【mixiより転記】一陽来復
2008 / 12 / 22 ( Mon )
【mixiより転記 12月21日】

父親が肺ガンで死ぬ1カ月くらい前から、ずーっと
「お父さんは元気になる。まだ死なない。」
と、信じていました。

医学的根拠も何もないけど、でも信じていました。



何か拠り所がありつつ「信じる」というのは簡単です。
でも、何も根拠となるものがない状態で、それでも腹の底から「信じる」ことが大切だ、ということを、あの時にも教えてもらいました。

もちろん、父親の魂が決定することですから、私が信じているから病気が治るというものではないのですが、それでも、そんな状況でも『信じる』ということがどういうことか、を教えられたのです。


結果的には、私が信じていても、父親は死にました。


でも、私は、結果が違っていても、あの学びは大きなものだった、と今でも思っています。

なぜなら、あれは父親の病気回復を信じるという形ではあったんですが、本当に信じたものは、「自分」だったからです。
だから、結果が違っていても、信じたことが間違いだったとは感じなかったばかりか、一種の達成感みたいなものまでをも感じたのです。







私の人生の課題の一つが「信じる」ということだと感じています。
特に「自分を信じる」ということです。
人生のいろんな場面で、「根拠もないのに、そうだと信じられる」ということは何度もありました。
なのに、不安でぐらぐらすることの方が多いのは、人間だから仕方がないと思っていました。


確かにそうなんだけど、でも違うよね。


今、また、私は「自分を信じる」という課題に向き合うことになりました。




たみえお母ちゃんは、どんどん健康になって、どんどん丈夫になって、どんどんニコニコになってます。



と、【腹の底から信じて】、念仏のように唱えます。




一陽来復。
冬至の今日から生まれ変わるのさ。
スポンサーサイト
23 : 39 : 53 | 健康とか。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【mixiより転記】本当の自分 | ホーム | 【mixiより転記】昨日は寝込んでましたです。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/117-07bdd8a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |