「この道を行けばどうなるものか」
2015 / 03 / 31 ( Tue )
この道を行けばどうなるものか 

危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 

踏み出せばその一足が道となり その一足が道となる 

迷わず行けよ 行けばわかるさ




昔、プロレス好きの弟1号が教えてくれました。










明日から週末まで天気がイマイチらしいので、
晴れている今日のうちに近所の桜を観るために、子供たちとちょっとだけお散歩してきました。
この2日間でぱっかーーんと咲いた…気がします。



近所の神社でお参りして、てくてく歩いていたら、車が通りすぎ……ずに停まりました。
息子の支援クラスの担任の先生でした。
思いがけず先生に会えて嬉しくなった息子は、先生のほっぺを両手で包みながら、
「せんせい、かわいい♡」
と、ニコニコ顔。

すると先生が、
「じゃあ、(このまま学校に行って)一緒に校庭を走ろうか?」
と言ってくれたのですが、
息子は無言になってしまいました。

身体を鍛えるために、雨の日以外は先生が一緒になって校庭を走ってくれているのですが、
春休みまで走りたくないよーーー、という無言の抵抗のようでした。ぷぷ。




庭にもいろんな花が咲き始めました。





私は庭の手入れなんてしてないので、自生しているものです。
えらいもんです。
毎年咲いて。










春は、別れの季節でもありますね。
息子がずっとお世話になっている児童デイサービスのスタッフさんで、長年息子を見てくれてた方が転職されるというので、
最後の日、息子が自分から手紙を書きました。
私は、間違った字を直すように指摘しただけでした。

息子の素直な言葉は、彼の心にじんわり響いたそうです。


素直な気持ちを、素直な言葉で、好きな人に伝えることができるというのは、幸せなことなのでしょうね。




別れの季節。
出会いの季節。


明日からは、4月ですね。

この道を行けばどうなるものか。 
迷わず行けよ、行けばわかるさ。
スポンサーサイト
16 : 07 : 22 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
息子の守護天使は誰か?
2015 / 03 / 30 ( Mon )
昨日の夜のことです。


イッテQを観ておりました。
手越(←あえての呼び捨て)のターンになり、イギリスの「呪われた絵」を放送したんです。
かなり気持ち悪い絵だったので、私も内心「ひぃぃぃぃー。」となっておったのですが、
たまたまお風呂から上がってきた子供たちがそれを観まして、うぎゃーー!ってなことになりまして。
呪われたらどうしよう?みたいな気持ちになったようなのです。

で、
娘には、
「ラファエルに護って~、ってお願いすれば大丈夫だよー。」と言ってやったところ、
速攻でラファエルにお願いしておりました。
かわいいもんです。

そしたら、お兄ちゃんが不安そうな顔をしたままだったので、
「こういう時はミカエルに護って、ってお願いすればいいんだよ。ミカエルってすごーーーく強い天使だからね。」と息子に教えてやりました。


すると、娘が言いました。
「私の守護天使はラファエルでしょ?じゃあ、お兄ちゃんのは?お兄ちゃんの守護天使もカード引いて教えてあげてよ。」
と。


いつだったか、もっと娘が小さい時に、
「この子はラファエルチームの子なんだろうなぁ。」と、唐突に思ったんです。
それで、カードを1枚引いてみたところ、やっぱりラファエルが出たのです。

「そっかー。お兄ちゃんのカードって引いたことなかったねぇ。
……引かなくてもなんとなーくミカエルな気がするけど、一回引いてみようか。」
と、1枚引いてみました。



どーーーーん!



やっぱりね!
てかさ、ミカエルってだけじゃなくて、このカードときたもんだよ!

そうだよねぇ、この子はがっつり護られてるよねぇ~、って笑っちゃいました。


そいえば、昔こんなこともあったなー、と思い出しまして、
「なんとなくそんんな気がする。」とカードが一致するというのは、もう普通のことになってきつつあります。












かーちゃん、おれの守護天使は??

14 : 32 : 47 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今朝のお猫
2015 / 03 / 27 ( Fri )
朝、6時半頃。
ケージからお猫を出してやったところ、
息子も起きてきて、お猫を優しく抱き抱えました。

お兄ちゃんの腕の中で、うっとり………






























じゃねーーーよ!!

13 : 29 : 03 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
新しい職場でも楽しく元気に、そして勇気を持って!
2015 / 03 / 26 ( Thu )
以前、お母様へのプレゼントにご注文くださったお客様が、
ご自身のために再びのご注文をしてくださいました。

大天使チャミュエルのご指名でした。


ご指名があったので、カードを引かずに描こうとしたのですが、
なんとなく、チャミュエルのカードだけをピックアップして、それをシャッフルして引いてみました。
すると、Career Transition でした。

お客様は、この春からお仕事、または職場の異動とかあるのかも?
と思いましたが、
そこまでではなくても、小さなことでも、ちょっと勇気を出して仕事先で挑戦してみるといいのかもしれない、と思いました。

そんなことを感じながら、絵を描き始めたのですが、描いてる時にはそのようなことはほとんど考えず…というか、感じず、
ただただ、チャミュエルの温かさと強さを感じていました。

大天使チャミュエル

しかし、描き終わってみると、
やはり、この春から「お仕事の転機」がある人を応援しているような、そんな感じがしました。




そしたらですね。
お客様からのメールにビックリしました。
この春から、職場が変わるそうなのです!


というわけで、
このお客様だけじゃなく、この春から「仕事の転機」がある方々は、チャミュエルにサポートをがっつりお願いしてみたらいいんじゃないかな~?と思いました。

ブログ記事のタイトルは、チャミュエルからの言葉だと思ってください♪


そして、そして。
お客様が、以下のブログ記事に、この天使の絵について書いてくださっています。
http://ameblo.jp/maki728pink/entry-12006317464.html
ご紹介、ありがとうございます♪


17 : 51 : 21 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
The Gate
2015 / 03 / 25 ( Wed )
本日は、おとーちゃんがお仕事お休みの日で、
午前中に、子供たちを(花粉症の季節のために)超絶混んでる耳鼻科に連れてってくれたので、
その間に、絵を一枚描きました。


そもそも、はですね。

この、白魔堂さんちのミカエルの杖
http://tosikipi-akaya.ocnk.net/product/2592
を見た時に、
「わぁぁぁ。ミカエルの杖だってぇぇ!何がどうしてってのはサッパリ分からんけど、なんかすげぇぇミカエルちっく…というか、ミカエルとの無線機みたい~。欲しいなぁぁぁぁ。」
と、思った途端、ミの字の親分に、
「自分で描けるだろ。」
と、言われたことが発端でした。

私としては、
身につけていられるというのがポイントなのにー、絵だと持ち歩けないやーん、
と、ちょいと思ったんですが、
でも結局は、たしかにそうだよな、と納得しましたし、
だったら、私じゃない人が買った方がいいよね、と思ったのでした。



というわけで。
せっかくぽっこし空いた時間ですので、久々に自分用のミカエルを描こうと思ったんです。
いつもの天使の絵の2倍サイズで。
去年の冬至には描かなかった…というか、描けなかったために、一昨年の「冬至の扉」の絵のままになってる額があるので、それと入れ換えようと思い、2倍サイズで描き始めました。


そしたらですね。

最初の一筆で、もう「ミカエルじゃないな今日は。」と感じまして。
じゃあなんだー?と、とにかく描き続けていたら、

ああ。
ゲートだな。


と、思いました。


春分点に開いたゲート……のようにも感じるし、
この地球にやってくるためのゲート……のようにも感じるし、
個人的なゲート……のようにも感じるし、
よく分からないんですが、でもゲートだってことだけは分かりました。

というわけで、タイトルはThe Gateにしました。

The Gate

額入りThe Gate





ミカエルは……またそのうち、時間ができたら描きます。
多分。

14 : 51 : 46 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自分にはそんな部分は無いと思い込んでいた。
2015 / 03 / 22 ( Sun )
季節の変わり目で、三寒四温のジェットコースターのおかげで、ここんとこ体調がイマイチでございました。
そのため、なかなか更新ができずにおったのですが、今日は身体が軽めなので、ブログも書けるってなもんです。ひゃっはー♪
しかし、子供たちがすぐに春休みに突入するので、これまたなかなか更新できないかもしれません。

いえね、
おかーちゃんがぽちぽちとPCに向かってキーボードを打つことは問題ないんですよ。
子供たちも自分たちでやりたいことしてますし、もう保育園児とかじゃないんでね、ほっといてもそこそこ大丈夫なのです。

でも、一人っきりの時間が激減するわけですよ。
いや、ほぼ無くなる、と。

孤独を愛する人間というわけじゃないんですが、一人の時間がある程度無いと性能が落ちる…というか、稼働域が狭くなる…というか、ううーん…なんて言っていいか分からんのですが、「自分以外のエネルギー」みたいなもんを定期的に抜くみたいなのが必要といいますか……。うむむ。
一人の時間になにかをするわけじゃないんですけど、「軽くなる時間」みたいなものが必要なんです。
それが大好きな家族であっても、です。

あ、それに、
お仕事用の絵を描くのも、一人っきりがいいですね。
結界を張ってるみたいな感覚になりますから。
(実際にほんとーに結界を張ってるわけじゃないよ~。そんなやり方知らんもん。)
なので、子供の夏休みとかそーゆー時期にはまるっとお休みさせてもらっておるわけです。
子供たちがもっと大きくなったら、違ってくるかもしれんですね。
…っても、長男はアレですし、どうなるのかなぁ。



さて。
今日の本題であります。

数週間前に、月子さんから「こんなのを見つけたよ。」と、教えてもらいました。
これです。
http://the72angels.jp/top.php

で、
月子さんが「自分のはコレだったー。」と教えてくれまして、
「こういう面が自分には足りないと思ってるから、こういう面が自分の中に潜んでいるのかも、と思うだけでちょっと嬉しいかも。」
みたいなことを言いよるので、
「何ゆーとるん?アナタ、そういう面がちゃんとあるやないの。」
と、

こんな感じで返事しました。
すると、月子さんは、「えぇぇぇー?」とちょっと驚いたりしておりました。

任意の性質…といいますか、特徴といいますか、長所といいますか……
そういうものについて、人間って割とスレテレタイプなイメージを持ちやすいのかもしれないなぁ、と思うのです。
なので、それが自分に備わっていると思ったことがなかったり、思えなかったりすることも、案外多いのかもしれません。


ひるがえって。
私はコレだったんです。
http://the72angels.jp/guardian-oneself.php?cid=60
それで、月子さんに、私はコレやでー、とメールしたところ、
「もうなんか、たみえさんのそのまんまの人物像って思いながら読んだよー。」
と返事が来ましてね。

こんな感じだったんでしょうなぁ~。



しかし、ですよ。
実はリアリストだという自覚はあるので、冷静ではないけどそうかもなー、とは思うんですが、
『人気者』だの『生まれながらに威厳が備わっている』だの、そんなわけないやーん!と、思うわけです。
でも、月子さんは、私そのまんま、と言うのです。

他人のことは分かるけれど、自分のとこになるとサッパリ分からないのですよね。
そして、ステレオタイプなイメージとは少し違う表出をしてると、それだけで自分の中には無い資質だと思い込むのです。
たとえば、『人気者』というのは、『小学校のクラスの人気者』みたいなイメージが自動的に想起されて、自分の中には存在しない、と思い込むわけですね。
けれど、『人気者』って、それだけじゃないですもんね。
そうじゃなかったら、展示会で、私に会いたいって思ってくれた人たちが来てくれるわけないですもん。
もちろん、世の中にはめっちゃめちゃたくさんの人たちに好かれている人はたくさんいますけど、
数は別にして、私(の絵)にもそこそこコアなファンがついていてくれてる、ということは、ちゃんと認めないとその方達にどえらいこと失礼だよなー、とハタと思ったのです。

『独自の発想をする』ということについても、何か際立った発想をして、それをカタチにして世の中で認められた…なんてわけじゃないので、そんなことないよなー、って自動的に思ったんですけど、
いやいや、ちょっと待てよ、と。
発明家や企業家、研究者だけが『独自の発想をして、カタチにする』わけじゃないですもんね。
ユニークさというのは、そういうスケールで語られるものばかりじゃない、と頭で分かってるし、他人を見る時はできるのに、自分のことになるとやっぱりサッパリなんですよね。おかしなもので。


これを読んでるそこの貴方も、自分で自分だと思い込んでるセルフイメージを、ちょっとばかり刷新してみるといいかもですよ。
春だし。
春分も過ぎたところだし。



そうそう。
先日、mixiのつぶやきに、ふと思って、
「自分を知るって難しいけど、自分を知らないと明後日の方向に努力したりしかねないよなー、と思う今日この頃。」
と書いたんです。
そしたら、すぐに友人から、
「よい鏡が無いと、自分のとこなんて分からないよね。」
とメールが届きまして、

ま っ た く も っ て そ の と お り だ な !

と、大きく頷いておりました。
スマホ片手に。


と、
ここで、「よい鏡」って何か、というのを言葉で説明しようと考えてみたけど、長くなりそうなので、そこはもう割愛!
気が向いたら、書いてみようかなぁー。
けど、めんどくさいから気が向かないかもー。
てへ♪





今日は身体が軽めな上に、天気もいいし、風も無いし、温かいので、子供たちと近所をくるりとお散歩してきました。
そしたら、ソメイヨシノが咲いてました~♪



モクレンも満開。



ツクシもにょきにょき~♪

14 : 44 : 44 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
丸くてシュワシュワなアレをいただきました♪
2015 / 03 / 18 ( Wed )
先日、見ていたテレビ番組で、

レインボーラムネ

というのを取り上げていました。
それまで全然知らなかったんですよ~。
そんなラムネがあることを。

こういうのです。
http://matome.naver.jp/odai/2138987645372171601




そしたらですね。
昨日の夕方に、郵便局のおっちゃんがお届けものを持ってきてくれまして。


中にはこのレインボーラムネが入ってるではありませんか!


お客様がお取り寄せをして、そのおすそ分けをしてくださったのでした。
テレビで見たばかりだったので、ほんとにビックリしました~。
ひゃっはー♪

トマトソースが入ってた瓶に瓶詰めしてみました。
レインボーラムネ

レインボーラムネ

正直言いますとね、
私はラムネってそんなに好きじゃないんです。
っても、それは駄菓子のクッ○ーラムネしか食べたことないからかもしれないんですけど。

なので、
「ほんとにめっちゃ美味しいラムネなのかな~?」
と、ちょっとばかり疑心暗鬼でラムネを1つ口の中に入れてみたところ……


クッ○ーラムネと全然ちがーーーう!


ええ。
美味しいです。
ついつい4つくらい続けて食べてしまいます。
リンゴジュースのようなオレンジジュースのような、そんな味もいい感じです♪



なかなか購入できないシロモノみたいなのにおすそ分けしてもらっちゃって、ラムネそのものも、ですけど、そのお気持ちがありがたいです。
ニヤニヤしながらほおばっております。

ありがとうございました~♡

17 : 39 : 25 | いただきもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
家族3人それぞれの天使の絵
2015 / 03 / 17 ( Tue )
旦那様と、ご自身と、お子さまのための絵を、それぞれ1枚ずつご注文いただきました。

以前から、ご家族みなさんの絵をそれぞれ……というご注文は他のお客様方からも何度か承っているのですが、
ほんとうに有り難いですし、とにもかくにも単純にとても嬉しいのです。
家族への愛情を形にするという意味もありますので、それが単純に嬉しいのです。『家族大好きなオカンな私』が喜んでいるのです。


というわけで。
まずは、旦那様の絵です。
大天使メタトロンです。オラクルカードはChakra Clearingでした。

大天使メタトロン

とにかくパワフルでした。
手も印を組んでるかのようですし。
旦那様は、秘めたパワフルさをお持ちの方なのかなー?なんて思ったりもしました。


そして、奥様の絵。
大天使ジェレミエルで、オラクルカードはOvercoming Difficultiesでした。

大天使ジェレミエル

こちらは、旦那様のメタトロンと正反対の、ふんわりやんわりゆる~っとした絵となりました。
モノゴトの受け止め方・とらえ方を少しゆるゆるっとするだけで、「問題」と感じていたことが「問題」ではなくなるよ~、と、柔らかい声でジェレミエルが言っているように感じました。


そして、最後はお子さまの絵です。
大天使ガブリエルで、オラクルカードはNurtureでした。

大天使ガブリエル

シンプルに言ってしまえば、
ガブリエルの守護が厚い…んだろうな、と思いました。
守護が厚い理由までは分かりませんが、そう感じました。
すくすくと育ってね♪♪

22 : 42 : 38 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
うすーい膜のようなものが、まとわりついていたので。
2015 / 03 / 12 ( Thu )
去年のいつだったっけなー?
オカンに会った時に、オカンが言ったんです。

「あんたの子育てを見てると、私は責任感が強かったなぁ~、って思うわ。」

どういうことかといいますと、
私は、ベタベタに子供のことをかわいいかわいいと育ててますが、
オカンは、我が子はかわいいに決まっているけれど、それよりも『ちゃんと育てなきゃ。』という責任感の方が強かったんだなー、と、私のベタベタな子育てを見ていて気づいたんだそうです。


そう言われて、なんだかいろんなものが「剥がれた」ような感じになりました。
お鍋についた焦げを一生懸命洗ったけど、小さいのがあちこちちょいと残ってた……みたいなものが、ぽろりと剥がれたような、そんな気がしました。





と、いうことが数カ月の前にありまして。

2月になって、体調が……というか、まぁ、アレです。更年期障害で血圧が上がっちゃった頃からですね。
あれこれ考えてた中で、ある時ふと思ったんです。

「もうええやん。いい子でいる必要ないやん。」

って。
オカンはオカンで「ちゃんと育てないと。」と思って育ててくれて、それはそれで良かったんだと思います。
や、私がちゃんとした人間になってるかどうかは分かりませんけど、多分「社会的にそこそこ普通」という範疇には入ってるんやと思います。
人間関係や社会的なところでの大きいトラブルとかないし。


でも、どこか「いい子でいないといけない」というモノが、そんなに分厚いものじゃなくて、ほんとにうすーーーーーい膜みたいなものなんでしょうけど、まとわりついてるんだな、と気づいたんです。
そして、これが自分の無意識に意外と「効いて」いたんだな、と。



そんなわけで、
もういいやん、そんなの要らんよ……と、手放したいわ、と思ったんです。
実際に手放し切れてるとは思えませんが、その途中なのかな、という感じかもしれません。




そしたらですね。
昨日あたりから、
こんなの
http://ibaya.hatenablog.com/entry/2015/03/11/162610
や、
こんなの
http://plaza.rakuten.co.jp/siriun/diary/201503100000/
や、
こんなの
https://twitter.com/blueflame_bot/status/575817320871956480
を立て続けに読みましてね。
あ、これも。
http://tsukio2345.blog.fc2.com/blog-entry-22.html


善良で、バランス良くて、賢くなろうとしてたんでしょうね。私は。
「そうでありたい」と、自分の中から自然と立ち上がってきた部分もあると思うんですが、
「そうでなければいけない」という部分もそれと一緒に存在してるから、どこまでがどっちなのかよく分からないままだったのかもしれません。


でもねぇ。
それすらどこか「囚われ」になってたんだなぁ~、と感じまして、
だからと言って、悪い子になっちゃえー、というわけじゃ決してないですし、ワガママ放題に生きようとしてるわけじゃないんですけどね、
「いい人じゃないといけない」みたいなものはね、おそらく他人の評価を介してのものなんですよ。
なので、そこはもうね、この歳ですしね、ほっといても反社会的なことをすることも無いでしょうから、『他人に悪く思われたらイヤだなー。いい人に思われたいなー。』というのはね、2/3くらい捨てちゃってもいいのかもなぁ~、なんて思ったりしてたんです。












そしたらですね。
「いい子でいないといけない」の薄い膜はもう要らないよ~、と頭でですけど、一応ね、そう思ってからなんですがね。

私って、何がしたいのか、どうなりたいのか、が、イマイチ分からなくなってきたんです。

もちろんね、
家族はとても大切なのでね、このまま家族が幸せであるように、っていう願いは強くあるので、
子供たちのために『元気でそこそこ長生きしたい(←娘には元気に93歳まで生きろと言われている)』というのは消えないんですけど、
あとね、『最低でも年に1回はエイトのライブに行きたい』というのも消えないんですけど、
他がね、めっちゃうすーーーく感じられるようになっちゃったんです。

これって、どれだけ「他人の評価を通しての自分」、ってものを「自分」だと思い込んでたいたか、ってことなのかなー?って思ったらですね、苦笑いしか出ませんわー。

もちろんですね、
ここから少しずつ整理整頓がされていって、薄いまま消えていくのもあれば、再び濃くなるのもあるんだろうなー、とは思ってます。
受け身ではありますが、自然とそうなるのを待ってるしかないかなー、なんて思ったりしてます。





モスバーガーでもらったお絵描き用オモチャに、娘が何か描いていたら、お猫がずーーっと覗き込んでいた。

15 : 01 : 37 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
プレゼントがちゃんと届いたようで、良かったです♪
2015 / 03 / 07 ( Sat )
春のプレゼント企画で当選されたみなさんのところに、それぞれが無事に届いたようです。
みなさん、お忙しいのにわざわざ「届きましたよ~♪」とメールをくださり、ありがとうございました。
メールでのお返事を一括してこちらで済ませてしまう私をお許しくださいませ~。

またプレゼント企画をそのうちひょっこりすると思いますので、
前回同様、たくさんのご応募をよろしくお願いします。


では、最後に、かーさんに無理くり写真撮られたお猫の顔をどうぞ♪

21 : 15 : 14 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神様からのお手紙と、仏様への電話番号
2015 / 03 / 05 ( Thu )
先日、このような記事を書きましたが。

早速、近所の神社に行ってお参りし、
翌日に一宮の神社にも行ってお参りしてきました。
一宮の神社では、お参りしていて、ちょっと泣きそうになりました。
なんでかな~。
「今まで、遠慮しててごめんなさい。」
って心の中で神様に謝ったら、胸が熱くなってきて涙が滲んだんです。

で。
横に設置してあるおみくじをひいてみました。
神様からのお手紙みたいなもんだと思っているので。

そしたら中吉で、

照らし出される希望の道筋
前途洋々の、希望ある運勢。
目標に向かって努力を続けていたことに
具体的な成果が現れ
大きな発展と成長が得られる。
慢心せず精進を続けよ。


と書いてありました。
病気も「時間はかかるが平癒します」とあるしー♪

なんだか、親に謝ったら、もういいから、と頭を優しくポンポンされたような気分です。



さて。
例のサイトですが。

こんな記事を見つけました。
http://s.ameblo.jp/holypurewhite/entry-11655262356.html

私、
旦那さんに連れてってもらって、四国でお遍路したことがあるんです。
オカンとお義母さんも連れて。
愛車で。(←今も乗ってる)
11日かかったのかな?
旦那さんがリフレッシュ休暇を取得するというので、私は有給を取って行ったんです。
あれは、息子が生まれる前の年の春でした。

毎日いくつものお寺をお参りして、般若心経とあげさせてもらって、そこのお寺の御本尊のご真言を唱えて……とやっていたので、いくつかのご真言は覚えてしまいました。

長いご真言だけど、お不動さんのご真言はするする出ます。
お薬師さまも。
阿弥陀さまも。
お地蔵さまも。

てことは、ちゃんとこれらの仏様とはつながってるってことなのかなー?と、嬉しくなっちゃいました。
むふ。
ご真言って、仏様への電話番号みたいな感じがしておるので、「携帯の番号教えてもらっちゃった♡」みたいな感覚であります。



しかしですね。
お遍路に行くよりもうんと前、20代前半に、オカンに教えてもらってた大日如来のご真言がさっぱり出てこないのです。
ずっと。
覚えたハズなのに。

あーあ。
お遍路でもお参りしたのになー。
生まれ年の守り本尊なのになー。

と、思った瞬間、



オンアビラウンケンバザラダトバン



と、頭にぽーんと浮かんできました。
いや、すこんと頭に放りこまれたみたいな感じでした。



あれ。
これ……。

念のためググってみたら、やっぱり大日如来のご真言でした。
ずーーーーっと忘れてて…というか、思い出せなかったのに、いきなりすこーーーんと来たので、めっちゃ驚きました。
脳の機能として、そーゆーこともあるでしょうし、別にすごくビックリ仰天するような奇跡的なことじゃないのは分かってます。
だって、一度は覚えたんですから。


でも、なぜかずーーーっと思い出せず(もちろんネットとかで見れば「ああそうか。」ってなるけど、すぐまた思い出せなくなる)にいて、
すこーんと来て、そこからはするすると出ますからね。














……これ。
大日如来様からもらっちゃった?




むふ♡






と、
単純に喜んでおります。
むふ♡
いいよね?
そんなふうに思ってていいよね?いいよね??
むふ♡


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*


お雛さまを仕舞います。
来年まで虫から護ってね♪
17 : 34 : 01 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『知ろうとすること。 (新潮文庫)』という本をいただきました。
2015 / 03 / 03 ( Tue )
前々から、ツイッターの私のタイムラインにチラチラと話題に出てきていた本なので、
そのうち買って読んでみようかなー、と思っていたら、
梅舎茶館さんでの展示会に来てくださったお客様が、私にと、この本をヨーダさんに託してくださっていました。
美味しいお菓子と一緒に。

その方は、福島の方で、民絵屋のお客様でもあります。
ですので、この本を読んでもらいたい、と渡してくださったのでした。

知ろうとすること。 (新潮文庫)知ろうとすること。 (新潮文庫)
(2014/09/27)
早野 龍五、糸井 重里 他

商品詳細を見る



まず、第一の感想は、
「読んで良かった。」
というものでした。

糸井さんが早野先生を信用したのと同じような理由で、私もこの本を読み始めてすぐに早野先生は信頼できる科学者だと思いました。
ですので、早野先生の分析は信用できるのだろう、と思いました。

その上で、
福島において、内部被爆は思っていたよりもうんと低そうだということは、単純に「良かったねぇぇぇ。」とホッとしました。
その他いろいろ、納得しながら読んでおりました。

ネットには、いろんな意見や主張が流れていて、目に入ってきますが、あまりに幅がありすぎて、この問題は特にどこらへんが事実に近いんだろう?というのが、見えにくくなってるように感じるのです。
早野先生が
「大切な判断をしなければいけないときは、必ず科学的に正しい側に立ちたい。」
とおっしゃってますが、それは私もそう思っています。

…思っているんですが、
その気持ちさえグラグラするような、そんな状況が、実は今も続いているような気がします。
先生方が正しいデータを出してきても、他のさまざまな(不安や疑念を土台にした)意見のがものすごーく多くて、科学的に正しいデータとその分析がちっとも伝わって来ないのです。

私自身も、「真っ直ぐな目」で見ていないというのも大きいかと思います。
自分の中にあるバイアスは自分では気づかないですもんね。

とにもかくにも、
福島の人たちに原発事故が原因で今後健康被害がわんさか出るというのは無さそう、というのが分かって、ほんとーに良かった~と思いました。


ただ、
それはものすごくラッキーなことだったのではないかな、とも思いました。
もっとヒドい状況になっていてもおかしくはなかったのかも、と。
ラッキーだったからこそ、原発の今後については慎重に慎重に考えるべきなんじゃないか、と思います。









あと、個人的に面白かったのが、文系と理系の違いについて、でした。
糸井さんはがっつり文系の方なので、早野先生の話が時々分からないことがあるんですね。
それで先生が説明するんですが、「イオン」が出てくると、もうダメ分からない、と。
絵が浮かんでこないんだそうです。

これは面白いなー、と思いました。
それで思い出したのですが、
地学は物理も化学も生物も土台になっていますから、それらも勉強します。
その化学の勉強中、化学が比較的得意だった私はいろんな絵(イメージ)が浮かんで、理解が進むのですが、
友達の1人がさっぱり分からない~、と困っていました。
絵(イメージ)が浮かばないらしいのです。


さらに。
会社員時代のことです。
まぁ…いわゆる大企業のソフトウェア開発部門で働いていたので、ガッツリ理系のめっちゃ頭のいい人がゴロゴロ周りにおりました。(そういうところにバブル最後の年に滑り込んで紛れ込んだ、というわけです。ありがたや~。)
そういう人たちが書いたドキュメントを受け取って、理解して、マニュアルを書くということを主にしておったのですが、
これがですねー、彼らがイメージできるのは、私のそれより1つ2つ次元が上だったりするんです。
「すごいなぁぁぁ!」と、よく感心しておりました。
(それを私に分かるように説明するんだから、大変だったろうなー、と今頃思うのであります。うは。)


科学的なことに対して、ざっくりと学ぶことは誰にでもできますが、
しっかり学ぶためには、この「絵が浮かぶかどうか」が大事で、その精度…というか感度…というか、は、これはもう生まれつきのものなのかもな、と思いました。

せっかくなので、娘にはおとーちゃんのソレが遺伝してるといいんだけどなぁぁぁぁ。
私のソレは中途半端だからなぁぁぁぁぁ。

あ、でもね。ソレが中途半端だったからプログラマーから外れて、テクニカルライターになったわけで、そのおかげで技術文章の書き方を教えてもらえて、それがいろんな場面で役に立ってるので、これはこれで良かったとは思ってますけどね。
卑下はもうしてないぞ!
卑下してるヒマがあるなら与えられた資質を伸ばす方が健全やもんね!
あたしはほっとくとめっちゃ不健全になるからヤバいね!(←今日の結論はコレ)

16 : 58 : 40 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パッと見て、買ってしまいました。
2015 / 03 / 02 ( Mon )
★★ お知らせ ★★

春のプレゼント企画の当選者の方々に、本日発送しました~。
普通郵便ですので、明後日以降届く方もいらっしゃるかと思いますが、お受け取りをよろしくお願いします。
なお、 現在まで、当選者の方からご住所等のメールをいただいたのが6名様で、1名様から未だご連絡がありません。
3月6日までにご連絡が無い場合は、残念ながら当選無効とさせていただきますので、ご連絡お願いします!



*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

さて、ほんの数日前のことです。
月子さんから、こんなブログ記事があるよー、と教えてくれたのが、コレとコレ。
豊川稲荷東京別院 ~前編~
豊川稲荷東京別院 ~後編~

旦那の実家は、特に豊川稲荷とご縁が深くてですね、
旦那のおばあちゃんは何十年もずーーーーっと豊川稲荷への一日参りをしていたくらいでして、
おばあちゃんが元気だった頃は、私たちも元日にご祈祷してもらいに行っておったのです。
(今は、元日は地域の神社と地元の一宮にお参りして、お稲荷さんは3日にお参りしておりますが。)


でね。
私自身も、1歳とか2歳の頃に、豊川さんのご祈祷に一緒に連れてきてもらってたらしいんです。
岐阜から豊川まで。
なので、まったくのご縁が無かったわけではないのかもしれません。
祖母と叔母がお店をしてたので、よく商売繁盛のご祈祷をしてもらってたらしいのです。
そうなんですよ~。
お正月の時期は特に県内外から参拝客が多いので、めっちゃ賑わってるんですよ~~。

そんな豊川稲荷。
お稲荷さん、と言われていますが、お寺です。
禅宗のお寺です。
お祀りしているのは、ダキニ天さんです。
http://toyokawainari.jp/inariframe1.html
なんかよく分からんのですが、明治の神仏分離の流れの中をかいくぐって、今に至るらしいです。

毎年お参りに行くので、娘なんぞはご真言を覚えてしまいました。
「おんしらばったにりうんそわか」です。

と、そんなふうに豊川稲荷とご縁が深い我が家ですから、月子さんが教えてくれた記事は実に興味深く読みました。

そうかー。
ダキニ天さんはクールビューティーなのかー。
素敵♡

なんて思っておりました。




で、そのまた数日後。
ちょいと本屋に寄った時に、平積みされいたこの本が何故かとても気になり、ぱっと買ってしまいました。

ひっそりとスピリチュアルしています ―えっ! ?意外! 神仏はこんな人が好きひっそりとスピリチュアルしています ―えっ! ?意外! 神仏はこんな人が好き
(2014/07/18)
桜井 識子

商品詳細を見る


こんな本を買ったよー、と、mixiで表紙の写真をアップしたところ、月子さんから
「豊川稲荷のこの前の記事があるの、このブログだよ。」
と、メールがぴろんと届きました。

あらま。
ブログタイトルとかちっとも気にしてなかったので、気がつきませんでした。


そっかー。
あの記事だけでもとても興味深かったから、これは本もきっと興味深く読めるだろうな~、と思いながら読み始めたところ、
ほんとにいろいろ勉強になりました。
ブログはブログの良さがありますけど、1冊にまとまってるのもありがたいですよね。

私は、どうしてか分かりませんが、先にいわゆる一神教の示すところの「神」のことを学んでいた(学ばされていた?)みたいでして、
子供の頃に何故か友達に誘われてキリスト教の日曜学校に2年ほど通ったりしてましたし、
五井先生のおっしゃる「神」もこの「神」であって、法則であり愛であり光でありすべてであり……と、先生の本などから学んでいたので、
シータヒーリングの本を読んでみたら、そこで「創造主」と言われているのが、この「神」だよな、ってスッと分かったりしました。

そのせいか、どうも「めっちゃ格式の高い自然霊」としての「神様」については、あまりよく分かっていないんです。
仏様は………神様よりもちょっとだけ分かっていたかもしれません。
それは、オカンのおかげだと思います。
それでも、やっぱりあまりよく分かっていないです。

「よく分からない」というのは、知識が有る無いというより、感覚的な問題のように思います。
「神」は世界のすべてなので、自分は「神」の一部なんだ、という感覚がずーっとあるんですが、
「神様」とはどうも距離があるんです。感覚的に。

んーーー。
上手く表現できないんですが、
なんていいますかー……
「神様に対してちょっと遠慮しちゃってる」
みたいな感じですかね。
何故か分かりませんけど。

や、これがねー。
天使はまた違うんだよなぁぁぁぁ。
ミカエルなんて、もうほんとにおとーさんというかおじーちゃんというか……だし。
(それは私の魂の天使風味が強いからなのかもですが。)


とにもかくにも。
なんだか分からないけど、「神様」には自分から心理的に距離を少し置いていたのですが、
この本を読んだら、なんとなくそれがちょっと外れたような気がしました。

妙な遠慮はしなくてもいいんだな。
参拝のマナーをちゃんと守っていれば、神様はヨシヨシってしてくれるんだから、それをありがたく素直に受け取ればいいんだな。


って。
そんなふうに思えました。

近所の神社も、
一宮の神社も、
お稲荷さんも、
次にお参りに行く時は、今までよりも♡オープンハート♡で行けそうです。

15 : 06 : 28 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |