ハイヤーたちが「結婚」した。
2014 / 03 / 31 ( Mon )
春休み前に、咳とお熱が出る風邪とインフルエンザとで、子供たちがお休みしまして、
そして春休みに突入しまして、
おかーちゃんはなかなか1人になる時間を持つことができませんでした。


すると、おとーちゃんがお休みだった先週土曜日、子供たちがおとーちゃんと遊びに行くと言い出し、
久々に1人の時間を確保することができました。


ですので、MAPセションをしようと思ったわけですが、
その前に、ナニゲに知り合いの方の動画を見ましてね。
これです。




さらに、これまたナニゲにこれを見まして。



せっかくなので、和尚さんのヒーリングをやってからMAPセションをしました。
ちょっとお掃除してからセションに入ったような感じだったのかもしれません。
(※有料伝授ということで、今日の午前中に近所の神社に行ってきました。昨日は嵐だったから行けなかったのー。)



そして、MAPのレギュラーセションを2週間ぶりに行ったのですが、
セションそのものは、これといって変化もなく、まったりと時間が過ぎたのでした。

しかし、セション終了後に、そのまままったりしてましたら、いろいろなイメージが浮かんできました。
そこにメールが入ったので、横になりながらスマホを見てましたら、ちょっとしたキッカケとなる言葉をツイッターで見かけたんです。

すると、
私のハイヤーでもあり、過去世の人でもあり、上のヒトでもあるタミエルに、
私のガイドの1人であるテオと、結婚を宣言するからね、と言われました。


はい?

と、思考が一瞬止まりました。
上のヒトって何でもアリなところがあるので、別におかしなことは無いとは思うんですが、

あいつら(私の認識では)男同士だしー、
ツインじゃないしー、
でも、アリなの?
ねぇ、アリなの?
え? え??

ってな感じのプチ混乱になっておりました。


いえ。
上のヒトが『結婚を宣言する』というのは、実は初めてのことではないのです。

もう1人のハイヤーであるファウは、5~6年前にすでに『高次元に上昇し、そこで結婚を宣言する』ということをしていたんです。
(というか、そういうビジョンを強制的に見せられたんですわ。)

ただ、その相手はその少し前に出てきた『ファウのツイン』でしたし、男女のカップルでしたから、
そういうのもアリなんだなー、と割とするっと納得したのですが、
今回は、マジですか???と、慌てました。


……正直言うと、怖くなったんです。


結婚、というのは、この肉体の、この表層意識の「私」が理解しやすい言葉としてチョイスされているだけで、
この我々の世界で言うところの結婚とは意味が違うというのは分かっています。

部分的な統合、とか、部分的な融合とか、そんな意味合いが強いんだと思うんです。
でも、やっぱり統合や融合という言葉ともちょっと違っていて、結婚という言葉の方がある意味ではすごくしっくりくるんですね。(←私の結婚観と照らし合わせると、ですがね。あくまでも。)


そんな状態に、タミエルとテオが至る、と思った時に、


テオがいなくなったら、イヤだ!


と、怖くなったんです。
変容、変質してしまって、『今まで一緒にいてくれたテオ』がいなくなってしまうことへの恐れと不安を強く強く感じたのでした。




でも、その時に思い出したのが、じぇいど♪さんのこの記事でした。

執着が恐れを生み出してるんだ、と、ハッとしました。




すべては、自分。



テオというガイドは、タミエルのように直接的な意味での私の魂ではないし、
もしかしたら、私の知らない誰かのハイヤーなのかもしれないくらいの存在なんだけど、
それでも、そんな彼すらも「自分」で、
少しずつ少しずつ、そういう存在と統合していくことになるんだな。
さっき見た和尚さんの動画の通りなんだよなー…。

でも、私はまだすべてを自分だと認識できるくらいの成長もしていないし、器も小さいままだから、
一部が統合して、まだまだ「個」としてお互いを認識するような形態になるんだな。
だから、「結婚」なんだなぁ……。





と、理解した途端に、すぱーーーんと結婚を宣言されたのでした。






すると、
たて続けに、これまたほぽ同じようなキッカケとなる言葉を目にして、
もう1人のガイドであるユリウスにも「ファウと結婚を宣言するよ?」と、言われました。
彼からが高次元に上昇する間に、
「それって、重婚じゃないのー?」
と、肉体の私の意識がユリウスにツッコミを入れたら、
「そーゆーもんじゃないってばー。」
と、優しい笑顔で返されて、私も落ち着いてイメージを感じることができました。




すると、その日の夕方。
いつも行く農協スーパーの産直コーナーで、白い百合が売っていたんです。
このところずーーーっとピンクの百合しか見かけなかったのに、白い百合があったんです。

白い百合って、私の中ではファウの象徴なんです。
買った百合が、翌日の朝にはキレイに咲きました。

白百合

今も、いい香りが漂ってきています。







ハイヤーが「結婚」をして、何かが急激に変わる…ということは無いんですが、
ファウのツインとの結婚の時も、時間は年単位ではありましたが、振り返ってみますと、なんだかんだゆーてがががーーっとどえらい変容をしていきましたから、
何かが変容し、成熟していくんだろうなー、とは思っています。


この意識の「私」への直接的影響としては、
より自由な精神へと成長していけるのかなー?
なんて、期待しております。



スポンサーサイト
17 : 08 : 53 | タミエル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
翼を広げて。
2014 / 03 / 29 ( Sat )
もうすぐ新年度ですね。


のびのびと、

その翼を広げて、

自由に、飛んでください。


大天使アリエル

大天使アリエルです。
21 : 22 : 44 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
大なり小なり、みんな「同じことの繰り返し」をしていると思うの。
2014 / 03 / 27 ( Thu )
なんなんですかね?


今日は、ずっと同じことの繰り返しというのを目にさせられております。




ネットをちらちら見ていると、ほんとにそういうのばかりが目につきました。


違う環境に身を移しても、同じ種類の問題が発生しているよね?と私からは見えるとか。
前々から同じことばかり言ってるよね?と私には見えるとか。
数年前も、今も、やっぱり「引っかき回される立場」から離れようとしてないよね?と私からは見えるとか。

でもって、辻仁成が離婚だってー、って友人からお知らせが届くとかね。
(私は大学生の頃、ECHOESが大好きだったのだけど、作家になってからの彼はまったくもって好きくなーい!と彼女にとうとうと語ったことがあったので、お知らせしてくれた模様。ふふ…。)
辻くん、離婚は2度目だよね…。
君も同じことを繰り返してるんだね…。





私は、会社勤めしてた頃のアレコレな経験からも、

自分で「そこ」を飛び越えていかないと、同じことの繰り返しは続くし、飛び越えた途端に、縁はぷっつり切れる

ものだと心底思っています。
周囲の人がちっとも分かっていない、とか、環境を変えたのに、とか、外的要因にどうしても目は行きますし、
「なんで分からないのかなー?」と他人にNGを出して、今の現状を嘆きがちになりますし、それは確かに「間違ってはいない」んだけれども、
でも、そういう状況に自分がずっと居る、ということは、その状況の中に在る「そこ」を飛び越えていかないといけない、ということなんだろうな、って思うんですね。



…ってゆーてもですよ、それができれば誰も悩まないんですよねぇぇぇ。
答えは自分で見つけないといけないんですもん。





具体的な「そこ」の見つけ方とか、飛び越え方とかは、ほんとーに十人十色だと思うんですが、

すべては、自分が選択している

と、お腹の底から認めることが、鍵なのではないかなー、と思います。

すべて、です。
すべて。





















というわけで。
関ジャニ∞を愛すると選択した、私の魂に、乾杯!
14 : 06 : 59 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
「人の話しを、ちゃんと聞きなさい。」とザドキエルが言う。
2014 / 03 / 26 ( Wed )
大天使ザドキエルのClairaudience(透聴)というカードだったのですが。

大天使ザドキエル

いわゆる「聞こえない声を聴く」という意味……というよりも、

人の声を、人の話を、ちゃんと聞いてください

という意味の絵だなぁ…と、描きながらじわじわーーーっと感じました。



お客様にもそのようなメッセージは書いたのですが、
このメッセージは私にとっても、この記事を読んでいるアナタにとっても、必要なものなのではないかな、と思います。


自分の意思や考えを貫くことは、人の話を聞かない、ということではありませんよね。

でも「人の話をちゃんと聞くことができているか?」と問われて、
「はい。」と胸張って言える人はどれだけいるんでしょうね。

……私は、言えないなぁ~。


と、いうか。
人の話をちゃんと聞く、ということがどういうことなのか、から考えないといけないのかもしれませんね。




アナタは、人の話を、ちゃんと聞けていますか?


16 : 06 : 45 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なぜ「その人」を好きになったのか?
2014 / 03 / 24 ( Mon )
2週間弱におよんだインフルエンザとイヤンな咳風邪もやっとこさ、ちょっと落ち着いたかなー、って感じです。
まだ子供たちの咳は残ってますが。


て、ゆーてたら、今日が終業式で、春休み突入ですよ。
うはー。






さて。

当ブログをちょこちょこ読みに来てくれてる方はよーくご存知のことと思いますが、
私は関ジャニ∞が大好きです。
そして、友人の月子さんも関ジャニ∞が大好きです。
2人の日々のメールのやりとりの8割は関ジャニ∞の話です。

けれど、どうしてこんなに好きになっちゃったのか、振り返ってみても、実のところよく分からないのです。
カッコイイから、かわいいから、素敵だから、面白いから……
理由なんて、全部後付けにしか思えないのです。

そうなんです。
気づいたら、大好きになっちゃっていた、としか言えないんです。



この大好きという気持って、もうずーーーっと私の中では謎の存在でした。


誰かを好きになる。
何かを好きになる。

好きという気持がものすごいパワフルなものであると、ほとんどの人は経験により実感しているものと思います。


特に男女の恋愛における好きという感情は、強力磁石のようなものだなー、と常々思っています。
強力な磁石で引き合うことで、子孫を残すわけですね。



と、そこまではいいんです。
生物として、そういう「つくり」になっているのだな、ということは。
(年中発情期という戦略ですね。)



ただ、
なぜ、この人を好きになったのか?
という疑問は解決できないままでした。


そこに、運命という言葉が具合良く納まることは分かっていますし、生まれてくる前に「んじゃ、よろしくね。」と決めてきた組み合わせというのもあるでしょうし、カルマ云々で説明されるような組み合わせもあるのだと思います。

ドンピシャでその人、という場合もそれなりの割合であるのでしょう。


でも、そればっかりじゃないんじゃないかなー???
ともずーっと思っていました。


すると、ちょこちょことチェックしてるブログにこんな記事があがっていました。
http://ameblo.jp/mvoler-tarot/entry-11788262088.html

運命の人ありき、という場合もあるけれど、
潜在意識の深いところにある物語ありき、で、人物は後から「ちょうど良い人」が(これまた無意識の領域において)チョイスされる、という場合もあるんじゃないか。

そう考えると、いろいろ腑に落ちることも多いんです。



そして、
上記ブログ記事にも書いてありましたが、自分自身の奥底で信じている物語というのはそれ自体が「力」を持ち、人生をも変えてしまうものだと、私も思います。

私が今まで自分の過去世や上のヒトたちの物語を紐解いてきた(←いや,まだその途中だな)ことも、自分自身の奥底で信じている物語を再発見することと同じことなんだと思っています。

過去世や上のヒトの物語に辿り着いた時に、自分の中に大きな衝撃が走ったり、価値観を再構成せざるをえなかったり、七転八倒するような感情の嵐になったり……というのも、それだけパワフルなものに触れるからなんでしょうね。














あ、そうそう。
これも言っておかなければいけませんね。
私が関ジャニ∞をこよなく愛しているのは、これは運命ですから!
えへ♡

18 : 02 : 16 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラジエルからの伝言の続き。
2014 / 03 / 20 ( Thu )
子供たちの通ってる小学校は児童数が少ないところなので、
給食も全校児童みんな一緒にランチルームで食べるんです。

学年を超えて友達になっています。


そんな小学校なので、6年生でインフルエンザが流行し始めたらすぐに4年生の息子も罹りまして……。
昨日まで自宅待機で、今日の卒業式には間に合うから良かったと思っていたら、
娘が拾ってきたお咳の風邪が息子にもうつりまして、ヒドいお咳とちょっとのお熱でした。

私もちょっと咳が出始めたので、息子と一緒に呼吸器内科を受診してきました。
また咳喘息になるとイヤなのでねー。
(そしたら娘の同級生の女の子がおとーさんに連れられて受診してました。インフルエンザですってー。)

あ。
昨日は昨日で娘が学校で38度後半の熱を出しましてねぇ…。
結局はインフルエンザではなく、今朝になって熱も下がったので、卒業式に参加しに登校しました。
仲良しの6年生のおねーちゃんが何人かいるので、どうしても行きたいと根性で(?)熱を下げました。やるなぁ娘よ。


てことで。
先週の土曜日から今日まで、おとーちゃんと私が交代で子供を連れて、『いつもの小児科』と『休日夜間診療所』と『別の小児科』と『呼吸器内科』を渡り歩きました……。
ふ……。




と、そんな状態でしたので、天使の絵も描けずにおります。
数名のお客様の絵が遅れてしまってて申し訳ありません……。







さて。
ラジエルからの伝言の続きです。


いつも天使の絵を描く時は、何も考えずに描き始めるのですが、
前回の絵も、今回の絵も、ぱっとイメージが浮かんだのです。

前回は、瞑想をするラジエルの姿が浮かびましたが、
今回は、縦に伸びる紫の光の周りを、ぐるぐると白い光が昇っていく…というイメージがすこーんと浮かびました。

これを描けということなんだな、と思いまして、描き始めたわけですが、
どうしてもこのぐるぐるがクンダリーニに思えてなりませんでした。
オラクルカードは透視だったのですが、クンダリーニに関連することをお客様にラジエルは伝えたいのだろうとかなり強く感じたのです。


…ですが。
私自身があまりよく分かっていなのです。
クンダリーニのことは。
ちょこちょこと「読んで知ってる」程度で、私自身の感覚としてはよく分からないため、ラジエルが伝えたいことがハッキリとは掴めなかったのです。

ですからお客様へのメッセージもちょっとボヤけたことしか書けませんでした。



しかし、
だからこそ、これはお客様に対する伝言だけじゃなく、私に対してもラジエルから「そこ、もちょっと追求してみなさい。」と言われてるような気がしてなりませんでした。
なので、これとか読んでましたが、私もやはり瞑想をちゃんと続けないといけないかなー、と思いました…。




というわけで。
このような絵となりました。

大天使ラジエル

15 : 25 : 38 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【民絵屋】カートをオープンしました。
2014 / 03 / 15 ( Sat )
やっとこさ、おとーちゃんがカートのメンテナンスをしてくれました。
(レンタルサーバを鞍替えしたんです。)

民絵屋へのご注文、お待ちしております♪




てね。
カートをオープンする時までに、何かちょっとしたお手頃商品(小さい額の絵)を用意しておこうと思ったんですが、
なかなか思うようにいきませんで、
今日中になんとかー、と思っておりましたら、息子が生まれて初めてのインフルエンザになり、それどころではありませんでした。
とほほ。


できたらそのうち用意したいなー、と思っております。
22 : 07 : 32 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大天使ラジエルからの伝言。
2014 / 03 / 14 ( Fri )
大天使ラジエルといえば、
私の中では、大学教授みたいなイメージがあります。

ザドキエルさんは、小中学校の先生のイメージなんですが、
ラジエルさんは、やっぱり大学の先生という感じがしてしまいます。



お客様のカードを引いたら、大天使ラジエルのTake Back Your Power!だったのですが、
さて描き始めましょうかねー、と筆を取ったところで、
瞑想しているラジエルさんの姿がすぱーーーーんと浮かんできました。

私が天使の絵を描く時は、何も考えずに描き始めて、どんどん形になっていく(形にしてもらう)というパターンが多いのですが、
今回は、瞑想してる姿を描きなさい、と指示されたような強烈な感覚がありました。

それで、できあがったのがこの絵です。

大天使ラジエル

そして、お客様からこのようなメールをいただきました。


瞑想しているラジエルの絵で、私にも瞑想をお勧めいただいたのですが、
ちょうど瞑想を始めたいと思うきっかけが他にもあったので、
そういうタイミングなんだな、と感じました。

自分のやりたいこと、自己顕示欲、承認欲求、社会の常識などなど、で
頭がぐちゃぐちゃで、先に進めない状態なので、瞑想が必要なのかもしれません。
あまり経験はないのですが、少しずつやってみます。

画面を見て、
静かな環境に自分を置いて、ひたすら中心と向き合って、
余計なものを手放していくことで、本当に大事な光とつながるという場面だと感じました。
深く潜っていくことで、高みに届く、というようなイメージも浮かびました。

本当に大事な光は、上の方にあるのかもしれないし、自分の中にあるのかもしれないのですが、
とてもとても神聖で、ほんとうのものだという気がします。

ここからちょっと思い込みというか、妄想みたいな話になってしまうのですが、
なにかにつけてラジエルに関連する言葉、カード、オーラソーマのボトルなどなど、との遭遇率が高く、
言いたいことでもあるのかな?でもよく分からないしほっとこう、という感じでした。

民絵屋さんで天使の絵を申し込むときに、
どんな天使が来てもうれしいだろうとは思ったのですが、
心のどこかで、これでラジエルの絵が来たら、
ラジエルが近くにいることを信頼してもいいかも、と思っていた気もします。

そういうことがあったので、箱に「Raziel」と書いてあるのを見てフリーズしてしまいました。
なんか、もう、はい、分かりました……という気持ちです。
ラジエルから何かを教えてもらえることもあったらいいなあ、と少しだけ楽しみにしています。

おまけの絵本も、とてもうれしかったです。
最近やっと言葉になった積年の疑問、「なんでこんな私が生まれてきたのか?」ということに、
くまえるさんからズバッとお答えを頂きました(笑)。

読んでいて思わず涙が出てきたのですが、
最後のページのくまえるさんの後ろの魔法陣の文字が「KUMAEL」なのに気づいて、
なんだか笑ってしまいました。
優しくて元気な気持ちになれて、どこか生まれる前の心に帰れた気もする、素敵な絵本でした。

このたびは、ほんとうにありがとうございました。
なんだかいろいろあって、この先も易々とはいかなさそうな人生ですが、
今回描いていただいたラジエルさん(なんか私に似てます)と一緒に歩いていきたいと思います。
お世話になりました。




私、ラジエル先生からの課題をお伝えする係でしたか!

と、素直に思いました。
教授からの課題は、小学1年生の宿題とは違って、すぐにクリアできるような類のものではないとは思いますが、
じっくりと焦らずにコツコツと頑張っていただきたいな、と、思いました。










そして、さらに。
教授からの伝言係をすることになったのですが、
その絵については、また次回。
12 : 53 : 34 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「はじまりのはじまり」の絵
2014 / 03 / 11 ( Tue )
先日、お客様からメールをいただきました。

その方は、一昨年と昨年と、2枚も購入してくださったお客様です。
一昨年の絵が、こちら。
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/blog-entry-587.html
例の、ザドキエルの慈しみのワンドです。


そして、昨年の絵が、こちら。
http://smalltamiel.blog82.fc2.com/blog-entry-800.html
You Are Safeの方の絵です。


こうやって並べて見てみますと、ワンドだの剣だのと、アイテム持参で天使が来てますね。
やたらとパワフルですね。


そのお客様のメールが以下です。
ブログ転載の許可をいただきましたので、ご紹介します。





民絵屋
たみえさま
ご無沙汰しております。一昨年、慈しみのワンドのザドキエルさんを、昨年はYou are safe.のミカエルを描いていただきました。

「自分を愛すること」エンジェルカードやヒーラーさんのアドバイスでも毎回言われることは同じで、「も~このテーマはどうしようもないのでは」とやさぐれつつ、でも変わりたいの~とじたばたしていました。

足掻きつつも、ザドキエルさんのときにたみえさんにアドバイスいただいた、チャクラのお掃除を自分なりにやってみたり、アロマによるワークを学んだりしてみました。

さつきのひかりさんのヒーリングをずっと受けさせていただき、REFを伝授していただき、毎朝ヒーリングしてみたり・・・。

守ってくれている存在に、よくわからないけれど毎日ありがとうを言いました。

今年に入り、とある講座を受け、そのときやはり、
「自分を慈しめない原因である、家族との関係を掘り下げる必要がある」
というのが出ました。
【講座内容の説明は割愛しますね。byたみえ】
自分と向き合う瞑想の年にあたり、月=母親でもあるので、まさに母子関係を見直す、みたいな意味もあるようです。


ついに来たか!と思いました。

それでも、インナーチャイルドの癒し、なんて聞くと理由はわからないけれど、ものすごく怖くてですね。

一緒に講座で学んだ方々からの「全然怖くないよ~(笑)」という後押しや、実際どんなふうにワークをするのか教えていただき、先週、初めてインナーチャイルドヒーリングを受けました。

わたしのインチャは、背中を向けてしゃがんでおり、四方をみっしりと狭められた石壁に押し潰されるように、詰まっておりました。呼び掛けてもふりむかないし、思いを聞いても、
「言っても意味がない」
と言われてしまいましたが、どうにか手を伸ばし抱きしめると、厚着していた幼児が、好奇心旺盛なくりっとした目をした、背の高い、ギリシャだかローマだか風の衣を着た少年になりました。

その後自分のハイヤーに二人で会いに行くワークをしたのですが、残念なことに、会えませんでした・・・。

その代わりに、ミカエルが出てきたのです。
最初、玉座に座る王様みたいな人が出てきたのですが、セラピストさんが、
「ハイヤーじゃないな」
と感じたそうです。王様に雷を落とすと、中から青い光が・・・。名前を聞くと、ミカエル。
「これは始まりだ。始まりに過ぎないのだ。これからいろいろとスタートするからサポートする」
と言われました。

(実は前々日、ミカエルカードでおんなじ「はじまり」が出ました・・・)
持っていた剣で頭からズドーンと刺されました。

また、「瞑想を毎日やれ」とも言われ。
苦手なのですが(寝てしまう)いちおうやってみています。今のところ100%寝ています。

わたしは人のスピ話を聞いたり読んだりは好きなのですが、頭でっかちなので、どこかで疑ってるというか、一歩引いて見てしまうところがあります。


なので最初、
「ミカエルなんか出てくるわけない」
と、名前をセラピストさんに伝えるのをためらいました。
しかしセラピストさんは、
「やっぱりな~と思いました。だってMさんが部屋に入って来たときから・・・」

入ってきたときなんだったのか、こわくて聞けなかったのでわかりませんが(汗)、
「自分の感覚を信頼してだいじょうぶ」とセラピストさん。

超・個人的な話が長くなって申し訳ありません。

以前、絵をいただいたとき、
「守られている感覚はない」
とお伝えしました。
今も、別に声が聞こえるわけでも、何か見えるわけでも、感じるわけでもなんでもないです。

ただ、毎日感謝伝えつつ、
「守られてるのかよくわかんないよ~」
とも言ってたので、これでもか!と見せつけられたのかもしれません。

そしてやっと、変化のプロセスに入れた気がします。
家族との関係のトラウマを癒そうとしたことがきっかけで、ネガティブなパターンが変わりつつあります。

「自分の思いを言っても無駄」
というインチャの叫びが、普段の自分の行動パターンを作っていたことに気づきました。
親子関係が、一気に変わるわけもなく、一生つきあうべき問題だし、ミカエルの言う通り「はじまり」に過ぎませんが、わたしに勇気をくれる存在に気づくきっかけをくれ、毎日見守ってくれたたみえさんの絵に、感謝いたします。
「はじまりのはじまり」をありがとうございました。

絵をいただいてからの、長い長~い、変化のご報告です。





そうなんですよね。
変化・変容というのは、すぐに起きる場合もあれば、すごく時間がかかる場合もあるんですよね。

まずは、スタートラインに立つまでが大変!

だと思っていた方が良いのではないか、と思うくらいです。
お客様のメールのように、やはり「継続は力なり」なのだなー、とあらためて感じました。



たとえば、
私が描いた天使の絵から、ばーーーっと光が出て、ばーーーーっと変容を促す……というのなら、話はカンタンなのかもしれませんが、
でも、それができちゃったら、おそらく、丸焦げになりますよね。
準備ができていないのに強い光を浴びたら、まっ黒こげです。

最終的に目的は、真なる己を再発見することだとしても、そこに辿り着く道のりはそれぞれだし、唯一無二の、自分だけのプロセスで目的に到達しなければなりませんものね。

ですから、「選択」というのは、とてもとても重大なことなんだと思います。





そして。

「はじまりのはじまり」をありがとうございました。 …というお客様のお言葉。
ほんとうにほんとうに嬉しかったです。

はじまりのはじまり。

あの2枚の絵を「はじまりのはじまり」にしてくれたのはお客様ご自身なのですが、
そう言ってもらえて、民絵屋を始めて良かったぁぁー、と心から思いました。

こちらこそありがとうございました。



11 : 19 : 04 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
民絵屋には、いぬえるとねこえるも居るんだよ。
2014 / 03 / 08 ( Sat )
teruさんに、とある中国茶の茶葉を少し分けていただいたんです。
わざわざ送ってもらったんです。

なので、お礼を言わなければいけませんよね。

ですから、特技が「お使い」ないぬえるに、お礼を言ってきてもらいました。

ハガキ01

「いぬえるは、ウリエルんちで番犬してる時はドーベルマンなんだよ!おつかいに出てる時だけかわいいんだよ!」
とteruさんに言ったら、なんかツボったようで喜んでくれました♪
良かったね、いぬえる♪♪



すると。
描きあげたタイミングで、じぇいど♪さんから、ちゅまちゃんがたまたま「ねこえる」を見て、かわいいーと言ってたよ云々というメールが飛び込んできましたので、
これは描いて送れという上からの指示ですね?ということで、描きました。

ハガキ02

ねこえるが「猫のお医者さんで…」というくだりは、娘が保育園年中組の時にやった劇の中に出てくるお話をそのままパクってます。はい。
我が家では、ねこえるはそーゆーキャラ設定となってます。



と、これだけではおさまらず、他にも2枚描きまして、ふと思いついた人のところに送りました♪

ハガキ03

ハガキ04



なんだかマイブームなので、まだ当分の間、時間がある時にちまちま描くと思います。
(こーゆーのだと、子供がいる時でも描けるからいいのよねー♪)

08 : 08 : 08 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
翼を広げて飛ぶ前に。
2014 / 03 / 07 ( Fri )
カードが2枚だったんです。
お客様の絵を描くために引いたら。


で、
じーっと眺めてましたらね、

翼を広げて飛ぶ前に、整理整頓をしようね。

という言葉(?)がすこーんと入ってきまして、
だから2枚なのかー、と思いました。


それで、
絵は、大天使アリエルの「Spread Your Wings!」をメインに描きました。

でも、まずは「心の深い深い深い深いところに在る、もう要らなくなったモノを整理しよう」ですよ、ということをお客様にはお伝えしました。


…ってか、
ネットを仲良くしてくれてる方なので、さきほどガッツリとやりとりしました。

ご自身が超えていかなくてはならないところ、見つけて整理整頓しなければいけない範囲、というのを自覚されてる人なので、ゆっくりとご自身のペースで進んで行けると思います。
きっと、大丈夫。


大天使アリエル

実は、下の方の暗いくるくるの中心部分ですが、
光の加減で白っぽく光っちゃってるんですけど、本来はもっと深い色なんです。

お客様は、この暗い部分を「混沌」と呼んでくれました。
ご自身の中の深い深い部分で、整っていないという悪い意味での混沌ではなく、原始的な力の源…みたいなイメージで受け取ってくださったみたいでした。

だから、他の人に見せないように、写真で光っちゃってるのかなー、と思いました。
14 : 29 : 28 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【お知らせ】3月4日から1週間ほど、民絵屋のショッピングカートを閉めます。
2014 / 03 / 04 ( Tue )
ショッピングカートを新しいものに移行するため、
本日の…22時かな、からショッピングカートを1週間ほど閉めますので、
どうぞよろしくお願いします。

21 : 26 : 53 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
カイルさんのお説教を、私も一緒になって受けておりました…。
2014 / 03 / 02 ( Sun )
おかげさまで、確定申告の書類も無事に作成できまして、
豊橋税務署に郵送することができました。

今年で4回目かな。
なのに、毎年「あれ?去年の棚卸資産って、どう処理するんだっけ?」とか、マゴマゴしてしまいます。
1年に1回だから、アレコレ忘れちゃうんだよーーー。



と、実は思ったより早く確定申告ができちゃったので、また何か…天使の絵以外の絵を描こうかなー♪とか思っていたんですが、
これが、そうはいきませんでした。


まず、
確定申告が終わったと同時に、なぜか急に、ひかわきょうこの彼方からというマンガを読みたくなって、本棚からごっそり14巻持ち出して、読みふけっておりました。

高校生の時から、ひかわきょうこは大好きなんですが、このマンガは……スピそのものですね。ほんとに。
読むたびに新たな発見があったりするので、手放せないマンガです。

それを久々に読みふけっておりました。



すると、何か……もにょっとしてきたんです。



と、そのタイミングで、じぇいど♪さんから、
「カイルにこんなお説教をされたのよー。」
と、その内容を教えてもらったのです。
それは、こちらのブログ記事になってますが、私が読んだのは推敲前のメモ状態のものだったので、もっとパワフル…と言いますか、
まさにお説教!という感じがビシビシ伝わってきました。


……てかね。
私も一緒にお説教を受けてる気分になりました。

いや、お説教受けてたんだよね。うん。
もー、もにょもよょしっぱなしでした。



じぇいど♪さんと私は………なんなんでしょうね?
実際に会ったことはまだ無いんですよ。
会ったこと無いのに友達って、変なのー!って娘に笑われたことがありますけど、
でも、友達としか言いようがないんですよ。

もちろん彼女のブログを通じて知り合ったわけですから、スピな話も当然してますけど、
年代も同じくらいで、子育てをしていて、夫婦仲が良くて、外に働きに出てなくて……という共通点が多いので、
家族の話などもよくするわけです。

で。
これがまた面白いんですが、2人とも割とロジカルな面も強いんです。
なので、今夜の夕飯は手羽元を煮込んでるー、とか、そーゆー話をしつつも、
論理的に推察しながらモノゴトの在り方についての意見をやりとりしてたりするんです。

そんな間柄だからか、カイルさんもついでに私にお説教をしたのかしら…って思ったんです。


あ。
ちょっと横道に逸れますけど、
論理的であることが良いかっていうと、そうとも言い切れなくて、
論理的な部分が強すぎると、感情の強い人にとっては「冷たい人だ。」という印象を与えがちだと思うんですね。
でも、感情が強いばかりだと、やっぱり感情に振り回されて、モノゴトを俯瞰して見れなかったりしやすいと思うので、
そこはやっぱりバランスが大事なんでしょうね。
論理的な部分も強くて、深い感情というのもしっかり自覚できる、というバランスが。




それで、話を戻しますとね、
まるで、じぇいど♪さんとシュリカンくんと私がカイルさんの前で正座してシュンとしながらお説教を聞いてた…みたいな感じになりまして、とにかくもにょもにょしっぱなしになりました。

そして、丸一日考えて、やっとこさある程度の言葉にすることができたので、じぇいど♪さんに「ねーねー。」と聞いてもらったところから、またしても長いやりとりが始まり、
それでなんとか、「もにょもにょ」の正体を掴むことができました。

ええ。
マンガもやっぱり意味がありました。
まったくもって無駄が無いよなー…。




実は。
じぇいど♪さんちのちゅまちゃんのように、何か見えないものがハッキリ見える…ということは全くありませんが、
そういう部分とは別のところ、もっと性格的な部分とか生まれ持った資質という意味で、
じぇいど♪さんが前々から、私の話を通して、うちの娘もちゅまちゃんに似た資質があるんじゃないか、と言ってくれいたんです。

言われてみたら、その資質の強さは別にして、なるほどそうかもな、と思ったのです。

私達夫婦も、娘の資質を伸ばすためにどのように接するべきか、というのはよく話していて、
それに関しては、私よりおとーちゃんの方が断然上手に接しているのです。



それで、です。

そういう娘のことも理解してくれてる上で、じぇいど♪さんに教えてもらったのが、


母親である私自身が、自分の資質について正しく理解し、それを誇りに思い、
且つ、尊大にもならず、卑下もせず、
それを体現して、娘に『そういう在り方』を示さなければならない。


ということでした。
もにょもにょっと反応していたのは、そこのまず第一段階のことだったのです。



自分自身の資質について、正しく理解する。



これが、私はできていないのです。
(いや、卑下しないというのもできてないけど。卑下すると楽でしょ?多分そうなんだと思うの。)

おとーちゃんが娘に上手に接している、というのは、おとーちゃんはそれがかなりできてる人だからなのです。
自分の資質を理解し、そういう自分をまっとうに受け止め、だからと言って高慢にもならず卑下もしない人なんです。



わー、私は自分の資質がよくわからねーーー!

と、おとーちゃんに泣きついてみたところ、あれやこれや言ってくれましたが、
「えー?」ってなかなかピンときませんし、
お月ちゃんにも泣きついてみたところ、
「たみえさんは素直だと思うんだけど、感情までも論理的に分析して分類しようとするよね。私からするとそこは勿体ない気がする。」
と言われて、さらにうわーーーってなっておりました。
まさしくさきほどの横道に逸れたやつですよ。ええ。
もー、ほんとによく見てるよね。私のこと。ありがたいなぁ…と、ちょっと泣けたりもしましたよ。ええ。



もっと厳密に言うと、
資質が分かってない、という部分と、
資質を分かっているけど、『誇りに思いつつも、尊大にもならず卑下もしない』ができてない部分もあるんだろうな、と思います。

誇りに思う、のと、尊大になる、というのは別なのに、
尊大になるのが怖くて、誇りに思うどころか、卑下しちゃうのでしょうね。



と。
悶々としていたらですよ、
お昼寝をした時に、関ジャニ∞の渋谷すばるくんが夢に出てきて、私の絵のことを褒めてくれたんですよ。
あの手この手で、痛いところついてくるなーって、苦笑いですよ。
絵のことも、認めてくださるお客様がいらっしゃることに、ほんとにほんとに心から感謝しているんです。
でも、自分で誇りに思っているか、というと、とてもとてもアヤシイのです。
いたたたー。
(ちなみにね、これが私がこよなく愛する大倉くんじゃなくて、すばるくんだってところにも大きな意味があるんだろうなって思うんです。大倉くんは努力の人なんだけど、すばるくんは持って生まれた資質が大きい人だから。すばるくんもしこたま努力してるけどね、やっぱり生まれ持った資質の影響が大きい人なんです。あ、すばるくんもめちゃめちゃ愛してるよー♡)


するとですね。
VS嵐に、ジャニーズの風間くんがゲストで出てましてね。
ニノちゃんと風間くんって、同じ生年月日なんです。
途中でその話題になりまして、生まれた時間は?ってことにもなったんです。
残念ながら、風間くんは自分の生まれた時間を知らないと言ったんですが、
2人とも背格好が同じくらいなので、生まれた時間も近いんじゃないかなー?と思ったんです。
(つまり、上昇宮が同じなんじゃないかな?ってことです。)


ってなことをぼんやりて考えていたら、ふと大学のサークルの先輩(←おとーちゃんと同回生で友達でもある)を思い出しました。

私は1年遅れて入学してるので彼は先輩なのですが、
私達は生年月日も同じで、生まれた時間も彼が1時間19分早いだけだったんです。

当時は占星術のこともちっとも知らなかったので、へー偶然ですねー、って笑ってただけなんですが、
彼は生まれ育ちが名古屋なので私が生まれ育った岐阜とも近くて、よくよく考えたら、彼と私はホロスコープツインなんです。

実際にホロスコープを作ってみると、ほとんど同じなんです。
同じと言っても差し障りが無いと思います。



そこで、おとーちゃんにも彼との思い出話をふっかけてみたのですが、
あー、なるほどなー、と思うことがいろいろ出てきたのでした。


もちろん、私と彼は全然違う人間で、性格も違うんですが、
私が彼のことで好きだなー、と思っていたところというのは、よくよく考えてみると、私にも少なからず当てはまるところだったんです。

その時はそんなふうに思ったこともなかったのですが、さすがに45歳にもなりますと、そのエッセンスが何か、は分かるようになっているので、ああなるほどー、となったわけです。


そして、もしかしたら私が男に生まれてたら、あんなふうだったかもしれないなー、というのも、今になって分かりました。
……だって、そういえばタミエルみたいなんですもん。彼。

私の魂は、ファウが女性性の問題をたんまり抱え込んでいましたから、私自身はそれに振り回されることが多かったのですが、
タミエルに代表される男性性は、かなりひょうひょうとしてるんです。
デキる男なんだけど、普段はゆるい雰囲気で、ひょうひょうとしてるんです。
彼は私から見ると、まさにそんな男性だったのです。



そんなわけで。
そこはとても山羊座的なのかもしれませんが、世界(他人)を通してでしか己を知ることが難しい私なので、
ホロスコープツインまでも配置しておいてくれたのかなー…なんて、ハイヤーやガイドや大天使たちの計らいに、「ぷ。」と笑ってしまいました。

あらためて、すごいなー、って思いました。
そこまでやってくれてんだな、って。
仕込まれてるんだな、って。
ほんと、すごいなぁ~…。






てなわけで。
ハードルの高い課題ではありますが、少しずつクリアしていかないとなー、と腹を据えてがんばろーって思っております。
自分のためにも、娘のためにも。
13 : 26 : 01 | 「上」関係 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |