ユニクロのアレ、うさえるとくまえるを追加しました。(※追記あり)
2016 / 06 / 30 ( Thu )
梅雨でじめーっとしてる時に、ちまちま作ってみました。
よろしかったら、こちらでご確認ください♪
https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/show?id=205548&locale=ja


うさえるは、全部コレです。
夏の新作うさえるです。

夏の新作うさえる


白抜きくまえる2枚の元ネタはこちらです。

くまえる元ネタ

これ、ノーマルに白地に黒でもいいかもしれんー。
(や、あたしがあまり白Tシャツを着ないんだよねん。白って汚れが目立つから~。)


++++++


あ。
あとそれからですね。

ブログを読んでくださってるlarisaさんが、今週末と来週末にEテレで主人公の男子がディスレクシアという海外ドラマを再放送してくれる、と教えてくれました。(ありがとうございました!)
これです。
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/hank/

娘にサイトを見せたら「見たい。」と言うので、録画を予約しました。
このサイトに、アガサ・クリスティーもディスレクシアだったらしいと書いてあって、「この人、有名な作家さんだよ~。」と娘に教えてやると、小説家になりたい(←獣医さんはやめたらしい)娘は目を輝かせて、「ディスレクシアでも作家になれるんだね!」と喜んでいました。
どうしてもねー、いろいろねー、落ち込むこともちょいちょいあるみたいなんですが、娘の「天然温泉が湧き出てる」ところを活かして、職業は何でもいいのでクリエイティブな人生を送ってもらいたいと願っております。たみえかーさんは。

スポンサーサイト
11 : 02 : 24 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏至の太陽のゲート
2016 / 06 / 28 ( Tue )
お客様ご注文のパーソナル・ゲートの絵です。
前の週に描く予定だったのですが、あれやこれやとありまして、「今日こそは描くぞー。」となったのが夏至当日でした。

太陽のゲート

描いている途中、

身体のリズムを感じることが大切。心臓の鼓動をしっかり感じること。

という……言葉にするとそういう感じなんですが、そのようなメッセージみたいなモノを感じました。
そして、やはり夏至の日でしたね。
太陽が最後にばーんと出てきまして、すぱーん!と納まりました。
ええ、本当に「納まった」という感じでした。ここにはこの太陽しかないんだ!……みたいな感じでした。
眩しい……というのは、別に実際に目に眩しいわけではないのですが、さすが夏至に描いた太陽だけあって、眩しいなぁ~…熱くはなくて軽やかなくらいなんだけど四方八方へと拡がる圧力を感じるなぁぁぁ……と、描き上がってからしばらく眺めておりました。

すると、やはり太陽で大正解だったと、お客さまのメールから知ることになりました。
以下にお客様からのご感想メールの一部を転載します。

連日、帰宅が遅くなり レターパックを受け取ることができず、
今日、郵便局へ行ってきました。
楽しみにしていたパーソナルゲートが、私のところへやってきました。

箱を開けた瞬間、「すごいエネルギー~!!」と思いました。
が、袋から出すと、もっとすごいエネルギーが伝わってきました。
袋1枚でこの違い!?

と感じながら、ゲートを見ました。

第一印象

「かわいい」

次に、「上はどっち?(絵の)」「宇宙に上も下もないよね。」
「天使の羽がいっぱい?」

「星?」「惑星?」

などなど・・・

お手紙を読ませていただき、夏至に描いてくださったこと、
太陽のゲートであることを知り

1年に一度の夏至に描いていただけたことをとても光栄に思いました。
「のおおおおおぉぉぉ 夏至!!」
って感じでした。うれしくて、涙が少し・・・

私の勝手なイメージで、ゲートはもっと、ぐるぐるしているものかかと思っていました。

しかし、エネルギーの総量はとても多いのに、受ける感じは軽い(軽薄という意味ではなく)。
太陽の光であればそのとおりですよね。納得です。

太陽の恩恵を受けて、地球や地球の生命が成り立っているわけですから、
太陽のゲートがいただけたことは、私にとっては最高のギフトです。

話は変わりますが3月ごろから、
食べても、食べても胃のあたりに空虚感があって、しんどくなっても何か食べてしまう日々でした。
ひょっとして第3チャクラにエネルギーがないのかなぁ と思い、
ゴールデンウィークに8年ぶりにオーラソーマを受けにいきました。
その結果、やっぱり第2と第3チャクラのエネルギー不足が判明しました。
黄色とオレンジのボトルでエネルギーを補給し、やっと、空虚感が収まっていました。

そこへ、太陽のゲートがきたものですから、
太陽が課題だったかもしれないなぁ。と思いました。

太陽のゲートから、どこにでもひゅっと行けそうな気がします。



第3チャクラの辺りには太陽神経叢がありますよね。
http://blog.goo.ne.jp/konsaruseijin/e/ca2db3285976c6b85b5ac076a640a385に書いてありますが、絵に書いたお日様みたいだからこの名称がついたとか。

夏至の、太陽の力が一番強い時にこの絵を描くことになったのは、やはり意味があったようです。
お客様には、ご自身の身体のリズムをじんわり感じつつ、ご自身の太陽をキラキラに輝かせていただきたいなー、と思います。



ご自分に自信が持てない方、ちょっとご自分の太陽がしょぼしょぼになってるなーと感じる方は、
この絵を見て、みぞおちの辺りにあるご自分の太陽にエネルギーを注入してみてください♪
10 : 22 : 04 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
タイミングばっちり……と言うべきか?
2016 / 06 / 24 ( Fri )
今日のこの辺りは午後過ぎから雨が降り出してきました。

昨日は息子が放課後デイサービスを利用していまして、そこで相談員さんと面接をしようとしたそうなんですが、高等部の先輩たちと一緒で息子がなかなかのハイテンションだったので面接が思う通りに行かなかったそうで、
それで今日のスクールバスお迎えの後に、例のお店で相談員さんと待ち合わせということになりました。

ええ、相談員さんとは友達なので、両者都合のいい時間に都合のいい場所で、となりました。
都合のいい場所の店主さんも仲良しだしね。


そした本日は娘の帰りが学校都合で早めの日だったので、小学校まで車でまずお迎えに。
すると、雨なのに傘を持ってない娘の同級生男子を発見。
息子のお迎えに通るルート上に彼の家があるから彼も乗せて送ってあげました。

で、
バス停となってるコンビニ駐車場に車を停めたんですね。いつものように。
遠慮がちに道路脇に。
そしてバスから降りてきた息子を受け取って、息子を後ろの席に乗せて、さて私も運転席に乗ろうとドアを開けたら……

ばっしゃーーーん!

トラックが大量の水を私の背面と車のドア内面にぶっかけて走り去って行きました………。
頭から足まで背面びちゃびちゃですよ……。車のドアの内面からハンドル付近までもびちゃびちゃですよ……。
こんなマンガみたいなことってあるんですね……。
「おかーさん、今日は○○くんを送ってあげて、良いことしたのに、なんでこんなことになるの??」と娘も目をまんまるにしながら、自分のハンカチで濡れた車の中を拭いてくれました。
私も持ってたタオルハンカチで濡れた車の内部をとりあえず拭いて、服は濡れたまま待ち合わせの例のお店まで行き、子供たちをお願いっと託しました。
その時に娘には本日届いた私の友人からのお手紙を渡し、一旦私は帰宅しました。

服を着替えて、車を掃除して、再びお店へ。


するとですね、
店主さんが、「娘ちゃんにお手紙のこと聞いたら、実は…って、自分からお手紙をもらうことになった経緯を話してくれたんですよ。」と教えてくれました。
この件のことを知った友人が、娘に伝えたいことがあるからとお手紙を書いてくれたのです。
小さい時から可愛がってくれている人が、自分のことを心配してお手紙をくれると知って、娘は楽しみに待っていました。
郵便屋さんの説明では昨日届く予定だったらしいのですが、遅延して今日となりました。

友人が自分の子供の頃の体験を丁寧に書いてくれていて、励ましてくれたことが娘はとても嬉しかったようです。
そして、経緯を娘から聞いた店主さんが「私もね、こんなことが子供の頃にあったんだよ~。」と話してくれたのも、娘にはグッときたようでした。
帰宅してから、
「優しくてちゃんとした大人の人達でも、子供の頃に友達とのことで悩むことがあったんだね…。私だけじゃないんだなって分かってすごくホッとしたよ。」と、娘が照れたような笑顔で言いました。

昨日の面接が不発に終わったこと。
昨日届くはずだった手紙が届かなかったこと。
絶妙な(!)タイミングで背面に水をばっしゃーんとかけられたこと。

なんだかちゃんと意味があったのかしらねぇ……って思わずにいられませんでした。
親の励ましだけじゃなく、「自分を可愛がってくれている親以外の大人」からの愛情ある言葉というのは、親のそれとはまた別にとてもパワフルなものだと、娘を見ていてあらためて感じました。
(そうなんですよ!子供には親以外の信頼できる大人の存在ってすごく大切なんですよ!)

娘、幸せ者です。


あ。
ちなみに息子の面談はしっかりできたそうです♪
良かった良かった♪♪


22 : 54 : 28 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
女子はずるずるべったり水平思考が強いので。
2016 / 06 / 23 ( Thu )
女子のみなさんは「そうよねー…。」と分かると思うのですが、
小3、小4の頃から女子特有の人間関係の問題というのが大きくなってきますよね…。
小4の娘も例外にあらず。
先週末に泣きながら「こんなことがあった。」と話をしてくれました。

私自身も小4の頃が一番キツかったんです。
「なんでそんないじわるなこと言うのかな?」と悶々とすることがすごく増えたんです。
一対一だとそんなことないのに。

で、娘の話を聞いていて、ふと思い出したのがこのコマでした。



竹宮恵子の「私を月まで連れてって!」の中の1コマです。
ええ、かなり昔のマンガです。

女子はずるずるべったりつながった水平思考をしやすい。
男子はロクでもないほど個々独立のタテ型思考をしやすい。

もちろん、これも人によってその度合いがいろいろあると思います。個人差ありあり。
うちの娘は女子だけど、ずるずるべったり水平思考は若干薄めで、タテ型思考も持ってると感じます。
そして娘の一番の友達も同じような割合だなー、と感じます。
だから気が合うんでしょうね。

が。
娘曰く「いじわるなことを言う」「悪口を言う」という女子たちは、私から見ててもずるずるべったり水平思考が強い女子なんです。
これは良い悪いじゃなくて、生まれ持っての気質の影響がとても大きい気がします。
しかし、問題は水平思考そのものではなく、ずるずるべったり水平思考が「共感」をしたがる傾向が強いために、「その場にいない人の悪口を言う」ことでその水平思考のつながりの中で共感し合うことをしちゃう、ということなんだと思うんです。
だって、一番簡単なんですもん。その場にいない人の悪口を言うのが。
ちょっとしたことに対する「なんかイヤだなぁ。」という感情をそのまま口にして、「あの子イヤだよね。」って言うことはとても簡単で、それで共感しあうというのも簡単なことです。
人格が磨かれることで、共感するものが「人の悪口」じゃなくなっていくのだと思いますが、それはそんなに簡単に成されるものじゃないですもんね……。
大人になっても難しいから、あちこちで小4と同じようなトラブルが大人世界でも頻発してるんですよね……。


ずるずるべったり水平思考は、おそらく人間の進化において有益だから女性の中に多くみられる気質として伝わっているのでしょうから、それそのものはやっぱり良い悪いじゃないと思います。
それはタテ型思考でも同じですよね。
で、これらをネガティブな使い方にならないようにするには、メタ認知を鍛えることが大切なんじゃないかなー、と思うのです。
人格を磨く、というのも、メタ認知が鍛えられていてこそだと思いますし。
あくまで私から見てなんですが、娘のクラスメイトの数人は自分が人の悪口を言ってるという自覚がとても薄いと感じます。
モロモロのエピソードから類推して、メタ認知がすごく未熟なんだろうな、と感じるのです。
なので、前頭葉をバリバリ使ってこれからそーゆー部分を鍛えていってくれたらいいんですが………、それを待ってると性格形成および周囲への影響という点で手遅れなこともいろいろ発生しそうだよなぁ~、とも思うんです。
なんてったって、これからどんどん難しい年代になっていきますからね……。

思春期は目の前なんだよぉぉぉ!

というわけで。
いろいろ考えさせられる今日この頃であります。

あ。
でも、娘は元気に学校に行ってるので大丈夫です~♪
一番の友達の存在がとても大きいです。ありがたいです~♪♪
なにより、時々イヤなことについて泣きながらも話してくれて毒出ししてくれるので、親としてはこれまたほんとにありがたいです。
言わずに一人で悩んでたらかわいそうだもんね。
……ってか、私は言わなかったな。オカンに。そいえば。(と、今気がついた。)





「メタ認知ってなに?おいしいの?」
16 : 21 : 00 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏至の太陽が沈む前に、サングラスをかけてその光を眺めてみた。
2016 / 06 / 21 ( Tue )
夏至ですね。
今日は。
朝はざーざー降りで、子供たちも登校がえらいこっちゃだったと思いますが、
お昼前から晴れてきまして、おかげさまで洗濯物も乾きました。
や、でも、ダムの水が心配なので、まだまだ雨は必要ですなぁぁぁぁ。



先週中にお客様の絵を描こうと予定していたのですが、なにかとあって今日にズレこみました。
準備を始めて「ああ、夏至だからかー…。」と気づきました。
パーソナル・ゲートの絵なので、当然お客様のゲートの絵ですが、やはり夏至の日に描いた絵というのはアレですね。
ごごごごごごごー!って感じでした。



「なにかとあって」のうちのひとつが、頼まれ記事を書くというものだったのですが、これがなかなか難産でした。
4000文字程度ですし、書く内容もほぼほぼ決まってますし、元ネタも昔のブログから引っ張ってきてありましたし、すぐに書けるかと思ってたのですが、取り組みだしてみるとそうは問屋が卸してくれませんでした。
しかし、そういう時こそ面白いもので、自分でも把握しきれていなかった自分のアレコレが文字として浮かび上がってくる場合が多くて、それを見つけるためのクエストだったのかと思うくらいです。
とにもかくにも、満月の夜に書き上がって、ホッとしました。



頼まれ記事を書き終えて、さぁ寝るぞーー……というところで、ああ満月だったっけ、と思い出して窓の外を眺めてみたのですが、どこにもお月さまは見当たりませんでした。
すっかり曇ってました。ちょっと残念。
まぁ、もともと天体観測そのものはあまり好きじゃないので満月を見ると言ってもほんの数十秒なんですがね。
子供の頃から苦手なのですよ。夜空を眺めるのって。
なんだか「持ってかれそう」で。
いや、もしもずーーーっと眺めていたら確実に「持ってかれる」と思います。私の中の何かを。
天文学は大好物なので、もしも頭が良くて天文学者になってたらヤバかった……ってこともなくててですね。
観測はモニター見て行いますからね。それはOK。
生がダメなのです。
木星の大赤斑は写真でもダメだけど~。
こわい。



先週、近所の一宮にお参りに行ってきました。
輪っかもくぐってきました。
神様からのお手紙も大吉でした。



これ、この時と同じ御神籤でした。
4月の時と同じってことは、私の状況が変わってなくて、神様から同じこと言われてるってことなんでしょうね。
あー、まだ「待人 さわりあり 来らず」のままかーー。
(待猫はあの後に帰ってきたけどね♪)

初めは危ない谷の小川を渡る様な心配事があるが驚き迷うことはありません。
後には何も彼も平和に収まります
凡て小さい事も用心してすればよろしい


ありがたいお手紙です。
22 : 05 : 56 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
絵を描いたのは私だけれども、絵を生み出したのは私一人じゃない。
2016 / 06 / 14 ( Tue )
先日紹介したこのパーソナル・ゲートの絵なんですけども。
星が輝くその直前

お客様から許可をいただきましたので、一部転載します。

絵を受け取り、対面しまして、高揚と動悸が止まりませんでした。
あぁ、本当にこれは自分のゲートなんだな、という実感と同時に、いただいたメッセージを噛み締めながら、幾日か過ごしておりました。

三月に絵の依頼をし、四月の熊本地震、また五月の末に父が急逝し、落ち着いた頃合いに、まるで意図されたかのように届いたパーソナル・ゲートの絵は、私が大好きな色合い、柔らかな雰囲気とは裏腹に、やりたいことをやるのならば、覚悟を決める時ですよ、と伝えてくれているのだと思いました。

チリやガスのようなもので構成された混沌としたものの中から、必要なもの不要なものを選り分けて、集約して形を作っていくことが課されてるんだなぁと思います。

パーソナルゲートの絵、本当にありがとうございました。おかげで、この一年が人生の頑張りどころなんだと実感を得ることが出来ました。やるべきことをやっていきます。
また、おまけの星のハガキも愛らしく、合わせて御礼申し上げます。

それから、震災に関しては、私の住んでいる地域は、ほぼ無傷でした。仕事も失うことなく、生活出来ております。まだまだ県全体で考えると、復興には時間がかかりますが、頑張ろう熊本を合言葉に県民それぞれにやっていくことと思います。お心遣いありがとうございました。



「よし。絵を描くぞ。」と、お客様ノートを開いてみたら、ご住所が熊本県でした。
地震の影響がお客様にとってどれくらいのものかはさっぱり分かりませんでしたので、このまま描いて送っても大丈夫かな…、と思ったのですが、もしも避難していらっしゃるならば、避難先に(郵便屋さんがうまいこと)届けてくださるだろうし、もしも代金が今は払えないということならば、それも支援のひとつとして待たせてもらえばいいし……と、考えまして、描いて送らせてもらいました。

すると、お客様のお住まいの地域は被害がほとんど無いとのことで良かったです。

しかし、地震の後にお父様が急逝されたと書かれていて、胸がきゅっとしました。
「落ち着いた頃」というのは、寂しさがじわじわじわじわ……と深まっている頃という意味でもありますから、そんなタイミングであの絵がお客様のところに届いたのか、と、描いた本人も不思議な気持ちでいっぱいになりました。


そんな状況の中で、お客様がこの絵をとてもポジティブに解釈してくださったことが、とても嬉しかったです。
いえ、「とても有り難い」と思いました。
お客様にこの絵は「生かされた」んだなぁ、と感じたからです。
大げさな言い方ですが、『描いた私と、受け取ったお客様で、この絵を生み出した』という感覚になったのです。

もちろん、他のお客様との交流の中で、同じような感覚になったことは何度もありましたが、今まではこのように明確に言葉にはできませんでした。
なんていい仕事をさせてもらってるんだ、と素直に思えました。

いろんな人がいろんなスピリチュアルな絵を描いていて、絵の技術にしてもスピリチュアルな能力にしても、私よりうんと高いものを提供している人がたくさんいる現実に、無力感に近いものを感じることすらあります。
しおしおのほうれん草みたいな気分になります。
それでも、こうやってお客様とのやりとりを通じて多くの気づきをもらえて、お客様に「こちらこそありがとうですわ~。」と感謝していると、やれることをしっかりやればいいんだ、と前向きになれます。
しゃきっとしたほうれん草に戻ります。


今まで描かせてくださったお客様全員に、あらためて「ありがとうございます。」と伝えたいです。

16 : 56 : 10 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
星が光り輝くその直前
2016 / 06 / 09 ( Thu )
お客様からご注文のパーソナル・ゲートの絵、3枚目です。

星が輝くその直前

宇宙空間のチリやガスが集まって、ぐるぐる回転し、どんどん凝縮していって、とうとう核融合反応が起こり、やっと星は光り輝くわけですが、
その核融合反応が起こる手前、という感じがしました。

それをどう解釈するか、は人によってまちまちだと思うのですが、
『すでに準備はほぼ整っている』と解釈することもできるでしょうし、
『圧力(自重)が苦しくて、今ここですべてを投げ出してしまったら、輝くことはできない』と解釈することもできるでしょう。

未だ自分は何もコトを成していない、未だ自分は何者にもなれていない、と虚しく感じている人にこそ、この絵の解釈をご自身のためにしていただきたいな、と思います。
15 : 00 : 08 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
買った紙パックの野菜ジュースに穴が空いていた。
2016 / 06 / 07 ( Tue )
先日、夕方の…もう19時頃でしたかね。
ちょっとお出かけした日で、いつものスーパーではないスーパーでお買い物したんです。
買った商品の中に、とある野菜ジュースの200mlのがありまして、帰宅したらすぐに息子が飲むつもりでした。

しかし。
帰宅してすぐに買ったものを冷蔵庫に入れたりしてる時に、あれ?ってなりまして。
カゴの一番下にあったハムの包装がちょっと濡れてるんです。
あれれ?ってよく見てみたら、野菜ジュースの色をしてたので、紙パックのジュースを手にしたのですが、ちょっと濡れてるけれど、どこかが破れてる感じがしない……ので、ぎゅっと握ってみたら、角の1箇所から細い線のようにぴゅ~っとジュースが出てきました。
「ありゃー、こりゃあかん~。」と、とにかく息子が間違って飲むといけないので、飲み口にストローを突っ込んで、そこからジュースを絞り出して捨てました。
息子、しょげてました。すげぇぇぇしょげてました。


が。
この時にちょっとした違和感があったんですよね。
それで、後からよくよく考えてみたらですよ、
もしも出荷時にすでに小さな穴が開いていたら、やはりちょっと漏れるでしょうから陳列の時にお店の人が気づくハズです。
そして、紙パックは落としたような感じはありませんでした。
パッと見では穴が開いてるなんてちっっとも分からなかったのです。
それも小さな穴。
針で開けたような穴。

これは、故意にやったやつじゃないのか?

と、ハッとしまして、翌日にそのお店に電話しました。
すると店長さんがすぐに我が家にやってきまして、その紙パックを回収していきました。
「これは、故意にやったっぽいですよねぇ。」
「ですよねぇ……。」
「異物混入されていたら非常に危険ですねぇ。」
「ですよねぇ……。」
「お店の方でも監視を強化します。」
「はい。そうしてください。」
と、そんな会話をしまして、そして野菜ジュースを2本くださいました。
買ったのは1本でしたけどサービスで1本余分にいただいて、息子が店長さんにお礼を言ってました。



息子にそのまま渡して飲ませなくてほんとーーーに良かったです。
お店のレジの人がmyカゴの中に野菜ジュースを横にして、それも穴の開いた方を下にして置いてくれたのが幸いでした。
レジのおねーさん、Good Job!




というわけで。
困った人ってのはどこにいるか分からないので、みなさんもお買い物の時には十分に気をつけてください。
17 : 03 : 26 | アカンやつ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
私が、カタチを与えたモノたちが。
2016 / 06 / 06 ( Mon )
TOMOKOさんからお手紙と絵が届きました。



この絵については、TOMOKOさんがブログでも紹介しています。
http://tomoko7art.blog85.fc2.com/blog-entry-1120.html



TOMOKOさんから絵が届くというのはですね………こう………なんてか………身が引き締まるのですよ。
こういうこともありましたし。
必ずしもスパルタな課題が発動する、というわけではないのですが、ちょっとした節目の合図だったり、停滞していたことが動き出したり……と、変化が起こることが多いのです。

あなたが、カタチを与えたモノ達は、

今、世界を、どんな風に遊んでいる?



言葉も深いですよねぇぇぇぇぇぇぇ。
今、ちまちまと読んでる本というのが、MITで理論物理学を修め、臨床心理学も修めた人が、量子力学と(タオやインド哲学やオーストラリアのアボリジニーのドリームタイムなど)昔から語られている世界観を結びつけて、世界とは人間とは人間の身体とは……を語っているものなんですが、
それを読んでいると、まさにね、「カタチを与えてる」んだなぁ、と思うんですよ。私が。私の意識が。
「量子レベルの意識」が。




別にこれといって悩みがあるとか、解決すべき問題があるとかじゃないんですけど……あ、学校に提出しなきゃいけない書類とか、役所に出さないといけない書類とか、息子と娘のスクール水着を新調しないといけないとか、日常の細々したことはあるんですけど、大きな悩みってのがあるわけじゃないんです。
でも、なんだか「壁にぶち当たってる感」がこのところありまして、それを突破していくヒントがこの絵に隠されてるのかもしれません。


TOMOKOさん、どうもありがとう♪



10 : 52 : 41 | いただきもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユニクロのデザインTシャツやトートバッグを作ってみました~♪
2016 / 06 / 04 ( Sat )
ユニクロのUTme!という、スマホアプリを使ってTシャツやトートバッグに図柄をデザインして販売できる、というものがありまして、
TEATROのteruさんが素敵な作品をアップされています。
https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/show?id=201336&locale=ja

そしたらですね、teruさんが「たみえさんも、くまえるで作ってみたらいかが?」と言ってくださいまして、
めんどくさがり屋のたみえかーさんですが、やってみました!
アプリなんて、Johnny’s webとか頭痛~るとかamazonとか天気予報とか、そーゆーのしか普段使いをしていないおばちゃんなので、やりたいことをするためのアプリの操作をクリアするまでに、なんだかんだで丸一日くらいかかっちゃいましたが、なんとかできました~♪
https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/show?id=205548&locale=ja

こんな感じです~。
(画像がボヤけててごめんなさい。上記リンク先で確認してね♪)




ちょっと面白かったので、もう数点作ってみようかなー、と思ってます。
うさえる好きの娘にはうさえるトートバッグを作れ~と言われますしねん。

11 : 09 : 58 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |