パッと見て、買ってしまいました。
2015 / 03 / 02 ( Mon )
★★ お知らせ ★★

春のプレゼント企画の当選者の方々に、本日発送しました~。
普通郵便ですので、明後日以降届く方もいらっしゃるかと思いますが、お受け取りをよろしくお願いします。
なお、 現在まで、当選者の方からご住所等のメールをいただいたのが6名様で、1名様から未だご連絡がありません。
3月6日までにご連絡が無い場合は、残念ながら当選無効とさせていただきますので、ご連絡お願いします!



*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

さて、ほんの数日前のことです。
月子さんから、こんなブログ記事があるよー、と教えてくれたのが、コレとコレ。
豊川稲荷東京別院 ~前編~
豊川稲荷東京別院 ~後編~

旦那の実家は、特に豊川稲荷とご縁が深くてですね、
旦那のおばあちゃんは何十年もずーーーーっと豊川稲荷への一日参りをしていたくらいでして、
おばあちゃんが元気だった頃は、私たちも元日にご祈祷してもらいに行っておったのです。
(今は、元日は地域の神社と地元の一宮にお参りして、お稲荷さんは3日にお参りしておりますが。)


でね。
私自身も、1歳とか2歳の頃に、豊川さんのご祈祷に一緒に連れてきてもらってたらしいんです。
岐阜から豊川まで。
なので、まったくのご縁が無かったわけではないのかもしれません。
祖母と叔母がお店をしてたので、よく商売繁盛のご祈祷をしてもらってたらしいのです。
そうなんですよ~。
お正月の時期は特に県内外から参拝客が多いので、めっちゃ賑わってるんですよ~~。

そんな豊川稲荷。
お稲荷さん、と言われていますが、お寺です。
禅宗のお寺です。
お祀りしているのは、ダキニ天さんです。
http://toyokawainari.jp/inariframe1.html
なんかよく分からんのですが、明治の神仏分離の流れの中をかいくぐって、今に至るらしいです。

毎年お参りに行くので、娘なんぞはご真言を覚えてしまいました。
「おんしらばったにりうんそわか」です。

と、そんなふうに豊川稲荷とご縁が深い我が家ですから、月子さんが教えてくれた記事は実に興味深く読みました。

そうかー。
ダキニ天さんはクールビューティーなのかー。
素敵♡

なんて思っておりました。




で、そのまた数日後。
ちょいと本屋に寄った時に、平積みされいたこの本が何故かとても気になり、ぱっと買ってしまいました。

ひっそりとスピリチュアルしています ―えっ! ?意外! 神仏はこんな人が好きひっそりとスピリチュアルしています ―えっ! ?意外! 神仏はこんな人が好き
(2014/07/18)
桜井 識子

商品詳細を見る


こんな本を買ったよー、と、mixiで表紙の写真をアップしたところ、月子さんから
「豊川稲荷のこの前の記事があるの、このブログだよ。」
と、メールがぴろんと届きました。

あらま。
ブログタイトルとかちっとも気にしてなかったので、気がつきませんでした。


そっかー。
あの記事だけでもとても興味深かったから、これは本もきっと興味深く読めるだろうな~、と思いながら読み始めたところ、
ほんとにいろいろ勉強になりました。
ブログはブログの良さがありますけど、1冊にまとまってるのもありがたいですよね。

私は、どうしてか分かりませんが、先にいわゆる一神教の示すところの「神」のことを学んでいた(学ばされていた?)みたいでして、
子供の頃に何故か友達に誘われてキリスト教の日曜学校に2年ほど通ったりしてましたし、
五井先生のおっしゃる「神」もこの「神」であって、法則であり愛であり光でありすべてであり……と、先生の本などから学んでいたので、
シータヒーリングの本を読んでみたら、そこで「創造主」と言われているのが、この「神」だよな、ってスッと分かったりしました。

そのせいか、どうも「めっちゃ格式の高い自然霊」としての「神様」については、あまりよく分かっていないんです。
仏様は………神様よりもちょっとだけ分かっていたかもしれません。
それは、オカンのおかげだと思います。
それでも、やっぱりあまりよく分かっていないです。

「よく分からない」というのは、知識が有る無いというより、感覚的な問題のように思います。
「神」は世界のすべてなので、自分は「神」の一部なんだ、という感覚がずーっとあるんですが、
「神様」とはどうも距離があるんです。感覚的に。

んーーー。
上手く表現できないんですが、
なんていいますかー……
「神様に対してちょっと遠慮しちゃってる」
みたいな感じですかね。
何故か分かりませんけど。

や、これがねー。
天使はまた違うんだよなぁぁぁぁ。
ミカエルなんて、もうほんとにおとーさんというかおじーちゃんというか……だし。
(それは私の魂の天使風味が強いからなのかもですが。)


とにもかくにも。
なんだか分からないけど、「神様」には自分から心理的に距離を少し置いていたのですが、
この本を読んだら、なんとなくそれがちょっと外れたような気がしました。

妙な遠慮はしなくてもいいんだな。
参拝のマナーをちゃんと守っていれば、神様はヨシヨシってしてくれるんだから、それをありがたく素直に受け取ればいいんだな。


って。
そんなふうに思えました。

近所の神社も、
一宮の神社も、
お稲荷さんも、
次にお参りに行く時は、今までよりも♡オープンハート♡で行けそうです。

スポンサーサイト
15 : 06 : 28 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<『知ろうとすること。 (新潮文庫)』という本をいただきました。 | ホーム | おブ子を助けてくれた、と思う。>>
コメント
----

私も読んでる本が出ていましたのでびっくりしました!
2冊目も3月に出ています。
仏様や神様 天使様などと 私はお話が出来ないので、
お話のできる方の本やブログで勉強しています。
小学生の頃から神話が好きで読みあさっていました。
好きなだけで 何も出来ないタイプです(笑)
by: 健オタ * 2015/03/16 08:21 * URL [ 編集] | page top↑
--◆健オタさん◆--

> 私も読んでる本が出ていましたのでびっくりしました!

おお~。そうでしたか~。

> 好きなだけで 何も出来ないタイプです(笑)

いえいえ、
そう思い込んでるだけかもしれませんよ~。

by: たみえ * 2015/03/17 22:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/tb.php/1024-7f40fdfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |