観音菩薩
2014 / 05 / 31 ( Sat )
やー。
昨日今日と体調イマイチでしてー。
ブログに書きたいこともいろいろあるんですが、明日もまだ日曜日で子供たちもいるしねー、
まだまだがっつり書けそうにないので、ここはひとつ、むかーしに描いた観音様の絵でも貼り付けておこうかと思います。

では、どうぞ。

観音菩薩

一言でも感想をいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
21 : 35 : 49 | 観音様 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
「魂」の問題じゃなくて、「器」の問題 …その3
2014 / 05 / 29 ( Thu )
コレの続きです。

ワーム駆除なんて妄想に過ぎない…と、ちょっと前の自分なら若干でも思う部分があったんですが、
おとーちゃんのアレがあったばかりなので、駆除はほんとうにされて、なんらかの身体的改善がされていくのだろう、というのは、ほとんど疑いませんでした。
…あ、ごめんなさい。まったく疑ってません!(←叱られた。今。)



ワームを取り除いてもらい、なんらかのバグ潰しもしてもらった後、そのまま眠りに落ちるのかと思いきや、そうではありませんでした。

おとーちゃんのアレの時には、成仏してなくて子孫に悪影響を及ぼしてしまうご先祖さんたちに対して、むきー!って怒ってしまってた私だったのですが、
ワーム駆除とデバッグのおかげ……なんでしょうね。きっと。

めちゃめちゃ慈悲深くなっていました。
いつもの自分ではありえない感じの慈悲深さでした。
まるで自分は観音様の一部にでもなったのかしら?と思うくらいでした。
通常モードでは考えられません。アレは。

すると、ここに阿弥陀様が現れました。

……や、何ゆーてんの?たみえさん?
って言われてるとは思うんですけどね、でもそうとしか言えなかったんですもん。
てか、昔々もこういうことがあったんですが、それと同じような感覚でした。

言い換えるならば、めっちゃ細い線だけど阿弥陀様とちょっとだけリンクがつながった、ってことでしょうか。


すると、一時的にとてもとても慈悲深くなっていた私の意識の一部が、そうするのが自然であるかのように、ご先祖さんたちに呼びかけ始めました。


阿弥陀様の救いの手は、すでにいつも、さしのべられているし、貴方自身もすでに阿弥陀様の光の中に居るのに、
その目を固く固く閉じているから、それに気がつかないのですよ。
ですから、目を開けてください。
自分を救うのは自分しかない、というのは、そういう意味です。
救いの手は目の前にありますが、目を開けるということは自分でしなければならないことなんです。



実際にどれくらいの間、こうして呼びかけていたのかは定かではありませんが、自分の感覚としてはかなり長い間「目を開けろー目を開けろー」と呼びかけていました。

そして、呼びかけている『特殊モードの慈悲深い自分』を見つめてる『通常モードのちょっとナナメな自分』が平行して、
私って何様よーーー!
ってセルフつっこみをしていました。
あ、「私って何様よー!」は、最近よく言う言葉です。私が。


そうこうしてるうちに、特殊モードの方が呼びかけを終え、南無阿弥陀仏と唱え出し、さらに阿弥陀如来のご真言を唱え始めました。
唱え続けるほどに、今ここに阿弥陀様がいるという感覚が強まり、その光もどんどん強まり、金色の光で空間すべてが満たされきってるような、そんな感覚になっていきました。
光が強烈だったせいか、いつの間にか通常モードの方は黙ってしまいました。


と、そのうち眠ってしまったのですが、
なんとなくですが、私の肉体を通して、ご先祖さんたちにもちょっとは伝わったんじゃないかなー?と思いました。
てか、思いたい、というべきかな。

ほんとに上手く説明できなくて申し訳ないんですが、
自分自身もよく分かってないんですが、
どうも、この肉体というものは、魂の器というだけじゃなくて、もっとこー……多機能なんだろうな、と思います。
いや、多機能というより……そもそもがすごーーーく不思議な存在なんだろうな~、と思います。

科学的に観察し、考察するだけでも、不思議なことがいっぱいですし、
魂が物質世界の、この地球上で人間として、何かやりたいことがあって、それを遂行するために必要な「器」として準備されたモノ……というのも、一面でしかなくて、
なんかねー、もっとねー、思ってるよりうんとスゴいんだよ!肉体って!
と、感じたのです。

「私の肉体を通して」と感じたのも、そういう……アンテナ?みたいな、どこでもドア?みたいな……よく分からないけど、そういう役割もあるからこそなんだな、と、思ったのでした。





…と、再確認したのが、日曜日の朝でした。
いつもより少し早く起きた日曜日の朝でした。

いつもの癖で、ぼーっとした頭でNHKのEテレをつけました。
ぼーっとした頭のまま、番組から流れてくる音声をなにげに聞いていました。

「心の時代」という番組の再放送だったようです。
車椅子に座った女性が、聞き手の方にいろいろ語っていました。

後から検索してみたら、ちょうど私が聞いていた部分がYouTubeにありました。


事故の後に重い余病を発症されて、たいへん苦しまれたようです。
そして、癌になり手術をされたのですが、数日後に胸の動脈が破裂しての緊急手術となったそうなのですが、
全身麻酔をしたばかりなので、再びの全身麻酔は意識が戻らない可能性があるとの判断で、麻酔無しの手術となったそうなのです。

ぼーっとしていた頭で聞いてましたが、一瞬で目が覚めました。
麻酔無しの開胸手術なんてありえないでしょー???と。
でもほんとうにあったんですね。そんなことが。
ものすごい痛みのため、気絶したそうなのですが、その時に手術室のライトに光の十字架が見え、それが一瞬でお母様の顔に見えたそうです。

そんなありえないような経験をして、手術後に目覚めた時に、自分の身体をとてもとても愛おしいと思われたそうです。
「私」を生かそうとしている「身体」に深く感謝したのだそうです。
このあたりは、ぜひ動画で直接ご本人の言葉を聞いていただきたいです。(4:40以降です。)



まだほんの数時間前に、『肉体って自分が思ってるよりもうんとうんとスゴイものなんだよー!でもそれがなんだかはよく分からないけどー!』と感じたばかりで、朝イチにこんなお話を聞いてるなんて、タイミング良すぎです。
ちゃんと自分の中で消化吸収しなければないんだろうなー、とは思いました。
が、昨日の今日で、身体が少しばかり重いなー、と感じつつ、8時までに出発できるようにバタバタと家事を片づけ始めたので、あまり深くは考えませんでした。
後回しにしました。



で。
無事に約束どおりの時間に名古屋に到着し、3人でスタバでお茶もし、初のジャニーズショップで写真も購入し、3人ともニヤニヤが止まりませんでした。
とても充実しておりました。
身体は重いなー、と感じてはおりましたが、そんな程度でした。

しかし。
Nさんが用事のために離脱し、月子さんと2人で椅子に座って休憩し始めた途端、なかなかの強度でしんどくなってしまいました。
しんどかったり楽になったりが波のように入れ代わるので、少しは話をすることができましたが、まったくもって調子が出ません。
2人で会っていたら、いつもはバカみたいにおしゃべりしまくるのに、めっちゃペースがゆっくりだったのです。
私の調子が良くないのを察して、月子さんもペースを合わせてくれていました。

んもー!
せっかく久々に会えたのに、なんでこうなってんのよー!

と、心の中で誰にともなく悪態をついたところ、
「(月子さんと)まぜまぜしてるから。」
と、スコンと言われました。
誰かに。ミカエルなのかなー?誰なのかなー?
しんどかったので、誰かなんてのも確かめる余裕がありませんでした。

月子さんに
「まぜまぜしてるからしんどいらしい。なんやねん。まぜまぜって。」
と報告したんですが、苦笑いされました。
そりゃそうだ。苦笑いするしかないよねー。
ごめんねごめんねー。


不思議なんですが。
月子さんと私はいろんなことに親和性が高いのに、いろんなことが正反対なのです。
今までも、月子さんに会うと一時的にですが、しんどくなることが何度かありました。
正反対のエネルギーに私の身体がへにゃっとなってしまうからだろうって、2人で仮説を立てておりました。

なので、意図的にまぜまぜされたら、そりゃしんどくなるってー、と、正直イラっとしました。
せっかく名古屋に来てるのに、しんどくておしゃべりも弾まないって、なんのイヤガラセやねん!と。

しかし、ちゃんと理由はあったようなのです。
(そりゃそうだ。)
カフェに移って、お茶をしていた時に、月子さんがとあるものを見せてくれました。
お花ちゃんの作品です。
これです。

あー、お花ちゃんの日記で見たやつやーん。
貸してー見せてー。

と、手にとってじーーーーーっと眺めていました。
しんどくて頭が回りにくくなってるのもあって、ぼーーっと眺めてました。

すると、
ほんの一瞬でしたが、蟹座のマーク付近が(光の加減とは思えないくらい)ピカっ!と光り、またしてもスコンと言われました。
「蟹座の成分が足りないから、まぜまぜしてるんだよ。」
って。

ねーねー。
蟹座の成分が足りないから、まぜまぜしてるって言われたー。
ごめんねー、蟹座成分をちょっともらっちゃってー。

と、蟹座の月子さんに報告すると、またしても苦笑いしていましたが、「プロテクトが弱いから、蟹の殻でも少し分けてもらってんのかなー?」なんて話したりしてました。




それから少しして月子さんともバイバイし、地下鉄に乗り、動物園に行ってたおとーちゃんたちと合流しました。
車に乗り込んだ途端、あれだけしんどかったのが嘘みたいにケロっと楽になりました。

なので、やっぱりまぜまぜされてたからしんどかったんだなー、と思いました。
といいますかね、そもそもですねー、前日の夜にワーム駆除やらデバッグやらをされた、ということからしてですね、
月子さんから蟹座エキスを分けてもらう、というところまで計画されてたんだな、と、高速道路走行中の車の中でやっと気づきました。
Nさんが朝から2時間だったら時間があるよ、ってのも含めてですね、キッチリ計画されてたんですねぇ…。





そして、帰宅して、片づけをして、
寝ころんでリラックスしながらスマホでmixiを見てみたら、
さつきのひかりさんが、これを紹介していました。
http://www.pixiv.net/member.php?id=2032542の、
「死んで生き返りましたレポ」です。

ふら~っとアクセスしてみたのですが、壮絶なレポで息が止まりそうになりながら一気に(8)まで読みました。
(8までしかアップされてなかったので。)



……ちょっと待って、ちょっと待って。
今朝のテレビ番組の衝撃をまだちゃんと消化できてないのに、さらに追い打ちかけますか?




そんな気持ちになりました。
正直言いますとね、今もまだちゃんと整理できてないんです。

意識って何だろう。
肉体って何だろう。
魂って何だろう。
今ここでこうしてこのように生きてる「私」って、何だろう。


今までも散々いっぱい考えてきたことですが、おそらくここに来て、今までの自分が思いめぐらせていたレベルを超えなければならないんだろうな、
……と、それだけしか分からないのです。



なんか、すごいんだよ。
自分で感じて思いこんでるような、そんな程度のものじゃないんだってのだけは分かるんだよ。
でもそれが何かはよく分からないんだよ。


とても、もどかしいです…。
ひじょーにもどかしいです。






というわけで。
オチがちゃんとついてなくて、読んでくださってる方も一緒にもぞもぞさせてしまったかもしれませんね。
ごめんなさい。
いちおー、この話はこれでおしまいです。



おれの肉球でも見ておけー。














★おまけ★

初ジャニショでゲットした写真の中から超お気に入りの2枚を飾っております♡
むふふ♪


00 : 00 : 00 | エネルギー | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
「魂」の問題じゃなくて、「器」の問題 …その2
2014 / 05 / 28 ( Wed )
コレの続きです。


先週の火曜日の夜に浄化と思われるアレがあり、水曜日の夜におとーちゃんのアレがあり……で、土曜日の夜です。
翌日の日曜日に名古屋に出かけることになっていました。家族みんなで。
しかし、行動は別々。
おとーちゃんと子供たちは名古屋の動植物園に行き、私はエイター仲間の月子さんとNさんと人生初のジャニーズショップに行く、という予定でした。

というのもー、
土曜日と日曜日にー、
大阪で関ジャニ∞のイベントがあったんですがー
それにハズれましてー、
めっちゃガッカリしておりましてー、
せっかくおとーちゃんに休みも取ってもらってたのでー、
名古屋に行く!とゆーたらー、
子供たちも動物園か水族館に行きたいと言うのでー、
そういう予定になったのでした。

そしたら、何かと忙しいNさんも、午前中の2時間なら会えるというので、朝の8時に家を出る予定になりました。
水曜日以降、私もおとーちゃんも体調は悪くないし、イケるイケる、と思っておりました。
てことで、早めに寝ようと思い、早めからコマゴマした準備をしておりました。


…が。
21時頃、急に心臓がバクバクしてきました。
そのうちそれは治まってきたのですが、どうもあまり「いい感じじゃない」のです。
イヤな感じ…とまでは言わないけど、でも「よろしくない感じ」が続いていました。
発作になりそうなほどではないけれど、よろしくないなーという感じなので、やはり不安になりました。

てかね、
子供の頃からそうなんですが、楽しみにしてるイベントの前に自律神経が乱れて気持ち悪くなり動けなくなることが時々あるんです。
最近はそれでもそーゆーのもかなりクリアされてきましたが、急な体調変化に、「また?」と思いました。


そこで、(準備を整えてから)お布団に入り、緊急MAPのコーニングをオープンにしました。
まずはガイドのテオとの会話から始まりました。

あ、会話と言いましても、
ガッチリとした言葉での会話よりも、イメージと共に言語になってないものを伝えられて、それをいちいち翻訳している、という感じ…の方が多いので、なかなかうまく表現できないこともありますが、うまいこと汲み取っていただけるとありがたいです。

で、ですね。
テオに言われたのが、
私は「拡大すること」を恐れている、私は「救われること」を恐れている
ということでした。
アクセルとブレーキを一緒に踏んでるようなもの、というたとえがよく使われますが、この恐れのせいでそういう状態にずっとなっている、と言われました。

拡大することを恐れている、というのは、表層意識の自分でも認識していましたが、
救われることを恐れている、というのは、かなり意外でした。
「え?」っと一瞬聞き返したくらいでした。

でも、テオの言葉に思い当たる感覚がふっと沸き上がってきたのでした。
うまくソレを掴みきれないので、とてもざっくりした言い方になってしまいますが、
何かザラっとした異物があるかのような感覚とでもいいますか、
淀んだ泥水みたいに停滞していたいという感覚…が、自分の中にあるのがうっすらと分かったのです。
救われることを恐れている、というのは、深いところに隠れているコレが関わってるな、というのはうすうす勘づきました。

が、はっきりと掴みきれないまま、すぐにその感覚は消失してしまいました。

すると、「じゃあ、視界を広げて確認してみようね。」とテオに言われたかと思うと、
あくまでイメージですけどね、自分の意識がどんどん地球から離れ、太陽系すらも離れ、かなり遠くまで連れていかれました。
「ここから自分を見てごらん。」と、テオに言われて、こんな遠くから見えるわけないやーん……と思ったのですが、見えたんです。
見えた、というか………確認できたんです。
自分の中に何かが在るということが。


ここから、会話の相手がミカエルに切り替わり、意識も身体のところに戻ってきました。
「何があるのかなー?これなに?」と訊くと、ミカエルは答えてくれました。

…が。
私の知識が足りなくてうまく翻訳できないんですけど、むりくり言いますと、
先祖からのカルマみたいなもの…って感じです。
おとーちゃんに張りついてたヒトデ状のものは一時的なものらしいのですが、ざっくりおおまかに分類すれば同じようなモノ…みたいです。

ただし、表面に張りついてたヒトデ状のものとは違って、私の背骨の中にいる、とミカエルに言われました。
「取り除くか?」と問われてたので、「よろしくです。」と答えると、ミカエルの手が私の(みぞおちのあたりの)背骨の中に入っていきました。
…というイメージがですね、かーなーりはっきり見えたんです。
ミカエルの手はキレイだけど大きかったです。

ふと気づくと、ウリエルもサポートしてくれていました。
そして、ミカエルが私の背骨から取り出したのは、デカい白い芋虫状のものでした。
体長10cmくらいの、まるまる太ったカブトムシの幼虫みたいなのを想像してください。そんな感じでした。


ひー!
こんなのがいたの?

と、驚いていたら、他にも「ワーム」がいるから、と、左の耳の下辺りからも、小さめのを取り出していました。
ひー!

すると、ワーム取りは終了したのか、ガブリエルとラファエルが「手当て」をしてくれました。
私の背骨など、ワームのいたところを癒してくれていました。


……って、よく考えたら、四大天使にお世話してもらうなんて、めっちゃ豪華ですよね!
今気づいたけど。
ありがたいねぇ。ほんと。


手当をしてもらってる私に、ミカエルがワームを見せながらアレコレ説明してくれました。
……が。
これまた、うまく翻訳しきれなくてですねぇ…。
またしてもざっくり言いますが、このワームが背骨の中を行ったりきたりして、嬉しい楽しいワクワクな気持ち(エネルギー?)を横取りしてたらしいのです。
そのせいで体調にも悪影響が出てたそうなんですが、なんでそーゆーワームがいるのかというと、
「楽しんではいけない」とか「(家や村の)外に出てはならない」みたいな、まさに淀むように停滞する方向での思い込みが先祖のどなたか…またはそういう傾向がみんなにあったのかもですが、なんとも重苦しい思い込みが「呪い」とまでは言いませんが、それに近いようなカタチで影響を及ぼしていた、ということみたいです。

それを、私のイメージではデカい芋虫という形状になっただけなんだと思います。
おとーちゃんのヒトデ状のものも同じですね。
私のフィルターを通すとこーゆー形状になったよ、ということですね。


そして、ミカエルは他にもバグがあるから、今やってもいいバグ潰しをついでにやっとく、と言って、何かやってました。
これについては記憶がほんとーに飛んでます。
その時はすごーくはっきり見えて、説明もよく分かったんですが、寝て起きたらすっかり飛んでました。この部分だけ。




……と、まだ続きます。
まだあるのーあるのよー。





おれは箱から出たくない。




00 : 10 : 10 | エネルギー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンダルフォンからGiftsを受け取ってみる?
2014 / 05 / 27 ( Tue )
昨日の続き……は、ごめんなさい。
明日アップできるように頑張りますっ。


で。
今日はですね。
サンダルフォンの絵です。

お客様が、ご自身の絵とお母様の絵を注文してくださいました。
まず、お客様の絵を描きました。
オラクルカードはサンダルフォンのGifts from Godでした。

大天使サンダルフォン


そしてその翌々日。
お母様の絵を描こうと、オラクルカードを引いたところ……


……同じカード、サンダルフォンのGifts from Godではありませんか!


今まで、親子それぞれでのご注文というのが何枚もありましたが、親子で同じ天使はともかく、同じカードというのは初めてでした。
「うーん。どうしよう。これ、カードを引き直した方がいいかなー?」
と、サンダルフォンのカードを見つめながら思ったのですが、すこんとイメージが頭の中に展開されました。

ああ。
これは、対の絵になるんだな。


と思いました。
そして、出来上がったのがこの絵でした。

大天使サンダルフォン


並べるとこんな感じです。
2枚の絵は、太陽と月、昼と夜、陽と陰……のような、そんな対になってるんだなぁ~、と感じました。

サンダルフォン2枚





それで、ですね。
もちろん、オリジナルはお客様のものですが、
この画像を通してでもOKだと思いますので、陽と陰のどちらか、今の自分に足りないなーとか、必要だなー、と直観で感じた方のサンダルフォンから、Giftsを受け取ってみてはいかがでしょうか?
まーまー、せっかくですからね、ギフトをもらうイメージをしてみてください♪
15 : 15 : 07 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
「魂」の問題じゃなくて、「器」の問題 …その1
2014 / 05 / 26 ( Mon )
最近、おとーちゃんが毎日「頭が痛い。」と言い続けていました。

仕事があるので、仕方なく鎮痛剤をちょこちょこと服用しておったようですが、偏頭痛では無さそうで、種類としては、おそらく緊張型頭痛なんだろうなー、という感じでした。

なので心配はしていなかったのですが、あまりに毎日痛い痛いと言うので、私がだんだんと心配になってきました。



そして、先週の水曜日…だったかな。

子供たちはとっくに眠っていて、私達もそろそろ寝るかねー、という頃に、
「そいえばさー。いつ頃から頭痛いーってゆーてるっけ?」
と、ふと思って、おとーちゃんに質問しました。

即答しないおとーちゃん。
ちょっと間があってから、言いました。

「…あのさ、おばーちゃんの法事に行ってから。」

てことは、1カ月近く毎日頭痛がしてたのかー、とあらためて心配になりました。



…いや。
そこじゃなくてね。

法事に行ってからずっと痛いって、あやしすぎます。
違う意味で心配になりました。

「なんかあったん?」
「…実はさー。」

と、おとーちゃんが説明をしてくれました。
詳しいことはちょいと言えませんが……ちょーざっくり書きますと、

おとーちゃんちの本家のご先祖さんたちが、ちゃんと成仏してへんくて、それが今の子孫たちにあまりよろしくない影響を与えてる、ということを、何十年も前から本家のおばさんも承知しとってね、
んじゃってことで、私とおとーちゃんがずーっとお世話になってる霊能師さんが紹介してくれたお墓の先生んとこに、おばさんが何年か前に相談に行ったんやけど、なんでか話がそこからちっとも進まなくなっとって、どうすんのかねー?とは思ってたけど、うちは分家やし、分家のことだけちゃんとすればいいって霊能師さんにも言われたから、おばーちゃんが死ぬちょっと前におじーちゃんのお墓モロモロをお義父さんとお義母さんができると範囲でキッチリ整えてくれたんで、間に合ってよかったよかったと思ってたんやけど、
とうとう本家のお墓の整理整頓のことはあきらめたらしい。


という話をですね、おばさんから聞いたんだそうです。法事の時に。
あ、ちなみに、私は子供たちの授業参観&学級懇談会&PTA総会のため、法事欠席だったので、おばさんがあきめらたらしいという話は、その時に初めて耳にしました。



えっとですね。

もう何十年も前から、私の周りではこの手の話は山ほどあって、それはもうたくさん耳にしてますし、
実際に、オカンや弟に起こったアレコレや、私自身に起こったアレコレ、おとーちゃんに起こったアレコレを検討してみてもですね、


成仏してないご先祖が、すがってくる、というのは、ありがちなこと


だと感じているんです。
違う言い方をするなら、


先祖のネガティブな想念が、DNAを通じて、子孫の身体意識感覚に影響を及ぼしている


みたいな感じなのかもしれんなー、とか思ってます。
なんにせよ、「魂」としての自分のカルマというより、「器」の方に付随してきている問題、ということだと思ってます。


そういうことを信じないという人は、それでいいと思います。
ただ、私は自分の経験から、そういうことはあると思ってますので、そのテイで話を進めますね。




さて。
その話を聞いて、私はイラっとしました。
おばさんにイラっとしたのではありません。
申し訳ないけど、おとーちゃんのご先祖様の中で、ちゃんと成仏してない方々にイラっとしたのです。

おそらくね、おばさんがね、ちゃんと整理整頓して、かるーくしてくれる、と期待してたのに、やってくんないからってガッカリして、おとーちゃんに「ねー、なんとかならないのー?」って感じでのしかかってきた……から、おとーちゃんはずっと頭痛がしてるんわけやんね。片側だけ。
そんなのねー、どれだけ辛い苦しい悲しい体験をして、ネガティブな想いが溜まっちゃったか知らないけどね、もうね、自分でなんとかしなさいよーーー!
子孫を温かく見守るならまだしも、悪影響及ぼしてんじゃないわよー!
自分のことは自分で救うのっ!


と、イラっとしてつい大声でゆーてしまいました。


そして、もう横になるっ。
でもって、ミカエルになんとかならんか訊いてみるっ!


と、布団に入りました。
そして、
「ねーねー。ミカエルー。どしたらいい???」
と、質問した途端、
「そんなに怒るな。」
と、速攻でたしなめられました。

ひー!ってなって、布団からガバっと半身おこして、これからお布団に入ろうとしてたおとーちゃんに、
「怒るなってミカエルに言われたぁぁぁ~~。」
と、報告しました。
おとーちゃんは笑っていました。



腹立たしくはあったのですが、確かにね、ご先祖様だって好きでそうなってるわけじゃないのは重々承知してますからね、怒っちゃいけませんね。

というわけで、分かりましたごめんなさい、と態度をあらためまして、そこからミカエルとなんやかんやと脳内会話が続きました。
とにかく、私はおとーちゃんの頭痛をなんとかして欲しい、ということをお願いしました。


すると、すぽんとイメージが湧いてきました。
かなりハッキリとしたイメージでした。
お布団の中で横になって目を閉じていたのですが、
おとーちゃんの「ぼんのくぼ」から(頭痛のしてる側の)肩のあたりにかけて、変形的なヒトデみたいなものが貼りついてるのが観えたのです。

うげー、と思っていたら、私のハイヤーの1人であるタミエルがやってきまして、
おとーちゃんに張りついてるヒトデ状のものの端っこをむぎゅっと掴んだかと思うと、
べりべりっ!っと勢いよく剥がしたのでした。


剥がされたヒトデ状のモノはうにゃうにゃ動いてましたが、タミエルがソレをミカエルにポイっと渡して終了、という感じでした。


ええー?
もしかして、これでおとーちゃんの頭痛が治っちゃうのー?


と、私はまさに「キョトン」という感じだったのですが、その後は眠ってしまいました。






で。
翌日から、おとーちゃんの頭痛は治まったのでした。


ほんとうに治まったんですよ!
1カ月近くほぼほぼ毎日続いてた頭痛が、治まったんですよ!



もちろん、これはおとーちゃんの頭痛を引き起こしていた部分を取り除いた、というだけで、根本的に解決したというわけでは無いのは分かってます。
それでも、おとーちゃんの頭痛が消えたというだけでもビックリするのに十分でした。

や、信じてないというわけじゃなかったんですが、
こんなに即効性のあるものだとも思ってなかったもので……。




とにもかくにも。
肉体の不具合というのは、いろんなレイヤーでの不調和によって起こっていて、
そこを修正したり、取り除いたりすれば、ほんとうに肉体の不具合も治るんだなー、ということを、あらためて見せつけられた・教えられた
…ような気がしました。


…と。
これが、続くんですよー!





おれのご先祖様も白黒ブチ猫に違いないな。
15 : 48 : 49 | エネルギー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本酒はお好きですか?
2014 / 05 / 23 ( Fri )
そして。
日本酒の熟成酒はお好きですか?


えー。
大学時代の同級生が、家業の造り酒屋を継いで、お婿さんと共に頑張っているのですが、そこの看板商品が日本酒の熟成酒なのです。
知る人ぞ知る酒蔵なのです。

そんな酒蔵が、とても面白そうなことをしてました。

こちらです。
http://www.daruma-masamune.co.jp/item/kaityujyukusei.html


ね?
面白そうでしょ?

さてさて。
どんなお酒になっているでしょうねー。






おれにはお酒じゃなくて、またたびプリーズ!
23 : 57 : 24 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
運命の輪は回るよ、ぐるぐると。
2014 / 05 / 22 ( Thu )
じぇいど♪さんのこの記事
http://nanigamieterujpn.blogspot.jp/2014/05/3.html
にリンクされてたコレ
iPhoneh版
をスマホにインストールしましてね、早速やってみました。

私はマルセイユ版のタロットって持ってないので、せっかくだからとそれを選択。
1枚引きをしてみました。


そして出たカードがコレでした。


運命の輪(の正位置)。

運命の輪って、いいですよねぇ。
なーーんか好きです。

運命の輪が動き出したのなら、もう流れに乗るしかなくて、
そこで不安や自信の無さから後ろ向きになったり、躊躇したりしたら、その流れからはみ出してしまう……みたいな、そんなイメージがあります。

でも、このカードは大アルカナ22枚の真ん中のカードなんですよね。
終着点はあくまで「世界」というカード。
ということは、人間という存在は、いつかは運命の輪から脱していかなければならないんだろうなー、と、思ったりもしてます。


というわけで。
マルセイユ版ということで、時々チェックしているタロットリーダーさんのブログで、運命の輪について説明している記事を探してみました。
これです。
http://ameblo.jp/mvoler-tarot/entry-11363016587.html

そうして、自分の内なる「運命の輪」と外側の「運命の輪」の照応を少しずつでも実感し、合一させていくと、自分のコントロールによって外側の「運命の輪」を動かす(作用させる)ことが可能になってきます。

もちろんすべてということは難しいのですが、それでも確実に、自分の意志で自分の運命を変えていく(ように見える)ことができ始めます。
これがマルセイユタロットの「運命の輪」の力と効果なのです。



自分の内なる「運命の輪」と外側の「運命の輪」という捉え方と、
それを少しずつ合一させていくという志向。

なるほどな~、確かに自分に必要な、難しいけど必要なことだな~、と、スクショした画像を眺めながら思いました。



ちなみに。
ウェイト版タロットの解説本なら持ってるんです。




いや、すごく面白いんですがね、
どうも「シンボルを読む」ということが、私はあまり得意ではないようでして、解釈してもらったのを理解することはできても、自分では深く読むことができないんです。
それはホロスコープも同じことです。
月子さんの解説は「なるほどー!」ってある程度理解しつつ聞くことはできますが、同じように読んでみろと言われたらお手上げです。(もちろん、勉強が圧倒的に足らないというのはありますが、もともとの資質として得意じゃないということが言いたいの~。)

人間、どうしたって得手不得手ってあるので、仕方がないですねぇー。
はうん。




おれの運命は、おねーちゃんが「この子をおうちで飼う!」とおとーちゃんにゆーてくれた時に決まったがな。
おねーちゃんは運命の女神やな。
……でも、おねーちゃんは抱っこが下手くそだからヤダ。
15 : 59 : 58 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
久しぶりのアセンディッドマスターカード
2014 / 05 / 21 ( Wed )
昨日なんですが。


お客様の絵を描こうと、机の引き出しからオラクルカードを出し、シャッフルし始めました。


あれ?
これ、アセンディッドマスターカードやん!


と、かなりシャッフルしてから気づきました。
気づくの遅過ぎ!


アセンディッドマスターカードは横に置いて、
大天使カードを出してシャッフルして、カードを引きました。
やれやれ。


さ、カードをしまいますかねー…と思ったところで、
そいえばアセンディッドマスターカードをずっと触ってなかったなー、と思い出し、ちょいと引いてみました。
3枚。


すると、最後の一枚が、浄化というカードでした。




何を浄化せんとあかんのかなー?


なんて呑気に思ったくらいで、カードを片付けました。



さて。
夜になり、夕飯の後片付けを始めたところで、お腹が急に痛くなりました。
かなり痛いやつです。
断続的に痛くなって、トイレに何度も行くやつです。
ちょー痛いやつです

下痢になって、出し切った時は、痛みだしてから2時間経っていました。
つーかーれーたーーー。(痛みに耐えるのってヘロヘロに疲れるよね。)


なんか合わないものを食べたのかなー、
よくないものを食べたのかなー、
そいえばさっき、胃腸風邪が流行ってきてるよー、とおとーちゃんがゆーてたなぁ…、
娘の友達も高熱と腹痛で今日はお休みしてたって、さっき娘がゆーてたしなー、

でも、たまになる浄化かな……



はっ!



ここで、あのカードを思い出しました…。
あいやー…。
実際のところ何が原因なのか分かりませんが、何にせよ「お掃除」には間違いないんだろうなぁー…、と思います。
はい…。




今朝は、喉も痛いし微熱もあるし怠いし、なので、風邪っぽくもあるんです。
そんなわけで、これもお布団の中でスマホを使ってチマチマ打ち込んでます。


みなさんも体調管理には気をつけてくださいねー。



おれはいつも元気だぜー!
ペロペロ。

10 : 55 : 23 | 健康とか。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
顔が見えないと言いやすいってのはありますがね。おおいに。
2014 / 05 / 20 ( Tue )
以下は、一昨日に私がツイートしたものです。
セルフコピペ。

私がフォローしてる某さんに対して、

あなたのアカウントの内容はこれこれこういうものなので鍵をつけた方がいいですよ。マナーですよ。

というリプがついてた。
もの言いは丁寧だし、本気のアドバイスなんだろうと感じた。
言われた方は、不快な思いをさせてすみません、と返してた。


それを眺めてて、なーんかもにょっとした。

そもそもそのマナーってのが分からない。
本当にそれはマナーなのか?
Twitterのマナーにそーゆーのがあるのか?
誰がいつ決めたの?

「それはマナーです。」という言葉は、実は相手をコントロールしやすい言葉なんじゃないか?と思った。


Twitterで時々見かけるが、いきなりのリプで非難を浴びせるというのは、ものすごく不思議で、不快なら読まなきゃいいのに、と思うのだが、それができなくて、勝手に内圧を上昇させて、非難したくなるんだろうなー、と推測してるのだけど、やはり不思議。


そーゆーのは論外だけど、でも、いきなりのアドバイスというのも、かなり暴力的だなぁー、と感じたのだ。

リアルでは、いきなりのアドバイスなんてしないだろうし、いきなり非難するなんてしないだろうし、
ネットでの人との距離感って独特だなぁー、と、あらためて思った。



これに先立って、この数日は、私がフォローしてる何人かの方が、似たようなことをツイートしているのを見かけていました。
いきなりタメ口のリプが来るのって苦手、って書いてる人もいましたが、苦手っていうその感覚の方がまっとうだと思うよーって、スマホ片手につい声に出しちゃいましたよ。ええ。

フォロワーさんにしたみたら、ツイートを毎日読んでるうちに、相手のことをよく知ったような感覚や、身近に感じるようになったとか、そういうのもあるのでしょうけど、
リアルだとそんなことないだろうに、なんでネットだとこーゆー不思議な距離感になっちゃう人が多いんでしょうね。

ネット上の自分というものは、ペルソナなんでしょうかね。
日常生活の地味な自分とは違う自分……とか???
ほんとうの自分じゃないから、(言われる方にしたら)いきなりの非難とか、いきなりの(求めてもいない)アドバイスとか、いきなりのタメ口とか、そーゆーことができちゃうのでしょうかね…。

強度の差こそあれ、どこか暴力的だな、と感じます。





なーんてことを今朝もまたちょっと考えておりました。
や、また見かけたんでね。朝から。


そしたらですね、
あれ?
なんか、この感じって、ちょっと覚えがあるぞ…。
と、なってきたんです。



……ああ。
スピに傾倒してる人にもあるやん。こーゆー不思議な距離感って。


と、気づきました。
もちろん、みんながみんなそうというわけじないです。

…わけじゃないんだけど。
たまにいるんですよね。
そんなに面識がない(または知らない)人なのに、求めてもいないアドバイスをいきなりくれる、とかね、そーゆーの。
もちろん善意で、なんですけどね。


でね。
これがね、
『的確なアドバイス』もあれば『(ちょっと困惑しちゃう)お節介』とに分かれるんですよーーー。

上のセルフコピペは「お節介」だと思うんです。私。
自分の考えの押しつけなので。
でも、事実のお知らせ系は、言葉が普通(←高圧的でないとかね)だったら当然OKですよね。
(……まぁ、その「事実」ってのが何かってところでモメるってのはまた別の話になりますが。)

しかし、スピの場合、「事実」というのを規定するのは難しいですよね。



ミカエルがこう言ってましたー。
○○がこういうのを見せてくれましたー。
つながっちゃって、分かっちゃいましたー。



事実でしょう。
アナタにとっては、それは事実でしょう。
言われたんでしょう、見たんでしょう、分かったんでしょう。

でもね。
それはアナタだけの事実なんです。
そこが抜けてる人が、時々いるなーって感じるんです。
客観的に証明できない自分だけの事実を、求めていない人に伝えるという場合って、ものすごーーーーく慎重にならないといけないし、
伝えなきゃいけない、という動機がよほどのものじゃないと、いきなりのアドバイスなんてすべきじゃないだろー、って思うんです。
そこまで慎重になれる人の言葉なら、いきなりでもやっぱり入ってくるんです。これが。


でも、それができない人ってね、多分だけどね、憶測だけどね、
スピを知って、いろいろ……やって、「なんかちょっと分かる、見える、感じる」みたいなのがね、できるようになってね、
どこか浮足立ってるってゆーか………こっそりエゴがざわざわしてるってゆーか……そーゆー印象を感じてしまうんです。

それが極端に肥大すると、あさはらしょーこーになるんだろうな、って思います。
や、ほんとにめっちゃ極端な例だけどね。
でも構図は同じかな、って感じます。





なーーーんてね!

お節介おばさんの私が言うのも片腹痛いよな!

はっはっはー。




とにもかくにも。
人と人との距離感をいかに上手く量って絶妙なポイントを見つけるか、というのは、日々の鍛練しかありませんよね。
リアルもネットもスピも同じですー。



洗濯機と棚の間の距離をちゃんと測ってだなー…。
ここに入り込んでだな、おれは落ち着きたいんだ。

『やめて。どいて。』
11 : 58 : 29 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
誰かのせいになんてしてる暇は、人生には一秒も無い。
2014 / 05 / 19 ( Mon )
個性と言えば聞こえがいいですが、
結局はなんらかの「性格的・人格的な偏り」なわけで、
それを活かして使っていれば個性で、
それに振り回されて、自分も他人も傷つけていれば偏り、と言ってるんだろうな、って思います。



でね。
他人に対して怒りをしょっちゅー感じてしまうようなら、やはりそういう部分で偏りがあるんだろうし、
恋愛関係で問題があるなら、そこに偏りが、
家族との関係で問題があるなら、そこに偏りが、
健康問題なら、そこに、
セックスに問題があるなら、そこに、
経済的なところに問題があるなら、そこに、

…なにか偏りがあるんですよ。



あるんです。
あるんですよ。



というのが、自分の経験でよーーーーーーーーく分かりました。

(ごめんね。名前出しちゃう。)じぇいど♪さんと月子さん、それぞれと、
表面に表れてる問題についての整理とその考察から始まって、
内面の深いところへの洞察、
過去世と思われるさまざまな物語を通して解読できる魂の癖や在り方……
…を、語り合うことで、
霊的、魂的、肉体的、精神的……トータルとしての自分というものを、客観的に見て、ブロックの在り処を探り当て、それと向き合い、そこから沸き上がる感情をしっかり感じて受け止め、認めて……という作業を何度も何度も続けていったんですよね。

一人では無理でしたね。ほんとに。


そういう「友人」を得たことは、ほんとうに「宝物」を得たというのと同義だと思っていますが、
それを「縁」だと一言で片づけるのは、ちょっと違うのかもな、と思いました。


もちろん、縁なんですよね。

だけど、同じようにたくさんのご縁をいただいて、たくさんの人ともそういう関係になれるチャンスは等しくあったのに、
私は、彼女たちに深く信頼を寄せたわけです。



誰を選ぶか。
誰に選ばれるか。



それは、過去世からのご縁とかじゃなくて、
「今の自分」が自分のすべてでもって選び、「今の自分」のすべてでもって選ばれる、ということなんだよなー、と、あらためて思ったんです。
しみじみと思ったんです。



だから、
偏りがヒドくて人生がえらいこっちゃになっていても、そんなのは言い訳にならないんだよなー、と思うんです。


誰かのせいになんてしてる暇は、人生には一秒も無い。


と、あらためて思いました。








それは、私が恵まれてるからだ、と言う人もいるかもしれないけれど、
日常の些細な夫婦喧嘩とかではありますけど、そんなのどーでもいいことで、
もっと根本的な部分において、自分の人生の諸問題を誰かのせいにしたことは無いよな、って自分で思います。私は。

もしたしたら、そういう部分が、今の私を創りあげてきてて、
そういう部分のおかげで、私は宝物のような友人を得ることができたのかもな、と思ったんです。

さっきね!
のんびり紅茶飲みながらね!





瞬間湯沸器で、ほんとーに扱いに困るオカンですが、
そのオカンが、そういう人なんです。
私とは比べ物にならないくらい大変な、しんどい人生で、
その苦しみの多くは、母親(私の祖母)と旦那(私の父親)のせいなんですよ。

でも、オカンは、自分の人生の苦しみを誰かのせいにしたことはありませんでした。
少なくとも、私達子供にそんなことは言いませんでした。
(私は言語外のいろいろを感じ取って、小さい頃から苦しかったけど、でもそれは今は分かるからいいの。私も大人になったからいいの。)


だから私も、こうやって生きてこれたのかな、と思います。




オカンに感謝です。










すみません。
推敲全くナシで、心のままに書いたのを、投下します。
オチ無し!


All is well …だよなぁ。
All is Well
11 : 50 : 58 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自分は、どうありたいか?
2014 / 05 / 17 ( Sat )
何になりたいか、じゃなくて、
どうありたいか、だ。



なんだっけなー?
マンガかアニメで聞いたような覚えがあるんですが、デドコロが分かりません覚えてません。

と、この言葉が、
今日の洗濯物をちんたらちんたら畳んでる時に突然頭の中に響きました。






どうありたいか。





どうありたいですか?
これ、ごちゃごちゃ説明ったらしく言うんじゃなくて、シンプルに一語を当てはめてみるといいのではないか、と思いました。
ごちゃごちゃ言うのは、後。
とにかく、いちばんしっくりくる単語をひとつ入れてみてください。


正しくありたい、かもしれません。
それは、神に対して正しくありたいなのかもしれないし、自分に対してかもしれないし、真理に対してかもしれないし、その人その人で対象は違うでしょうけど、一語で言うなら「正しい」の人もいるでしょうね。

柔らかくありたい、かもしれません。
柔軟性を持って生きたい人かもしれませんね。
または、人に対して柔らかく接したい、という意味かもしれませんね。

善くありたい、かもしれません。

楽しくありたい、かもしれません。

可愛くありたい、かもしれません。

厳しくありたい、かもしれません。

強くありたい、かもしれません。

正直でありたい、かもしれません。

素直でありたい、かもしれません。

優しくありたい、かもしれません。

賢くありたい、かもしれません。

慈悲深くありたい、かもしれません。

潔くありたい、かもしれません。

面白くありたい、かもしれません。

おバカでありたい、かもしれません。
(おバカ道はカンタンじゃないんですよ!)


貴方は、どの言葉をチョイスしますか?





ちなみに、私はやはり

美しくありたい

ですね。
生まれつきの造詣と加齢の影響を美容整形でなんとかするー、って意味じゃないですよ!
YES!高須クリニック!

……そーゆーのはどうしようもないことなので、しぶしぶ受け入れるとしてですね、
さまざまな事象に対して「それは美しいのかどうか?」という問いをし、(もちろん現在の自分基準でしか答えられませんが)出た答えをもって選択の理由にしたいな、と思うのです。

とは言っても、だらだらしたりイライラしたり、ちっとも美しくないなーと感じる自分を選択してることも多いんですがねー。
あいやー(>_<)



おれは、どうありたいか、なんて関係ないね。
もうすでに素敵だからな。

『はいはい。おブ子さまは素敵おネコですよー。』


17 : 15 : 19 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日は大事な日なのに、朝から毒舌かーさんになってしまいました。
2014 / 05 / 16 ( Fri )
今朝ですね。
某朝の番組をチラっと見てたらですね、
昨日の安倍首相の会見について取りあげてたんですね。


でね。
街頭インタビューがありましてね、
まー、反対だ賛成だ、とそれぞれに意見がありますわね。
それはいいんです。

気になったのは、その後。

30代と40代の女性だったかな。
集団的自衛権の行使についての憲法解釈について、という問題そのものがよくら分からないご様子だったわけです。
「よく分からない」というのは、安倍さんの発言がワケワカラン、という意味ではなさそうだったわけです。

そしてこのようなことをおっしゃったのですよ。

「分かりやすく説明してくれたら。」

たみえかーさん、他ゴトをしてたんですが、手をとめて、毒舌になりましたわよ。
見知らぬ方に。
「それって、自分で『私はバカです。』ってゆーてるのと同じやで?」


自分が子育てをしていて、オカンがゆーてたことがよーーーく分かったのですが、
子供が小さい時は、時事問題はおろかゆるーい芸能ニュースすら抜けてるんです。
ニュース番組はついてるけど、耳では聴いてるけど、
新聞は毎日そこにあるけど、ざっと大きな文字くらいは目に入るけど、
もー、毎日の子供のお世話やら家事やらで、脳に残らないんです。

なので、
人によっては時事問題と離れてても、それはそれでいいと思うんです。

でも、
「すみません。勉強不足で分かりません。」
じゃなくて、
「分かりやすく説明してくれないと。」
って発想になることにビックリしたわけです。


それって、

分かりやすく説明してしてくれないアナタが悪い。
私は悪くない。


って言ってるようなものですもん。
やっぱりどう考えてもオカシイなーと思うのです。


すると、
私の毒舌を聞いてたおとーちゃんが言いました。

「最近はさー、消費者意識の強い人が多いんだよねぇ。そういう人と話してるとほんとにキツいし、話が通じないんだよ。」

お客様は神様だ、と思うのはお店の方であって、
客が自分を(お金を払ってやってんだから)神様だと傲慢な態度を取っていいわけじゃない。
そんなことすら分からない人もいますよね。

やってもらって当たり前。
提供してもらって当たり前。
してくれないアナタが悪い。
提供してくれないアナタが悪い。

なんか違うよなーって首を傾げてしまいます。
自分の人生、どれだけ他人任せなの?って思っちゃいます。




よく「視点を変えよう」と言いますが、
そもそも自分の視点がどこにあるのか、が分からないと、視点の変えようが無いよな、って思います。
自分の視座の場所を認識できないと、視点の変えようがありませんもん。


知らず知らずのうちに、他人任せの位置に視座と意識を置いてませんか?
…私も自問なう。







で。
おそらく、ですが。

自分の視座の場所って、他人のソレと比べることでしか分からないと思うんです。
特に意見が食い違った時がアタックチャーーーンス!

そこで感情的になるな、とは言わないんですが、
なんであの人はそういう考え方をするのかなー?って、後からでいいので少し冷静になって相手も自分も分析・推測してみるだけで、相対的に視座の場所が掴めると思うんですね。

そういうことの繰り返しをしてきているか、ただ相手に対する文句ばかり言ってるか、の違いって、歳を重ねれば重ねるほどすごーーーーく効いてくるんじゃないのかなー、と思います。


あとはありきたりですがー、
自分より少しレベルの上の人と付き合う、ってことですかねぇ。
「レベル」って何だよ?って言われると困るんですが、トータル的に「あ、この人は自分よりデキる人だな…。」と感じた人ってことでいいのかなー、と思います。はい。
あまり上過ぎると、相手の本意を自分がくみ取れてないことが多そうなので、少し上、がいいかなー、と経験上思います。はい。




あー。
私がこよなく愛する大倉忠義くんの29歳の誕生日だってーのに、毒舌から始まっちゃったよ。今日は。
てか、今朝は起きた時から頭痛がするやらキモチワルイやらで、体調もイマイチなんだけどね。
なんでだよーーー。


★★ 大倉くん、お誕生日おめでとう ★★



誰だよ?
おおくらって。
あ、あれか。
おかーちゃんが毎日キャーキャーゆーてるアレか。
背の高い、ドラムやってる、かっこいい奴か。
ま、かわいさではおれの圧勝だがな。

『いや、忠義くんの圧勝やで?』
11 : 43 : 03 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
お花にたとえてみよう、の続き。
2014 / 05 / 14 ( Wed )
じぇいど♪さんがこんな記事をアップしてますがー。
あなたをお花にたとえると~セルフイメージの話。


あいかわらずまったりとメールのやりとりをしてた時に、
「ルシオラは蘭で、カイルはオークなんだけどなー。」
と言った彼女。

上ではタミエルがるーさん(←ルシオラさんのある一面)とつるんで遊んでることが多いので、私もなんとなくルシオラさんの雰囲気ってのは分かります。
そして、カイル先生にはお説教をしてもらったことがありますし……。

というわけで、
なるほど!と納得だったのです。
ルシオラさんをお花にたとえると蘭で、カイル先生はお花じゃなくてオークだってのは。


で。
私もじぇいど♪さんに言ったんです。
「タミエルもねー、ピンとくるお花が浮かばないんだよー。でも樹はあるよ。柳。」
って。


昔々。
まだ私が20代で、沼津に転勤してた頃。
同僚の女性たちと、「○○にたとえると何?」というのが一時期流行ってました。
貴女を飲み物にたとえると?
貴女とお菓子にたとえると?
って、そんな感じです。

その時に、同期の女の子に「木にたとえると、柳だね。」と言われたことがあるんです。私。

へー。
柳ねぇ。
自分ではさっぱり分からないけど、柳みたいな印象があるってのは嬉しいかもなー。

と思ったのを覚えてます。


で。
タミエルをたとえると何だろう???って考えた時に、花じゃない……あ。柳だ!と、ピタリとはまったのでした。
そしたら、じぇいど♪さんも納得だったようで、
さらに、タミエルを時々感知している月子さんもめっちゃ納得してくれてました。
やー、ほんとに柳の木みたいなヤツなんですよー。タミエルって。




あくまで、「私」は、この次元に肉体を纏って生きてる人間で、その精神や心はそれによって分離されて認識されているモノではありますが、
でもやはり、魂といいますか、高次の自分といいますか、そーゆー存在の性質がベースとしてあるんだなー、とも感じるんですね。強く。

なので、ファウの(ある次元においての性質である)少しエキセントリックな部分も私の性格に表れてますし、
おそらく、柳の木にたとえられるようなタミエルの性質も、肉体の私を通して表出されてるんだろうな、と思うのです。
や、本人はよく分からんのですがね。
んはー。






さて。
私自身は、どういうお花になりたいか、といいますと、
やはりそれは、ファウを象徴する白百合なのです。
カサブランカみたいな、大きな白百合です。



ただ、彼女も最初っから大きな白百合のような女性ではなく、エキセントリックな部分がどかーんと前面に出ていたので、白百合なんてとんでもない!って感じでした。

それが、何年もかけてさまざまな(主に女性性に関する)ブロックと向き合っていくうちに、彼女もどんどん変化しまして……というか、違う言い方をすれば、私がハイヤーセルフのより高い次元の姿にアクセスできるようになった……ら、すっかり大きな白百合のようなイメージになってたのでした。


では、今の自分をお花にたとえると何か?となると、これがまたよく分からなかったので、おとーちゃんに訊いてみました。
すると「百合。」と即答。

ええー?
それって、つい最近まで玄関に白百合を飾ってあったからじゃないのー?

と反論すると、
「そうかもしれんけど、でもアンタは小さい花が集まったような、そーゆーのじゃないよ。大きい花だよ。」
と言ってくれました。


そうか。
てことは、アレだな。
今は、庭先に勝手に生えてくる、小ぶりの白百合だな。
まだまだカサブランカにはほど遠いけど、白百合は白百合ってことにしておこう!と、思いました。




30代までは、ガーベラが好きで、なりたいお花もきっとガーベラと言ったと思うんですが、
40代になると変わるものですね。





おれがなりたいものは、藤子・F・不二雄みたいな漫画家だ。
…あ、いや、それはおにーちゃんがなりたいモノだった。

11 : 17 : 44 | 「上」関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オリゴ糖とヨーグルトで、腸内環境を整えることができるのか。
2014 / 05 / 13 ( Tue )
てことで。


いつからだっけ?
今年になってからだっけ?

ああ、今年になってからですね。
2月からですね。


毎日、フルーツグラノーラにプロバイオティクスなヨーグルトをドカっとかけて、そこにシロップ状のオリゴ糖をかけて食べてます。


毎日です。
たいてい、朝食時に食べてます。



そしたら、まず、お腹がパンパンになりました。
ガスが溜まって痛くなりました。
で、オナラもこれでもかってくらい出るようになりました。

これ、いつもそうだったんです。
お腹に良さそうだからとオリゴ糖を摂取し始めると、こうなっちゃうので止めちゃってました。


けれど、これを乗り越えなければならなかったのです。
腸内細菌の、悪玉菌も一時的に増えてたんです。
オリゴ糖のせいで。
それで、ガスがいつもより多く発生して、お腹が痛くなってたんです。
しかし、善玉菌が増えてくると、悪玉菌が減っていって、腸内環境が改善されていくので、ここで止めてはいけなかったのです。


この時期を越えますと、やっとおウンチ様の状態が変わってきました。
だんだんバナナ風になってきたのです。

ほぼほぼ毎日お出ましにはなってたのですが、決してバナナなおウンチ様ではありませんでした。
これでは毎日出ていても、隠れ便秘みたいなものなんだと思います。

それが、だんだんとバナナな感じの時が増えてきました。
バナナな感じになってきますと、量も増えました。
おそらく少しずつではあると思いますが、腸内環境が改善していってるんだと思います。
うひょー♪

もちろんまだまだなので、このまま継続していきたいと思っております!
目指せ腸美人であります!



なお、
プロバイオティクスなヨーグルトは、その人その人によって合う菌が違うそうなので、
2週間くらい食べても便通に変化が無い場合は、違うメーカーのに変えてみるのがいいらしいです。
ちなみに私はガセリ菌の「恵」を食べてます。


あ。
ちなみに。
夜はコレを飲んでます。
もう2年くらい。
コレを飲み始めて、だいたい毎日おウンチ様がいらっしゃるようになったんですが、それだけでは足りなかったので、オリゴ糖とガセリ菌を投入してみた、というわけです。
腸のために試行錯誤しておりますよっ。ええ。ほんとに。


何もしなくても毎日バナナな弟1号や息子や某友人がひじょーーーに羨ましいのですが、この違いって生まれつきなんでしょうかねー?
それとも何か後天的な要因があるんでしょうかねー?
んんんー。



おれは毎日快調だぜ~!
ウンチはちゃんと砂をかぶせて、隠すぜ~!
17 : 20 : 29 | 健康とか。 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ありのままで。
2014 / 05 / 11 ( Sun )
巷で流行ってる歌を替え歌にして、娘と2人でよく歌ってます。

♪ありのーままのーおブ子見せるのよーー

ってゆーても、おブ子さんは常にありのままですがね。
さすがお猫。
ブレません。




さて。
お客様にお届けした絵なのですが、
大天使アリエルで、カードは繁栄でした。

大天使アリエル

この絵のアリエルは、初めは腕を伸ばしていたんです。
まるで自分から豊かさを求めるかのように。

でも、どうしても何かが違うなーー、と、ほぼほぼ描き上がったところで違和感を感じまして、
(アクリル絵の具なのである程度塗りつぶすことができるので)伸ばした腕を塗りつぶして、髪も描き直して、
腕は下にそのまま下ろすようにしました。


自分から手を伸ばさなくても、ありのままで、そのままで、豊かさを受け入れればいい。


そういう絵になりました。


期末テスト前に何もしなくて、「ありのままの自分でいいのだ。」とゴロゴロしながらテレビを見ていたら、
よほどデキの良い人でない限り、良い点数は取れませんよね。
努力すればしただけの、何もしなかったらそれなりの、ありのままの結果が出ます。

目標と向上心を持って精進することは大切だけど、
ありのままの自分を認めることも大切。

ちょっと前にツイッターで見かけたんですが、
イヤだと感じたことはすっぱり止めた方がいいけれど、めんどくさいと思ったことは続けた方がいい、って内容のツイートがありました。
なるほどなー、と思いました。
ありのままの自分を認めることと精進することのバランスを見極めるポイントの1つかもしれませんね。



と、そんなことを踏まえた上で、
めちゃめちゃ努力しないと豊かさを受け入れることはできない、などの「条件」はとっぱらって、
ありのままで、豊かさを自然に受け入れるようにココロを開けばいいのだろうな、と、この絵を描いて感じました。




おれは、ありのままでトカゲを捕る。
おかーちゃんは文句言うけど、知ったこっちゃないぜ。
あー、また狩りがしたくなってきたぜ!
おかーちゃん、おんもに出してくれよ。

『ダメです。』

12 : 24 : 31 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自分をお花にたとえてみる
2014 / 05 / 09 ( Fri )
懇意にしてもらってる(宇宙一の)ヒプノセラピストのP様は、
「世界を知ろうとして悪いニュースばかり見ていると、潜在意識がそういう世界を作っちゃうんだよねー。」
と事あるごとに教えてくれます。

自分を、世界を、変えたかったら、好ましい想像をしましょう、
そしてそれを語りましょう、と、P様は言います。


だから世の中のことは何も知らなくていい、という意味ではないのだけれど、
でも、人間というものは構造上そうなっているんだ、ということは知っておいた方がいいと思うのです。
知った上で、自分はどうするか、なんだと思います。




さて。

ちょっと前にたまたま本屋で見つけた本を、今読んでいます。
読み返してます。3周目です。


これです。

ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人~モデル養成専門学校の校長が教える~ますますキレイになる人 どんどんブサイクになる人~モデル養成専門学校の校長が教える~
(2014/03/20)
豊川 月乃

商品詳細を見る


現役モデルでもあり、モデルの学校の先生でもある方が書いた本です。

この本。
単なる美容の本ではありませんでした。
(パラパラっとめくって、「お。」と思って買ったくらいなので当然ですが。)

生まれつきの造詣は、もちろん美しさを左右する大きな要因ではありますが、
でも、美人とブサイクは「思考」が作る、と著者は言っています。

さらに
「潜在意識に何があるか、で美人とブサイクが決まる」
とも言っています。


当たり前ですが、潜在意識を書き替えたからといって、造詣が変わるわけではありません。
しかし、美しくなるのです。
なぜなら、私達は『自分の深いところにあるセルフイメージ』のとおりの人間としてふるまうからです。


思い浮かぶ人はいませんか?
決して造詣は美人顔ではないけれど、キレイで魅力的な人って。
(で、そういう人はたいてい中身も素敵♪ ←ココ重要)

私は何人かパッと思い浮かびます。
仲良くしてくれているママさんたちの中にもいます。
都会のセレブなママさんじゃないですよ?
田舎のふつーの家庭のママさんでも、です。




この本には、ブサイクであろうとする潜在意識を書き替える方法について、アレコレ書かれています。
その中で、すごくカンタンで、すごくいいなー、と思ったものが、
自分を花にたとえると何か?というものです。

まず、今の自分を花にたとえると何か、を考えます。
客観的に考えられなかったら、家族や友達に尋ねてみます。
それから、なりたい自分を花にたとえると何か、と考えます。

こうすることで、『今の自分』と『なりたい自分』をイメージとして捉えるわけです。

そして、なりたい花を意識しながら日常生活をおくるように心がけるのです。
これ、すごくいいです!
オススメです!



現状は好ましくないのかもしれないけれど、それは変わっていくものだと信じて、
好ましい世界をイメージし、
好ましい自分をイメージし、
好ましい世界と人生を創造していくぞー、と決意することは、今すぐできますよね~。


今すぐ、やってみません?
まずは自分をお花にたとえてみましょう~♪





おれはお花より、トカゲの方が好きだにゃー。
庭でトカゲを捕まえて遊ぶのが好きだにゃー。






★★ 横山くん、33歳のお誕生日おめでとう! ★★
16 : 35 : 58 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
若いうちの苦労は買ってでもしろ、と言いますが。
2014 / 05 / 04 ( Sun )
昨日は、月子さんとのメールのやりとりで、
「若いうちの苦労は買ってでもしろって言うけど、この歳になってくると、ほんとにそうやと思うわー。」
という話になりました。


関ジャニ∞の番組に、華原朋美さんが出てたんですが、
朋ちゃんってデビューしていきなりドカーンと売れちゃったから、ちょっとかわいそうだったかもな、と思ってたんです。
いきなり売れてチヤホヤされて、それからどん底を味わうことのキツさって、想像するのに難しくないですよね。

ジャニーズの先輩である諸星くんが、去年だか一昨年にチラっと見た番組で言ってましたが、
いきなりめちゃめちゃ売れて、そしてダメになって、日本に居ることができなかったらしいのです。
精神的に。


挫折してから、が、試されるんですよね。
その人の人間性が。人生が。


なので、朋ちゃんが歌手として復帰できてほんとに良かったな、って素直に、単純に、そう思います。
(好き嫌いは別にしてね。)



月子さんと私の愛する関ジャニ∞は、その点では正反対で、若い頃にすごーく苦労し、挫折も味わってるので、ここまで売れるようになっても、どこか謙虚なんです。
松竹座にお客さんがぜんぜん入らなかった頃のことをずーっと忘れていないのです。

だから、自分たちはどんどん新しいことにチャレンジし続けて、どんどん成長していかないと、という気持があるし、
そういう姿をちゃんと私達に見せてくれてるんです。
すごいなー、と、これまた素直に、単純に、思います。
(好き嫌いは別にしてね。いや愛してるけど。)


そしたらですね、
今朝のフジテレビ系の番組で、JTBの社員の事件のことを取り上げていました。
遠足のバス手配のミスを隠すために、生徒が遠足に行きたくない…と自殺をほのめかすような手紙を学校に送った、という事件です。

これについて番組で話し合ってたんですが、SMAPの中居くんが言ってたんです。
恥をかくことに慣れてなかったんだろうね、って。
(だからコトがオオゴトになっちゃったんだね、と。)

SMAPの先輩たちは、デビューしていきなり売れちゃう人たちばかりで、そういう人たちを見てきて、大変だなー、と思ってたそうなんです。中居くんは。
恥をかけないところにいきなり行ってしまう、というのは、しんどいだろうって。

SMAPはずっと恥をかいて、そうやって自分たちを鍛えてきたから、恥をかくことは慣れてるそうなのです。
それは、若い頃からのSMAPを見てきてるので、なんとなく分かる気がします。私にも。






できれば、
10代、20代のうちに、苦労をしたり、恥をかいたり、挫折したり……というのを、それなりに経験して、
そしてそれを自分の糧にできるような強さを獲得していった方が良いんじゃないかなー、と、私は思います。

そこそこ順調にずーっと人生を歩んできて、恥をかくとか挫折することに免疫があまり無いまま、中高年でいきなりリストラされたとか離婚された、とかになったらですよ?
そりゃ~立ち直るのも、立ち向かうのも、めっちゃしんどいと思いますもん。
若い頃のそれよりうんとダメージ大きそうですよね。きっと。


もちろん、若かろうが中高年だろうが、挫折した時に他人のせいにしたり
卑屈になってしまったらアウトだと思うんですがね。
他人のせいにするのはもちろん、卑屈になるってのも一種の「逃避」だと思うし、何から逃げてるかって、それは「自分」から逃げてるってことですもんね。
自分から逃げてて、成長できるわけないですよねー。
そこがキモなのかな、って思います。




端から見たら、私の人生はどのように映るのか分かりませんけど、そこそこ順調な人生に見えるかもしれませんね。
でもね、これでもけっこーいろいろあるんですよー。はははー。
けど、なんとかそれらを消化して自分の血肉にして、今の自分になってきてるわけでね、
前にも書きましたけど、身体はそりゃ若い方がいいけれど、昔に戻りたいかと問われても、私はNOって言うと思うんです。
今の自分の方がいいですもん。
常に最新の自分が一番いいです。私は。
(と、心底思えるようになってきたのが嬉しいなぁー。20代前半まではとてもじゃないけどそうは思えなかったんで。)

これからも、最新の自分が一番いいって言い続けられるような歳の重ね方をしていこうと思ってます。



そいえば、うちのオカンがしょっちゅー言ってました。
「私は子供の頃からいっぱいイヤなことがあって、苦労もいっぱいさせてもらったから、歳取ってから呑気にさせてもらってるんやと思う。歳取ってからの苦労はイヤやもん。この方がありがたいよ~。」
って。
私もそう思います。
歳取ってから呑気に暮らせるように、今はもちょっと頑張りますかー。




おれだって苦労してんだぞ。
おにーちゃんに甘えてやるのも仕事だしな。
いろいろ大変なんだぜ。

16 : 41 : 41 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天使の梯子とエンジェルナンバーと。
2014 / 05 / 02 ( Fri )
昨日の午後、
娘と郵便局に行きました。
お客様に天使の絵を送るためです。

郵便局の近くのスーパーで買い物もする予定だったので、そちらに車を停めて、
歩いて郵便局に向かいました。

そのルートだと、郵便局の駐車場を横切って、郵便局に到着するのですが、
郵便局の駐車場に足を踏み入れた時、
ふと、顔を見上げて見たら、大きな天使の梯子が目の前に広がっていました。



スマホのカメラで慌てて撮影しましたが、生の梯子の大きさがあまり分からない写真しか撮れなくて、残念でした。
でもね、

ミカエル降臨!

って感じたくらいの梯子だったんです。
敬虔な気持ちにさせられるような梯子で、少し見とれてしまいました。

ただのチンダル現象なのにね。


で。
止めていた足を郵便局の方に向けた途端、
目の前に停まっていた車のナンバーがパッと目に入りました。

777でした。


エンジェルナンバーで検索すると、777は
『天使はあなたに拍手を送っている』とか、
『あなたの願いが叶いつつある』とか、
『さらなる奇跡がおこることを予測していい』とか、書かれています。





…おお。
おおおお!!

梯子と777ですもんねっ。
単純なので、素直に受け取りますよ?
いいですよね?

ミカエル、よろしくお願いしまーす!





おれの願いは、ゆっくり寝ること。
おねーちゃん、お願いだから邪魔しないでよー。

10 : 47 : 57 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |