海の日によせて。
2015 / 07 / 20 ( Mon )
海

魂というのは、海みたいなものじゃないか、と私は思います。
広大な海みたいなもの。


その中からひとすくいした水を分け合ったのが、ソウルファミリー、ソウルメイト、ツインソウルと言われるような、近しい存在なのではないか、と思っています。
みんな同じ海の水なのだけど、少しだけ特別な関係。
そんな感じなのかな、と思っています。


ひとすくいの海の水を分け合った魂を宿す肉体を持った人たちのうち、出会っている人たちもいるでしょうし、
出会わないままの人たちもいるでしょう。




出会っていても、出会ってなくても、
みんなそれぞれの天命(課題)が完うされますように。




そして、できれば、幸せに笑っていてくれますように。










私はここにいて、幸せですよ。
たくさん笑ってますよ。
安心してね。
スポンサーサイト
15 : 12 : 22 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自分を知るって、難しい。 | ホーム | ゲートをくぐれ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/1084-1f238ffe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |