「必ずよくなるから。」…パトリック・リネハンさん
2012 / 09 / 28 ( Fri )
ねむり師匠が教えてくれました。
駐大阪・神戸アメリカ総領事のパトリック・リネハンさんとその夫の方が、いじめにあって辛い思いをしている人たちにメッセージを送ってます。

http://www.youtube.com/watch?v=lphfq-XcBKE&feature=youtu.be&hd=1

日本語ですから大丈夫ですよ。


辛い思いをしてきた人は、やっぱり優しいですね。

スポンサーサイト
22 : 20 : 15 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大天使メタトロンの絵と、仲良し姉弟さん。
2012 / 09 / 26 ( Wed )
こちらにアップさせてもらったサンダルフォンの絵を娘さんへプレゼントされたお客様が、
今回は息子さんのための絵をご注文くださいました。

大天使メタトロンです。
オラクルカードは「インディゴおよびクリスタルチルドレン」でした。

大天使メタトロン

お客様からのメールの一部を以下に紹介します。

先日はメタトロンさんの絵をありがとうございました。
ブルーがとっても印象的できれいでした。
息子はチラリと見て何も言いませんでしたが、机に飾ってます。
箱も一緒に(^-^

「インディゴの特徴あるのかも?」ってのはびっくりです。
一時期娘がインディゴじゃないか、と調べたコトがありましたが←多分違ってました
でもそれも成長と共に気にならなくなり・・息子が産まれました。
息子は小さい時、じーっと人の様子を見てるだけの子で。
おしめが濡れても泣かない、お腹すかんのか?と不安になる位泣かない&喋らない歩かない←辛うじて時々笑う
定期健診であまりにも基準に達してないから、大きい病院紹介されて。
小児科からリハビリへ回されて。
すぐに成長の変化が出たので最終診断は「自閉症のお隣さん」って。
その頃の息子って、顔の作りも薄ーくて、目が何とも表現できないんですが・・輝きが初体験で。
全体としては、透明?可憐?儚い感じ。生命力?何ですかそれ?みたいな。
そんな雰囲気が独特で「もしかしてインディゴとかクリスタルってのはこういう感じなんやろうか?」と思ったことありました。
でもそれも、娘同様成長と共になんとなく薄くなってきたんですが・・透明感や儚さがまだあります。
性格が結構難しく、扱いにくいとこがありますが、そういう特徴ありましたっけ?
ちょっと手を焼いてます。

メタトロンさんが、娘の時の絵のサンダルフォンと双子ってのはびっくりです。
うちの2人、すっごく仲良しです。
で、左足(確か)の甲に、娘はほくろ、息子はあざがあるんですよ 同じ場所に。
びっくりです(^-^
顔が薄かった時って、親の言うことは聞かないのに娘の言うことは聞いてたんですよ。
だから「こうするように言って」って娘に頼んでました。
そーか、そーやったんや 腑に落ちました。




オラクルカードをひき、絵を描いて………やっぱりそうなのかなぁ~、という感じがどうしてもしたのです。
息子さんは、もしかしたらインディゴチャイルドとかクリスタルチャイルドとか言われる子供たちの特徴があるんじゃないかなぁ~、と。

でも、それはカードがそういうカードだから、そんなふうに思っちゃっただけなんじゃないの?安易なんじゃないの?と自分にツッコミを入れまくったのですが、どうしてもやはりそんなふうに感じるので、ためらいながらも「インディゴと言われるような人の特徴があるのかもしれないですね。」みたいな書き方をした覚えがあります。


私自身は、インディゴとかクリスタルとかってよく分からんのです。
分からないので、そういうカテゴライズも万能じゃないから目安として捉えるくらいでいいんじゃないのー?という感じで受け止めてます。

なので、お客様のお子さんがほんとうにインディゴやクリスタルと言われる類の子供なのかどうかは私には分かりませんが、
お母さんであるお客様が「んんー?」と感じていらっしゃることにヒットするようなメッセージを書かせてもらったということは、「……ある程度そっち方向ってこと??」って思ったりもしました。


しかし、姉弟で仲良しなのっていいことですねぇ~♪
そして描かせてもらった絵もサンダルフォンとメタトロンときたもんだ。

うちの息子と娘もめっちゃ仲良しで、そのうえ生まれてきた日付やら時間やらにちょこちょことシンクロめいたことかあったりして、この子たちは縁の深い間柄なのかもねー、って思えちゃうんです。
お客様のところも縁の深いお子さんたちなのかなー、って思えちゃいますね。

親にしたらとてもうれしいことですね。


21 : 22 : 50 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お腹に「怒りのマグマ」が溜まっていないか?
2012 / 09 / 26 ( Wed )
ちょっとツイートもしたんですが、
今朝のNHKの「あさイチ」で夫に暴力をふるう妻ってーのをやってたんですね。

その中で、「誰でもなりうること」というようなことが言われてたんですが、いやいやいやー、やっぱ「暴力」に至るか至らないかの境界ってデカいぞ、と思ったんです。

夫婦の関係なんて夫婦の数だけあって、もちろんいろんなケースがあるとは思うんですが、
でもね、「暴力」となるケースというのは、暴力をヨシとする背景が少なからずあると思うんですよ。
なにかしらの「暴力をヨシ」とする背景……親がすぐに怒鳴る手を出す、というようなね。

そういう学習を無意識にでもしてしまってる気がするんです。


「やめたくてもやめられなくて苦しい」
と、暴力妻は口を揃えていいますが、それって依存症と同じですよね。

些細なことでも夫が自分の思ったとおりの「反応」をしないと、強い怒りという感情が噴出してきて、それをコントロールできなくて暴力という方法で解消してスッキリしてるだけなんだろうな、と思ったんです。
で、スッキリしてから罪悪感に苛まれることになるわけなんでしょうけど、


『夫が思ったとおりの反応をしないことに強い怒りを感じる』というのも問題だし、
感情をコントロールできないのも問題だし、
それを暴力という形で表現してしまうというのも問題だし、

なかなか根深いよねー、と思いました。



昨日、月子さんが遊びに来てくれて、2人で映画「天地明察」を見に行ったんですけどね、
ウチに帰ってきてから、似たような話をしてたところなんです。
もちろん「暴力をふるう妻」という形態ではなく、会社の「困った先輩」という形態での話だったのですが、
私も「困った先輩」にトホホとなった経験がありまして、2人でいろいろ話してたのです。

で、
やはり、「自分の思ったとおりに人が反応しない」ことに強い怒りを感じ、それを暴言やらモノに当たるやらということですぐに反射的に表現してしまう人というのは、

お腹の中に「怒りのマグマ」が溜まってて、ちょっとしたことにすぐにそれが刺激される

んだろう、という結論になったんです。
きっとそういう人は、「相手が悪い」と信じ込んでるんだろうけど、他人から見ると「そんなふうに怒るようなことでもないし、なんでそんな反応になるの?」と不思議でしょうがないんですよね。

夫でさえ、反論してもしょうがないから何も言わない……となりやすいんですから、他人ならなおさらですよね。
だから自分の中の「回路」の歪みに気づくことも難しくて、どんどん悪化しやすいんだろうなー、と思います。


怒りのマグマ溜まりがお腹にできちゃうような人って、多くは「すごく不安定」だと思うんです。
どっしりとした根っこを形成できないまま大人になっちゃったような、そんな不安定さがあると思うんです。

本人もとても生きにくいだろうし、周りも正直とても迷惑です。


だから、あさイチでもチラっと言ってましたが、紙に(激しく反応した出来事に対しての)自分の感情・考えをアットプットして、それとはまったく別の考え方を冷静になって考えて、それも紙にアウトプットして……というのを続けてみることで、自分自身の認知の歪みに気づくことはとても大事だろうな、と思います。

それができないと、自分の中の怒りのマグマ溜まりの存在になんて気づけるわけないでしょうしね。
11 : 08 : 08 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『白湯毒だし健康法 (PHP文庫)』って本を買ってみました。
2012 / 09 / 22 ( Sat )
アーユルヴェーダに通じてる先生の本です。

白湯毒だし健康法 (PHP文庫)白湯毒だし健康法 (PHP文庫)
(2010/02/01)
蓮村 誠

商品詳細を見る


白湯を飲むことで3要素(ヴァータ:風・ピッタ:火・カパ:水)のバランスがとれてくる、ということが書いてあります。


この本に書かれてあるアーユルヴェーダ式白湯の作り方・飲み方はこちらにあります。



日本人の多くがとても冷えてるというのは、名古屋でお世話になってた漢方薬に明るいおじーさん薬剤師さんからも聞いてましたので、これは日本人には向いてるんじゃないかなー、と思います。
外人さんに比べて、日本人は身体の中の「火」が弱いらしんですが、それなのに冷たいものをたくさん摂取するのでさらに冷えて、『毒素(アーマ)』が溜まりやすいんだそうです。
それを白湯を飲むことで全体的にバランスを回復していき、改善していくのだとか。

興味深かったのが、アーマには「フィジカル・アーマ」と「メンタル・アーマ」があって、身体が冷えていてアーマを燃やす力が足りないと、身体的不調だけでなく、精神的にも弱くなってしまうという考え方でした。
人からネガティブなことを言われて、いつまでもくよくよしてしまうというのも、メンタル・アーマが残り続けているせいだというのです。

これは、身体のためだけじゃなく、くよくよしがちな私の心のためにも試してみる価値があるんじゃないかなー、と思いました。


20 : 00 : 13 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
水の星座と土の星座は文章の違いにも出るのか?
2012 / 09 / 20 ( Thu )
そんなたいした話じゃないんですが。



占星術の12星座って、4つのエレメントに分かれますよね。

火のエレメントが、牡羊座、獅子座、射手座。
土のエレメントが、牡牛座、乙女座、山羊座。
風のエレメントが、双子座、天秤座、水瓶座。
水のエレメントが、蟹座、蠍座、魚座。

こんなふうに分類されます。



でね。
さつきのひかりさんと有栖川月子さんは、太陽星座が水のエレメントで、
じぇいど♪さんと私は、太陽星座が土のエレメントなんですけどね、
昨日の夜、ふと思ったんですよ。

さつきのひかりさんや月子さんの文章って、あたしが逆立ちしても書けないようなキレイな文章だけど、それって水のエレメントが強いからなのかなー?
じぇいど♪さんの文章や私の文章って、文学的じゃなくて……まぁ、どっちかってゆーとキッチリ説明しようとしてる感じなんだけど、それって土のエレメントのせいなのかなー?

ってね。


もちろん、土のエレメントが強くても美しい文章を書く人はいっぱいいるだろうし、水のエレメントが強くても技術文章系が得意な人はいっぱいいるだろうし、こんなことで分類できちゃうようなことじゃないのは分かってますけどね、
エレメントごとで文章にも傾向って多少はあるんじゃないのかな?……なんて、なんとなく思ったのでした。



ほんと、そんなたいした話じゃなくてごめんねー。
19 : 41 : 25 | | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
スピでも宗教でも、同じだと思うの。
2012 / 09 / 18 ( Tue )
私は小学5~6年生の時に、クラスの友達何人かに誘われて、プロテスタントの日曜学校に通っていました。
遊びに行く感覚でしたけどね。

そこで聖書の話をいろいろ聞いて、なんだかワケわからんなー???というのが多かったのですが、
この逸話は大好きでした。



マルコの福音書 5章25節-34節


ところで、十二年の間長血をわずらっている女がいた。

この女は多くの医者からひどいめに会わされて、自分の持ち物をみな使い果たしてしまったが、
何のかいもなく、かえって悪くなる一方であった。 

彼女は、イエスのことを耳にして、群衆の中に紛れ込み、うしろから、イエスの着物にさわった。
「お着物にさわることでもできれば、きっと直る。」と考えていたからである。
すると、すぐに、血の源がかれて、ひどい痛みが直ったことを、からだに感じた。
 
イエスも、すぐに、自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて、群衆の中を振り向いて、
「だれがわたしの着物にさわったのですか。」と言われた。 

女は恐れおののき、自分の身に起こった事を知り、イエスの前に出てひれ伏し、
イエスに真実を余すところなく打ち明けた。 

そこで、イエスは彼女にこう言われた。
「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。
病気にかからず、すこやかでいなさい。」


 



スピでもよく言われますよね。

想いが現実化する

って。
この女性は、きっとほとほと絶望してたと思うんです。
どの医者にかかっても治らなくて、そしてスッカラカンになってしまって。

そんなところにイエスの噂を聞いて、イエスが最後の最後の希望となったと思うのです。
もうそこに「疑い」なんてこれっぽっちも入っていなかったと思うのです。

そして、イエスに大仰に癒してもらわなくても、そのお着物に触ることでもできたなら、きっと私は治る……という具体的なイメージを持ち、それを信じて疑わなかったわけです。


ですから、イエスも
「あなたの信仰があなたを直したのです。」
と、言ったのだと思うのです。

イエスが癒したのではなく、彼女の強い想いが彼女を癒した……というのは、ヒーラーの方なら実感としても分かることなのではないかな、と思います。




私は、スピな人が、宗教を否定するのを時々目にして、ちょっと寂しい想いがする時があります。
スピだって既存宗教だって、そんなに変わらんやん、と思うからです。

ただ、スピはアウトラインが柔らかすぎで、既存宗教はそういう部分が固すぎる……という違いがあるだけやん、と思うんです。
まぁ、あと、なんでもそうですけど、開祖の教えがそのまままるごと伝わるなんてことはありえないので、変質しまくって分裂しまくって、わけのわからんことになっちゃったー…ってのが古い宗教ほど顕著なので、そこを否定しちゃうんだというのは分かりますけどね。


でも、スピだって宗教だって、


なぜ私はこうして在るの?


という根本的な問いに対する答えの在り処を示す「矢印」みたいなものだと思うんです。

自分というのは、この現象界にたまたま生まれて意味もなく存在し時間と共に劣化して消え去る……という存在ではなく、感知しきれない何か大きなモノが意図をもって生み出した愛されている存在らしい……ということまずは頭で知り、それを少しずつお腹に落として行って、

大いなる自己・大いなる世界というものを強く信じる

ようになるためには、こっちの道もいいですよー、という「矢印」みたいなものだと思うんです。
「信仰」って、その強度を表したものだと思うんです。




だからね、
深い教養を身につけるチャンスもなく、とにかく家族のために野良仕事をずーーーっと続けて、死ぬまで現役で畑仕事をして、
みんなに優しくて、霊感なんて無いけど毎朝お天道様に手を合わせて「ありがとうございます。」と深く深く感謝して……なんておばあさんが、もしかしたら最強なのかも、とすら思いますもん。





ああ、しかし、
「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい。」
なんて言葉、ほんとーーーにほんとーーーーーに泣けちゃいますわ。
10 : 30 : 02 | 神様 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
竹島の弁天様にご挨拶しに行ったら……
2012 / 09 / 16 ( Sun )
同じ愛知県東三河地域にある「竹島」に今日の午前中に家族4人で行ってきました。

ちょいと話の流れから、竹生島の弁天様のところ……はちょいと遠いので、竹生島から勧請された蒲郡の竹島の弁天様のところなら近いので、そこにお参りに行こう、ってことになりまして、
新月の今日、午前中に行ってきました。

死んだ私の親父さんがね、長浜市の琵琶湖の近くで生まれ育ちましてね、竹生島とはまったくご縁がないわけではないのです。
なので、竹島の弁天様も多少のご縁があるのかもしれませんね。
こちらに引っ越してきて、まだ娘が生まれる前に、竹島の神社でご祈祷をしてもらったこともありますし。
(その年、我が家からの恵方にある神社がここだったんですわ。)




台風のせいか、風がびゅーびゅーと強かったのですが、引き潮真っ只中の時間に橋を渡って島まで行きました。

竹島


お参りをして、
子供たちの御神籤ひきを手伝ってから、私自身の御神籤をひきました。


すると、「一」と書かれていました。
社務所の方に「一番でした~♪」と申告すると、「おや!」と驚かれまして、御神籤だけじゃなく、何か袋に入ったモノまで一緒に渡してくださいました。

一番御神籤は、大大吉と書かれていまして、
一緒にもらった袋の中には、金色の……これ、なんて言うの?……コレが入っていました。

大大吉

「これは、神棚にお祀りしておいてくださいね。」
と言われたので、今、我が家の神棚に鎮座しておられます。金色のこれ。


話の流れから「竹島にお参りに行くかなー。」と言い出して、すぐにお参りに行ったので、
「よく来たね。」ということで、大大吉をひかせてもらったのかなー?と思いました。
てへへ♪


しかし、大大吉なんてのがあるなんて、知らなかったなぁ~。




……と、弁天様弁天様とさっきから書いてますけど、竹島の祭神は市杵島姫命なのです。
神仏習合のなごりで市杵島姫命と弁財天が同一視されてるところが多いんだそうですね。

お参りの時、5歳の娘に、
「ここの女神様はとっても美人なんだって。だから私もキレイになりたいですお願いします、とお参りするといいよ。」と教えたら、素直にそうやってお願いしたそうです。
女の子だねぇぇ♪

息子は、大きな声で「かみさま、おりがみがいっぱいできますように!」とお願いしてました。
どっかから折り紙がいっぱい届くかもしれませんねぇ~。
そしたら、家の中が折り紙の紙飛行機だらけになりそうですわ。うはー。


ちなみに私はどこの神社でもお参りする時は、「世界人類が平和でありますように。」とお祈りします。
なんかもー、これしかないよねー、って感じになっちゃってるもんで。
20 : 49 : 11 | 神様 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
【民絵屋】Hello from Heaven …大天使アズラエルの絵
2012 / 09 / 15 ( Sat )
先日、大天使アズラエルの絵を描かせてもらいました。
オラクルカードはHello from Heavenで、なんだかとっても久しぶりにひいたカードだなぁ、という感覚でして、
ああ、お彼岸も近いもんねぇ……なんて、思いました。

それで、やはり天国にいる人がこのお客様を見守っているんだろうなぁ~、という感じがなんとなくしたので、そのようなことをメッセージとしてほんの数行添えさせてもらいました。


すると、お客様から以下のメールをいただきました。


たみえさま


本日(14日)”大天使アズラエルの絵”届きました。

ありがとうございます。


ほんとうに…ありがとうございます。



昨年の夏、最愛の人が他界しました。
それも、なんの前触れもなく突然逝ってしまいました。
でも、たぶんいちばん驚いたのは亡くなった本人だったと思います。

そして、
今また夏を迎え、「ああ一年が過ぎたんだ」と思うと、
我ながら「よく生きてきたね」と褒めてあげたい…
そう、まさにそんな思いの時にこの絵はやってきました。

たみえさんから頂いたメッセージを開いた瞬間、
天国にいる…この部分が真っ先に目に入り涙が溢れ出ました。

『天国にいるどなたかが、優しく見守っているというサイン』
今の私にとって、これ以上のギフトがあるでしょうか。
ほんとうにありがとうございます。

私はこれからも生きていきます。


大天使アズラエルのこと、
天使に詳しくない私はお名前も存じ上げずで申し訳ない思いですが、
優しさと美しさと穏やかさを、この空間いっぱいに感じています。




ありがとう!
  ほんとうにどうもありがとう!!

           愛と感謝をこめて




寝ぼけた頭で朝イチにこのメールを読んだのですが、一気に眠気も吹っ飛び、涙がじわわー…と出てきました。




深い愛だ!



ってPCの前で唸っちゃいました。

そして、やっぱ天使ってすげぇなぁぁぁ、としみじみ思いましたね。
このタイミングで、このカードですもんね。
ご注文いただいたのは、ちょうど3カ月前なのですが、夏が過ぎようとしているお彼岸少し前のこの時期に、
天国から「やあ。君を見守っているよ。」というメッセージを届けることができて、ほんとうにありがたいことだなぁ、と感じ入りました。


というわけで。
これが、その大天使アズラエルの絵です。

大天使アズラエル

14 : 04 : 15 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
腹の底から思えた……からの。
2012 / 09 / 14 ( Fri )
昨日の日記をアップした後に、夕食の準備をしてたんですわ。
ざっくざく野菜を切っておりました。
あれやってーこれやってー……と、手順を頭の中で考えつつ、ざっくざく切っていたので、さっきの日記のことなんてすっかり忘れてるぜ状態でした。



そんな状態なのに。



ふと、頭にぽんと、あることが浮かびました。
それは、言葉としてではなく、思考のカタマリのようなものでした。




それをむりむり翻訳してみると、


オカンってば、あたしがお腹にいる時とか、赤ちゃん…小さい時とかに、
私に対してネガティブな感情を持っていたことがあったんだな。
それが、私を縛りつけてたんだ。



って感じです。
ほんと、むりむりです。
これだけで言い表せていないです。カタマリなので。



妊娠しなきゃよかった、とか、生まなきゃよかった、とか、
そんな感じかもしれないですし、
なんでこの子は……とか、ネガティブにもいろいろあるとは思いますが、
何かそういうのがあってもおかしくはないな、と思いました。


オカンはそれまでにもキツいことがいろいろあった人ですし、
結婚しても特に金銭的苦労は大きかったですし、体も弱かったですし、
つわりもほんとーにヒドかったそうなのでね、
結婚し、子供を妊娠して産んで育てる…という過程の中で、特に「娘」である私に対しては過去のことコミでネガティブな想いを持ってもおかしくはないよなー、と、「娘」ってもんを産み育ててる今の私にはカンタンに想像できちゃうんです。

もちろん、「お前なんか産まなきゃ良かった。」なんて類のことを言われたことは無いですし、そんなそぶりを見せられたことも無いんです。
だから、ほんとに一時的なものとして、ネガティブな想いを持っただけなんだろうなー、とも思うんです。






けどね。
その想いがね、じわじわー…っとね、私を縛りつけるような……なんて言えばいいのかなー…。
なんかこー……呪いとまでは言わないにしても、ネガティブな方向に私の体や思考をひっぱる1つの要素になってた……みたいな感じなんだな、と、思考のカタマリとしてドンっと浮かんで、

一瞬にして、納得しちゃったんです。





ああ。
もうそれは、しょうがないことだったんだし、そもそも許すとか許さないとかって話でもなくて、
気づいたんだから、もうそれを解除しちゃえば済むことなんじゃない?


と、次の瞬間には、野菜をざっくざく切りながら思いまして、






ミカエルー。
おねがーい。
とっぱらっちゃってー。





とお願いしました。
野菜をざっくざく切りながら。


この間、ほんの数秒です。
野菜切り終わってませんもん。








自分の身体に深く感謝することができて、
オカンに産んでくれてほんとーにありがとうと深く感謝することができて、
自分の身体を信用しようと、腹の底から思えた……からこそ、
コレがやっと浮き上がってきたんでしょうね。

14 : 41 : 46 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
信じよう、って、お腹の底から思えたんです。
2012 / 09 / 13 ( Thu )
いっこ前の日記で、自分の体に「ありがとうありがとう」ってお念仏のように言ったら……と書きましたが、

その翌日に、

「自分の身体に初めて深く感謝できて、そしたら一瞬だけど世界が違って見えた。」

という私としてはかなり内的インパクトが大きい出来事があったんです。
そのおかげで、今まで自分の体に感謝しなくちゃ、と思ってはいたけど、本気で感謝するなんて気持ちになったことがなかったんだな、と初めて思い知りましたし、
丈夫じゃなくて、モロモロのスペックが低いこの体をとてもじゃないけどちゃんと受け入れるなんてできるかー、ってのが、心のどこかに常にあったように感じます。
染色体が1本多い息子の体はすっかり受け入れてるのにね。


そしたら、その夜に、うさみみさんのこの記事を目にしたんです。
http://celestie.blog23.fc2.com/blog-entry-1475.html

正直うわー、って思いました。
ええ、ほんとに。

感謝するって、すごいことなんだ、すごい大切なんだ、とさらに教えられた感じです。




それでね。

深く感謝できたら、オカンに対して本気の本気で、
「産んでくれて、ありがとう。」
って、思えたんです。
今までの感謝とは比べ物にならんくらいに。


そう思えたら、なんてゆーかですねぇ……


自分の体を信じよう


って気持ちに、なれたんです。
いつ調子悪くなるかわかんなくて不安ばかりで、スペック低くて嫌気がさしたり…ってのばかりだったのに、心底そう思えました。

私が、自分の体を躊躇なく信じられたのって、出産の時だけだったかもしれません。
あの時は……なんでなんでしょうね。
自分の体は絶対大丈夫、ちゃんと子供を産める、って不思議と信頼してたんです。

もしかしたら、ちょっとした「介入」があったのかもしれませんね。
ふふふ。





もしかしたら、これは私にとったら、大きな節目になることかもな、と、感じたりしてます。
まだまだいろいろあって不安にもなるだろうけど、信じようって思えたのは、私にとってはすごいことですもん。
17 : 36 : 44 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「自分の体を大切に労ってね。」と、ラファエルが言いました。
2012 / 09 / 11 ( Tue )
先日、お客様にお届けした絵です。
大天使ラファエルで、オラクルカードが「健康的な生活様式」(←なんだか日本語の方が今回はしっくりくるぞ。)でした。

大天使ラファエル

なんなとくですけど、このお客様は忙しい方なのかなー、と感じまして、
忙しいとは思いますけど、健康にもちょっと留意されるといいかと思います的なことをほんの2~3行書いて送らせてもらったんです。

そしたら、やはりお仕事がお忙しいそうで、ご自身の体のことは二の次だったようなのです。
このご時世、そんな方がいっぱいだと思いますが、やはり体が資本・健康第一ですもんね。
自分の体を労るって大事だよね~、と思いました。






そしたらですね。
昨日、ちょっとした体の異変がありまして。


ああっ。やだなー。
この身体ってほんとにやだ。



という感情・思考が当然かのごとく、まるで反射のように出てきました。
いつものことです。
20歳からこっち体調が不安定で、しんどいことが多くて辛くて、そのために多くのことをあきらめてきたことも、
やりたいことをするための数学脳がごっそり抜けていることも、
さらに見た目のことやらなにやら……挙げたらキリがないくらい、昔っから自分の「肉体」というのもに対してのトホホ感はハンパないものなのです。
「しょうがないよねー。」とは思っているのですが、トホホ感は常につきまとっています。


が。
ふとお客様に書いたこのラファエルの絵がぽんと頭に浮かんだんです。
あ、と思いまして、


「たしかにね、こうやって調子が狂うとかさ、いろいろヤダなって思うことがいっぱいだけど、でもこの肉体があってこそ、私がここでこうやって生きていられるんだから、ヤダヤダって拒否してたら申し訳ないよね。
それに、いいところもあるやん。子供2人も安産で、おっぱいも捨てるほど出たし。これはすごいよね。すごいよね。グッジョブだよね。あたしの体。」


と、思って、お念仏のように
「ありがとうありがとう。私の身体、ありがとう。」
と、心の中で言い続けました。

そしたら、そのうちすーーーっと気持ちが晴れてきました。





物理的メンテナンスをしてても、自分の体に対して反射的に文句ばっか出てるようではダメだよねぇ、と、
そんな当たり前のことに気づいたのでした。
これじゃあ、ちっとも労ってないよね。自分の体のことを。

まだまだ反射的にネガティブな感情・思考が出るだろうけど、そんな時はお念仏のように「ありがとうありがとう。」と唱えようと思います。

18 : 19 : 57 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「初音ミクとスピリチュアル」というサブタイトルに惹かれてしまいましてん。
2012 / 09 / 10 ( Mon )
「初音ミクとスピリチュアル」というサブタイトルがついてるやつを一気読みしましてん。
http://pub.ne.jp/marunohi/?cat_id=156225

んっとに久々に、なぜかなんとなーく「まるの日さん」のブログをクリックしてみたら、初音ミクを通してスピを語っていて、めっちゃ興味深かったです。

ヘミシンクは坂本さんの本を何冊かは読んだんだけど、自分でやりたいとはどうしても思えず、
まるの日さんのブログもちょっとだけしか読まなかったんですよ。

でも、このシリーズはめっちゃおもしろかったなぁ~。
今、自分に必要なこともあちこちに書かれてるなー、と思いましたわん。
ありがてー。
17 : 46 : 02 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オリジナルくまえる★当選者発表★
2012 / 09 / 08 ( Sat )
オリジナルくまえる

こちらの「オリジナルくまえる」の絵プレゼント企画に、fc2ブログとmixiと合わせて49名もの方からご応募がありました。
ありがとうございました♪

そこで、急遽もう1枚を追加しまして、2名の方にプレゼントということにしました。

オリジナルくまえる追加




それで、抽選方法ですが、あみだくじにしようかと準備を始めたんですが、1枚の紙に49本もの線をひくのがめんどくさくなったので、ふつーのくじびきにしました。

くじびき

くじは、息子と娘に1枚ずつひいてもらいました。

……その結果は、


















♪じゃじゃーん。

くじびき結果

fc2ブログの方で応募くださったハルカゼさんえゔぃ1102さんでした。
どちらの絵が届くかは、届いてからのお楽しみということで、よろしくお願いします。


ほんとうにたくさんのご応募、ありがとうございました♪♪

14 : 02 : 11 | くま | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
【民絵屋】不思議な感触の絵★大天使サンダルフォン
2012 / 09 / 07 ( Fri )
先日描かせもらった大天使サンダルフォンの絵です。

サンダルフォン

もちろん、お客様がどんなことを考え、どんな生活をされているか……なんて、私は知らないまま「その一人のお客様のための天使の絵」を描かせてもらっているのですが、
描いている時の感触……みたいなものを、むりむり(←そうなんですよ。けっこーむりくりな作業なんですよ。)言葉にして、ほんの数行ばかりの手書きメッセージを添えさせてもらっています。

そのメッセージの内容というのは、絵を発送してしまうとスカっと忘れてしまうことが多いのですが、
この絵は、あまりに不思議な感触だったので、ぼんやりと覚えています。


そうなんです。
すごく不思議な感触だったんです。

まるで、大きな大きなふわふわのマシュマロでも掴むかのような……でも、触れるとすっと液体になって、まるで海のような……そんな不思議な感触でした。


それを、相変わらずむりむり言葉にしてお客様にお届けしたところ、すごく喜んでくださったご様子のメールをいただきました。
描かせてもらえて良かった、と、素直に嬉しかったです。



画像からも、ぼわーんとした不思議な感触を感じ取ってもらえる……かな?
21 : 20 : 06 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「なんか変じゃね?」という感覚は大事にした方がいいと思うな。
2012 / 09 / 06 ( Thu )
さきほど、これを読みましてね。
http://geopoli.exblog.jp/18936348/


私は、頭の回転があまり早くないんです。
なので、「違和感」を感じてから、それを「言葉」にできるまでかなり時間がかかることが多いですし、
一人では言語化しきれなくて、子供たちが寝てからおとーちゃんに話して、おとーちゃんの意見を聞きながらだんだんアウトラインがハッキリしてくる、ということも多いですし、友達とのメールのやりとりで膝ぽんも多いです。


「なんか変じゃね?」

という感覚は、すごく大事だな、と思うんです。
大事だからこそ、それはどこから湧いてきたものなのか、を、できれば言葉にして認識したいという思いは、なぜか昔から強かったんです。

なので、「あー、なんで私ってこんなに頭わりーんだー?ちくしょー。」と思うことも多くなっちゃうんですが、それでもね、自分なりにね、「なんか変じゃね?」を、稚拙であっても(自分自身に対して)論理的に説明できるようにしたいよな、と思うんですよ。


それにね、こういう積み重ねって人生を大きく変える要素になると思うんですよねぇ。
なので、「なんか変じゃね?」をそのままにしておくのは勿体ないよなー、と思うのです。

10 : 01 : 00 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
【プレゼント】オリジナルくまえる☆色鉛筆画【スパルタかもよ】
2012 / 09 / 04 ( Tue )
ハガキ大の、ぺら紙ではありますが、
こちらのくまえるの絵を1名様にプレゼントいたしまーす。

オリジナルくまえる


★★応募要項★★

● 100均で購入した額でもいいので、とにかく何か額に入れてくださる…というのが応募条件となります。
mixiのこちらの日記または当記事のコメント欄にお名前と当選した場合の連絡先メールアドレスをご記入ください。(鍵つきコメントにすれば私しか見れませんのでお薦めです。)
● 〆切は9月7日24時です。


★★抽選方法★★

● おそらくまた「あみだくじ」だと思います。
● 当ブログとmixiの日記にて当選者を発表します。



★★注意事項★★

● ペラ紙に色鉛筆でぬりぬりした絵といえどもミの字の子分の絵ですので、もしもスパルタが開始となった場合、頑張って乗り切って一皮むけちゃってください。
王子様くまえるは諸事情でプレゼント対象外となりました。ごめんなさい。(←なので、王子様くまえるに対して「オリジナルくまえる」なのですよ。ええ。)


17 : 19 : 26 | イベント | トラックバック(0) | コメント(27) | page top↑
パライバクォーツは、こう使ってたりしてたりして??
2012 / 09 / 01 ( Sat )
この絵は、じぇいど♪さんのパライバクォーツをもらったよ、という記事を読んだ時に下描きはできてたんですけど、諸事情でぬりぬりしてなくて、もうお蔵入りね、と思ってたんですが、
今朝、こんな記事が出てたんで、ぬりぬりしてみました。

るーさん変身

多分、使い方間違ってると思います…。
11 : 15 : 16 | | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |