「88」と「77」
2015 / 04 / 13 ( Mon )
このところずーーーーっと「88」を良く目にしておりました。
エンジェルナンバーを調べてみると、「88」は、大いなる豊かさが~…ということなので、
豊かさをちゃんと受け取るように、意識も無意識も整えなさいよ、ということなのかなー?と思っておりました。

しかしこれがなかなか簡単じゃないのは、スピかじってる人なら身に沁みてることかと思います。
まぁ、少しずつ少しずつ整えていくしかないよねー、と思っておりました。



で。
本日。

集中して絵を描いた後、だらだらとネットを見ておりました。
すると、立て続けに「仕事」と「お金」に関するブログ記事やツイートを目にしました。

◆武田双雲さんのブログ記事
http://ameblo.jp/souun/entry-12013586540.html

◆かさこさんのツイート
https://twitter.com/kasakoworld/status/587507030149070848

◆Amariさんのブログ記事
http://lovegrace.exblog.jp/24302008/


希望する未来のために遊びたい気持ちを抑えて今は受験勉強する……というのは、今を生きてないわけじゃないですよね。
未来のために今を頑張る、というのは大事なことですが、
未来の不安にフォーカスしてしまうため、好きな仕事よりもお金になる仕事を選んで我慢して続ける……だと、人間はどこかに無理がかかるのかもしれないなー、と思うのです。
会社員時代の私はそうでした。
好きじゃない仕事でもお金のために我慢して頑張っていました。
もちろん、会社員時代に得たものはお金以外にもたくさんあって、今の私の財産になっていますから感謝していますが、
やはり無理はかかっていました。
ストレスで吹き出物が顔中に出たり、下痢が止まらなかったり…ということもありましたが、そういう「身体に出る」という分かりやすいことじゃなくて、
心というか、魂というか……の瑞々しさがどんどん減っていくような、そんな感覚があったのです。






人間は、人生のどこかで一度だけでいいからすぱーーーーんと振り切ることができるなら、そこから飛び出せるのかもしれないなー、と思ったりします。
未来への不安を「えいや!」と飛び越えることが、一度だけでいいからできたなら、全く違う自分に出会えるような気がします。

少なくとも私はそうだったなー、と思い返していました。
えいや、って飛び越えたからこそ今の自分がいるよな、って。

それでも、日常の中で無意識のうちに未来への不安にフォーカスする自分はまだまだ残っていますから、
イヤってほど「88」を見せられてるんだろうな、と思います。
少しずつ少しずつ整えていって、お腹の底から自分自身と宇宙を信頼している自分を取り戻したいです。

あ、そうなんですよ。
「取り戻したい」なのです。
感覚的に。

「88」とは別に、ガイドと自分との関係性のアレコレから始まって、このところ「友達ってなんだろう」というテーマを考えさせられていたのですが、
これも突き詰めていくと、お腹の底から自分自身と宇宙を信頼している自分を取り戻したい、という結論に辿り着いたのです。



豊かさを受け取るために、そういう自分を取り戻したいです。
それは、経済的なことも当然ありますが、素敵な人とのご縁も「豊かさ」だと思いますし、
私自身の在り方そのものが「豊か」であることもそうだと思います。
そして、そういう「豊かさ」は、私の絵にも反映されていくのだろうと思うので、私が自分自身と宇宙を信頼して豊かさをナチュラルに受け入れることができるようになるということは、私の絵を手にしてくれる人にも豊かさが伝播することになるんですよね。きっと。


なーんてことを考えた後に、娘をソロバン塾に送っていったら、これでもかってくらい「77」を見せられました。

おめでとうございます!
あなたは精神的にも肉体的にも正しい道に進んでいます。
意思に忠実で居続け、揺るがずにいて下さい。

素晴らしい仕事を続けて下さい!
あなたのしていることすべてが財を生むでしょう!




はい。
目指して行きます。







「かーちゃん、おれを見習え。」


スポンサーサイト
18 : 17 : 01 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<これも息抜きなのです。 | ホーム | 青い鳥タロットのやつ、続き。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/1039-e262cba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |