「ルシオラ祭り」開催中
2009 / 05 / 24 ( Sun )
じぇいど♪さんもブログで「ルシオラの絵」を紹介してくださってます。

私の絵だけでなく、「ルシオラ祭り」が3つの記事において開催中なので、ぜひご覧くださいませ。

スポンサーサイト
10 : 37 : 20 | おすすめ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「ルシオラ」
2009 / 05 / 21 ( Thu )
さつきのひかりさんが「ルシオラ」の絵をブログで紹介してくださいました。
良かったらご覧くださいませ。

22 : 38 : 25 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
予言成就
2009 / 05 / 17 ( Sun )
昨日の夜、お父ちゃんの職場(NPO法人)で「懇親会」がありました。



一昨日、お父ちゃんが言いました。

「お母ちゃんの体調が悪くなって、懇親会に行けないとかってなりそーでヤだなー。はっはっはー。」


もー。
そんなこと言うなよーーー。ぷんぷん。











そしたら昨日の夕方、お母ちゃんのお腹が痛くなってきました。
いつもの「しんどい」「気持ち悪い」ってのじゃなくて、腸が痙攣をしてるような痛みに突然襲われました。

んがー。

これは痛い。

でも、子供のお世話(食事とお風呂と寝かしつけ)をせねばならんのだが……。


しかし、痛い。かなり痛い。
自分1人なら「痛い痛い。」と寝ころがって我慢してればいいけれど、子供の世話が……。あううう。





というわけで、実に申し訳なかったんだけど、仕事中のお父ちゃんに電話して、仕事が終わったら懇親会には出ずに帰ってきてもらうことにしました。






もー。
お父ちゃんが変な予言するからだーーー。







マジで「起こって欲しくないこと」は言葉にせんほうがいいと思います。
11 : 48 : 39 | 家族 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「棚卸」
2009 / 05 / 10 ( Sun )
1つ前の日記で、いろいろ書いた後、
なんだか、今日の午後になって、突然ふと、以前NORIKOさんからもらったメールが読みたくなりました。


封印解除のモニターをした時に送られてきたメールですから、1年半近く前のものです。

何が書かれていたのか、覚えている部分もあるのですが、忘れている部分もたくさんありました。




その中に、以下の文章がありました。

------------------------------------------
むしろ、この壁を感じられていることがひとつのサインです。
人と比べてしまって、自分の成長に苛立ちを感じたりすることは、裏を返せば常に向上心があり、慢心しないという利点があります。

ネガティブな傾向が強まってしまうと、自己不信や完ぺき主義、エリート意識となってしまいます。


もちろん、過去生から来る恐れもあるのかもしれません。
認められなかった過去生・・・
条件付きの愛情・・・
信念を貫き通せなかった過去、幽閉・・・
いろんなヴィジョンがランダムに広がりました。

魔女裁判のような席で、助かるために虚偽の証言をしたというキーワード。


たみえさんの守護女神の観音も言っていましたが、やはり、他のガイドスピリットたちも口を揃えて、「もう、自分に厳しくするのやめなよ」というメッセージです。

天使をはじめ、守護女神、いろんな存在が全身全霊をかけて、たみえさんを愛しています。何も条件などつけなくとも、そのままのたみえさんを愛し慈しみ、いつもエールを送っています。

いつもダメ出しをするガイドもいるかもしれませんが、本当に位の高いガイドならば、気持ちが沈むメッセージは出しません。このあたりも参考にしていただければ、と思います。

あなたなら大丈夫、あなただから出来るのだ、というメッセージもエゴの声ですから気をつけてくださいね。逆に自身を喪失させるようなメッセージもエゴの声です。

これから、解除する過程でエゴと向き合うことも多くなるかもしれませんが、エゴが顔を出した時は、喜びのエネルギーを送り癒して行く事を繰り返し行ってください。
------------------------------------------


すっかり忘れていたので、ちょっとビックリしました。
最初に読んだ時は「おおー。そうなのかー。」くらいにしか思えなかったことが、今は「!!」(←少々痛い気味に)と感じるんですから、おもしろいもんです。



なんでも過去世の出来事に安易に結びつけるもんじゃない、とも思うんですが、今ここにある自分の心の在りようが、現世の育てられ方や育ち方だけで出来上がっているとも思ってません。

たくさんの過去世での経験のエッセンスでできている「種」を、現世でこのように育てる、という意図の元、親や環境を選んでくるようなもんだ、と思うからです。


ですからもちろん、この3次元の世界で生きているということが一番大切で、「種」からどのような花を咲かせるか、は、やはり「今」の自分次第なんだよ、というのは大前提です。

が。

成長具合やら何やらいろんな条件の下、時期が来たならば少しずつでも「棚卸」はされるようになってんだろうなぁ、とあらためて感じました。








そいえば。
私ね、小学生の頃から、ガリレオ・ガリレイにものすご~~く惹かれてたんですよ。
宗教裁判で信念曲げて嘘ついた人なのに、なんだかすご~~~く惹かれてて、自分でもすげー不思議だったんですよ。

自分の中にある似たようなニオイを感じてたんですかねぇ。
おもしろいなぁ~。
22 : 53 : 39 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
それは、どこから来ている思い込みなのか?
2009 / 05 / 09 ( Sat )
連休はオカンが子守に来てくれてました。
子供たち、特に娘はオカンになつきまくりで、オカンが帰る時は大泣きでした。
(息子は、最初我慢してたけど、やっぱり泣いた。これはこれで見てる方が切ない。)


オカンが孫に接する態度を見てると、
「あー、私もこうやって育ててもらったんやなー。」
と、思います。

いっぱいいっぱい手をかけてもらったんだろうなぁ、と。
ありがたいことです。




が。


いつからなんでしょうねぇ。
子供の頃、もう小学生の低学年の時には、オカンとの間になにやら「距離」を感じてました。
オカンは、本当には私のことを理解してくれていない、みたいな「距離」を。


実は、オカンと弟1号はとてもよく似ています。
いろんな占いでも星回りが同じことが多く、性格も似てます。
そして、霊感の強さも弟1号は受け継いでます。

この2人は、家族に対して、時々スパっと切りつけるような物言いをすることがあります。
本人たちは気づいていないと思いますが、結構イタイです。

なので、いつからか、私はオカンに怒られる時には、「言葉」は聞いているけれど、どこか心を閉ざすというか、「防御」するような姿勢を取るようになりました。
それでもスパっとやられるので、イタイんですが。

そして、弟1号から一時期いろいろ言われた時も、イタイのでスルーしてました。



昨日の夜、別件で電話をかけたら、弟1号からスパっと切られました。
本人はスパっと切る気はさらさらないのは分かってますけど、こっちにしたら、

「それが出来ないから、遠回りでもこういう道を通ってるんやないか。」

と、言いたくもなりました。
言わなかったけどね。




こういう時、オカンや弟1号からしたら、
「ほんとに頑固やなぁ。言われたとおりに素直に考えを変えればいいのに。」
と、私のことを思うのかもしれません。

でもなぁ~、なんてのかなー、誰でもそうだと思うけど、

腑に落ちないと納得できない

と思うんですよ。
オカンや弟1号にしたら簡単に分かることでも、私は簡単には分からないんです。


こんな時、反論する自分ももちろんいるんですが、

素直じゃない自分がダメなんだ、とか
人間として未熟すぎる自分がダメなんだ、とか
五黄土星のいばりん坊の星回りに生まれた自分がダメなんだ、とか

とにかくダメだダメだ、とダメ出しばかりする自分も同時に大きな顔をしながら出てくるんです。
たいがいは。





さて。
スパっと切られてとてもとてもイタかったし、自分の中でダメダメって言う声がどんどん大きくなって、短時間の間で非常に疲れてしまったので、子供を寝かしつけながら私も夜の8時には眠ってしまいました。ゆうべ。

でも、時々目が醒めては、うつらうつらといろんな想いが浮かんできました。




私ね、昔からそうなんですけど、些細なことでも注意されたり指摘されたりすると、自分を全否定されたような気持になるんです。
(ダメダメっていう声のせいなんだと思います。)

というか、そうなんだ、ということにあらためて気がつきました。
うつらうつらとしながら。


なんでなんだろー??

と、これまたうつらうつらとしながらぼんやり考えたりしました。




「ありのままの自分」では受け入れられない



という想い(思い込み)が根っこにあるということに、朝方、うつらうつらとしつつ気がつきました。
オカン(と弟)にスパっと切られることが時々あったからかなー?
と、思ったんですが、どうもそれだけではないような気がしました。

もちろん、オカンのそーゆー物言いが私のそーゆー部分をさらに大きくしていったんだろうとは思うんですが、原因がそこだけにあるとは思えませんでした。

それは、なんとなく、なんですが。





「ありのままの自分」では受け入れられない、という想いは、どこから来てるんでしょうねぇ…。




オカンが持ってたそーゆー想いを私が知らず知らずに吸い取ったのかなー?
吸取紙みたいに。
うーん。
それとも、なんかの想い癖なのかなー?
うーーーーん。






案外傷つきやすい自分、ってのに手を焼いてたんですが、まさか「ありのままでは受け入れられない」という想いがあったなんて思いもしませんでしたわ~。

人間って、自分のことが一番よく分かってませんねぇ。やっぱ。
16 : 59 : 05 | つらつら | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |