をいただいてから、すぐに岐路につきました。
4時間運転のお父ちゃんはすごい!(←私には無理っ)
当然ですが途中、何度かSAで休憩したのですが、ひるがの高原のSAでは猫ちゃんがいました。

ヤンチャな黒丸はおじいちゃん・おばあちゃんが預かってくれたのですが、ブ子は黒丸のことを好きじゃなくてイヤがることが多いので、ブ子さんはお家で1匹だけでお留守番でした。
SAの野良猫ちゃんを見て、余計にブ子さんに早く会いたくなりました~。
あ、ブ子さんはちゃんとお利口にしてたようです。ちょっとだけ障子が破れてたけど、ほんのちょっとだけだったし。
(黒丸がいたらとんでもないことになってたと思う~。なのでおばーちゃんに感謝!!)


息子も大満足だったようですし、
初めて「旅館」にお泊まりした娘も大満足だったようですし、
子煩悩なお父ちゃんはそんな子供たちを見て大満足だったようですし、
体調イマイチなりにも倒れることもなくなんとか日程をクリアできた私もなんだかんだと楽しめて良かったです♪


やー、しかし、富山はいいところですねぇ~。
冬はそりゃ雪が多くて大変なこともいろいろあるでしょうけど、
街は道路が広いくて公園や美術館など公共施設はとても整えられてるし、田舎は田んぼががーーっと広がってるし、高い山があり、そして海もありますからねぇ。
そして「富山の薬売り」が有名ですけど、今も製薬会社が多いらしいですもんね。主要産業の一つだとか。
豊かなところなんだなー、と思いました。

あ。
ちなみに、オカンの父方系が富山の材木商だったそうなので、縁がちょっとはあるんですよね~。
大学時代に観測で立山に行ったことはあったのですが、発破実験での地震波の計測をしてただけなので、今回こうして訪ねることができて良かったです。
息子のF先生への情熱おかげだ~♪

スポンサーサイト
18 : 44 : 21 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「歌うメタトロン」と「ぐるぐるなラギュエル」 | ホーム | 『神さまっているの?』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/1174-c676820e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |