天使の絵を紹介してくれてます。
2008 / 09 / 28 ( Sun )
なにみえのブログでじぇいど♪さんが、プレゼントした絵を紹介してくれてます。
ありがとうございま~す。
スポンサーサイト
06 : 56 : 23 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
時環
2008 / 09 / 19 ( Fri )
なにみえ遠足の時、縁あって私を宇宙ステーションに連れてってくれたドラゴンが、期間限定で守護してくれることになり、名前をつけました。
その時から「常磐」と呼び始めましたが、実は本当の名前は別の字で「ときわ」だったのです。

それら、一生の守護龍となってくれたと知り、「時環」と呼ぶようになりました。

そんな時環を描いてみました。
一度、上に行った時に「人間風」になった時環がぼんやり見えたんです。
そのイメージで描き始めたんですが、なんだか違う感じになりました。
ま、そんなもんですな。
いいんだよ。気持ちの問題だー。
どんな絵でもいいから、絵にしたら、時環がもっと身近に感じられるかな、って思ったんだもん。

時環

mixiの方では、マイミクさんたちから「時環ちゃん、女の子だったんだね。」と言われました。
……いや、多分、男の子だと思ってんだけど~。
22 : 51 : 04 | ドラゴン | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
◆天使の絵◆ミカエルさま
2008 / 09 / 16 ( Tue )
お世話になっている方に天使の絵を送ってしまおうキャンペーンも終盤です。
とてもお世話になったある方に送らせてもらったミカエルさまです。

ミカエルさま
13 : 16 : 47 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
◆天使の絵◆ラジエルさま
2008 / 09 / 14 ( Sun )
まだ「お世話になっている方に天使の絵を勝手に送ってしまおうキャンペーン」が続いております。

今回はmixiでお世話になっている白光のお二方にそれぞれラジエルさまを描かせてもらいました。

ラジエルさま

ラジエルさま
20 : 55 : 24 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
◆天使の絵◆ラファエルさまとアリエルさま
2008 / 09 / 11 ( Thu )
「お世話になっている方に勝手に天使の絵を送ってしまおうキャンペーン」が続いております。

これは、ホームドクターに手渡したものです。
お医者さんですからね。やはりここはラファエルさまです。

ラファエルさま

そして、これは、息子が時々利用している児童デイサービスのスタッフさんであり、娘の出産の時に立ち会ってくれた友達へ誕生日プレゼントとして渡したものです。
多分、アリエルさまです。描いててそう感じました。

アリエルさま
19 : 40 : 55 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
【mixiより転記】古代エジプトで、本当は妹を愛していたのに。
2008 / 09 / 10 ( Wed )
【mixiより転記 8月30日】

「上」でのお茶会で、かさねさんが見てくれた【ハイヤーセルフのビジョン】がきっかけで、ともこさんが古代エジプト時代の妹だった、ということをクレアコグニザンスとしか言えない感覚で思い出したわけですが。


その後、ききょうさんとともこさんと私との間で少しやりとりがありました。

最初に私が思い出した過去世より前の過去世でも、ともこさんは私の妹でした。
その時の私は姉でした。


以前、ききょうさんが書かれた日記が↓です。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=630768563&owner_id=14461292
これを読んだ当時は、
「再生復活を祈る神事のための生贄なんて、こえー。てか、やだよなー。こーゆーの。」
と、思ったくらいだったのです。
だって、自分と関係がある出来事だったなんて露とも思わなかったんですもんね。

でも、とても深い関係があったんです。
妹は、この時代でも巫女(女性神官)で、なんと自ら志願して生贄となっているのでした。

ききょうさんから教えてもらった時は、「へ?そうなの??」とビックリはしたものの、どうしても思い出せません。
なんでピンとこないんだろう???と不思議でした。



さて。
ききょうさんに薦められてアマゾンで購入した「フラワーオブライフ」が届いた日のことです。
フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第2巻〉
(2005/09)
ドランヴァロ メルキゼデク

商品詳細を見る


本を読みながらも、お父ちゃんとおしゃべりしておりました。
すると、お父ちゃんが言いました。

「面白いなぁ、と思ったんだけど、ききょうさんとともこさんとお母ちゃんは、今世でも昔と同じようなことしてるんやね。ききょうさんは、その高い能力ゆえに『縛られて』、お母ちゃんは怒りながら「真実はどこやー。」と探しまわって、ともこさんは神様の中に素直に飛び込んでさ。」

今世のともこさんは「道具」となって絵を描いていますが、それって一種の「神様に委ねてる姿」だと思うんです。

ききょうさんだけでなく、子供の頃から【分かる人】であることは、生きにくさを伴うということは、容易に想像できることだと思います。
真に共感することはできなくても、です。

だから、なるほどな~~、お父ちゃんウマイこと言うなぁ、と思ったんです。

それで、私は思い出したんです。 (またまたクレアコグニザンスとしか言えない感覚で。)


当時の私は、神様(というか神官たち?)にも怒ってたし、自分自身にも怒っていたし、妹にも怒っていたんです。
妹との最後の時間にも、私は怒ってて口をきかなかったんです。
なんてことでしょう。
妹の信仰、妹の想い、妹の愛を真から理解しようとせず、私は怒りのために妹に背を向けたのです。

この「怒り」は、ずっと自分のさまざまな過去世と今世にも影響してるなぁ、と気がついたんです。
たとえば、古代エジプトの妹に対して怒ったように、私は弟たちにも同じ怒り(そりゃ強度は同じじゃないけど。生死の問題じゃなかったんで。)を感じたりしてたのです。

ある種の怒りの原点がここにあったがゆえに、私は思い出したくなかったんだな、と感じました。


そうやって気づいた直後。
お布団の中でうつらうつらしていたら、フラワーオブライフの図形がどーーんと出てきたのです!
そして、何かを深く理解した……ような感覚になったんですが、朝になったらすっかり忘れてしまいました

でも、多分ずっと抱えていた怒りに関することだったと思います。
もしかしたら手放したのかもしれませんね。



ちなみに。
ともこさんが携帯メールに送ってくれた絵というのが、↓の右の絵でした。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=911733621&owner_id=5587416
14 : 21 : 44 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】今、エジプトが熱い。
2008 / 09 / 10 ( Wed )
【mixiより転記 8月20日】

過去世を知ったからって、どうってことないっちゃ、どうってことないんです。
だって、大切なのは、今の自分をいかに生きるか、ですからね。

でも、ヒプノなどで過去世のイメージが湧いてくると、ここが面白いんですがね、今の自分の人生じゃないから、親しみを感じつつも客観的にその時の人生の意味を捉えることができるんです。
そしてその学びは、今世にも通じる課題であることが多いんですね。

また、今世での想いの癖の原因となっている過去世での出来事を知ることで、人生をもっと楽に生きられるようになるんですね。

あとは単純に、「あら、そんなご縁があったのね。」と喜ぶとか。



というわけで。


なんだかエジプトの過去世がホットな話題となっているお母ちゃんです。

水都輝さんもかさねさんもエジプトつながりっぽいし、ききょうさんともエジプトで知り合いだったそうだし。
嬉しいやらビックリやら、でござるよ。


そうそう。
コメントでききょうさんが、私とともこさんが「姉妹」だったと書いてくれました。

あ、と思いました。
てか、ちょっとビックリしました。


実はですね、例のイメージが湧いてきた時のことなんですが、イメージを追いかけながらぼんやり思ったことがあるんです。

「あー。この人生よりも前にもエジプトで生きてたことがあるなぁ。その時もともこさんと一緒だったっぽいなー。なんか私も神殿に仕えてたのかなー?そんな感じがするけど……でも、このお兄さんの時じゃないみたいだしー。」

って。


「姉妹」だったのは、そっちの時かもしれないですね。


ちなみに。
私のイメージが正しいとか正しくないとか、ききょうさんのアカシックアクセスが正しいとか正しくないとか、そーゆー正誤の問題じゃないんですよ。
でも、あえて言うなら、ききょうさんの方が正解率はうんと高いです。
それは間違いないっす!
私のは、もしかしたらいろんな人生が混ざって解釈してるかもしれんなぁ、とも思うしー。
精度、低いんで。てへへ。
14 : 19 : 31 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】「蓮の花」
2008 / 09 / 10 ( Wed )
【mixiより転記 8月19日】

えー。
つづき、です。

観音さまに「ほんとにともこさんはエジプトで私の妹やったんですか?」と質問してイメージが湧いてきた……わけですが、その1時間後に、実はマイミクのNORIKOさんの「青き女神のエナジーイベント」があったんですね。
実はこの青き女神さんのエネルギーを年末年始に送ってもらい、私は封印解除をしてもらったんです。
私は10年以上前にレイキのセカンドまでアチューンメントしてもらってるんですが、さっぱり感じないんです。
こーゆーエネルギーってものを感じるセンサーがニブったままなんですね。
それでもやっぱり封印解除のエネルギーはしっかり届いて、解除してもらっちゃったんです。
おかげで観音さまと脳内妄想会話をするようになり、ミカエルさまともお話するようになり、天使の絵を描くようになり、阿弥陀さまともつながるようになり……と、今年になってからあれよあれよと言う感じで変容が続いておるわけです。
この封印解除ワークを受けていなかったら、なにみえ遠足にも行かなかったと思うし。

というわけで、今回のイベントでも残ってる封印を解くキッカケになるかもしれないなー、と思いまして、参加させてもらいました。

その時間になり、横になっていたら、頭の上で青い光がぐるぐると螺旋を描いて昇っていくようなイメージが浮かんできました。
「おおおおおおお。これはもしかして青き女神さまのエナジー?」とドキドキしました。

そして、翌日の朝です。
NORIKOさんのブログにこんなことが書かれていました。
http://ameblo.jp/christinarosejp/entry-10128547111.html
--------------------
今回イベントに参加された方のエナジーをスキャンしたところ、慈悲の女神、観音が今回のイベントの世話役となってくれました。きっと、観音様とご縁のある方が多かったのでしょうね(*^^*)

観音からのメッセージですが、今回のエナジーイベントにより、観音のアチューンメントが同時に完了したとのこと。シンボルはロータス(蓮の花)をイメージするだけで良いとのことです。
--------------------

蓮の花!

シンクロニシティ……ですね。これって。
そうか。やっぱり蓮の花なんですね。




てことで。
今、何気にちらりと調べてみたら、なんとエジプトのイシス神殿には蓮の花の柱があるそうです……。
なんでも、蓮の花は復活の象徴らしいです。
やっぱり蓮の花なんだなぁ。ともこさんの絵のあの花は。



さて。

そんな朝の出来事があり、夜は夜でなにみえ遠足の延長でした。
P.マッシロートニーさんというプロのヒプノセラピストさんが「上」でヒプノ・ショー(?)をしてくださったんです。
私も参加させてもらいました。
私は「自分のリミッターを外す」という課題コースでした。
今までもいろんな企画(?)があったんですが、私はほとんど参加してませんでした。
でも、今回は何故か参加しなくちゃ、と思ったんです。


常磐ちゃんにお願いして「上」に連れてってもらいまして、またまた紙芝居のようにイメージが浮かんできました。

初めは一緒にヒプノを受ける人たちと少しお話をしてたような感じなんですが、いきなりイメージが変わりました。
私の頭から紫の光が天に向かって伸びまして、そのうちそれが黄金の光になりました。
(白光ではないんですよ。私はいつも黄金の光なんですね。)
三次元の私は、「あー、ハイヤーセルフとつながってんだなぁ。で、上の私はどうなってんだ?」と思いました。
すると、寝ている私の姿がイメージに浮かんできました。
「あ。寝てる…というか、催眠状態なんだな。」と思いました。

そして、その催眠状態の私から伸びている黄金の光の中に、女性がいました。
この女性の姿が見えてきた時に、目の前をさ~~っとピンクの花びらが舞っていきました。

……もう、これって、かさねさんが見たビジョンそのままやない?
と、三次元の私は驚きました。

それから、もう一つの光の柱が現れ、そちらの人と、その女性が何か話していました。
もう一つの光の人は、きっとP.マッシロートニーさんのハイヤーセルフさんなんだと思いました。
2人で何を話しているんだろう?と三次元の私は一生懸命聞き取ろうとしましたが、ぼわ~~~んとして聞き取れません。
波動が精妙過ぎるんだなぁ…と思いました。
でも、そのうち微かに声が聞こえてきました。

「……今、この子の中で外すべきリミッターは無い。封印解除のエナジーを受け取ったばかりだから。リミッターを外すなら調整が必要だ。」

なるほど、と思いました。
でも、そしたら何のために今夜私は参加したんだろう?と思いました。
すると、「上」の私と会話しているのか、三次元の私に話し掛けているのかは定かではないのですが、ハイヤーセルフさんが言いました。

「私に会うためですよ。」

ちょっとビックリしました。そんな理由だったんですか…。
そして、ビックリついでに1つ質問をしました。

「五井先生のおっしゃる『直霊』と、スピ系の人たちが言う『ハイヤーセルフ』というのは、同じですか?」

「違うものです。『直霊』はもっと波動が精妙です。けれど、すべては一つなので、あまり細かくこだわる必要はありません。」

厳密にはいろんな階層があって、いろんな振動数の波動域みたいなものがあって、いろんな形態・性質・特徴があるんでしょうね。高次の方々にも。
でも、今のところはとにかく守護霊さま守護神さま、そして縁をいただいた観音さまや阿弥陀さま、天使さんたちに感謝の気持ちを顕していけばいいよな、と思いました。








と、こんなふうに、いろんなことがつながってるなぁ、と感じさせられた2日間でした。








あ。そうそう。
ちょっと話はズレるんですが、なにみえ遠足でパートナーとなってくれているドラゴンの常磐ちゃんですが、なんと一生のパートナーとして守護してくれることになりました。
ありがたいことです。
14 : 17 : 15 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】ファンタジーだと思ってくれ。
2008 / 09 / 10 ( Wed )
【mixiより転記 8月18日】

ちょっと前に、「上」でお茶しよーよーー、という私の誘いに乗ってくれた方々と楽しい時間を「上」の広場で過ごした、と書きました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=895911245&owner_id=10671347

この日記のコメントに、かさねさんが、『お互いのハイヤーさんを見る練習』をしたよ、と書いてくれました。
私に対してはピンクの花びら、ともこさんに対しては三日月みたいな船が見えたそうです。


で、昨日。
ともこさんが携帯にある写真を添付して送ってきてくれました。
ともこさんは「道具」となって絵を描く、いわゆる「霊媒」さんだなぁ、と私は思っています。
天使さんたちの道具として絵を描かせてもらうようになった私からすると、年下さんだけれど大先輩です。

そのともこさんが、どうやらともこさん自身に関係してると感じる絵が描けた、と送ってきてくれたんです。
それが、三日月ではないけれど、少し太った三日月みたいな月と黒髪の女の子と蓮の花みたいなピンクのお花の絵でした。


パッと見て、「あ。これ、イシスや。」と思いました。
そして、じーーっと見つめていると、この女の子はともこさん自身でもあるなぁ、と感じました。
そして、不思議なのは、何故か私にも関係している絵だと強く感じたのです。
ともこさんも、かさねさんがコメントしていた「花びら」を思い出し、私にも関係がある絵じゃないか、と思ったんだそうです。


そして、突然ぱぁ~っと閃いたんです。


ともこさん、私の妹やったんやわ。


この時は、エジプトにいた姉妹か?と閃きの後に続けて思ったんですが、その後、観音様に「本当にともこさんは私の妹やったんかな?」と聞いてみたら、すぐにこれまたぱぁ~っとイメージが湧いてきました。


私、男やん。
姉妹やない。兄妹や。
妹は……イシスの神殿の巫女みたい。
お暇をもらって時々家に帰ってきて、その時に妹から神様のことや霊的知識を聞かせてもらってるのに、私はあまり理解してなかったみたい。
というか、妹が神に仕えてて普通に結婚もしないのがイヤだったみたい。


へぇー、と思いました。
早速、ともこさんにメールしました。
もちろん、本当かどうかなんて確かめようが無いので、これはファンタジーと思って読んでね、と前置きを付けておきました。
でも本当だったら面白いですなぁ~~。




それからまた、寝る前に少しそのお兄さんのことを考えていたら、またまたイメージが浮かんできました。


どうも、お父さんが早くに亡くなったみたいで、そんなこともあって、妹は神殿に結構小さい頃から仕えるようになったみたい。
自分の力不足せいだ、と内心自分を責めるお兄さん。
妹は神様に仕えるのを喜んでいたんだけど、お兄さんは自分を責める気持ちが邪魔して、妹が教えてくれる神様のことや霊的知識のことも素直に聞けなかったみたい。


罪悪感や劣等感、自分を責める気持ちって、アカンですね。
こうやって邪魔するんですなぁ。
せっかく大切なことを教えてもらっても、このお兄さんのように素直に聞けなくなっちゃうんですもんね。
あ~~、これって大きな落とし穴だよなーーー、としみじみ感じました。(布団の中で。)
今世でもよ~~~くやってたよ。同じことしてたよ~~。

これが本当の話じゃなかったとしても、私にとったらこれは大きな気づきなので、十分アリですわ。アリアリ。


で。
さらにイメージが続きまして、どうやら妹は若くして死んじゃったようです。
お兄さんは結婚して、娘も授かったようです。
この時の嫁さんと娘も、誰か知ってる人のような気がしましたが、それは分かりませんでした。
妹が若くして死んでしまったことで、神様を恨む…とまでは言わないけれど、やはり神様から心が離れていったみたいです。お兄さん。


別に不幸な人生ではなかったみたいだけど、やはり霊的な知識をちゃんと自分のものにしていないと、なんてーのかなーー……、出汁がちゃんときいてないお味噌汁みたいな人生になっちゃうんやなぁ、と思いました。
お出汁はちゃんときいてないと!




そして、今朝。
「(ピンクの)蓮の花」という文字が目に飛び込んできました。


つづく。
14 : 15 : 03 | 魂・霊性など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
◆天使の絵◆ミカエルさま×2
2008 / 09 / 06 ( Sat )
お世話になっている方たちに、天使の絵を送りつけてしまえキャンペーン中です。

まずは、NORIKOさんに送らせてもらったミカエルさまです。

ミカエルさま

そして、近所のお友達のミヨちゃんに送らせてもらった、これまたミカエルさまです。

ミカエルさま

アップはこんな感じです。

ミカエルさま

ちょっと厳しい感じだ~。
20 : 29 : 18 | 天使 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |