くまえるの階級は?
2012 / 06 / 20 ( Wed )
じぇいど♪さんちのアノ記事


たみえさんとこのくま天使は環っかがありますが、大天使ですか?(ニヤリ


と、コメントがついていました。
おおおお。
たしかに、くまえる@黄色いくま天使にはくるくるの環っかがありますわ~。


ということで、本人にインタビューしてみました。
回答はこちらでした。

大くま天使

オソレオオイので「だいくまてんし」ではなく、「おおくまてんし」と呼んでやってくださいませ♪
スポンサーサイト
15 : 27 : 29 | くま | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
「天使の環」アリとナシ
2012 / 06 / 19 ( Tue )
じぇいど♪さんちの今日の記事、読みましたん?

そーいえば、あたしってば、以前にらくがき4枚を続けて描いたんだけど、
ちゃんとミカエルとラファエルには「天使の環」を描いてたよー。
良かったぁぁ。じーちゃんにダメ出しされるところやった。


●ミカエル
ミカエル

●ラファエル
ラファエル


るーさんとタミエルは環っか無し。
ぺーぺー。

●るーさん
るーさん

●タミエル
タミエル
17 : 21 : 12 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
鏡リュウジさんの講演会に行ってきました。
2012 / 06 / 18 ( Mon )
お月ちゃんに誘われまして、昨日、名古屋に行ってきました。
あの鏡リュウジさんの講演会に行ってきました。

昨日はお父ちゃんがちょうど地区のバレーボール大会に出なきゃいけないからとお休みを取っていたので、「行ってくればいいよ~。子供たちの面倒見てるからー。」と言ってもらえたのでした。
……バレーボールも予定通り一回戦で負けたおかげで、早々に帰宅してくれたしね。お父ちゃん。
むふ。



というわけで、早めに名古屋に行きまして、お月ちゃんと一緒に早めに会場に行き、最前列で鏡リュウジさんのお話を聞くことができました。




感想を一言で言うなら、




鏡さんってば、ほんとに頭がいい人だっ!




に尽きます。
占星術のことをよく勉強している人から、TVや雑誌の占いを見るだけという人まで、いろんなレベルの人がまぜまぜになっている聴衆に対して、
みんなにとって学び甲斐のあるお話を1時間半もずーっと話し続けるなんて、ほんとに頭がいい人じゃないとできないぞ!と、感動すらしました。


鏡さんは講演内容について、人生の先輩方からすれば「そんなの分かりきった話だ。」と言われるようなことだと思いますが…と、前置きされていました。
確かに、そうかもしれません。
しかし、それを占星術からの切り口だけでなく、豊富な知識に裏付けされたさまざまな切り口で語ってくださるので、理解もしやすいですし、とにかく飽きないのです。
お話がとても面白いのです。


そして最後に、

Seeing with different eyes

と、ホワイトボードに書かれました。
講演会中、「鏡さん鏡さん?なんでその話を出してくるの?私たちの会話を覗いてた?」ってお月ちゃんと私でツッコミを入れたくなるくらい、シンクロが多かったのですが、
最後の最後にコレですか!!と、お月ちゃんと顔を見合わせて、クスっと笑ってしまいました。

ええ。
毒親記事つながりで、じぇいど♪さんが「客観視」について記事をアップしてくれたばかりですからね。

もちろん「違う視点を持つ」ということと「客観視を鍛える」ということは厳密には違うことなのですが、
「視点を変える」という意味では同じだと思います。
固定された視点から、違う場所に視点をズラして世界や自分を観るのですから。


と、
クスっと笑いつつも、鏡さんのお話はやはりとても深くて、すぐにまた聞き入ってしまいました。




それで、ちょっと思ったことがありました。

違う視点を持つ、ということは、
「それまでの視点を捨てる」というわけではない、ということです。

時々、がっつりとスピにはまった後に「スピなんてー」とバッサリ切り捨てる人を見かけるんですが、
それって、スピという「新しい視点」を見つけて、その視点ばかりで見ちゃってたんだろうなー、と思ったんです。

そういう意味では、私は子供の頃から2つの視点で世界を観ていたことになります。
ものすごく科学が大好きで、科学的な枠組みで世界を観ている自分と、
霊感の強い家族がいたおかげで、見えない世界が厳然とあるという視点で世界を観ている自分。

それらが相容れない時も若干ありましたし、その2つの視点を持っていてさえ「自己の世界観の再構築」が必要な時もありました。

けれど、私にとっては2つの異なる視点で世界を観るというのは当たり前のことだったので、
違う視点を手に入れた時に、そちらの視点に偏ってしまう
という感覚が分からなかったのです。
どちらの視点からもがっつりと世界を観たいと思う私は、もしかしたら欲張りなのかもしれません。

そして、きっと、鏡さんもそういう意味ではすご~く欲張りな人なんだろうな、と思いました。
だから、鏡さんの「世界」は広い上にバランスが取れていて、お話がとても面白いのでしょうね。




著書も多い方ですが、ライヴでお話を聞く機会があったら、参加されることをお薦めします。

あ~、行けて良かったぁぁぁ。
おとーちゃん、ありがとぉぉぉぉ。







14 : 39 : 11 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ブログを見てメールをくださった「ゆみ」さんへ。
2012 / 06 / 15 ( Fri )
ブログを見てメールをくださった「ゆみ」さんへ。


返事が戻ってきてしまいます。
携帯メールのようですが、何か受け取り拒否を設定されてるのかなー?と思いました。

というわけで、ここでお礼をば。

メールをありがとうございました。
五井先生関係の記事はそんなにありませんが、よかったらつまみ食い程度にブログを見ていってください。

ではでは。
17 : 33 : 25 | おしらせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「毒になる親」という本について、ちょっと追加。
2012 / 06 / 14 ( Thu )
昨日書いた記事に、これを書こうかどうしようか~、って思ったんですけど、
情報過多になるのもなんだしなー、と思ってやめたんんですよ。

そしたら、ちゃーんと指摘してくれる人が現れるものなんですねぇ。
ああ、やっぱり必要なんだな、と思いまして、ちょっとばかし追加しときます。



この本の著者も言ってますが、この本だけでなんとかしようとするよりも、できるならちゃんとした専門家にカウンセリングしてもらった方がいいと思います。
この本を途中まで読んだお月ちゃん曰く



『感情的になりにくく(情動をきちんとコントロールできる人、という意味で)、かつ、理論傾向の強い人』



でないと、一人で読んで一人で解消していこうとするのは危険かもしれないと私も思うのです。
自分の感情と思考をある程度客観視できる人でないと、どえらい混乱に陥り、さらにややこしい思考パターンを生み出すことにもなりかねないからです。

そして当然ですが、なんらかの精神的な病気や障害、発達障害などを持っている人は専門家の手助けが必須です。



お月ちゃんのマイミクさんが
「この本は、毒にも薬にもなる本」と評してましたが、うまいこと言うなー、と座布団を出しそうになりました。
ほんと、それくらいパワフルな本なんだろうな、と思います。
13 : 40 : 36 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「毒になる親」
2012 / 06 / 13 ( Wed )
先日、mixiの日記に以下のように書いたんです。

***********************************************************

最近、すごく思うんです。

自分が過去世をちらほら思い出して、その感情をリアルに感じると同時に俯瞰して眺めていると、

やっぱり人間って、「今の人生」をどう生きてきたか、どう生きているのか、が一番の鍵なんだなー…。

って。




今の自分の在り方次第で、過去世の記憶を十分に活かせる場合もあるし、振り回されるばかりになることもある、と思うんです。


思い出す人生というのは、だいたいにおいて深い傷を受けてしまったようなものが多いと思うんです。
ほどよく幸せ~♪ってのがずーっと続いた人生ってのは、大きなドラマが無いから思い出さないことの方が多い気がするんです。


なので、今の自分の「芯」がしっかりしていないと、傷だらけの人生の記憶たちに揺さぶられて、ぐらぐらしっぱなしになる場合もあるだろうと感じるんです。

もしも今の人生で残念な家庭環境で育ち、自己肯定感がしっかり育たなかったとか、逆にそんな自分を支えるために過剰なプライドを築くしかなかったとか、
そういう人が傷だらけの人生をあれこれ思い出したとしたら、
過去世の自分と精神的に同化して一緒になって悲嘆に暮れてばかりだとか、
過去世の周囲の人たちへの憎悪が上乗せになってしまったりとか、
そこでずっと立ち止まったままになってしまう危険性も大きい気がするんです。



そして。
過去世の「物語」、上の「物語」って、今の自分を大きく投影していると私はすごく強く思うんです。
干渉し合ってる、とも言えると思いますし、
過去世を『思い出して認識している』のはどうしたって自分のエゴを介するので、そこで脚色されるとも言えると思います。

なんにせよ、今の自分を大きく投影しているものだと思うからこそ、これらの「物語」を通して、今の自分の無意識にあるブロックなどを探してひっぱり出すということが可能なんだと考えてます。


あくまで、「今の自分」が鍵なんだと強く思います。















んじゃ、「芯」がしっかり育てられなかった人はどうしたらいいの?……ってのは、ごめんなさい。
わからーん。
でも、それはその人が自分でなんとかするしかないしなー。

私ができることは、自分の子供たちに毎日毎日「生まれてきてくれてありがとう。」って感謝を伝えて、ぎゅーーーーっとして、ごはんを作って、一緒に笑って、子供たちの自己肯定感をすくすく育てることだけだもの。

子供たちの自己肯定感をすくすく育ててやれば、
大樹のような息子の本質も、
花のような娘の本質も、
陰ることなく生き生きと表現されるような、そんな人生を生きていけるようになると信じてますもん。



***********************************************************


そしたら、その2時間後にふらっと立ち寄った近所の本屋でこの本を見つけました。


毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)
(2001/10/18)
スーザン・フォワード

商品詳細を見る


文庫本なので、お手頃価格です。


「わからーん。」って私が言ったので、きっと「この本がいいぞ。」と教えてくれたんでしょうね。
とあるミの字さんとかが。

読んでみました。
これ、どの人にもおすすめです。
というのも、二部構成になっていて、
まず第一部で「毒になる親」とはどんな親か、をタイプ別に詳しく説明してくれています。
『神様のような親』
『義務を果たさない親』
『コントロールばかりする親』
『アルコール中毒の親』
『残酷な言葉で傷つける親』
『暴力を振るう親』
『性的な行為をする親』
と、このようにタイプ別に説明しています。
そして、このような毒になる親がなぜこのような行動をとるのか、を説明しています。

このような「毒になる親」に育てられた子供は、自己肯定感も育たず、人間関係もうまく築けず、肉体や精神にも支障が出やすくなります。
一番問題だなぁ、と私が思うのは、親に対する怒りを親本人にぶつけられないため、それらはどんどん潜在化していき、常に心の奥では怒りが溜まっている人間になることです。
そうなると、ほんのちょっとしたことでも潜在化した怒りが吹き出し、本来ぶつけるべき相手ではない『自分より弱い相手』にその吹き出した怒りをぶつけることになるのだそうです。
そのような「毒になる親」に育てられた子供に見られるさまざまな問題点も分かりやすく説明されていました。

そして第二部では、このような「毒になる親」から自分の人生を取り戻す道が説明されています。
ものすごくザックリ言えば、
自分の親がどのような親なのかを「正しく認識」し、
自分が親から受けてきたことの責任は自分には無く、責任は親にあることを心から理解し、
今まで自分の奥の方にしまい込んでいた本音や感情としっかり向き合って、
最後に、親に本音を伝える、
というプロセスになります。

死んでしまった親にはお墓の前で手紙を読む、暴力など命の危険がある時も手紙で伝える…などとも書いてありましたが、
とにかく、親に(感情的にではなく)しっかりと本心を伝える、ということがとても大切になるのだそうです。
もちろん、これは『親に理解してもらう』というのが目的ではありません。
おそらく親はそれまでの態度を変えず、子供に罵詈雑言を浴びせたりコントロールしようとしたりする場合がほとんどらしいです。

それでも、親に毅然と本心を伝え、相手の態度にも動じず自分の言うべきことを伝えようとすることで、
親子のパワーバランスが変わっていくのだそうです。
つまり、親にからめとられていたエネルギーを取り戻し、自分の人生を生きるために使うことができるようになるのだそうです。


これは、専門家の間でも賛否があるそうですが、私は個人的な経験から、たしかにこれは強力な方法だと思います。
実は私の母親が、かなり潜在化した怒りを抱えていた人なので、すごくキツかったのです。
特に母親の実の母である祖母との確執に唯一の孫娘である私も心理的に巻き込まれていたことが小さな頃からとてもキツかったのです。

そして、社会人になって2年目だったハズです。
長期休暇で転勤先から実家に帰っていた時に、またしてもその確執に巻き込まれた私は、ほんとうにもうダメだと、突然何かがプチンと切れてしまい、母に「どれだけ私が子供の頃からしんどかったと思ってるの!」と泣きながら本音をうわーっと言ってしまったのです。

……私ね、その時の母の顔が今でも忘れられないんですよ。


人間ってね、理解を超えたことを言われると、あんな呆然とした顔になるんだ、って、初めて知りましたから。


ああ、この人は全然理解してないな、と思いました。
そしてその通りだったと思います。その後、それについて母から何か私に弁解なり怒りなりを伝えてくることがありませんでしたから。
おそらく、母の中では「なかったこと」になってると思います。


でも、それでも、事態は何も変わらなくても、長年言えなかったことを勢いに任せてでも言ったことで、確かに私は自分のエネルギーをある程度取り戻したような……ちょっと自由になったような感覚がハッキリとありました。
母と祖母の確執に私が巻き込まれる必要はどこにも無い、という宣言を自分にしたようなものかもしれません。

あれが分かれ目だった気がすごくするのです。
そしてその後、何年間にも渡って少しずつ母親と自分の関係を(私自身の心理面において)なんとかしようとした結果、
『6~7歳以上の女の子がお母さんに甘えてる姿を見るとイヤな気分になって落ち着かない』というのも無くなり、
女の子を産み・育てることへの抵抗もほとんど無くなりました。

そして、つい最近です。


「あたし、オカンとは性格的に合わないんや。オカンを好きやないって思うところがあっても仕方がないんや。それで私が罪悪感を感じる必要は全くないんや。」


とお腹の底から思えてから、それまでも娘をかわいいと思っていましたけど、こんなに「娘」ってかわいかったっけ?って思うくらい愛情がどばーっとあふれるようになりました。
それまでも愛情たっぷりで育ててきたつもりだったけれど、当社比で200%アップ!……みたいな感じです。
ほんとに自分でも不思議なんですが、人間ってそういうふうにできてるんでしょうね。

「ほんとうの自分」というのは、きっと愛に溢れた存在なんだけれど、
それはそれはいろんな思い込みや罪悪感や潜在化した怒りやらなにやら…で、エネルギーが消耗されて、自分らしく生きていない場合の方が圧倒的に多いような気がします。




というわけで。
この本、おすすめです。
13 : 06 : 59 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
さをり織りの作品4つ。
2012 / 06 / 08 ( Fri )
じぇいど♪さんがブログで紹介してくれましたが、
うちのおとーちゃんがお勤めしているNPO法人は知的障害・身体障害のある方々を支援しとります。

その中で「さをり織り」を作るというのがあり、担当の職員さんが頑張って商品化しております。
小さい団体なので、担当職員さんもその仕事ばかりしているわけじゃなく、ネットでお店を開くほどたくさんの商品が随時あるわけではないのですが、
すべてが一点モノで、手作りのとてもあたたかい商品ばかりです。


そして、先日。
年に一度やっている「地域のクリエイターさんたちと一緒に開催するワンデイショップ」に朝イチに行って購入してきたのがこれらさをり織りの作品です。

さをり織り


ピンク系のふさふさ付きが、じぇいど♪さんの。
ピンク系のくるみボタンがついてるのが、月子さんの。
ブルー系のポーチが、月子さんと私の大事なお友達の。

そして、くまが私の!
娘が「いいなぁ。」って羨ましがってたけど、あげないもんねーー。
これは私のだーーー。

名前は「たーくん」です。

たーくん

たーくん、テレビの下の棚に鎮座しとります。
抱えてるのはコレ
誕生日にプレゼントしてもらったもので、天使の絵を描く時にいつも近くに置いてる大切なガラス細工です。
たーくんが守人……守熊として護ってくれております。
むふ。

10 : 13 : 33 | NPO法人パルク | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
授産所が母体となっている古民家カフェでお昼をしてきました。
2012 / 06 / 06 ( Wed )
額屋さんから、注文しておいた額が仕上がったというお電話を先週末にもらっていたので、
お父ちゃんがお休みの今日、一緒に取りに行ってきました。


額屋さんのところまで行ったので、んじゃ〇〇のラーメン屋にでもお昼を食べに行く?と訊いてみたら、
お父ちゃんが仕事の関係でお邪魔したことがある古民家カフェ・もくせいの花に行ってみる?ここからなら遠くないよ、と言ってくれたので、行ってみることにしました。

障害者のための授産所が母体となって、古民家をオシャレに改装してカフェを運営しているのだそうです。


………す、ステキなお店です!
もぉーーーめっちゃ好みです!

…って、そりゃそうですわ。
お店の説明を読んでみたら、新城市の戸田工務店が手がけたって書いてありましたもん。
ここの新聞折り込み広告を見るたびに、いいなぁ~いいなぁ~って思ってたんですもん。
やっぱいい仕事するなぁぁぁ、と感動。


外観も内装もテーブルも椅子も庭も好みだったので、それだけでもウキウキだったのですが、
飲み物代プラス100円のシフォンケーキのモーニング(←お昼でもやってる)も、飲み物代プラス250円のブランチセットも、美味しかったんですよ♪
(もちろん、このあたりの価格なので、飲み物も350円~450円くらいです。東京みたいにお高くないですわよ。)

もくせいの花のセット

ここの手作り豆腐が人気だそうなんですが、たしかに美味しかったし、シフォンケーキも美味しかったです。
障害者の人たちが頑張って作ってるものなんだろうなぁ~、と思いながらいただきました。

お店の接客に出ていた2人のうち、1人がダウン症の人でした。
とても楽しそうに働いているのを見ていて、うちの息子も大人になったらこうやって素敵カフェで接客できたらすごーく喜んで働くだろうなぁ~、と思ったりしました。
こつこつお仕事する子だし、人と接するのが大好きだし。




と、大満足でお店を出ると、お父ちゃんが、
「すぐ近くだから、あつみに行く?」と言ってくれたので、またしても嬉々として行ってきました。
田舎のスーパーなのに、品揃えがなんだかとってもオシャレで、たまーにここに来ると買わなくてもついついいろんな商品を眺めてしまうのです。

そして、だいたいいつもお茶系を買って帰るのですが………


ありました。
またしても私のハートをがっちり掴んでくれましたよ。
こんなお茶がありました。

チャクラのお茶とペパーミントティー

なんですか?これ??
チャクラに良いお茶みたいですわよ!奥さんっ!

えー、それぞれのチャクラに合わせて7種類のお茶(ティーバッグ)が入ってるそうです。

チャクラのお茶

どんな味がするんでしょうねぇぇぇぇ~……。
美味しいといいなぁぁぁ~…。
(ちなみに一緒に買ったペパーミントティーは美味しい。)




と、スーパーでもハイテンションになり、大喜びしながら帰宅したのでした。
たまにはこういう日があってもいいよねー♪
15 : 19 : 31 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
現在、金星が日面通過中なので……
2012 / 06 / 06 ( Wed )
むかーし描いた「あかつきの天使」をペタリ。

2010_1206_あかつきの天使

ツイートもしたけど、
あたしド近眼でさー、んでも度が強い眼鏡だとすごく疲れるし頭痛くなることもあるから、運転できるくらいでのよわーい度にしてあるのね。

そのせいで、日面通過してる金星が分からなくてさー
目のいいお父ちゃんはハッキリ見えるらしくて、むっきーとなってたら、
おとーちゃんが息子の双眼鏡で見ようって言い出して、

私が眼鏡の上から日食メガネをホールドして、
その上にお父ちゃんが双眼鏡を当ててくれ、
その状態で太陽を探して視野に入れ、
そこでお父ちゃんに絞りを調整してもらい、いい塩梅のところでストップをかけたら……


見えたよ!
めっちゃハッキリ見えたよ!
(もちろん、ちょっとだけ見てすぐに止めたよ。目のため…ってのもあるけど、庭には蚊が多いんだもん!)


ひゃっほー♪
たまたま今日はお父ちゃんお仕事お休みで良かったぁぁぁ。
ひゃっほー♪♪


※追記※
さっきからピーカンになってきたので、今、もっかいチャレンジしてみたら、
私の目と眼鏡と日食メガネだけでも金星を確認できました!
やった~♪
最初にチャレンジした時はまだ雲が多かったから、見にくかったのね。きっと。
11 : 25 : 00 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
06/04のツイートまとめ
2012 / 06 / 05 ( Tue )
TAMIEYAtamie

mixiのニュースでさっき読んだんだが、東尾理子さんが「クアトロテスト検査」ってのを受けて、お腹の子がダウン症の可能性があると言われたそうなのだ。でも羊水検査はせずに生まれてきた子を受け入れるとか。羊水検査ってのも大変そうだからそれがいいよ~って思った。ショックだったろうけど。
06-04 10:07

ダウン症の赤ちゃんの半分は心臓に問題があって手術することになるし、重い合併症が重なる子もいる。うちみたいに入院経験のない子の方が稀らしい。ダウン症だとそういう心配がついて回る。知的障害だって重度だと言葉が出ないし。でもかわいいんだよ。ダウン症の赤ちゃんってほんとかわいいんだ。
06-04 10:12

理子さんのお腹の子が健常児ならいいな、と同じ「オカン」としてはもちろん思うけど、もしもダウン症の赤ちゃんだったとしても、どうか合併症の少ない子であるといいなぁ、と思う。障害があろうがなかろうが親にとって子供が元気なのがなによりだから。元気に生まれておいで。
06-04 10:15

04 : 21 : 26 | Twitter | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
【民絵屋】ご注文からお届けまでのお時間について。【現状報告】
2012 / 06 / 03 ( Sun )
みなさま、民絵屋をごひいきにしてくださり、まことにありがとうございます。


えっとですね。
ほんとに申し訳ないのですが、7月下旬から小学校では夏休みというものが始まってしまいまして、
でもってですね、8月中旬の10日間ほどは保育園まで夏休みになってしまうという事態となるハズで、
これはもう、

オカン、毎日が日曜日!

なのです。
オカンにとって日曜日って素敵な休日じゃないんです。
じっくり絵を描いてられるとは到底思えない状況になります。


そんなわけで、現在の予約数から考えますと、今からご注文くださる方へのお届けは、8月下旬以降……う~ん…9月に入ってしまいそうです。
お待たせして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。

20 : 22 : 53 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |