自分を知るって、難しい。
2015 / 07 / 21 ( Tue )


息子の夏休みの宿題です。
相変わらず彼の書く「虫」の字は、笑っているように見えます♪






昨日の夜、「しくじり先生」にヒロミが出てましたね。
彼は売れっ子だったのに、パタリとTVに出なくなり、10年経って最近よくまたTVで見かけるようになりました。

なぜ彼はTVに出なくなったのか、を話していました。
それは、後輩たちから共演NGを出されたからだったらしいのです。

ではなぜそうなったのか。

彼はさまざななことが学べる先輩たちとばかり遊んでいて、後輩たちとはちっとも遊ばなかったそうです。
そして、あのキャラクターでしたから、自分では「じゃれてる」とか「かわいがってる」つもりのコミュニケーションだったのに、後輩たちにしたらとてもキツくて怖かったそうなのです。
遊んでいないので、そういう話を耳にすることができず、後輩たちと分かり合えないまま、共演NGと言われてしまったらしいのです。


10年間テレビから離れて、だんだんと自分がしてきたことを客観視できるようになったのだそうです。
自分のしてきたことがどういうことだったのか、というのが。

自分はそんなつもりじゃなくても、相手がどう受け取るか、だよね。

と、ヒロミが何度か言っていました。
コミュニケーションというのは、そういうものだよなー、と、身体はしんどかったのですが、しみじみしながら観ていました。
(そうなんですよー。ゆうべはちょっと夕飯を食べすぎて、食後からガクンとしんどくなっちゃったんですよー。食べるとしんどくなることが時々あるのも悩みのタネなのですわ…。子供の頃からなんですが。)

と、同時に、
自分を知るということは、ほんとうに難しいことだなぁ、と、これまたしんどいながらもしみじみしておりました。


ネットでは、
相手のことを失礼なやつだとプリプリ怒ってる本人の方が、実はその前に相手に対して失礼なこと書いてる…なんてのをよく見かけます。
本人は自分の意見をただ言っただけ、それも丁寧な言葉を選んでる…という認識でも、相手にしたら「バカにしてるでしょ?」と受け取れるようなことを書いてたりするんですよね…。
傍観者の私は「あーあ…。」と思うだけですけど。

少し前のことだったのですけど、
これは知り合いのことなんですが、その人が「私はこういう人間なんです」的なことを言ったのですけど、
ちょいちょい待って待って!それ誰のことゆーてるの?! 
と、私はひっくり返りそうになっちゃったのでした。
全然違うやん…ってか、逆やでそれ……、と、心の中でツッコミまくりました。
……でも、家族やめっちゃ仲良しな友達ならともかく、知り合い程度ではねぇ……言えませんよねぇ…。




そいえばですね。
まだ若かった頃ですが、沼津でお仕事してた頃ですが、
「私ってさ、案外負けず嫌いな部分もあるんやなー、って最近分かったわ…。」と、同期の友人に会話の流れから何気に言ったら、
切れ長の細い目をまんまるくしながら友人が、
「今頃気づいたの?本気で言ってんの?」
と、頭のてっぺんから出たような声で聞き返してきたことがありました。
そこまでビックリされたことにビックリしちゃって、友人のあの顔が今でも忘れられません。

いや、ほんとに「私、もっと負けず嫌いだったらいいのになー。そしたらもっとガツガツ勉強もしただろうし仕事もするだろうに。」って思ってたくらいだったんです。
実際、すぐに「あー、もういいやー。」「もうこれくらいでいいやー。」ってなっちゃう部分ってあるんです。
コツコツできねー女だなーあたしって……って、ずーーーーーっと思ってました。

そしたらですよ、
息子が赤ちゃんの時でした。
オカンがずーっとお世話になってる霊能力バリバリのお寺さんが、オカンが抱っこしてた息子をパッと見て、
「お母さん(←私)に似て、コツコツやる子だね。」
と言ったそうなんです。
私はその場には居なかったので、オカンから聞きました。

えー?
あたし、コツコツやらないよーーー。
コツコツやれたら、もっと違う私になってたよーーー。

と、首をぎゅうんとひねったのですが、
その後、息子が成長していくにつれて、ほんとうにコツコツやる子だなー……と思った時に、

ああそういえば、私も小さい頃はこうやってずーーーーっと絵を描いてたわ……って気づいたんです。
そして、そういえば沼津の頃にリーダーの○○さんが、△△さんと私とでは回す仕事の内容が違うのは、私の方がコツコツやるから…みたいなこと言ってたなー……あの時は、△△さんと比べてのことだと思って聞いてたけど、それだけじゃなかったのかもなー……
ああ、そいえば…………

と、いろいろ思い出しては、あれ?あれれ???となったのでした。


セルフイメージが正しくない


というのは、多かれ少なかれ誰にでもあると思うんですが、
あまりに違い過ぎると、いろいろややこしいことになると思うんです。
ですから、ある程度は矯正していった方がいいと思うのですが、
その場合、自分で気づくというのはなかなか難しいので、人とのコミュニケーションを通して知ることが一番早いと思います。
……が、そのコミュニケーションに問題があるとね、なかなか矯正できないですよね。
ヒロミみたいに。


仕事や家族や友達を失ってからじゃないと気づかないのが人間なのかもですが。
(失っても相手のせいばかりにして、分からないままの人もいるけどね……。)

スポンサーサイト
16 : 35 : 57 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<子供の夏休みはオカンにとっては夏休みじゃない。 | ホーム | 海の日によせて。>>
コメント
-- 手塚笑虫 --

虫の字、たしかに笑っているようにみえますなー!
「手塚笑虫」襲名の可能性もあるかもしれませんなー、これは!
by: ねこだるま * 2015/07/26 07:38 * URL [ 編集] | page top↑
--◆ねこだるま先生◆--

> 虫の字、たしかに笑っているようにみえますなー!
> 「手塚笑虫」襲名の可能性もあるかもしれませんなー、これは!

なるほどそうきましたか!

週末はオカンがうちに来たので、子供たちが大喜びだったし、
月曜日の夕方に帰った後は、娘がしくしく泣いてましたわ。
寂しいって。
by: たみえ * 2015/07/29 16:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/1085-96a89fa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |