自分の「本質」って…?
2011 / 08 / 30 ( Tue )
息子の誕生日に名古屋アンパンマンミュージアムに行き、
その足で岐阜の実家に行って、一泊してきまして。

それで、翌日みんなでお昼を食べに出かけたついでに本屋に寄ったら、

『内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本』
内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本内科医が書いた「パワーストーン」で健康になる本
(2011/08/22)
堀田 忠弘

商品詳細を見る

ってのが目についてほぼ衝動買いだったんですけど、
この本の中に生年月日から計算して自分の「本質数」「運命数」「個性数」ってのが出るよと書いてありました。


で、あたしの「運命数」は1。「個性数」は3。
それらも「ああ、そんな感じかもねー。」って思ったんですが、
「本質数」の2ってーのが、ひゃー!って感じでした。


2は月のエネルギーなのだそうで、本質数が2の人は女性的・母性的な愛に満ちた「お母さん」らしいんです。


月の娘ちゃんにホロスコープを読んでもらった時も「お母さん」って感じ~って言われたし、
去年そーゆー勉強をしてる人がちょいと見てくれた時も、
「あなたは野球で言えばキャッチャーみたいな人だから、母親というのはとても合ってる。」と言われたんですよねぇ。
お。
そいえばキャッチャーも「2」だねぇ。
他にもたまたま一時期ご縁があった人に私は月のエネルギーがどうのこうの…って言われたりして、ムーンストーンがいいとかも言われて、そうだそうだ、その時にちょうど「ちゅまちこんコラボ」でムーンストンーのブレスが売り出されて買ったんでしたわ。
今も愛用しとりますよ。ええ。

んでもって、この数カ月、茶飲みメル友とのやりとりを通じてせっせと掘り起こす方向に導かれてったのが、「女性性」の問題だったしー……。






このところ、「ほんとうの自分」というのをすごく考えさせられることが多くて、
上のヒトたちのあれやこれやも含めて、それこそ「本質」に近づく…というか、本質に還るためのプロセスに入ってきたのかなー?とか、そんなふうにすら感じてしまうのですけど、

まさか衝動買いした本にそんなことが載ってるとは思わなくて、やられた~って気持ちいっぱいになりました。はい。

スポンサーサイト
16 : 17 : 02 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この動画、ちょーこえー!
2011 / 08 / 28 ( Sun )
http://youpouch.com/2011/08/25/140513/
↑この記事の最後にある動画を見たら、タバコ吸えんやろ~。

あたしはタバコ吸わないけど、死んだオヤジさんもばーちゃんも吸ってたし、
旦那も結婚するまで吸ってたんだよねぇ。

なので、副流煙は吸ってるハズで、ちょっとは汚れてるかも…。
やだん。
20 : 19 : 01 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【民絵屋】大天使ヨフィエル
2011 / 08 / 23 ( Tue )
先日、描かせてもらった大天使ヨフィエルです。

大天使ヨフィエル

私の場合は、ミカエルががっつりオモテに出てきてくれてますけど、メタトロンやカマエルも縁が濃く、そしてヨフィエルとも縁が深いのです。

なので、ヨフィエルを描く時はなんとも言えない懐かしいような嬉しいような……独特の気持ちになります。
そして、この絵はまたしても「手元に置いておきたーい。」って思う絵となりました。


しかし、ご注文くださったお客様の絵ですから、もちろん速攻で送らせてもらいました。
オラクルカードは「Clear Your Space」だったのですが、お客様のメールによりますと、「図星!」だったのだそうです。
さすが天使はお見通しですねぇ。


きっと、このヨフィエルはお客様のサポートをがっつりしっかりするんだろうな~、と思いました。
18 : 07 : 07 | 民絵屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
息子の登校日。
2011 / 08 / 18 ( Thu )
今日は息子の小学校の登校日で、プール最終日でした。

夏休みの間、お父ちゃんがお休みの日に何度か市民プールに連れてってもらい、何時間も水に漬かっていた子供たちは、すっかり水に潜れるようになりました。


なので、今日の登校日のプールでそんな姿を披露した息子。
担任の先生がめっちゃビックリしてすごく嬉しかったそうです。
もちろん先生の股の間も潜ってくぐることができたそうですが、先生の指導でバタ足もさせてみたら、2mちょっと進んだとも報告してくれました。


1年生だった去年は学校のプールは怖い~ってよく言ってた息子なのに、ほんとにぐううううううんと成長してくれました。
お迎えに行ったら、
「プール、もぐったよ!」
と、すごく嬉しそうに話してくれましたしね。

息子にとっても良い登校日となったようです。




今週末まで保育園が夏休みの娘は、たまたま今日がお休みだったお父ちゃんに朝イチからまたまた市民プールに連れてってもらってました。
(そして、さらに黒くなって帰ってきた。)


……というわけで。
久々に午前中はお母ちゃん1人っきりでした!!

家事をがががーっと済ませて、朝食もばばばーっと食べて、
天使の絵を描きましたよぉぉぉぉぉぉ。
それも3枚も。(1枚はお客様の絵、2枚は前々から描きたかった絵。)

息子が夏休みになってからはなかなか絵を描いてられなかったので、ほんとに楽しかったです。
うはー♪
20 : 21 : 29 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
息子がいろんな人に「にちじょー」って言っても通じないけどさ。
2011 / 08 / 14 ( Sun )
お盆なので、昨日お父ちゃんの実家に行ったら、お父ちゃんの弟1号くん一家も夕方に来ました。
弟くん一家と会うのは、盆と正月だけって感じなので、今回もスレ違いにならずに会えて良かったです。

弟くんちの娘ちゃんはウチの息子の1コ上なので、現在小3です。
顔はウチの4歳の娘とよく似てますし、なんと姪っ子ちゃんも3歳の頃から嵐ファンだったことを昨日初めて知りまして、ウチの娘と同じや~ん、と大笑いしました。
従姉妹でよく似てるわねぇぇ~。

で、そんな子供の話をしてた時に、弟くんがウチの娘はもうひらがな書けるんじゃない?って言ったので、
ううん教えてなーい、と答えたら弟くんはちょっとビックリした顔してました。

だって、息子が通ってた「さくら・さくらんぼ系」の保育園では字は小学生になるまで教えちゃいけないって散々聞かされたもの~。
もちろん、ダウン症の息子は教えるもなにもなかったけどさ。

「でも、にーちゃんが好きでひらがなの自主練をいつもしてるから、娘もそれ見て読みは覚えちゃったけどねぇ。」

とは付け加えておきました。
まー、ふつーだと子供に早々と字やら数字やらを教えるんだろうなぁ~。
なので、やっぱウチはちょっと標準偏差のはしっこ組かもしれんですね。早期教育にちっとも興味ないし。
ずーっとアンパンマンやらディズニーやらも見せなかったし。
(にーちゃんが小学生になってからアンマンパン解禁にしたけど、ディズニーは私が好きじゃないから今もウチにはディズニーものはにーちゃんのオムツくらいしか存在しない。)
だって、にーちゃんの保育園はキャラクターモノも禁止で、テレビも×だし……っても、ウチの子たちは「らきすた」とか「けいおん」とか見て育ってんだけどね。てへ。


というわけで、今は我が家では当然「日常」がブーム真っ最中です。
http://www.youtube.com/watch?v=SxrHdqscqf4&feature=related

でも、先生やばーちゃんや友達に息子が「にちじょー、なのー、さかもとー。」って言ってもさっぱり通じないからちょっとかわいそうだけどね。
アンパンマンはみんな分かってくれるけど~。
16 : 26 : 59 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
未熟者でごめんなさい。
2011 / 08 / 12 ( Fri )
とりあえず、大きな地震が来なくて良かったですよね。


「バカねー。んなもん、あんな予言、最初っから眼中にないわー。」


とかって言えちゃう人が羨ましいでございます。
いろんな人が地震の予言について批判的なことを言ったり、
それをするっと信じてしまう人に対する批判も目にしますが、


でもさー、
正直なところさー、
あたしはやっぱりドキドキしちゃうよー。
そーゆーのを読むと。

「またかー。」
ってのが半分と、
「えー、こわいー。」
ってのが半分だもん。



あたし、死ぬことそのものはイヤじゃないんですよ。
こわいけど。
だって、痛いとか苦しいとかってすげーやだもん。
だから積極的に死にたいわけじゃないです。当然。

そしてなにより子供がまだ小さいから死ねないよー、ってのが一番大きいです。
お母さんがいなくても子供は育つけど、いた方がうんといいし。
ウチの子たち、お母ちゃんが大好きだし。

だから、まだ死にたくないよー、って気持ちがあって、根っからの怖がりなので、予言ってのは知っちゃったら気になるし、
ちゃんと当たらない予言なら予言しないでぇぇぇー、ってムッとすらします。
もう、なにがなんだか。


なので、達観したような冷静な意見とか、そーゆーのに振り回されるのは未熟だからだってこと分からんかなー、とかっていう意見を読んでると、

すみませんねぇ。
あたし、すげー未熟で怖がりで。

って、ちょっとショボンとなります。
とほほ。







……実際、未熟なので仕方がないか~。
成熟した大人になれるように精進します。はい。

17 : 21 : 55 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
いやーん。
2011 / 08 / 12 ( Fri )
今日の朝方(4時半くらい)に、なんでかパッと目が覚めて、それからすぐに震度1だけど揺れたので、ひゃあ~、と思ってたら、
携帯に市の防災メールが入ってきたので確認したら、
規模は大きくないけど震源が遠州灘だったので、いやーんって思った…。


ほら、やっぱりさー、東海地震の想定震源域だもんねぇ。
いやーん。






……でも、またすぐに寝たけど。てへ。
07 : 16 : 04 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
健康に健全にコツコツと。
2011 / 08 / 09 ( Tue )
私がよくチェックしてるブログの記事です。

http://sekaijunokokagede.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/fountain-b822.html

長い記事のため以下に一部抜粋をコピペしました。
(お時間があれば、↑を全部読んでみてね。)

****----------------------------****



人間の一人として、母親として、娘として、社会の一員として、地表で起きる破壊的な出来事には心痛め、動揺し、もちろん不安にもなります。でも一方で、マスターと呼ぶ領域、意識存在の窓口、事務係、雑用係として仕事をして来て思うのは、「地球とは人間のためにある訳ではない」・・それも本当だと思っています。地球それ自体が生命だし、私たちが知らないだけで、中空の別次元にも、地中世界にも、多くの世界があります。人間は、記憶を失いながら、自分たちだけだと勘違いをしながら、地表を間借りして、汚して、記憶がないのを良い事に地球という生命の意志よりも自分たちの都合で生きています。

意外に思われるかもしれませんが、私はもともとかなりのマインド人間で、いわゆる霊感もありません。何かちょっと動物的に、原始的なカンが人より働くというだけ。エネルギーワークの仕事をするうちに、そのカンという鈍いアンテナを通じて、必要とあらばマスターたちとも共鳴する機会も出来ました。ひごろ「チャネラーです」とは決して言わないのですが、ワークを通じてのみ、またショップ運営に必要な事だけ、インスピレーションを頂きます。

なので、この夏の天変地変が動物的カンで気になりつつも、「じゃあ、サナトクマラに聞いてみよう」とは思わないのです。そういう人なんです。ですが、今は折しも、白山姫の企画の最中なので、きっとこれが進行していくうちに、何か・・何かが自然と見えてくる、浮かび上がって来るのではないかと思っていました。その「何か」のひとつとして、今朝、体験したことをシェアさせて下さい。

朝の6:00のアチューンメントの後、そのまま瞑想し、いつしか深くトランスに。そこで見たヴィジョンですが、別次元のどこかの風景、巨大なクレーターのような、地表に空いた大きな穴の周りを囲んで立っている、純白のシリウス(シャンバラ)のマスターたち。いつかラザリスのカレンダーで、ストーンヘンジを囲んで立っている光の存在たちの絵があって、空にシリウスが輝いていて、「あ、わかる!ほんとにこの通り!」と自分が思っていたその絵を思い出しました。シャンバラの神々は全身が白く輝いて、細長いシルエットをしていて、男性も女性も一見区別が付かないよう。

そのクレーターの中は光がうねっていて、白〜プラチナ、ごく淡いグリーンが、生きているように揺らめき、その光の先はどうやら、「地球の内部のエネルギー層」に繋がっているよう。数十人は居る、マスターたちは、一斉に想念でひとつのエネルギーを共同創造して、そのクレーターの中に投じる事になっているよう。見ている私は、「(地震の)種を今、地球内部に送り込むのね、規模をどうするかで意見が分かれていて、中々決まらない様子。。」と思っていましたた。意見が別れ・・と言ってももめている訳ではなくて、神々なので、互いにテレバシーを通わせながら、各自が両手から出力するエネルギーの強弱を色々と変動させてみたりしている様子。

・・・結果、どういう事になったのかは見ている私に認識できなかったけれど、そのまま瞑想から戻りました。なのに本当にとぼけていて、今日の夕方まで余りピンと来ていなくて、夕方ベランダに水やりに出た時、飛び交っている虫たちの動きに目をやり、空の気配を感じた瞬間に、何かの気配に語りかけられ、スイッチがようやく入ったのでした。「・・・規模はどうであれ、種をしこんだのは確かだ!」と、やっと気付きました。

話が前後しますが、数日前にこれまたおかしなミニ「事件」があり、結果として急遽、奈良に行くことになりました。11日、関東こそが気になるので、関東に居るべきなのか、レコンの故郷である奈良に居るべきなのかも迷いました。というより、ずっと横浜で過ごすつもりだったのを、その「ミニ事件」が起きたせいで、振り向かされました。対面セッションでご予約済みのお客様に変更をお願いしてまで、この夏は何度か、地震の危険地帯を駆け抜け新幹線で行ったり来たりすることになる様です。地震は抑えられて起こらないかもしれない(それが一番!)し、帰省先の西日本で遭うかもしれないし、途中かもしれない。でもとにかく、「家族と一緒にいるべし」という事を、「事件」が伝えていたので、まずはそれに従うことに。

それから・・・もうひとつ。
この秋、そして来年は、今は日本が心配だけど更に世界全体に色々な天変地変が起きるのではないかという不安。けれども、昼間は一応人間の着ぐるみを着ているが実はそうではない者たち(笑)には、こういう時、それなりの仕事があるのだと思う。要するに、地球の変換点のために激しい変動があれこれと起きるのはシナリオとして在るのは事実だから仕方なく、でもそのシナリオをいかに、人類にとっての損害を少なくするかというプロジェクトのために、「ライトワーカー」は(自覚があるにせよ無いにせよ)地球人の着ぐるみを着ることを決めているのだ。

それは、「祈ります」というような事だけでは無い。各人が、何か必ず仕事を持っている筈。人間が余りに数を増やし、余りに多種多様になっているから、あの手この手が必要で、色々な方面で色々な角度から、人々を目覚めさせる(少しでも利己から利他へと向けさせる)ことで、破壊的な力の発動を弱めさせる事に繋がる。シリウスのマスターたちは、地球の運営に当たっている限り、人類だけではなく地球そのもののマネージメントをしていく。でも彼らは、人間にも沢山の救いの手を差し伸べている。天変地変のエネルギーに人類が埋没してしまわない様に、色々なチャンスを用意している。それこそが、「着ぐるみ」ライトワーカーの仕事だ。

ということを、改めて感じた。地変の種を「しこむ」マスターたちの世界を見るという体験をしたから、はっきりと、改めて、感じることが出来た。だから各人の仕事をしなくちゃ。私も前に進みます。遠慮や恐れ、ためらいを捨てて。。。。。

ちなみに、(ブログを呼んで「私も何かしなくちゃ」と思ってしまう余りに自分を責めてしまうマジメな貴方へ、念のため)

一番大切なことは何か、それは昔話のようだけれど、自分の身近な「愛」を選択することです。壮大な神々の計画や使命・・・と、頭がそっちに向くと、生真面目な人ほど道に迷ってしまいがち。自分の周りの人たちを幸せにすること、健康で健全な生活をコツコツと実践していくこと、それを何より優先して。自分の天命にスイッチが入る時は、そういう要素と無理なくかみ合いながら、軌道に乗る筈だから。そこを間違わずに行きましょう。





****----------------------------****


あれ?と思って、お父ちゃんのシフト表を見たら、11日はお父ちゃんお休みだった~。
ウチも家族みんなでまったり過ごします。
あ、お墓参りするか。それがいいな。


災害の予言に対して、困ったことに理性とはかなり乖離した「恐れ」の反応がすこんと出てしまうことが多い私ですが、
これも地震の予言のうちに入るっちゃー入るのかもしれないけど、これ読んでもちっとも怖く無かったです。
書いてる人によるのかしら??


そして、やっぱいいよね~。

「健康で健全な生活をコツコツと実践していくこと、それを何より優先して。
自分の天命にスイッチが入る時は、そういう要素と無理なくかみ合いながら、軌道に乗る筈だから。
そこを間違わずに行きましょう。」

ってところが、とても。


別にあたしは「お役目」とか「お仕事」とかって大上段に構えてたりはしないんだけど、
「天命」ってのは確かにある思ってて、それが何であるかは分からなくても、「私たちの天命が完うされますように。」ってお祈りしておるのです。

それって、多分ね、対外的には「お役目」とか「お仕事」って見えるものなんだろうけど、
きっと内面的には「より素晴らしい自分になっていくこと、その志向」でしかないのかも、って思ったりするです。

スイッチが入ったら、やるしかないだろうしさ。
22 : 56 : 53 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もしも、余命半年だとしたら。
2011 / 08 / 09 ( Tue )
先日、たまたま本屋で見つけたアラン・コーエンの「求めるよりも、目覚めなさい」という本がやっぱり欲しくて昨日買いました。

求めるよりも、目覚めなさい求めるよりも、目覚めなさい
(2011/07/01)
アラン・コーエン

商品詳細を見る




目次を見たら、もちろん知ってることばかりなんだけど、
でも、この手の本ってのは、「情報を得る」んじゃないからね~。
(って、意味はお分かりだと思うが。)

やっぱどーしても読みたかったので買ったのです。



で、その中に、よく言われることではありますが、たとえば今余命半年とかって言われたら、何する?というハナシがありました。











ちょっと考えてみました。












多分ねぇ。
基本的に今の生活を続けるんだろうなぁ。
子供たちのお世話をする毎日。

で、まぁ、台所をもっとキレイにしとくかなぁ。
そいでもって、要らなくなったものをちょいと捨てとくかなぁ。

それからー……
天使の絵をいっぱい描くかなぁ。子供が学校や保育園に行ってる間に。

嵐のコンサート……には行かないか。
でも、買ってないDVDを買って観るな。死ぬ直前まで萌え萌えしちゃうぞ。
ああ、ファンレターなんぞ書いてみるか。きゃあ。



…そいでね。
あとは、九州にちょこっと行ったり、大阪にちょいっと行ったり、関東の方にちょいっと行って、会いたかったマイミクさんたちに会っておくかな。




そう思うと、先延ばしにしていることって、会いたい人に会うってことだけだなぁ~。
会いに行きたいなぁ。


私は、好きな人に会うことが一番叶えたいことのようです。

21 : 57 : 00 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
右と左にういーんとひっぱられてるっての、あるある!
2011 / 08 / 07 ( Sun )
なんでかふと、ものすごーく久々にチェックしてみたブログにいきなりありました。
http://kumisensei.blog21.fc2.com/blog-entry-1893.html


おおお。あるある。
すげーありますわー。

で、それはなんとか解消せんとアカンのやろうな~、と思っていたけど、
どっぷり浸かるってのもアリなのか!
…と、目からウロコでした。
21 : 57 : 54 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8月12日の地震予言についてアレコレ。
2011 / 08 / 07 ( Sun )
12日に地震がくるって言ってる子供がいるよ、って紹介したmixiの日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1758662528&owner_id=10671347
のコメント欄にもみなさんにいろいろ意見を書いてもらいましたが、

もう記事は書かないって言ってたtakakoさんも黙ってられなかったようで、ブログが更新されてました。
http://marialetter.blog22.fc2.com/blog-entry-224.html


どう受け止めるかは、その人その人ではありますが。






これに限ったことじゃなく、「災害の予言」ということについてと「何とつながっているのか?」ということについては、それぞれ別々に私の中ですげー考えさせられます。いつも。

災害の予言については、予言ってものをどう受け止めたらいいのか、っていう理性で理解してることと、自分の素の反応があまりに乖離してるっていう問題やらなにやら……があるんですが、
まぁ、それについてはミカエルに「そんなことよりおっぱい体操が先。」(←女性性メンテ中なので)ってすこんと言われたので、ちょいと横に置いておきまして。


「何とつながってるのか?」ってのについては、「何を観てるんだ?何を感じてるんだ?」も含めて、時々自分の足元をチラチラ確認したりしてしまいます。
自分の感覚が信じられん…というのとは違うんだけど、でもスルーばっかってのも怖いんだろうなぁ。
っても、そんなたいした感覚じゃないけどさ。はっはっはー。

疑り深いのかもしれんです。私は基本的に。
11 : 19 : 28 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
8月12日に大きな地震が来るかもしれない??
2011 / 08 / 04 ( Thu )
昨日今日で、あちこちで目にするようになりました。
このブログ。
http://ameblo.jp/kotezo-angel/entrylist.html

読むなら7月26日の最初の記事から読んでみてくださいね。



8月12日に大きな地震が来る可能性が高い、というのを、小学生の男の子が伝えてます。


相模湾震源の地震で、こんなにデカい津波が来るかなぁ~…。
とか思ったりもするんですが、
とりあえず、気を引き締めておくことは悪いことじゃないと思うのでリンクしときます。

10 : 33 : 19 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |