エノク文字で「くまえる魔方陣」を再構築
2012 / 07 / 31 ( Tue )
例の絵描き&彫り師のteruさんが、こんなすげぇぇものを作ってくれました。
http://nelteatro.blog.fc2.com/blog-entry-16.html



そもそもは、私が冗談でこんなものを描いたのが始まり。
くまえる魔方陣

すると、月子さんが
「エノク文字でくまえる魔方陣を作ったら?」
と、自らエノク文字をひっぱってきてくれました。

でもアナログで絵を描く私には無理だー、と言ったら、teruさんが「じゃあ、あたしが。」とさくさくと『くまえる魔方陣の再構築』をしてくれました。

日本語とは文字数が違ってくるので、私と月子さんとteruさんの3人であーでもないこーでもないと真剣に話し合いまして、あのような魔方陣を最終的に再構築するに至りました。
いや~、面白かったよぉぉ~。



この魔方陣に対して、


くまえる、出できてーや!

と、召還呪文を唱えると、くまえるがほんとにやってくるかもしれません。
でも、忘れないでね。

くまえるは、ミの字の親分のつかいっぱーで、けっこースパルタな大熊天使ですからね。
ご利用は計画的に♪
スポンサーサイト
17 : 27 : 32 | くま | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
「リオ会議でのムヒカ大統領のスピーチ」をうさみみさんが紹介してました。
2012 / 07 / 27 ( Fri )
うさみみさんが紹介してました。

http://celestie.blog23.fc2.com/blog-entry-1437.html


どんどん消費していかないと経済が停滞してしまう……
どんどん消費していかないと発展していかない……


どう考えても、どん詰まりだよなぁ~、と私ごときでも分かるんですけど、
じゃあ、どうしたらいいかなんてのは当然分からなくて、まさに

これが人類の運命なのか?

と問わずにおられんです。


10 : 00 : 53 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【民絵屋】大天使ラジエルの絵と、お客様とのやりとり。
2012 / 07 / 22 ( Sun )
この大天使ラジエルの絵をお客様にお送りしたところ、届いた当日すぐに感想メールをくださいました。
その時のお客様と私のメールでのやりとりの一部をご紹介します。

なお、オラクルカードは「Spiritual Understanding」でした。

大天使ラジエル

**********************************************************



★Yさまからの感想メール★

今回、感想をメールするのに躊躇しております(決して気に入らないのではありません)。
が、発送のご連絡を頂いた際、天使の絵の感想について(是非お願いします)という文言が、何故か強く胸に残りまして、「届いたら、感想を送らなくちゃ!」と思ったので、思いきって感想を送らせていただきます。

この数ヶ月、とても楽しみに到着を待っていました。ミカエルさんにガツンとやられるのかなー、メタトロンさんに苦手な整理整頓を言われるかなー、可愛い絵かしらなどと思っておりました。
また辛いときは何故かたみえさんの絵が観たくなり、ランダム写真館をしょっちゅう観ていました。

正直、絵の第一印象は違和感が強かったです。本当に気に入らないのではなくて、高貴すぎる、霊厳あらたかすぎる、と申しましょうか。上手く言えないのですが、私の私自身へのイメージより、私についていてくれる天使さんが、高貴なことへの違和感を感じました。

また色見もゴールドの大きな玉?を持っていたり、全体的に綺麗な虹色の絵なのも予想外でした。ランダム写真館で、全体的に緑、青、オレンジ、黄色という分かりやすい絵に馴染んでいたので。

ラジエルさんも正直?な天使さんで、今私にこのラジエルさんの絵が来たことが不思議でもあります。

こんな感想で、本当に申し訳ありません。

ただたみえさんが書いて下さった、「自分を信じて」という一文に全てが詰まっているようにも感じています。ここ数年の辛かったことを振り返ると全て自信が持てなかったことに起因するように感じていました。

もしかしたら、本当の私は、もしくは目指すべき私はこんなに美しい、高貴な魂だと教えてくれているのかもしれないと感じています。
そして、この絵を開封して、絵の前で30分、高貴すぎると悶々としていましたら、お腹が異様に空きました。たまたまかもしれませんが、夕食後、すぐだったのに、お腹が空いたことも珍しかったので報告させていただきました。

本当にこんな感想で申し訳ないです。だけど、高貴なラジエルさんと仲良くなりたいし、今後にわくわくもしています。親近感を持てる自分になれたらなー。大切にしますね。



★たみえからの返信メール★

お忙しい中、絵が到着してすぐに感想メールを送ってくださり、ほんとうにありがとうございます。

Y様のおっしゃるとおり、ラジエルという天使は私もなかなかの「高貴さ」をいつも感じます。
もちろん、どの天使も高い次元においては崇高さや荘厳さを放っているのでしょうし、私たちの本質である魂も同質だと思うのですが、
私ごときでもなんとなく感じることができる天使の雰囲気というのは、やはり「認識しやすいように波動を落としてくれている」ところでのものだと思うので、親しみやすさなどが加味されていることが多いのですが、
ラジエルはほんとうにずーーっと高貴さを携えた天使だというのが、私の印象なのです。

> もしかしたら、本当の私は、もしくは目指すべき私はこんなに美しい、高貴な魂だと教えてくれているのかもしれないと感じています。

私も、Y様の魂の本質はラジエルのそれにとても近いのではないか、と思います。
それが覆い隠されてしまっている状態だからこその違和感ではないか、と、メールを拝読して感じました。
今のご自身をなかなか信じることができなくても、Y様の美しい高貴な魂を信じてみてはいかがでしょうか。
きっと少しずつ、その美しさ・高貴さが、Y様を通じて表出されるようになるのだろうと、私は思います。



★Y様からのお返事メール★

昨日はメールを頂き、ありがとうございました。たみえさんの暖かいメールがとてもとても嬉しかったです。

私のラジエルさんは、私も美しいと感じています。たみえさんの仰るように、現在の私でなくても、本質の私の美しさを信じようと思います。

自分のいたらなさや、欲深さを好きになれないけれど、そういうことも含めて、こんなに美しく、高貴だったら、本当に本当に嬉しいです。欲深さより、そこに罪悪感を持つことの方が問題なのかもしれないですね。

昨日はラジエルさんに仙人の雰囲気を感じましたが、今は女神的にも感じています。私がおののいているから、少し私に馴染みやすくしてくれているのかもしれません。ただ最初に感じたラジエルさんの目の強さ、意思の強さは変わりません。不思議なのは、お口は描かれてないのに私にはスマイルに見えるんですよね。
いずれにせよ、ラジエルさんの雰囲気がしっくりくる自分になる、もしくは自分だなーと気付けるようになろうと思います。



**********************************************************

私は、天使の絵を描くために、おそらくお客様と一時的にコードをつなげてもらいチャネリングのようなものをしているのだろうな……というのを薄々自覚してはいるのですが、
それを声高に言いたくはなくて、民絵屋のお店サイトにもそのようなことは書いていません。

というのも、「なんとなくそのように感じる」という程度にしか私には認識できませんし、チャネリングを生業としている方のようにハッキリと言葉にしてお伝えすることができないからです。
ですから、絵と一緒にお届けするメッセージもほんの2~3行のものですし、場合によってはメッセージを書かないこともあります。

あくまで、「天使の絵」を手にして眺めることで、お客様ご自身でいろいろ感じて欲しいからです。

しかし、今回のY様のように、ちゃんとご自身で分かっていらっしゃっても、素直に受け止めきれないような場合は、こうやって少しだけそのお背中を押すことも、私の仕事の一環なのかな……?と、このやりとりを通じて感じました。



ちなみに。
メッセージを書く時も、このように返事を書く時も、だいたいは「思いつき」で書いています。
深く考えて書いていません。
書かされてる感が強いです。

ですから、メッセージは特にそうですが、書いて絵と一緒に発送してしまうと、「何書いたっけ?」という状態になります。
コードが抜けて「はい、おしまい。」なのだと思うんですが………鳥頭のせいも否定できません
17 : 32 : 43 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くまえる召還
2012 / 07 / 21 ( Sat )
くまえる魔方陣でくまえるを召還だ!
えいっ!



















でろろろーん!

くまえる召還



…と、この絵は、ハガキに描いたものです。
民絵屋の絵を何枚もリピートしてくださっていて、そしてとてもくまえるをかわいがってくれているお客様に送らせてもらいました。

多分、もう届いてるハズなので、公開しちゃいました。
22 : 05 : 27 | くま | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
teruさんのものつくりブログ
2012 / 07 / 20 ( Fri )
タミエルの横顔を描いてくれたteruさんが、その絵をブログで紹介されてます。
こちら~。
http://nelteatro.blog.fc2.com/blog-entry-12.html


最近は、絵描きというより彫り師だな、という感じですよ。ええ。
すごいの彫ってますよ!
ほんとに器用だなぁ~。

10 : 44 : 16 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くまえる魔方陣
2012 / 07 / 19 ( Thu )
くまえるが召還できます。
ミの字の親分の代わりにぱしぱししてくれます。


くまえる魔方陣


なんちゃってー♪
17 : 33 : 15 | くま | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
はたと気づいて、ゾッとした。
2012 / 07 / 18 ( Wed )
うまいこと言えへんのやけど、んでもゆーてみる。


夕べね、おとーちゃんとニュース見てて、例のいじめ問題で、訴えられてる市側は和解を考えてるとかってのを聞いて、
おとーちゃんが、それはそれでええんやないか、ってゆーたの。

学校とか教育委員会とかの対応のマズさを認めて、ごめんなさいってことやから。

で、実際のいじめをした本人と親に対しては裁判でどんどん自分らのやったことをしっかり向き合わせたったらいいって。



たしかにね。
そりゃそうだ。


と、思ったのね。
でもね、ここで、ちょっともにょりまして。

ほら、あたしって教育学部出で、同級生も先輩も後輩も「学校の先生」をしてる人が多くてね、
みんな頑張ってるんやけど、手が回らんってことはやっぱりたくさんあるみたいでさ、
なんでもひとくくりにして今の教育が悪い学校が悪い先生が悪い…って言う意見を聞くと、そんなことないよー、って思っちゃうのよね。つい。

もちろん、このいじめ問題の関係者としての教育者たちは問題アリアリだったんだろうけどさ。



でね。
学校の先生やってる同級生の話を聞くとさ、家でちゃんと躾けされてへん子ってほんとーに困るんだって。

あたしさー、学校ってさー、基本は「勉強をするところ」だと思ってんのね。
でもって、「集団の中で自分がどうやってふるまうべきか」を、その子その子の性格や感性でもって学んでいくところだと思うのねん。

もちろんある程度の「生活指導」って先生がすべきだろうとは思うけどさー、
先生が躾けをせんとアカンというのはおかしいと思うんよ。
てか、そんなことしてたら、先生ってキャパオーバーもいいところやし。

んでさ、そもそもがさ、先生が「おい、おまえら、いじめなんてするなよ。」って注意してやめるような子供たちなら、最初っからやってへんと思うんよ。



人の嫌がることはしない。
ダメなものはダメ。


ってさ、子供の時に徹底的に叩き込むのが親の最低限の努めだろうに、って、やっぱりそこに私は行っちゃうわけなのよん。



でもさ、おとーちゃんが「いや、それを言い出したら云々。」って言うから、
「えー。それは分かるけどー、でもさー。」って、こっちもいろいろ言ってたたんでけどね、
その会話の中で、


大人の見てないところでいじめをするような子供って、信用できる大人・目標となりうる大人が近くに誰もいないんんじゃないか。


ってところに行き着いたのよん。
子供って、バカだけど賢いからね。
そういうのって、分かるやん?

どんなに言葉で躾けようとしても、親の態度が外と内でチグハグだったら、先生の態度がチグハグだったら、子供を躾けられるわけないし、
子供もそんな大人を見て、それを雛形として取り込んじゃうだろうしね。








でさ。

自分も含めてたくさんの人が批判してるやん。
あのいじめ自殺問題もそうやし、原発のさまざまなことにしてもそうやし。

んでさ、そうやって批判してる時って、自分の立ち位置ってどこにある?

あたしはね、
あたしはちゃんとした大人やで、という立ち位置におるんやと気づいたんよ。

あたしはちゃんとしてる、あたしはそれが正しくないと分かってる、
でもあんたらはちゃんとできへんかったでしょ?
なんで?なんでちゃんとせーへんかったの?

って感じ。



それってさ、「当事者」じゃないんやよね。

当然やと思う?
自分はほんとうに関係ないと思う?

……って、自問したらゾッとしたのよ。

宮沢賢治やったっけ?
世界中の人が一人でも不幸せなら自分は幸せになれない、みたいなことゆーてたのって。

あれって、レベルの高い人の感覚やなー、って思ってたけど、
そやないんやな、って、あれはほんとにそうなんやな、となんでか思ってしまったんよ。


たしかにあたし自身はいじめをしたこともないし、中学生の頃からずーっと原発には反対やったし、子供たちには基本的な躾けをしてるつもりやけど、
でもね、
今までの「感覚」やったら、「信用できへん大人たち」の一部のままなんやな、と思ったんよ。



や、だからって、どうしたらいいかなんて分からんへんけどね、
でもさ、
「あなたが悪い。」と言うだけなら、ずっと「信用できへん大人たち」の一部でしかないんやろうな、というのだけは分かった気がするんよ。


あああ。
うまく言えてへんの分かってるけど、ちょっとはなんか伝わってくれたらうれしいんやが~。
10 : 28 : 09 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
【民絵屋】大天使アリエルと大天使ウリエル
2012 / 07 / 14 ( Sat )
このアリエルの絵について、以下のようにお客様から感想をいただきました。
ちなみに、オラクルカードは「Spread Your Wings!」でした。


大天使アリエル


*******************************************************************************

こんばんは。

無事に届いております。
今回もありがとうございました。

さなぎからかえった蝶のように、翼を広げて飛び立とうとしているのが
なんとも印象的ですね。
頂いたメッセージを拝見して、下側に広がる赤は情熱の色なのかなとも
思ったのですが、体という血肉を得て生きてきた今までのいろいろな人生を
表しているように感じました。
そして、色は赤いけれど、宇宙のようにも感じるんですよね。。
見るたびになんというか、奥行きがあって目が離せなくなってしまいます。

今までがあったからこそ、できること。していけること。
それを感じる毎日です。
翼を広げねば蹴落とすのも辞さないようなアリエルさんの熱さも感じる気がするので
すが(苦笑)
えいっと飛び立ってみようと思います。
忘れていた自分の中の熱さも思い出させてくれた気がします。

素敵なご縁をありがとうございました^^



*******************************************************************************


生絵のこの赤はもっと濃厚なので、私も自分で描きながらも、
「へぇぇー。なんかめっちゃ深い赤やなー。血のようでもあるし、異次元の空みたいでもあるなー。」
と、不思議な気持ちで眺めてた絵でした。


なので、お客様も同じような印象を受けられたというのがこれまたとても不思議な気持ちになりました。
……そして、私も、お客様と同じことを思いました。
わっさーと翼を拡げないと、アリエルに怒られそう、って。
これはもう、お客様には頑張ってわっさーとやっていただきましょう!



ところで。
この絵と似たような構図の絵を、最近描いていたんです。

大天使ウリエル

大天使ウリエルです。
天使の姿としては同じような構図となっていますが、アリエルの方は「濃厚」って感じなのに比べて、このウリエルの方は「すっこーん!」という感じになっています。

お客様の絵なので、もちろん発送させてもらいましたが、この絵は手元に置いておきたい~!とすごく思いました。
このすっこーん!とした感じがやみつきになってしまいました。



13 : 42 : 59 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
【民絵屋】ザドキエルの絵と、ザドキエルからの依頼。
2012 / 07 / 12 ( Thu )
お客様から、こちらの天使の絵への感想をいただきました。

ザドキエル


ブログ掲載をご快諾くださったので、以下に転載します。


***************************************************************

民絵屋
たみえ様

こんばんは。
6月の中旬に天使の絵を届けて頂きました、S県のTと申します。

御礼と作品の感想が大変に遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。
遅ればせながら、感謝をお伝えしたくメールを送ります。
この度はお忙しい中、素晴らしい天使を届けて下さりありがとうございました!

発送のメールを頂いた日、翌日からあるセラピーの講習会に泊りがけで行くことになっていました。
帰宅後に受け取るという状況に、何かある感じがしました。
というのも私は講習会に行くことを自分で決めたというのに、日が近づくにつれて
「これは自分にとって本当に必要?理解できなくて、うまくいかないんじゃないか・・・」
と不安になり、行きたくないなあ・・・とさえ思ったりしていました。

けれども、「帰ったら天使に会える。だから頑張ろう」
と講習中に自分を励ましたりしてなんとか日程を終えました。
なのですが不安な気持ちのままだったからか、終日体調も優れず、
翌週末にも続きが予定されていてこんな状態で来週も行けるのだろうか・・・
ともやもやした気持ちを抱えていました。

帰宅後、そんな私を迎えてくれた天使はザドキエルさんでした。
「Teaching and Learning」
たみえさんのお手紙を読んで、はっとしました。

自分を変えたい、輝きたい!と思って勉強した知識も、
私はただ頭に詰め込んでいただけで、知識を得た後に実践してみたり、
自分を見つめていく作業をしていなかったことに気づきました。
今まで「学ぶ」ということを、本当にわかっていなかったなあ・・・と感じました。

作品のザドキエルさんは、両手をふわりと広げて上から射す光のを見上げています。
以前、私のハイヤーセルフのメッセージを受け取ってくださった方から、
「上を見よ」と伝えて頂いたことを思い出しました。
気になっていた言葉だったのでこの姿を見たときにこれだ、と思いました。

背景の緑色のグラデーションが、大好きな新緑に囲まれているような感じがして嬉しいです。
中心の黄色(金色でしょうか)も、内側からやわらかな輝きが広がっていくようにも見えます。
ザドキエルさんと同じポーズをして立ってみると、
木々の葉が風に揺れるさざめきが聞こえるような、森の中にいるような気がしてきます。
木漏れ陽の下で思わず深呼吸したくなるような、すうっと心が開かれていくような感じがしました。
とても気持ちがよく、安らかになっていく私がいました。
翼の紫色も、カラーセラピーで背中に出たことがある色でした。

私は自分に自信がなく、信頼もできず、
どうせ自分にはできない・・・、それをして何になるの?
と、始める前からできないと決めつけてみたり、
新しいことに挑戦することを怖れて、否定して逃げることを繰り返してきました。
講習会に行く前に沸き上がってきた否定的な気持ちも、
なぜそう感じるのか?とその段階で感情を見つめることができていたなら、
これはいつもの自分の否定パターンだ!
と気づいて、最初から気持ちを切り替えて行くこともできただろうなあ、と思いました。
感情をみつめることも知っていたのに、使うべき時に使えていなかったな、と気づきました。

お手紙と作品のおかげで、翌週の講習会は前回と違い落ち着いて取り組むことができました。
ありがとうございます。

自分が選んだことや起こる現象、出会う人や物、場所、自分がどう感じるかなど、
普段の生活の中にも、学びの機会は常に与えられているのだなあと思いました。
一見よくないと思えることも、自分をより理解するためのサインのように思えてきます。

たみえさん。
素晴らしい作品と、本当に学ぶこととはどういうことか、
を考える機会を下さってありがとうございます。
ザドキエルさん。
これからも光の方向へガイドをよろしくお願いします。
ゆっくりな歩みかもしれませんが、心を開いて学ぶことで喜びながら成長していきたいです。

稚拙な文章で長々と連ねてしまい、すみません。
お時間いただきありがとうございました。

心からの感謝を込めて・・・



***************************************************************



………実は、ですね。
お客様へのちょっとしたメッセージを書こうとした時に、珍しくザドキエルに言われたのです。

「この者は、ほんとうに学ぶということをこれから理解しなければならない。まだ分かっていないのだ。だからそれを伝えて。」

といった内容の「思考のカタマリ」をドカンとザドキエルから放りこまれたのでした。
しかし、面識も無い人に『あなたは学ぶということの意味を本当には分かっていないので、それを学ばなければならないそうです。』なんて失礼なこと言えないよぉぉぉ!……と、ザドキエルに断りの思考を送り返しましたが、ザドさんは絶対に退きませんでした。
押したり押したり…が4往復くらいありましたかねぇ……。

ですから私が諦めまして、
「じゃあ、上手にメッセージを書けるようにしてちょうだい。」と、お願いしてメッセージを書き始めたところ、なんとか失礼のない文章になったと思いました。


でも、お客様の上記のメールを読んで、それで大正解だったようだと分かりました。
さすがザド先生です。
素直にお仕事引き受けずに何度も押し返したりしてごめんなさい。


お客様ご自身がご自分の「課題」をちゃんと見つけるためのキッカケに使ってもらえたことは、ほんとうに有り難いことだなぁ~、と思っています。
ありがとうございました。
14 : 51 : 26 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
teruさんが、タミエルの絵を描いてくれました♪
2012 / 07 / 07 ( Sat )
言わずと知れた、なにみえ絵師さんのお一人でもあるteruさんが、
私の上のヒトの一人であるタミエルの絵を描いてくれましたぁぁぁぁぁぁ!
うおおおおお!
どんどこどんどこ。(←小躍り中)


teruさんはタミエルを描くとは言わず、たみえさんの絵を描くと言ってくれたんですが、
どこからどう見てもこれはタミエルだもんね~♪
ひゃっほー♪

タミエル


そしてこの絵は、こんなに小さいの~。
すごいよね。
こんな小さいのに、キレイに丁寧に描けてるんだものぉぉ。

タミエル


teruさん、ほんと~にありがとうございました♪♪
うれしすぎー。
16 : 13 : 21 | いただきもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
かみねんどなくまえる
2012 / 07 / 06 ( Fri )
娘が欲しいというので、めっちゃ安い紙粘土を買いました。
そして一緒にこねこねしてみました。

くまえる。
ちょっとばかし、おててが短いねぇ。

かみねんどくまえる
12 : 43 : 03 | くま | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
【民絵屋】お客様が天使の絵を紹介してくださいました。
2012 / 07 / 03 ( Tue )
お客様が、天使の絵をご自身のブログで紹介してくださいました。
http://wakuwakust.exblog.jp/15687219/


一歩踏み出す前の不安というのは、すごくよく分かります。
ええ、私なんぞはすぐに不安に負けて「やっぱやーめた。」と言ってしまう癖が、ある時期からついてしまいましたから、すごくよく分かります。

でも、決断するまで悩みまくるというのも、悪くはないのかも、と思ったりもします。
もちろん、それでチャンスを逃してしまっては勿体ないので、そこはちょうどいいタイミングで決断しないといけませんが、それでもたくさんぐるぐるした果てに出した決断というのは、なかなか翻らないものではないかな、と私は思ったりするのです。


08 : 32 : 30 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【民絵屋】お客様の感想と、大天使チャミュエル。
2012 / 07 / 02 ( Mon )
大天使チャミュエルの絵への、お客様からのご感想を紹介します。
(くださったメールの一部です。)


大天使チャミュエル




感想…ですが、とーーーっても好きな色合いです!初めて拝見するのに、昔からうちにあるような感じがします。受け取る前には、ブログやHPで拝見していた作品を眺めながら「どうなるのかな~」と想像していたのですが、やっぱり私にはいただいた絵がしっくりします。地面に足も羽もしっかり着いていて、現実的な面をしっかりしなさいよ、と言われているような気がしています。
Career Transition、とのことですが、最近お仕事に対する気持ちや意識の変化があったり、趣味のところで対価が発生する依頼をもらうことが続いています。自分が本当にしたいことは何なのか…以前、私のハイヤーさんと交流した方からも同じメッセージをいただきました。それから自分でも意識するようにしていたのですが、仕事が忙しくなって;;見通しが悪い中を過ごしている気分でした。
大天使チャミュエルさんにも言われてしまいましたので、ますます意識してみようと思います。チャミュエルさんが手に何かを持っていらっしゃいますが、それは私のものを一時預かりしてくださっているような気もします。(持っておくから分かったら受け取りにおいで~、みたいな…。)

余談なのですが…絵をいただいた翌日の夕方ある約束があって車を運転していたのですが、微妙に時間のかかりそうな道を選んでしまい「失敗したな~」と思っていました。そうしましたら、びっくりするほど美しい夕焼けを見ることができたのです。まわりに障害物の無いところで、半分は青空、残りの半分にはオレンジ混じりのピンクの雲がふわ~っと広がっていました。もうひとつの道を選んでいたら見られなかった景色でした。
大天使チャミュエルさん、実は初めて耳にするお名前でしたので、ネットで調べていたところ、「ピンク色の光…夕焼けを見るときに思い出して…」なんて言う言葉を見たのです。
車を運転しながら、チャミュエルさんだー(安直ですが;;)と思っていました。





「私は大天使〇〇である!」
と、声が聴こえるとか、姿が見えるとか……よりも、私はこういう「接触」の方が好ましいとすら思うのです。
そしてそれは、いつでも誰にでも起こりうることなんじゃないかな、と思うのです。

ですから、お客様からこのような感想メールをいただき、ほんと~に心がほっこり嬉しくなりました。


……チャミュエル、やるなぁ。
ふっ。
21 : 44 : 45 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |