身体的にも霊的にも「体質改善」をすることは大事だと思うなぁ。
2012 / 02 / 27 ( Mon )
土曜日の夜に放送されてた「夜なのにあさイチ」を録画しておきまして、今朝見たんですね。
イノッチ好きなところに漢方薬特集なので、ぜひこれは、と思いまして。

ええ。
なかなか面白かったです。
有働さんが半年間にわたっていろいろ処方されてた漢方薬は全部私も飲んだことあるぞー、とかね、笑っちゃいました。


漢方薬にはほんとーにお世話になっておるのです。私は。
お付き合いが始まって20年近くになりますかね。
転勤先の沼津で通い始めた病院で漢方薬を処方してもらったのがキッカケでした。

名古屋に帰ってからも、心療内科でも漢方薬がメインでしたし、借りていたアパートの近くに漢方薬に詳しい薬局がたまたまあったので、そこのおじーさん先生にもほんとにお世話になりました。

そして、今住んでいるところでは、鍼や漢方薬に強いお医者さんが近くにあるので、ずーっとお世話になってます。
自律神経失調で、不定愁訴のオンパレードな私にしたら、漢方薬での体質改善は欠かせないアプローチなのです。


漢方薬でも即効性があるんですけど、やはり基本的には「体質改善」をして、さまざまな症状を治していく……というところに強みがありますよね。
西洋医学のお薬は、どうしても対処療法ということになりますから、両方の良さを上手に組み合わせるというのが患者にとってはありがたいよなー、といつも思います。

というのも、
私はおっぱいがほんとーにたくさん出まして、息子の時も娘の時も、ちょこちょこと乳腺炎になってたんです。
こうなると、自分でつまったおっぱいをこつこつと絞り出しながら、抗生剤と抗炎症剤を服用しないと辛すぎました。
だって、ぱーんといきなり40℃近い熱が出るんですからね。
こんな時は対処療法がどうしても必要ですよね。
なので、近所のお医者さんでも、漢方薬以外にも抗生剤と抗炎症剤を処方してもらっていました。

でも逆に、どうしても頭がガンガン痛くて吐きそうになっちゃうくらいだー、って時に鎮痛剤を飲むのはもちろん大事なんだけど、たとえばそれが女性ホルモンのアンバランスから来てるものなら、それを改善する漢方薬を飲み続けて、鎮痛剤に頼らない身体に改善していくことってすごくいいことだと思うんですね。



こういう使い分けというのは、患者もよく理解していないといけないよなー、と思うのです。






で。
ふと思ったのですが。




ヒーラーさんとか霊能者とか……いろいろ呼び名はあると思うんですが、そういう「見えない世界のことに精通している人」に相談する時っていうのも、クライアント側もちゃんと理解してないといけないんじゃないかな~と思ったりしたんです。

そーゆー人たちに相談したりセションを受けたりするというのは、何か苦しいことがある場合が多いと思うので、即効性のある対処方法を示されたらすごく嬉しいですよね。

このヒーリングを受けたら楽になる、
この○○を買って供養したら楽になる、

そういうのって、ありがたいなって思う気持ちはほんとによーーーく分かるんです。
私もそういう体験いっぱいありますから。


でも、あくまでそれは霊的対処療法であって、それと平行して霊的体質改善もしっかりとしていかないといけないと思うんです。
そして、それは身体の体質改善と同じで、こじれ具合がヒドければヒドいほど、何年も何年もかかる大仕事だと、これまた私自身の経験から思いますし、
じぇいど♪さんのアメリカ時代のブログを読んでいてもそれはよーく分かりますよね。



……でね。
これは私が個人的に感じることなんですが、
ほんとに信頼できるヒーラーさんだなー、とか、霊能者だなー、と感じる人っていうのは、
対処療法も示してくれるんですけど、体質改善の方法も少しずついろいろ教えてくれることが多いんです。

で、そーゆー人って、能力の高さに関係なく、自然体だったりするんですよね。
そして何かしらの魅力が感じられるんですよ。まっとうな人間的な魅力が。

なので、そういう人が示してくれた「こういう方法もあるんだけどねー。」というアドバイスは素直に自分の中に入ることが多いです。





実は、知り合いにいるんです。
まるで病気がなかなか治らないから、次々と病院を渡り歩くように、霊能者を渡り歩いてる人が。
「霊的対処療法」で問題を解決しようとばかりしてるんですね。
もちろんその人の問題は何十年と根本的解決には至っていません。
自覚があるなしにかかわらず「自分の外側」に原因を求めているうちは、そのループから抜けられないんだろうなー、と(たま~にですけど)会うたびに思わされます。


ま。
そう言っても、私もきっと何か違うループの中をぐるぐるしてるんでしょうけどね。
自分の姿ってのは、どうしたって自分では見えないですもんね。




というわけで。
とにかく、体質改善は大切なことだと思うです。身体的にも霊的にも。

スポンサーサイト
15 : 29 : 03 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
くまさまワンド
2012 / 02 / 26 ( Sun )
今日の占星術講座でるーさんが持ってた「くまさまワンド」って、これです。

くまさまワンド
★さなーとくまさまワンド★


むかーし、確か……青い月さんとのやりとりがあって、冗談で描いたワンドだったと記憶してるんですが、
先日、ふと思いついて昔の画像をがさごそしていたら、これが見つかったんですね。
そして、mixiの日記にアップしてる途中で、タミエルがるーさんに「どうぞ。」とプレゼントしてるイメージが湧いてききまして…。
そのために昔の画像なんてガサ入れさせられたのか~、と笑っちゃった一品です。


で。

もともとの機能は子守歌を歌ってくれるというものだったんですが、
るーさんがもしかしたらオカシな機能を追加したかもしれません……。
タミエルとるーさんがそんな会話してたので…。ふっ。

07 : 33 : 48 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
私は自分では読み解けないけど、月子さんの解説はある程度理解できて星読みってほんとに面白いと思えるのです。
2012 / 02 / 23 ( Thu )
じぇいど♪さんのこの日記に関連しましてー。


自分もチャート作ってみたー!さっぱりわからーん!

と、じぇいど♪さんが言うので、どれどれ……と私も彼女のチャートを拝見したんですが、

私もわからーん!

で、ありました。
当然ですが。

もちろん、ぱっと見て惑星の偏り具合からめっちゃおおまかに分かることか、太陽が何ハウスにいるからこんな感じかー、とか、そーゆーカンタンなことくらいは分かりますけど、
私は星読みを本格的には勉強していないので、自分では深く読み解けないんです。

でも、基礎の基礎は知っているため、月子さんの解説はそこそこ理解できて、「ああ、なるほどね~。こりゃザ・じぇいど♪っていうチャートになっとるね~。」って言えるというわけなのです。

たとえるなら、
数学のテストで、自力では解けないんだけど、先生が答え合わせで説明してくれることは理解できる
ってのと似てます。

チャートを自分でそれなりに読めるようになるには、しっかりがっつり勉強をしないと難しいと思うのですが、
基本的なことを知っておくと、星読みの解説はある程度理解できてすご~く面白いんです。

なにみえのゆーるい講座では、基本的なところを知ろう!というものなので、この講座だけでがっつりチャートを読み解けるようになる……なんてことは到底無理無理なのですが、
それでも、誰かにとってこれが良いキッカケになってくれたらいいな~、と思いながら3人で打ち合わせを続けております。



次回から少しの間は、頭の中で「天動説の世界」を思い浮かべてもらいながら読んでもらうことになりますので、
ちょっとばかり頭を使ってもらいますが、楽しんで読んでもらえるといいなーと思っております。


******

mixiの日記にちょっとだけこの記事のつづきを書いてます。
よかったらどうぞ♪

11 : 00 : 50 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ディスレクシアのケ。
2012 / 02 / 21 ( Tue )
以前、関ジャニ∞の横山裕くんがカタカナで読んだり書いたりすることがすごく苦手だということをテレビ番組内でやっていた時、その時は、おやおや、と思っただけだったんですが、
最近になって、ふと気づいたんです。

私もカタカナって苦手やったわ!

って。
気づくの遅いですね…。


ひらがなは、すーっと読めます。もちろん「音」を聞いてそのまますーっと書けます。
漢字は表意文字なので、ぱっと見ればすっと意味も想起できるし読めます。書く方は……パソコンを使うようになってからちょっと「あれ?」ってなることが増えましたが、ふつーに書けてると思います。

横山くんは、聞いた「音」をカタカナで正確に書くことが難しいようでした。
私は「音」を聞いてそれをカタカナに書くことに問題はないんですが、読む方はちょっとアヤシイのです。
ひらがなの場合みたいに、見たまますーっと読めなくて、一字一字読まないと間違えてしまうんです。(なので、本やマンガをぱーっと読んでる時には、カタカナの固有名詞をよく間違えたまま読んでることが非常に多い。)
でも、こーゆー自分が子供の頃から当たり前だったので、自分がカタカナ読みが苦手なんだとことさら意識することはありませんでした。(←カタカナ盛りだくさんのマニュアルを書いてたくせに!)


多分、カタカナの読みに関しては、私はかるーい読字障害(ディスレクシア)のケがあるんでしょう。

こういう部分的なディスレクシアのケがある人って、案外いるんじゃないかなー?と思うんですが、実際はどうなんでしょうね?

人間が文字を発明してからまだ5~6千年ですもんね。
言語中枢のように言語に特化した「文字認識」に関する脳の中枢があるわけじゃなくて、代替的に何段階かの経路を使って文字を読んだり書いたりしてるそうなので、どこかでちょいと不具合があったら、スムースには働かないことになりますもんね。

元総理の麻生さんが漢字をよく読み間違えてたのについて、養老先生が「もしかしたら漢字に関する読字障害かもね。」って発言をされてたとかってのをチラっとどこかで目にした覚えがありますが、
もっと有名なところではトム・クルーズがかなりの読字障害らしいですね。(どうやって台本を覚えてるんだろ~?)



というわけで、こういうのって「生まれつき便秘になりやすい」「生まれつき肌が弱い」とかってのと同じようなもんだと思うんですよ。

なので、識字にちょっと手間取る人をバカにしちゃいかんですよね。
(そいえば、小学5~6年の時に漢字はもちろんひらがなもちゃんと読めなかった同級生がいたけど、字が読めないせいで勉強はあまりできなかったようだけど、会話しててるとふつーだったし性格もいい子だったんだよなー。んでもって、誰もからかったりバカにしたりしなかったなー……というのを思い出した。いい子の多いクラスで良かったなぁ。)

11 : 25 : 54 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(21) | page top↑
過去世の物語は、幾通りもあるような気がする。
2012 / 02 / 20 ( Mon )
今年になって、タミエルの「あの子」や「親友」とのことが出てきたおかげで、ちょっといろいろ考えておりました。


そもそも私が2009年冬至のヒーリング中に観たビジョンというのは、

タミエルがミカエルに剣でお腹を刺された

というものでした。
しかし、当時仲良くしてくれてたヒーラーさんはこのビジョンについては、
『闇に落ちそうになってたタミエルを救う最後の手段として、タミエルのツインが刺した』ものを、顕在意識の私はミカエルに刺されたと解釈したと説明してくれました。

ああそうなのかー、私よりうんといろんなことが分かる人がそう言うんだから、そうなんだなー…

と、すんなり受け入れました。



そこから、それまでは無関心だったツインというのがキーワードになるような出来事がたくさん起こってきて、いろいろ多くを知ることとなったのですが、

でも、やはりあそこでお腹を刺したのはツインではなかったな、と今の私は思っているのです。

かと言って、ヒーラーさんが言ったことが間違っていたのか、というと、多分「間違っていた」というわけでもないのだろう、と思うのです。
というのも、前世を知るということは、まるでRPGのようなものじゃないか、と思うからです。

たったひとつの物語のルートしかないのか、というと、そんなことはなくて、いろんな分岐があって、いろんなルートがあって、いろんな「私」がいると思うようになってきたので、
あの時にヒーラーさんが観たルートはそういう物語であったけれど、
今の私が感じているルートというのは別の物語になっている、という、ただそれだけのことなんじゃないか、と思うのです。





自分より能力のある人がそう言ったからそれが正しいというわけでもないだろうし、
自分が観たものだけが絶対無二かっていうとそういうわもでもないだろうし、

人間は、観たいもの(または魂にとって必要なもの、あるいは成長する上で都合のいいもの)を観てる、としか言えないんじゃないかなー……と、最近はすごくそう思うのです。


















で。
昨日、タミエルが「あの子」が心配だったので前線部隊に志願した時、ツインはものすごく心配していたけど、案の定ああいうことになってしまったので、
「突然大切な人が失われた、と伝え聞いた時のこっちの気持ちが分かる?」
「…ごめんなさい。」
といった感じのやりとりを突然チラ観えしたんですが、


ねーちゃんに怒られてる弟……みたいだなー。


と、思っちゃいましたよ。ぷ。



某先輩(←姉のいる男性)の名言。

『おねーちゃんに勝てる弟なんて、この世におるか?』


14 : 32 : 15 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
天使の羽……?
2012 / 02 / 19 ( Sun )
天使が周囲にいる時は、部屋の中にいても白い羽が落ちてくるとか……。





……ん?
そんなの、しょっちゅーだけど???

それって、羽毛布団の中身がたまたまチョロンと出てて、それがあちこちにふわふわ~と飛んで、結果的にふわふわ~と上の方から私に向って落ちてきただけだと思ってたんだけど?




事実はそうだとしても、これからは、
「あらー。ミカエルかしらー?ラファエルかしらー?むふふ♪」
っていちおー思ってみることにします。
その方が楽しいしー♪




ところで。
天使の羽といえば。


昨日、マイミクさんからプレゼントが届きました。

タミエルの羽

タミエルの羽をイメージして作ってくれたそうです。

めっちゃ綺麗で、鳥肌が立ちました。
でもって、ちょっと別ルートからタミエルの羽の話が出たばかりだったので、なんちゅーシンクロやねん!とこれまた違う意味で鳥肌ものでしたわ。
11 : 06 : 00 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
すぐに調子に乗っていい気になるからなー。エゴってば。
2012 / 02 / 17 ( Fri )
mixiの日記に、今話題になってるオセロの中島さんの件についてチラっと書いたんですよ。
占い師や霊能師ゆーてもピンキリやし、能力の高さと人格の高さは別モノやし、どんな存在がサポートしてんのかってのもあるんやけど、
なんで「どうやらエゴが肥大して暴走しちゃったっぽい人」に縁づいて、がっつりとコントロールされるような状態になってしまったんやろうな~…、「ご縁」ってなんなんやろなぁ~って考えてしまうわ…、ってなことを。



で、ちょいとマイミクさんたちがコメントくれたんで返事を書いてたんですけど、書きながらしみじみ思ったんですよ。
たしかにね、あるよなー、私にも…って。

「わぁ、たみえさん、すごいですー!」

とかってキラキラな感じで言われると、「そんなことないですー。」って答えるし実際にそう思ってるんやけど、
でも心の一部では「えへへー。」となってる部分もあるんですよ。
それが全く無いとは言えへんよなー、と自分でも分かってるんです。

自分の仕事に対して喜んでもらえた感謝してもらえた、というのを、
自分そのものを評価された、と受け止めてしまうと、そりゃエゴはどんどんいい気になっちゃいますわな。


エゴは全くの不要なもんやなくて、この肉体で生きてる間は上手に使っていくもんやと今は思ってるんで、自分ごときのモンであっても、気をつけんとなー、と思います。うん。ほんとに。



17 : 17 : 32 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
高貴な生まれの人ほど、生まれた時間・場所やほんとうの名前は明かさない…なーんてことは昔から聞くけれど。
2012 / 02 / 15 ( Wed )
ゆるーいゆるーい占星術講座の本編が始まりました。

今回の記事では、やはり


「生年月日&出生時間&出生場所という情報から時間軸触れちゃったりする」
「そのセキュリティ構築はけっこーめんどくさい」



というちゅまちゃん情報が驚きですよね。
そして、月子さんもなにげにさらりと「時々ぱぱーっと見えちゃうことがあってー。」なんてスゴいことゆーてましたね。


でも、打ち合わせ中にこの話を聞いた時には、「あー、やっぱりネー。」って思いました。私は。
昔からそーゆー類のことは言われてますもんね。
高貴な生まれの人であればあるほど、生まれた時・場所や、本当の名前というのは絶対に他人に明かさないって類のハナシは。


で。
やっぱり「名前」とか「住所」ってのでも、非物質的にもその人を特定するなんらかの目印になってるんだろうなー、ということを私ごときの人間にもちょっとした「感覚」でもって感じているんです。

民絵屋にネットを通じてご注文をいただくと、私はお名前と住所と電話番号を「お客様ノート」に手書きで書き写しているのですが、
その作業というのはほんとにただふつーに書き写してるだけなんです。
まぁ、書き写しが無いか、2~3度チェックしながら……って感じで、決してトランス状態とかそんなことはありません。

でもですね。
こうやって書き写していると、なーんか「ピッ」ってつながる感覚がう~っすらとほんの~りとあるんです。
どこに?ってのは私も分かりませんが………むりむりに表現すれば、お客様のハイヤーさんを「ピッ」と特定して、「よろしくおねがいしまーす。」ってハイヤー同士で挨拶してる……みたいな感じですかねぇ~。
または、それこそなんからの(上の)位置情報だけとりあえず確保した…みたいな感じかなぁ~…。

そして、実際に絵を描く作業になると、もう位置情報はあるのでスムーズにつながって必要な絵が描ける……みたいな感じなんです。
それは、「コードがつながってる」という表現もできるかもしれないんですが、あくまで向こうのハイヤーさんが許可した部分にのみ一時的につながってる…みたいなものだと感じますし、
私はどえらいサイキッカーってワケじゃないので、なーんにも見えませんから安心してくださいね。
ただ、「あー、お疲れなのかしら~?」とか「天使がすごくがっちり守護してるっぽいなー。」とか、そーゆーめっちゃ漠然とした感じを描いてる時に感じるだけなんですよ。
(なので、絵を送付しちゃうとコードがぱちんと切れるので、メッセージとしてお客様に書いた内容すらすっかり忘れてしまうことが多いんです。てへ。)


あ。
特定されちゃうなんてコワイー!って感じる人もいるかもしれませんね。こんな話をすると。
けど、誰でも守護存在がその人に合わせた非物質的セキュリティを構築してくれてると思うので、必要以上に恐れることはないと思います。
なので、ご自分の守護存在に対して「護ってくれててありがと♪」ってお礼の気持ちを向ければ良いんじゃないかなー、と私は思います。




******

この後、mixiの方でもちょっとつっこんだコト書いてみました。
興味のある方はそちらもどうぞ♪
13 : 37 : 41 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
るーさんとタミエルがゼオライトで作ってくれた「エネルギー的な蓋」のお話。
2012 / 02 / 14 ( Tue )
昨日のじぇいど♪さんの日記で、
るーさんが私にゼオライトで作ったエネルギー的な蓋をしてくれた……というエピソードがちょろんと載ってましたが、
それについて、当時mixiに書いた日記を以下に転載してみますね。

ここに出てくる「オトモダチ」がるーさんです。



で。
私がどうなったかというと………
そいえばだんだん調子が良くなってる気がするです。
この蓋をしてから。
以前よりぶっ倒れることが減ってきて、なにより「身体、ちょっと動かしたいなー。ヨガとか太極拳とか、なんか習いにいこうかなー。」って(まだ思うだけだけど)思えるようになりましたもん。
以前はそんな余裕は全くなかったですからね~。

で、この蓋をしたのが去年の秋の頃で、クリスマスイヴには関ジャニ∞のコンサートに行けちゃったもんなぁ~。
夏の頃だったら、「行きたいけど、体調が不安定やもん。無理だなー。」ってすぐにあきらめてたと思うし。

うん。
蓋、効いてるのかも!




***********************************************************

てなわけで。(ってどんなワケだよ。)
昨日はぶっ倒れたわけですが、実はもう数日前からちょっと「なんかイマイチだなー。」とは感じてました。

それは体調と言えば体調なんだけど、
なんてゆーか、身体の芯が重い……みたいな感じで、
もっと言えば、なんとも「空気」が重いってゆーか、密度が濃くて重いみたいな感じ。

でも、身体が動かないとかしんどいとかってんじゃないのね。

朝と昼の温度差が大きいからね。最近。
自律神経が乱れやすいのは分かっているので、それが原因なんだろうと思ってました。
……まぁ、エネルギー的な何かもあるのかも、とチラリと思わなくもなかったけど、あたしにはちっとも分からんことやしさ。




で。
火曜日に、友人が遊びに来てくれて、ホロスコープのことをいろいろ解説してくれたり、関ジャニの話で盛り上がったり、私の実家のオカルトな話をひーひー言いながら聞いてくれたり……しておったのですが、
その時に彼女が言い難そうに言いました。



こんなこと言っていいのかどうか分からないし、それが正しいというわけでもないと思うんだけど……、
たみえさん、ここ(ぼんのくぼ)のプラグに(いろんな人や存在に)コンセントさされまくりなんじゃない?
蓋、した方がいいと思うなぁ~…。



と。
すごいなぁー、と思いました。ほんと。
というのも、この2~3週間くらいなんですが、すごくじわーっと思うことがあったんです。


人間をエネルギーを吸い取りやすい方と、吸い取られやすい方とにムリムリに大きく分けたとしたら、
あたしは「しゃあないなー、もってけー。」ってタイプなんだろうな、と。

今まで自分は吸い取るタイプではないだろうとは思ってたんですが、
けっこー気前よくあげちゃうんじゃね?
と、なんだか急にじわじわーーーっと感じるようになったんです。

で、彼女と話してて思い出したんですが、そいえばずーっとお世話になってる霊能師の先生のところに初めて行った時に、本人霊感うすうすで自覚ナシだったんですが、そりゃもーなにやらいっぱい私に寄っ掛かってたみたいで、先生が
「あなたの魂は気が優しいっちゅーか、『行くとこないの?んじゃしばらくここにいてもいいよー。』って言っちゃうみたいだねぇ。」
と言ってたんです。

近年では、娘が生まれてから途端に体調がダメダメになってたのも、旦那の叔母さん(←4歳で死んでる)が成仏してなくて、自分のおっかさん(←旦那のばーちゃん。ボケがかなり進んでるが健在)の周りをずーっとうろうろしてたけど、
私の「娘」を通して、私からエネルギーをちゅーちゅー吸い取るようになった……ってのも、いろいろあって「あ!」って指摘されたし。
(で、これについては、旦那の実家のお墓を直す時に、お地蔵さんも建立させてもらいまして、それから1年経った頃にふと「あれ?あたし最近元気かも?」と思うようになったのですわ。それがまだ去年の秋よ。)


なんかねぇー……。
なんちゅーかねぇー……。


表層意識の自分としては、んなもんエネルギー吸い取られて、体調不良って形で不具合が出るってーのはかなわん!って強く思うのですよ。

でもね。
自分の奥の奥の方……では、
「んでもちょっと調子悪くなる程度なんだから、あげてもいいよねー。」
みたいな「想い」ちゅーか、思考のカタマリみたいなものがあるなー、ってのが、この2~3週間くらい前からじわじわと感じるようになったんです。




で。
思い返せば。
これは友人にも話したんですけど、
私はお父ちゃんと付き合いだして数カ月後に胃腸風邪をひいたのがキッカケではあったんですが、すこんと身体がおかしくなってしまったんです。
ほんとに体調が不安定で、しんどいことの方が多いくらいでした。

が。
お父ちゃんが卒業して、社会人になって、沼津に転勤になり、私は4年生……って時は、これがなかなか調子が良いことが多かったんです。

で。
翌年に私が社会人になり、私も沼津に転勤になったのですが、ほぼ2年間私は寮(といってもアパートの1室)で1人暮らしだったのです。
この間、すぐ隣の建物が男性寮だったので、お父ちゃんも近くにいたんですけど、
「一人で暮らしている」ということが、めっちゃ「軽かった」んです。
それまで家族と一緒に暮らしていたけれど、
一人で暮らすということがこんなに「軽い」ことなのか、とすごく感じたのを覚えてます。
そして、もちろん、当社比では体調はそこそこ良かったんです。


でも結婚してお父ちゃんと一緒に暮らすようになったら、だんだんとまた調子が悪いことが多くなり、
名古屋転勤後はほんとにダメダメで心療内科にお世話になってました。



さてさて。
私は、家族やお父ちゃんにエネルギーをほいほいとあげちゃっているのでしょうか?

今まで、そーゆーふうに考えたことはなかったのですが、ここんとこ急に考えるようになりました。















……あげちゃってるんだろうな。きっと。






で、そういう身近な人だけじゃなくて、あげちゃう傾向が強いんだろうな、と思います。





これさぁー…。
なんでそうなってんだろう?って思った時にね、
ふとね、頭に浮かんだんですよ。

「罪悪感」

みたいなもんだな、って。
タミエルにしても、ファウたんにしても、片割れを残して壊れてるんですけど、その時に片割れに対してすごく申し訳ない…みたいな感情があったんですよ。
2人とも。
その時の感情が魂の遺物みたいになってて、エネルギーをあげることで償おうというプログラムが残ってんだろうなー、って、ほんとにふと思ったんです。

それが正しい見解なら、なんとか見つけてプログラムを書き直さないとあきませんな。




てことで。
友人に言われたので、その夜、ぶっちゃけイメージの中だけのことなんだし、それで良くなりゃ万々歳やん?ってくらいの軽い気持ちで、「蓋」をイメージして、それを首にぽんとはめるイメージをしたんです。

最初は、子どもがコンセントに何かつっこまないようにガードする安いプラスチックのアレを想像したんですが、
違うな、と。
もっと丸い穴だなー、と思って、なんでかラブラドライトみたいな色の丸いやつに淵が金色のキレイな蓋が浮かんだので、それを首にはめ込んだんです。



……で、昨日倒れたでしょ。

そしたら、昨日の夜、布団の中に入ったらイメージがどーんと出てきましてね。
ミカエルとラファエルと上のオトモダチとタミエルが4人で話し合ってるんですよ。
そして、オトモダチがおもむろにくるくる~と何度も手でかき混ぜるような動作を始めて、
タミエルが床に魔方陣のようなものを描いてて、その中央にくるくる~の中から出てきた白い石みたいなのをオトモダチが置いてくれまして……

丸い白い石みたいなのに金色の縁取りの蓋

が出来上がりまして、
それをタミエルが私の「ぼんのくぼ」にぽこんとはめ込みました。

で、ミカエルに言われたんです。私。
「はめる場所、違ってたぞ。」
って……。

た、たしかに……。
なんでか、「ぼんのくぼ」よりうんと下の方にはめてたよ。あたし。







あたしね。
「尽くす女」っておバカさんだなー、ってずーっと思ってたんですよ。
いろんな女性がいたっていいんだけど、なんでか「尽くす女」ってのを見ると、なんで???って腹立たしくさえ感じることが多かったんですが、

……エネルギーあげるなんて、「尽くす女」の極みじゃんね。

なんだか笑っちゃうですよ。
ぷぷぷ。



11 : 09 : 57 | エネルギー | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
※追記アリ※ チャクラのお掃除、してますか? 【民絵屋】大天使メタトロン
2012 / 02 / 13 ( Mon )
みなさん、チャクラのお掃除はこつこつやってますかー?

というわけで。
先週描かせてもらったお客様への天使の絵が、「チャクラのお掃除」というオラクルカードで大天使メタトロンでした。

すると、お客様から興味深いメールをいただきました。
掲載許可をいただきましたので、ご紹介しますね。

**********************************


民絵様

メタトロンの絵、届きました☆
ありがとうございました☆
三菱銀行に13日扱いで振り込みました。

以前イベントで天使からのメッセージを伝えてくれるというのを
なんとなく面白そうと見てもらったことがあるのですが、

何よりまずチャクラが汚いと否定的なことばかり言われたので、
失礼な、と思いちょっと反抗的に受け取り、
とりあえず、食事を大事にするとか、チャクラにのせる石を使ってみたりしてみましたが。

今回もチャクラクリアリングだったので
本当にそうなのか……と、
だけど、優しかったので、素直に思えました~。

はじめは一瞬、馴染みのない名前の天使で、隅っこにいるなぁ……とか、思いましたが。

メタトロン、調べてみたら好きになりました。

感情も知っていてくれるとか、感情が激しいとか、エネルギッシュだとか。

絵も上からエネルギーを送ってくれてる感じなのかしら、と思ってみたり


それに、チャクラクリアリングをサポートしてくれるというのは、心強いです。

本当にチャクラクリアリングが必要なんだというのは衝撃的でしたが
たのもしいメタトロンに会えて嬉しいです。

チャクラクリアリングのCDを買ってみました。

素直な気持ちで、メタトロンにもサポートをお願いして
チャクラクリアリングをしたいと思ってやったら
前日の要らない気持ちが解れて
気持ちがすっきり晴れた気がしました。

たしかにマイナスの出来事の影響も受けやすいので、
ちょこちょこクリアにすることは良いと思いました。

積み重ねた大掛かりなものがあっても
別に否定されてるわけじゃないと思えたし、

たのもしいサポートで、日々ニュートラルに近づいて明るく過ごせたらいいなと思います。

ありがとうございました☆



**********************************

私が特に「面白いなぁー。」と思ったのは、




天使、しつこいな!




ってところです。
ほんとにしつこいですよね。天使って。
って、もちろん「良い意味」で、です。
イベントででも「チャクラのお掃除してね。」とお客様に伝え、そして私の絵でも「チャクラのお掃除してね。」というカードを出して描かせてますからね。
こうなるとお客様だって意識せざるを得ませんもの。


そして。
もひとつ興味深かったのが、この絵そのものです。
背景を描いている時から、ほんとーにほんとーーーーにパワフルだったんです。
「あー、この絵が届いたら、お客様は浄化でヒドい下痢とかしそうだなー。でも、こーゆー強い絵が届くくらいの人だったら、大丈夫なのかなー??」
と思ったくらいなのです。

でも、背景の後に「天使」を描くとなった時に、
「あ。これ、天使を光の珠として描いたら、このまますごーく強い絵のままだろうけど、ヒトガタの天使を描いたらちょっと穏やかになるな。」
と感じたんです。
そして、このお客様にはおそらく強すぎるような気がするからヒトガタじゃないとダメだよな…と、なぜか思ったんです。

そして、出来上がった絵はパワーが半分以下に抑えられていました。

するとお客様のメールには「何よりまずチャクラが汚いと否定的なことばかり言われたので」とあったので、やはり強い絵のまま送ったら、お客様はほんとにヒドい下痢ををされてたかもれない~、と思いました。
さすが天使。ちゃんとほどよく調節してくれてます。



と、お客様のメールを読みながら「なるほどなるほどー。」と天使のやり方に感心していたら、ふと「さつきのひかりさんのREFがチャクラのお掃除にいいやん!」と思い出しました。
私はREFを伝授してもらっているのでセルフヒーリングができますが、REFを自分にかける時って、なーんとなくですよ、なーんとなくなんですが、チャクラもお掃除されてるような感じがするんです。
なので、日々のメンテにREFってとても良いんじゃないかなー?とずーっとこっそり思っていたんですね。

なので、さつきのひかりさんにそのあたりを質問してみたところ、

「はい、REFでチャクラ掃除できます♪
ヒーリングを受けた後に他のチャネラーさんに見てもらって、
チャクラきれいになってるねと褒められたというご報告も複数いただいているので
意識するとけっこう効果があるんじゃないかなと思いますw」


とのお返事でした。
やはりそうか!とニヤリとしちゃいました。

ということですので、REFを伝授してもらった人はセルフヒーリングでセルフメンテをすると良いでしょうし、
伝授してもらってない人は、さつきのひかりさんの一斉ヒーリングやゲリラヒーリングでREFが使われてる時に申し込むと良いと思います。
オススメであります。

※追記※
さつきのひかりさんが、2月13~19日のゲリラヒーリングでチャクラがっつりお掃除REFを開催してくれてます!
ひゃっほー♪




なーんて、チャクラのお掃除のことにフォーカスしていたら、じぇいど♪さんの本日の日記でもゼオライトを1コずつチャクラに乗せるのもヨシ~♪なんて書かれてて、おやまぁ!と笑っちゃいました。
そーゆー手もありますね。



てなわけで。
大天使メタトロンの絵です。

メタトロン
10 : 39 : 33 | 民絵屋 | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
ゆるゆる解説の本編が始まる前に、ちょろんと書いてみた。
2012 / 02 / 12 ( Sun )
さてさて。
じぇいど♪さんのところで、数日中に占星術ゆるゆる解説の本編が始まることになるのですが、
じぇいど♪さんのところからこのブログに遊びに来てくれた人たちにしたら、「たみえさんってどんな人?」って感じかもしれませんね。


私の正体は………、














ただのおばちゃんです。

または、ダウン症の男の子と天然温泉湧いてる女の子を育ててるオカンでもあります。
そして、「なにみえ遠足」の一期に参加したことから、あれよあれよとコトが進んで、おかげさまで天使の絵を描かせてもらうことをお仕事とするようになり、自分でも未だに不思議に思ってる主婦です。


遠足一期生だから、その頃からじぇいど♪さんと仲良しだったんですね?……と思う人もいらっしゃるかもしれませんけど、全然そんなことないんですよ。
有名ブロガーさんと読者、という関係のままでした。
遠足後にスタッフ募集がかかったんですけど、私はそーゆーのに向いてないと思ってスタッフにはなりませんでしたし、なにみえのコミュにもほとんど書き込みしませんでしたから。
今から思うと、あの頃はまだ「エネルギー管」の詰まりもヒドかったし、管も細かったんで、「向いてない」と自分では思ってましたが、向いてないというより無理だったんでしょうね。


なので、たまーに質問があったりしてメールをしたりはしましたけど、じぇいど♪さんとの距離は変わりませんでしたねぇ。

それが、一昨年の夏になる少し前の頃に、私にちょいとしんどい出来事が起こり、それを知ったじぇいど♪さんが心配してくれてメールをくれました。
それからかなぁ~。徐々に心理的距離が近づいていき、年末の頃からけっこー頻繁なメールをやりとりをするようになりました。


じゃあ、そのやりとりを通じて上のこととか共通の過去世のこととかが出てきたりしたんですね?……と思うでしょ?
しかしですね、上っつーたって、るーさんとタミエルですからねぇ~。
あやとりしてたー、から始まって、花札してたー、ドラえもん作ってたー……と、そんなんばっかですよ。
たまーーに「お?」ってのもありますけど、ほとんどがそーゆーゆるーいのばかりですから。

でもって、「共通の過去世」ってのがさっぱり出てこないんですよ。これが。
あの時のあの人がアナタだったのねー、なんてドラマチックな話なんてナイナイ。まったくございません。
ただ、面白いんですが、ニアミスはめっちゃ多いんです。

私は、そもそも「どーでもいいことは覚えてるくせに、大切なことは忘れる」ということが多いんで、じぇいど♪さんのブログも全部読んでたハズなのに、ほんとーにいろんなことが抜けまくってるんですね。すっかり忘れてるところが多いんです。

なので、

「○世紀の△地方の田舎貴族の娘だった時ってのが出てきたー。」って言うと、「その頃、あたしは□やったんやけど、ブログにも書いたぞ?」って言われて、おおお、同じ時代の同じ国におったんか!とかー、
「○○って都市で商人のおっさんだったことがあるぞ。奥さんの尻に敷かれてた。」って言うと、「あたしも○○で商人やってたよ。ブログに△△って書いてたアレだ。」って言われて、あれー?そうだっけー??とかー、
「タミエルってさー、○○の部隊におったんよー。」って言うと、「ルシオラもだぞ。」とかー、
「ファウが闇に浸食された後はメタトロンの……なんだってー。」って言うと、「ルシオラもミカエルの……だったぞ。ブログに書いてあるよ。」とかー……

そーゆーのが多いんですね。
直接関係あるんじゃないんだけど、近くにはおるなー、とか、同じような経験しとるよなー、とか、そんなんばっかりなんですね。
だから「なるほどね。」という情報は増えるんですが、ドラマチックなコトにはちっともならないんです。
でも私たちの場合はそれがいいよね、とも2人で話したことがあるんです。

過去世で夫婦だったとか、親友だったとか、親子だったとか、敵だったとか……そーゆーのを知るというのは、時空を越えて愛情は続くんだよ、ということを知ることだと思うんですね。
魂はずっと愛し合ってるんだよ、ということを生々しい感情を伴って知るというのは、個人的体験としてはものすごくドラマチックでロマンチックで、本当にほんとーーに素晴らしい学びだと私ですら感じます。
頭で理解するというのをすこーんと越えますからね。

でも、それを知った上で、そういうのが出てこない私たちってのは、
純粋に『今、ここで生きてる私たち』が友情とか信頼とか、そーゆーのをコツコツと築いていき、
その信頼関係を土台としてお互いの内面を映し合い、人間というものを自分というものを少しずつ知っていく…という作業をしていくためなんだろうなー、と今は思ってます。




そして。
そういう「人間というものを自分というのもを少しずつ知っていく」という中で、月子さんと縁づいて、すごく仲良くなっていきました。
私も若い頃に占星術に少し興味を持って本を買ったりしてたのでほんの基本的なことくらいは分かりますから、月子さんとの会話では当たり前のように占星術の話が出てくるようになりました。
そしてそれも「人間というものを自分というものを少しずつ知っていく」ということをさらに深めてくれているなぁ、といつも感じていました。
ありがたいことですよ。ほんとに。


タロットにしても占星術にしても、単なる「あてもの」ではないんですよね。
やはりそれらも「人間というものを自分というのもを少しずつ知っていく」ためのツールだと私は思ってます。

そしたら、「石井ゆかりさんの筋トレ読んでても分からんことがいっぱい。」とじぇいど♪さんが言い出し、そこからゆるゆる解説を始めることになり、ほんとに面白いもんだなー、と思ってます。
なので、ゆるゆる解説が占星術には興味あるけどどこから手をつければいいか分からない~って人にとってキッカケになればいいなぁ~、と思ってます♪
てへへ。


13 : 29 : 18 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ご期待には添えないかもしれませんが。
2012 / 02 / 06 ( Mon )
じぇいど♪さんがブログの記事に私のブログ記事をリンクしてくれたので、いつもの10倍くらいのイキオイでカウンターが回っていました。
やっぱりすごいですねぇ~!なにみえって。(←今更)


そんなわけで、じぇいど♪さんのところから来てくれた方がお一人、「裏話も楽しみにしてます」なんてコメントをしてくれました。

ですよねー♪
裏話って、聞きたいですよねー♪
できれば、面白いやつを♪♪
分かりますよ~。分かるなぁ、その気持ち。




……しかし。

ほんとにほんと~~に面白い話というのは、とてもじゃないけどオープンにできない!

と、いう具合なのですわ。ことごとく!
だってね、「はー。なるほどね~。面白いもんだなー。興味深いなー。」と思うことって、だいたいはものすごく個人的なことに絡んだ話なので、さすがに外に出せないんですね。

私とじぇいど♪さんとのやりとりとなると、スピ的なことを抜いて話すなんてことはないわけで、スピ的に見てもすごく興味深いやりとりが何度もあったのですね。
スピというのは統合に向うような流れがあるとは思うんですが、でもスピどっぷりであっても、スピという「やり方」も取り込んで…って程度であっても、なんにせよ自分を見つめる・深めるということはものすごーく「個人的な経験」の集積だと私は思います。
いきなりぱこーんと悟るというなら別ですけど、少しずつ少しずつ本当の自分を知っていくという過程というのは、実に生々しい感情を伴う経験の集積にならざるを得ないと思うのです。
もちろん私もじぇいど♪さんも悟った人間じゃないんで、3歩進んでいい気になってたら2歩下がって「いたたたー。」ってのがしょっちゅーです。

上がどーの過去世がどーの……って話も当然のように混ざりますけど、でも私たちのやりとりって、基本は「今のあたし」と「今のあなた」が「今の人生をどう生ききるか」というところに重心がどっしり置かれてますからね。
そういう共通の土台に立っていると信じられるからこそ、自分のデロデロとしたところをさらけ出して一緒に検証していけるんです。
ですから、「ああ、なるほど!」と深い深い気づきを得ることができて、「なんて興味深いことなんだ!」と感動しても、シェアできるのはどうしたってほんと~~に一部の付き合いの深い人に限られるんです。


ですから、とてもじゃないけど「ほんとーに面白い話」はオープンにはできないのです。残念ながら。
…って、どの世界でもどの分野でもオモテに出てるのなんてほんの氷山の一角で、その下に「生では出せない」類のものすごい集積があって当然なんだと思いますがね。
私もそれぞれは「とても生では出せない」けれど、それらが熟成されてほんとうに自分のものとなった頃に、なんらかのカタチでアウトプットができるようになるんだろうなぁ~、と思ってます。




ま。
でも、ちょっとしたこぼれ話くらいは書けたら書きます!








ほんとうの自分を知っていくというプロセスは人それぞれで、それこそ「みんな違ってみんないい」だと思います。
なので、これは私が感じているだけのことと思ってもらえれば充分なのですが、
自分と同じ土台に立っていて、人間的に真に信頼できると思える人と仲良くできた時に、その人とまっすぐ向き合うことを通して本当に本当に深い経験を積み重ねることができると思うし、それは人間性の成長と共に魂の成長にもつながる……のだと、私は感じています。
せっかくそういうご縁があっても、怖くて自分を開く勇気が持てない人もいるかもしれませんが、まずは少しだけでも勇気を出してみるとがらりがらりと世界が変わるかもしれませんよね。

ありがたいことに月子さんとも私はそういう関係になってきていまして、そんな人たちと占星術の解説だなんて楽しいプロジェクトに関われてるってことは、ほんとに嬉しいです。
信頼してる人に信頼してもえてるんだな、と感じることは人間としてめちゃめちゃ嬉しいですもん。

でも、そういう関係だって永遠のものではなくて、「学び」が終われば自然と離れていくものなのだというのは「おばちゃん」と呼ばれる年齢であればイヤでもたくさん経験してますからね。
だからこそ、そういう貴重な時間(間柄である期間)は、ふざけたことを言いつつも心の中ではいい塩梅で重心を取りつつまっすぐでありたいなぁ、と思ってます。

18 : 19 : 32 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
【民絵屋】サンダルフォンとジェレミエル
2012 / 02 / 06 ( Mon )
民絵屋で描かせてもらった絵のご紹介です。

こちらは大天使サンダルフォンです。

大天使サンダルフォン

オラクルカードは「Victory!」でした。
描いていて、金の翼からすこーんとした潔さ・力強さを感じましたので、ちょっと紹介させてもらいました。
この絵を購入してくださったお客様はもちろん、みなさんの迷いや不安が少しでも晴れますように。





そしてこちらも最近描かせてもらった大天使ジェレミエルです。

大天使ジェレミエル

オラクルカードは「All is Well」でした。
お客様(アルファ様)から以下のようなメールをいただきまして、障害を持つ子供の親としても胸がじーんとしました。
ブログに載せてもいいよ、と許可をいただきましたので、ご紹介します。


*************************************************************


大天使ジェレミエルを描いていただいたアルファです。

この度は、天使の絵をありがとうございました。
本日午前、三菱の口座に送金いたしました。
よろしくお願いいたします。



今回は届くまで、本当に、ワクワクしました。
入試の合格発表くらいな緊張感がありました。


とても素敵です。。
今は飾っておくのが惜しいくらい、ずっと抱いていたいくらいです(笑


天使様方には無知でして、ジェレミエル?誰??という焦りもありましたが、
同時に背景の色が昨年末に購入した車のカラーだなというご縁を感じました。
(光沢ある、ややカラシ色の。)


私は青が好きで、車を買うなら次は紺色と決めていたのに、
車種も色も夫と息子の男性陣の好みで決まり、私には盛り上がりに欠けた納車で。。
(息子が黄色好き。)
最近は運転や車の操作にも慣れ、天使が届いた日も東京事変を聴きながら一人で
ドライブを楽しんだりするようになってました。
しかし折にふれては
「この色もいいね、でも青もカッコいいよね」
そんなブータレ母さん(私)を、

これこれ、文句言いなさんな。ずっと見てたのよ。

と、笑われたような。


6歳の一人息子(小学一年)は発達障害傾向が強く、週に数時間を特別学級で受けるなど、サポートが必要です。
いつもニコニコしてて一見するとわからない(自己解決できないくせに自分を責めてお腹(胃)を壊すタイプ)、だからこその(見抜いてもらえない)困難があり…現れる課題に不安がくっついてきます。
息子自身、先生、お友達、そして私自身の関わりと成長に、一喜一憂する毎日でした。

でもこの毎日は、私がなりたかった将来の夢全てです。




All is well.

ありがとう。



2009年の夏の終わりの昼下がり、何のために生まれたかを思い出し
全ては大丈夫だったんだと知っても、
それでもやっぱり応援してもらいたかったんだなって気がついた昨年末。
たみえサンの天使の絵を知りました。
(ちゅまちゃんコラボのブレスレットも購入済み♪)

天使も、色も、私の心をホッコリさせてくれます。
しばらく、飽きるまで眺めてたいです。


長々とごめんなさい。

お忙しい中、素敵な天使をありがとうございました。


天使だなんて、地に足着かなくならないかしら?と心配もしていたんですが、
その後全然大丈夫でした(笑
むしろ語りかける事で、自分の状態に「意識的」になれる感じがします。


一つ一つの経験と感情を味わっていこうと、励まされました。



Joy to you, joy to the world!


私も笑顔で(笑 楽しみまっす☆



*************************************************************


こうやって感想のメールが届くのは本当に嬉しくて、みなさんのところに天使の絵をお届けできるのはありがたいよなー、ミカエル、タミエル、ありがとー♪と、思う瞬間であります。
08 : 30 : 22 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「なにみえ湘南編」占星術のゆるゆる解説シリーズ…の裏話をひとつ。
2012 / 02 / 04 ( Sat )
じぇいど♪さんの「なにみえ 湘南編」で、西洋占星術解説シリーズが始まりました。
http://nanigamieterujpn.blogspot.com/2012/02/blog-post_04.html

るーさん月子さんタミエル


これに私も1枚かんでるわけですが、そもそもは、じぇいど♪さんが、

「石井ゆかりさんの筋トレとか読んでも、専門用語がさっぱり分からん。」

と言うので、ほんの基本的なことだけは理解している私が、

「てことは、そもそも●●座ってどーゆー意味か分かってないね?んじゃ、めっちゃ簡略化して説明してやるぜ~。」

と返事したのが始まりでした。
そしたら
「他にも自分みたいに理解してないんだけど知りたい人もいるだろうから、なにみえで解説をやってみたら面白くね?」
とじぇいど♪さんが言い出し、
それならばと、占星術のお勉強をマイペースに続けてる友人(月子さん)を口八丁で口説いて仲間に引きずり込みまして、去年の晩秋頃から3人でちびりちびりと準備を進めておりました。



さて。
私は7歳の時から宇宙は大好きで、大学では教育学部のではありますが地学科に籍を置いていたので、天文学もほんの概説だけは勉強しました。
でも、現代では天文学と占星術はまったくの別モノになっていますからね。
私も占星術にちょいと興味を持って本から基礎の基礎を学んだのは26歳くらいでしたし。
たまたま興味を持っただけ、でした。

かじってみても、占星術は「天動説」の世界なので天文学とは関係ないという感覚は相変わらずありましたし、地球から見て惑星がどの位置にあろうがそんなことが人の運命とに関わりがあるハズがない、という自分もいるのですけど、
それとはまったく別に、大きな因果関係みたいな「仕組み」があるのだろう、ということ素直を受け入れる自分もいて、
やはり実はいつまでたっても、私の中でそれらは統合されることはなかったのです。
そしてそれはそれでいいと思っていましたし。


なので、私の中から「タミエル」という天使が出てきてから半年後くらいに、どうも「ステーション」と思われるところで「リハビリ」と称して「データ補正のための観測」をタミエルがし始めた時に彼から、
「魔方陣を使うにしてもなんにしても、天体の相対位置というのはすごく重要になるから、データはとても重要なんだよ。」
と言われても、半分は私の妄想だよなー、と思ってたくらいでした。
だって現実の私の感覚とちょっとズレてるんですもん。
だから半円形の天球ドームの中で画面をいろいろ操作しているタミエルというビジョンを観ても、半分以上自分の妄想だろうと思ってたのです。
ステーションにそんな場所や部署があるの~?って半信半疑でやや「疑」が優勢でしたもんね。

それが、最近になってじぇいど♪さんに「人を守護するドラゴンは占星術の勉強は必須で、守護天使は知ってて当然なんだって。」と言われて、そんな数年前に観たビジョンのことを突然思い出したのでした。

えー?
もしかして、あの時のタミエルのやってたことや言ってたことって……ほんとだったのかしら???

と、つい最近、その件をじぇいど♪さんと月子さんにゲロってみたら、じぇいど♪さんが
「ああ、星の位置とかって大切みたいで、星の動きが分かる部屋とか、けっこーあるよ。上の施設って。」
とサラっと言うではありませんか!

……ごめぇーん。タミエル~。
半信半疑の疑優勢でハナシ聞いてて。


と自分の上のヒトに謝りましたよ。ええ。何年越しだよ…。


地球からの観測結果を基にして、純粋な物理的手法で宇宙の姿を知ろうとしている学問があってこその占星術…という捉え方を私はしてきまして、それをまるごとぜんぶひっくり返すつもりは無いのですけど、
もっとやわらか~く柔軟になっていかないと、いろんなことを見過ごしてしまうんだろうなー勿体ないなー……と、思わされた一件でした。
……ま、それもバランス次第、ということでしょうけどね。


と、裏でこんなこともあったこのシリーズ。
ちょいと長丁場になりそうですが、楽しんでもらえればいいな~、と思っております。

07 : 34 : 31 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |