『知ろうとすること。 (新潮文庫)』という本をいただきました。
2015 / 03 / 03 ( Tue )
前々から、ツイッターの私のタイムラインにチラチラと話題に出てきていた本なので、
そのうち買って読んでみようかなー、と思っていたら、
梅舎茶館さんでの展示会に来てくださったお客様が、私にと、この本をヨーダさんに託してくださっていました。
美味しいお菓子と一緒に。

その方は、福島の方で、民絵屋のお客様でもあります。
ですので、この本を読んでもらいたい、と渡してくださったのでした。

知ろうとすること。 (新潮文庫)知ろうとすること。 (新潮文庫)
(2014/09/27)
早野 龍五、糸井 重里 他

商品詳細を見る



まず、第一の感想は、
「読んで良かった。」
というものでした。

糸井さんが早野先生を信用したのと同じような理由で、私もこの本を読み始めてすぐに早野先生は信頼できる科学者だと思いました。
ですので、早野先生の分析は信用できるのだろう、と思いました。

その上で、
福島において、内部被爆は思っていたよりもうんと低そうだということは、単純に「良かったねぇぇぇ。」とホッとしました。
その他いろいろ、納得しながら読んでおりました。

ネットには、いろんな意見や主張が流れていて、目に入ってきますが、あまりに幅がありすぎて、この問題は特にどこらへんが事実に近いんだろう?というのが、見えにくくなってるように感じるのです。
早野先生が
「大切な判断をしなければいけないときは、必ず科学的に正しい側に立ちたい。」
とおっしゃってますが、それは私もそう思っています。

…思っているんですが、
その気持ちさえグラグラするような、そんな状況が、実は今も続いているような気がします。
先生方が正しいデータを出してきても、他のさまざまな(不安や疑念を土台にした)意見のがものすごーく多くて、科学的に正しいデータとその分析がちっとも伝わって来ないのです。

私自身も、「真っ直ぐな目」で見ていないというのも大きいかと思います。
自分の中にあるバイアスは自分では気づかないですもんね。

とにもかくにも、
福島の人たちに原発事故が原因で今後健康被害がわんさか出るというのは無さそう、というのが分かって、ほんとーに良かった~と思いました。


ただ、
それはものすごくラッキーなことだったのではないかな、とも思いました。
もっとヒドい状況になっていてもおかしくはなかったのかも、と。
ラッキーだったからこそ、原発の今後については慎重に慎重に考えるべきなんじゃないか、と思います。









あと、個人的に面白かったのが、文系と理系の違いについて、でした。
糸井さんはがっつり文系の方なので、早野先生の話が時々分からないことがあるんですね。
それで先生が説明するんですが、「イオン」が出てくると、もうダメ分からない、と。
絵が浮かんでこないんだそうです。

これは面白いなー、と思いました。
それで思い出したのですが、
地学は物理も化学も生物も土台になっていますから、それらも勉強します。
その化学の勉強中、化学が比較的得意だった私はいろんな絵(イメージ)が浮かんで、理解が進むのですが、
友達の1人がさっぱり分からない~、と困っていました。
絵(イメージ)が浮かばないらしいのです。


さらに。
会社員時代のことです。
まぁ…いわゆる大企業のソフトウェア開発部門で働いていたので、ガッツリ理系のめっちゃ頭のいい人がゴロゴロ周りにおりました。(そういうところにバブル最後の年に滑り込んで紛れ込んだ、というわけです。ありがたや~。)
そういう人たちが書いたドキュメントを受け取って、理解して、マニュアルを書くということを主にしておったのですが、
これがですねー、彼らがイメージできるのは、私のそれより1つ2つ次元が上だったりするんです。
「すごいなぁぁぁ!」と、よく感心しておりました。
(それを私に分かるように説明するんだから、大変だったろうなー、と今頃思うのであります。うは。)


科学的なことに対して、ざっくりと学ぶことは誰にでもできますが、
しっかり学ぶためには、この「絵が浮かぶかどうか」が大事で、その精度…というか感度…というか、は、これはもう生まれつきのものなのかもな、と思いました。

せっかくなので、娘にはおとーちゃんのソレが遺伝してるといいんだけどなぁぁぁぁ。
私のソレは中途半端だからなぁぁぁぁぁ。

あ、でもね。ソレが中途半端だったからプログラマーから外れて、テクニカルライターになったわけで、そのおかげで技術文章の書き方を教えてもらえて、それがいろんな場面で役に立ってるので、これはこれで良かったとは思ってますけどね。
卑下はもうしてないぞ!
卑下してるヒマがあるなら与えられた資質を伸ばす方が健全やもんね!
あたしはほっとくとめっちゃ不健全になるからヤバいね!(←今日の結論はコレ)

スポンサーサイト
16 : 58 : 40 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<神様からのお手紙と、仏様への電話番号 | ホーム | パッと見て、買ってしまいました。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/1026-ad9e5a66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |