【mixiより転記】私の魂はいろんな魂のカケラの寄せ集めらしいのだが。
2008 / 03 / 31 ( Mon )
【mixiより転記 3月20日】

私の魂って、いろんな魂のカケラの寄せ集めなんだ、というイメージがどかんと浮かんできた、と書きましたが。


それがねー。
ほんとにそれぞれ色とりどりにキラキラしてるんですわ。
その中でもタミエル(あくまで仮称だけどさ。)の魂の輝きといったら、飛び抜けてました。
やっぱり天使って違うねぇ~~。


と、そういうイメージを感じてるうちに、はたとしました。




おお。そうか。
いろんなカケラがあるってことは、他の人たちのところにもカケラが分散してるわけだ。
いろんな色のカケラがあるってことは、それだけ共有してる他人がいっぱいいっぱいいるわけだ。

てことは。

みんなつながってるってことじゃん。




なんだ。
ワンネスって、そーゆー意味でもあるんだ。
(もちろんそれは浅い意味で、だけど。)




頭で知識として知るだけじゃなくて、イメージという体験から識ったことなので、すぐにお腹に落ちていきました。






すると、「私って、何?」という疑問が湧いてきました。
それは、とてもワクワクする疑問です。
悩める青年のそれとは違います。

私って何?という疑問。
宇宙って何?という疑問。
世界って何?という疑問。

小さい頃からのそれら疑問たちも、私の成長と共にどんどん進化していき、どんどん私をワクワクさせてくれます。

昌美先生のおっしゃる「我即神也」という答えに向かって、私の疑問はさらにどんどん進化していくんですね。
ああ、ほんとにワクワクするなー。
こーゆーのがアセンションなのかもしれないなー。
スポンサーサイト
21 : 36 : 16 | 天使 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】タミエルは堕天使だったわけで。
2008 / 03 / 31 ( Mon )
【mixiより転記 3月20日】

小学生の時でした。
悪魔ってのは元々は天使たちで、堕天使と呼ばれ、それも最高の天使がまず堕天使になったということを知り、すんげーーーーーーー違和感バリバリでした。

絶対に納得できませんでした。

それからずーっと心の隅っこに堕天使のことが在りました。



大人になって、そーゆーのは神話であって、この世の二元性を説明してるだけのことだ、と納得しようとしましたが、それでもやっぱり割り切れないまま違和感バリバリが残ってました。


ある時、
「ああ。ルシフェルは最高の天使だからこそ、闇にわざわざ出向いて、そこから人間を見てるんだ。」
と、ふと思いました。
それに気がついて、なんだかとてもホッとしたような気持ちになりました。
そして、他の堕天使たちも、悪魔になったんじゃなくて、人間として転生してるんじゃないの?って思ったのです。


もちろん、くどいようですが神話だというのは分かっています。
それがそのまま事実ではなく、ある真理を表現するための神話である、とね。
だけど、どうしてもどうしても納得できなかったのです。
ルシフェルが神様より偉いんだぞーって思い上がったために堕天したなんてね。

そんなわけで、私の中では、天から地に【わざわざお勉強のために】転生してきた天使たちも堕天使と言われてんだろうな、というところで納まっておったわけでなのですが。





タミエルが堕天使だと知り、ずっとずっと堕天使のことが気になってた自分に笑えてきました。
そっかー。
堕天使の魂のカケラが在るんだもんねぇ。
そりゃ納得できんくて当然だよなぁ。



そいえば。
観音様に魂のルーツを聞いたら、「プレアデス。」と言われたと以前に書きましたが、「なんで、プレアデスから地球に来て人間に生まれてきてんの?私。」と後から聞いたら、「お勉強のため。」と言われたんですよね。
んー。
いろんなカケラを持って生まれてるみたいなんだけど、それぞれみんな【お勉強】のために私になったってことなんですねぇ。
ま、それは誰でも同じことかー。
21 : 33 : 28 | 天使 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】タミエルという名の天使
2008 / 03 / 30 ( Sun )
【mixiより転記 3月19日】

「たみえ」と通称を変えてから少し経って、友達にメールしてる時に

「小天使たみえる より」

と書いたのが始まり。
天使って「エル」がつくやん?
たみえに「る」をつけたら天使や~、と簡単な発想でした。



で。
本題に入るその前に、ちょっと横道に。

私ね、数学脳が欠落してるのにもかかわらず、何故か大学では地学科でした。
地学科に入れてしまったのです。あれは奇跡でした。
どうして地学かと言うと、7歳の時に子供用辞典の「宇宙・宇宙旅行」という本を開いた瞬間、魂をガツっと掴まれてしまったからなのです。
それから、宇宙好きになってしまい、数学脳が欠落していたけれど、地学科に紛れこんでウハウハでいろんなことを勉強させてもらいました。
ほんとに大好きなんですな。



さて。

月花さんのイメージワーク中、ガブリエルさまとミカエルさまに「久しぶり。」と言われた魂の私。
青年の男性で、天使みたいな姿形…なんだけど、羽は無い。

それが、2~3日前のミカエルさまとの脳内妄想会話中に、どうしてもどうしても、私の魂であるあの青年が、もともとは天使で、ミカエルさまたちと一緒に仕事してたような気がしてならんくなってきました。
そして、私の魂はいろんな魂のカケラの寄せ集めで、それぞれがキレイな光を放っているけれど、天使のカケラはとてもとても光が強い…というイメージがドカンと流れてきました。



なんだ?
小天使たみえる、って、ほんとに私の中にいるのか?
まぁ、タミエルって言ったって、それは仮称だけど。



そんな話を、今日、お父ちゃんにしたら、
「タミエルって天使がいるのか、検索してやる~。」と、パソコンを開いたお父ちゃん。



いました。

タミエル。
それも堕天使。
それもそれも、天文学をやってた天使らしい。



うはーーー。
やっと分かったよ。
私が魂ガッツリ掴まれた理由。
なんでなんだ?とずーーーーっと不思議だったんだよ。
そうかー。
タミエル、あなただったんだね。

ああ、もうビックリしまくり。
21 : 16 : 11 | 天使 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】高次の存在からメッセージをもらうことについて。
2008 / 03 / 30 ( Sun )
【mixiより転記 3月19日】

お義母さんに
「観音様とお話が少しばかりできるようになっちゃいまして。」
と言ったら、お義母さんは喜んでくれました。


そしたら今日、親戚のおばさんから電話が来ました。
「○○さん(お義母さん)に聞いたんだけど、観音様と話ができるようになったんですってね。ウチの息子のこと、聞いてもらえないかな?」
おばさんの息子さんは、現在闘病中です。
子供の頃からいろいろ病気ばかりしていた子なんだそうです。

昔からおばさんはいろんな霊能師さんに観てもらい、先祖供養もたくさんしています。
それに、おばさんの姪っ子さんが、それはそれは強い霊感の持ち主です。

……あたしなんて、免許取りたて、いや、免許すら取れてなくて、自動車学校に入学したばかりのようなもんなのに。
私以外のいろんな頼りになる人たちに聞いてください。お願いします。


と、思いました。
なので、私はちょっと観音様に質問すると直観みたいに閃くことが増えただけで、そんな重大なこと聞いたって答えてもらえませんよぉ、と断りました。




私も人の親ですから、誰でもいいから教えてほしい、という気持ちは分かります。
でも、多分、人から正解をもらおうとする時期をとうの昔に過ぎたんだと思います。おばさんの場合は。
それなのに、今でもいろんな霊能師さんのところに次々と渡り歩いてしまっているのです。

その時期は過ぎた、ということを、どうやったら気がつくのでしょう。




そんなことをいろいろ考えつつも、観音様に話しかけてみました。



私は、実はこういうチャネリングって、精度が低いと思っていました。ずーーーーーっと。
神我一体に至った聖者の言葉に比べ、チャネリングの言葉というのは、どうしても翻訳で雑味が混ざるし、一体どんな霊とつながってるんだ?という問題もあるからです。

私が観音様やミカエルさまとお話をする、というのも、脳内妄想会話ではあるけれども、私にとっては【経験】としてリアルなことです。
しかし、そうであっても、そんな精度の低いものを自分以外の人に言葉で伝えるとなると、それにはおそらくちゃんとした覚悟が必要となるのです。

まだ私にはそんな覚悟はありません。
家族、それも理解のある家族内限定にならざるをえません。
おばさんでも、ダメなのです。
(日記はメモのようなものなので、そんな覚悟は要らない。)


というのが、今回のことで明確になった自分の【現状の立ち位置】なのですが、それを越えたところの、大切なことを教えてもらいました。

チャネリングって、メッセージをもらうことが目的ではない、ということです。




高次の存在とのつながりを強く意識し、そのつながり(パイプのようなもん?)から光を共有すること。



それが目的であって、メッセージをもらうことそのものは副産物のようなもの。
そして、時期が過ぎれば、チャネリングも不要となっていく。



そんなことを教えてもらい、ハッとしました。
メッセージを広く伝える役目の人は別なのでしょうけど、個人が高次の存在とつながる上で、メッセージをもらう、ということの意味をちゃんと考えたことがなかったのです。今まで。

「おばさん、時期が過ぎているのに気がつくといいのに。」

と、思ったことは、そのまま自分への教訓となって返ってきたのです。
常に【やり方】や【手段】は変わっていくのですね。成長と共に。
頭で分かってはいましたが、今回はお腹にぐっときました。







で。
観音様に、「定期的にパイプのお掃除をお願いします。」と図々しくの願してしまいました。てへ。
21 : 13 : 52 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】お義母さんを護ってくださってるのは…。
2008 / 03 / 30 ( Sun )
【mixiより転記 3月18日】

オカンが「観音様に私のことも聞いといてー。」と言うので、「観音様、オカンを強くサポートしてくださってる守護の神霊はどなたですか?」と質問したら、「いっぱい。」と言われたのですが。

お父ちゃんの実家でのんびりしてた時、ふと思って、お義母さんのことも聞いてみよう、と質問してみたら、どうもガブリエルさまのようで。



なんで?
お義母さん、キリスト教とかと縁があるって聞いてないけどなー。
あれ???



そしたら、そのすぐ後に、お義母さんが自分から
「私ね、小学生の時に教会の日曜学校に通ってたのよ~。」
と言うではありませんか。
息子であるお父ちゃんも知らなかった事実であります。


お~~~。
実家からの帰り道、車の中でもう一度質問してみたら、やっぱりガブリエルさまっぽい。
「子供の頃から一緒にいますよ。」とのこと。
おお~~~。


家についてからお義母さんに電話して
「お義母さんを強く護ってくださってる方ってね、ガブリエルさまみたいなんですよ。天使なんですけどね。」と言うと、
「ガブ…??どんな天使?」とお義母さん。
「えっと。絵が好きなお義母さんなら、多分見たことあると思うけど、受胎告知って絵に出てくる、百合を持った天使ですよ。」

お義母さん、ここでビックリ。

お義母さんは百合が大好きだし、昔、「あなたを絵にすると百合だ。」と百合の絵をもらったこともあったそうで。
なにかと百合と縁があるのだそうです。

ですから、とても喜んでました。お義母さん。


自分を強くサポートしてくださってる守護の神霊がどなたなのか、分かると誰でも嬉しいものなんですね。
なんだか近く感じるからかなー?
21 : 11 : 29 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】確信を持って。
2008 / 03 / 28 ( Fri )
【mixiより転記 3月17日 】

娘の写真ってのは、携帯で撮ってることが多くて、つまり携帯のメモリカードにたんまり写真が記録されてるってわけなんですが。






携帯のメモリカードにアクセスできんくなっとる。





どうしよう。
ちょっと出先で、車の中で息子と娘と一緒にお父ちゃんを待ってた時に気がつきました。

多分、昨日、動作がオカシクなって強制再起動してからや。
メモリカードなんて抜いたことないぞ。
どうしよう。
とりあえず抜いて見てみるか。





やっぱりダメだ。


ようし。
再起動だ。


これもダメだ。



えーん。
娘の写真がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
バックアップしてないよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。












お父ちゃんに報告。

「もしかしたら、メモリカードじゃなくて、携帯の方がオカシイのかも。」


おおお。
それならデータは生きてるってことだ。
それでいこう。



帰りの車の中、ふと思って、携帯を手にしてSVF(シルバーバイオレットフレーム)のマントラを唱え、何かひっかかってるモノがカチっと正常になる感じをイメージしつつ、紫銀色の光で携帯を包むイメージも同時に描いてみました。
もちろん、紫銀色の光は目視できんままですがね。



絶対に大丈夫。
これで大丈夫。
確信を持ってやれば絶対に大丈夫。





よし。
再起動。




あ。
使えた…。
直った。
メモリカードにアクセスできるやん。





うはー。
すげー。私。(いや、違うって。)








で、後からミカエルさまに言われました。

「だからさ、今教えただろ?確信を持ってことに当たれって。」


あ、そういうことですか。
バックアップはこまめに、って教えじゃないのか。(いや、それもあるって。)
22 : 40 : 15 | ミカエル | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】はっきりくっきりイメージせよ。
2008 / 03 / 28 ( Fri )
【mixiより転記 3月13日】

お父ちゃんがたまたま見つけた以下のサイトの「スピリチュアルサイトへ」→「神との対話」→「お金と報酬」に書かれていることにちょっと考えさせられまして。
http://www.leo-japan.com/


なるほどなぁ~、と思いつつ、観音様にまたまた質問してみたところ、



ちゃんと自分が天命として、何をすべきか、何をしたいのか、をもっともっとハッキリとイメージしなさい。
じゃないと、お金という形も含めて、サポートしたくてもできない。



というようなことを言われました。

くーーーっ。
痛いとこ、つかれました。

そうなんですよねぇ。
しっかりイメージせんことには、そりゃサポートもしてもらえんよなぁ。

でも、これが案外難しいのです。
ものすごーーーくハッキリと『自分も他人も幸せになるために、自分のすべきこと・したいこと』をイメージできてる人って、少ないと思うんですよ。

でも、これが大きな宿題なわけです。今の私には。
22 : 37 : 58 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】大日如来さまとお不動さまとミカエルさま
2008 / 03 / 26 ( Wed )
【mixiより転記 3月12日】

昨日、弟1号と電話しまして。


「でさー、ミカエルさんはお不動さまと同じようなもんらしいんよ。働きとしてさー。」
「へー。そりゃ、そーゆー人が守護してくれてるんだから、(今借りてる)家にいるお大師さまを、(豊橋の霊能師の先生が)たみえさんがお世話するように、って言ったのも納得やん。」


なんで?

「弘法大師って真言宗やん。」


だから、なんで??

「真言宗って中心の仏が大日如来やん。だからやん。」

は?大日如来が真ん中なのは知ってるけど?だからって?

「大日如来の化身がお不動さまやん。知らんかったの?」

…知りませんでした。
そっかー。だから(オカンがお世話になってる)真言宗のおっさまは、お不動さまにお力をいただいて『なんでも分かっちゃう』んだー。
なんでお不動さまなんやろ?って不思議やったんよー。




そういえば。

まだ豊橋の先生のところに行く少し前、五井先生のことも知らなかった時のことです。

1月生まれなので、前年の干支が自分の干支になるってことで、申年の私。
オカンが
「申年のあんたの守り本尊は大日如来やで。」と、ご真言を教えてくれてました。
そして。
あの日、近所の薬局でやってた美顔エステの予約を入れてあったので、体調は悪かったのですが、薬局に行きました。
エステをしてもらってる最中も調子は良くなかったので、
「あー。調子わるー。ご真言でも唱えよ。」
と、心の中でご真言を唱え始めました。


すると、少し経って突然、どかーーーーーんという衝撃音と共に、私の頭のてっぺんから爪先にかけて、全身に金色の光が通り抜けて行ったのです。

どえれーびっくりしてまったがね!
弟やオカンと違って、霊感なんてあらへん私はそんな経験今までなかったんやもん~。
なんやこれ???って、エステ中やなかったら飛び起きとるわ~~。

と。
あまりにビックリして、ちょっと怖くなって、ご真言を唱えるのを止めてしまいました。


そいからそんな経験は一度もないのですが、そんなことがあったのを思い出し、弟に言うと、

「ほらー。やっぱり大日如来でしょー。ご縁があるんやてー。疑う余地あらへんがねー。ミカエルさんが守護天使でもおかしくないがねー。」

と、言われました。


なにごとも、縁のない現象はありませぬ、と。







んで、あの金色の光は、やっぱり………。
21 : 53 : 08 | ミカエル | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】今日の午後の脳内妄想会話
2008 / 03 / 26 ( Wed )
【mixiより転記 3月10日】

本棚に、「天使の世界」という本があります。
沼津にいた頃に買ったので、10年以上前に買ったものです。
天使についてあれこれ書かれておりまして、読み切ったわけではないのですが、たまに思い出してはちらちらとページをめくったりしてました。

そういえば、家族の中で私だけが小学生の時にプロテスタントの教会に行ってました。
クラスメイト数人で日曜学校に通ってたのです。
誘われて行き始めましたが、2年ほど通って、おこずかいで分厚い聖書も買いました。
今でも持っています。その聖書は。



そう思うと、キリスト教にご縁が少なからずあり、そっち系の天使さまともご縁があってもおかしくないわけですな。
五井先生の本でも、「老子講義」はなかなか自分の中に入っていかないのに、「聖書講義」はすすすすーっと入っていきましたもんね。



さて。
守護の神霊をどのように認識するか、は、それこそ文化的背景に関わるところが大きい、というのは多くの人が納得してくれるものだと思います。
仏様と感じるか、八百万の神様と感じるか、天使と感じるか。
もちろん、神霊個々のエネルギーの違いはあるんでしょうけど、それに形を与えるのは人間側だ、ということです。
「エンジェル・ガイダンス」の中でドリーンさんも同じようなことをおっしゃってました。


それで。

前々から思ってたんですけど、
ミカエル様ってお不動様と同じ感じだよな~。
ラファエル様ってお薬師様と同じ感じだよな~。
ってね。

んじゃ、私の大好きなガブリエル様はなんでしょうね??



子供たちがお昼寝してた今日の午後。
脳内妄想会話中に、ガブリエル様を呼んでみました。
ダメもとで。


そしたら、来てくださったのですよぉぉぉぉ。
ガブリエル様。
もーー、嬉しくなっちゃって、涙が出ちゃいました。(目はつぶってたけど。)
「あのー。ガブリエル様って、観音様と同じようなエネルギーなんですか?」
と、聞いてみました。

「違う。」と即答。

あ、違うんですか。ごめんなさい。
優しい感じが似てるっちゃあ似てる感じがしたんだけど、違うんだー。

で、今度はミカエル様にも聞いてみました。
「あのー。ミカエル様はお不動さまと同じようなエネルギーなんですか?」

「まぁ、そんなようなもん。」

あ、そうなんですか。こっちは同じカテゴリで良いんですね。

で、で、ラファエル様にも聞いてみました。
「あのー。ラファエル様ってお薬師様と同じようなエネルギーなんですか?」

「そう思っても差し支えないよ。」

あ、いいんですか。
なるほど。



さてさて。
そんな会話の後、再び観音様にいろいろ聞いておりました。

「私はアトランティスにも生きてたんですかー?」
「いたよ。」
「レムリアにも?」
「いたね。」
「んじゃ、その前ってゆーか、もっと昔はどこに……」
と、質問の途中で
「プレアデス。」
というお答えが。
「えー。そうなんですかー?オリオンでもなく?」
「違う。」
「シリウスでもなく?」
「シリウスは経由しただけ。」
「あら。そうなんすかー。へーー。」
実感はありませんので、ほんとに「へー。」であります。


さらに、質問は子供たちのことへ。

「息子たちは、私たち親にいろんなことを教えるってのが生まれてきた目的の1つですよね?」
「そうだね。」
「娘なんですけど、私は金星から来たと思うんですが、そうなんですか?」
「単純にそうだとは言えない。」
「…??えっと、それって魂まぜまぜってことですか?」
「そんな感じだね。」
「じゃあ、金星から来てる部分もある、と?」
「そう。」

おー。


と、ここで、金星つながりで、五井先生のことを想いまして。

「五井先生ぇー。」と呼んでみました。
これまたダメもとで。
今まで呼んでみたって「あいよ。」と返事してもらったことなんて一度もありませんからね。
ええ、ダメもとですよ。

そしたら、ですよ。

「あいよ。」と言われたんですよ。

ひゃー。
五井先生ぇぇぇぇぇぇ。
嬉しすぎです。たまりません。

「五井せんせぇーー。五井先生のお祈りと教えのおかげで、私はここまで来ました。ほんとうにありがとうございます。ありがとうございます。」
と、喜びの中でお礼を言いました。
すると、
「よく頑張ったねぇ。」と労っていただきました。
ひゃーーーーーー。

「そんな、五井先生のおかげです。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。」
と、さらにお礼を言いまくったら、
「もう、そんなに言わなくってもいいからね。」
と、言われました。
なんだか笑ってる五井先生のお顔が浮かびました。




あ。
会話の最後の最後に、
「あ。私の中にずーーーっと昔から住んでる『少年』って、もしかしてミカエル様?」と、ハタと思ったら、
「やっと気がついた?」と、ニヤリとした顔(だと感じた)で言われました。
…そうなんすよ。
私の中に、永遠の少年が住んでるんですわ。昔っから。






と、これらは脳内妄想会話、です。
ハッキリ声が聞こえるとかじゃありません。
あしからず。


それでも、それは心を開いていく過程でもあると感じております。
21 : 49 : 49 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】甘酒&守護天使さま
2008 / 03 / 26 ( Wed )
【mixiより転記 3月10日】

もち米(自然農の赤米を精米したやつ。去年の夏に虫がわいちゃったやつなので、仕方がなく精米したので白いのよ。)と米麹で甘酒を作りました。

シャトルシェフを使ってみたけど、多分炊飯器の保温(蓋をあけておいて布巾をかぶせておく)の方が良いと思いました。
シャトルシェフだと60℃をキープできなくて、何度かとろ火で熱を加えたので。

甘酒は点滴代わりになるくらいだそうです。
毎日ちびちび飲みたいと思います。


さて。

観音様と脳内妄想会話をするようになってから1カ月くらいになるんですかねぇ?
先日、本屋に行ったらドリーンさんの『エンジェル・ガイダンス』という本がドカンと目に入りました。
買うつもりは無かったんですが、気がついたら買ってしまいました。

でも、買って正解だったと思います。
脳内妄想会話だけじゃなく、いろんな能力を鍛える方法が書いてあり、なるほどなるほど、と読み進めております。

で。

その本の中に、「自分の守護天使は誰なのか、聞いてみましょう。」という練習があって、やってみました。

私、月曜日生まれだからガブリエル様じゃないのかなー?
ガブリエル様って、私の中でとってもキレイなまっすぐな髪の美しい天使ってイメージだからなぁ~~。
そんな天使様が守護してくれてたら嬉しいよね~~。

なーんて思いながら、目をつぶって聞いてみました。
「観音様以外で、私を守護してくださってる天使様はどなたですか?教えてください。」


そしたら。



「ミカエル。」



って言われました。
それも、ミカエル、と文字までほんのり浮かんで見えたような気がしました。





えー。
ミ、ミカエル様っすか…。
いろんな方のところでスパルタ教育をされてる、あの大天使ミカエル様っすか??
えーーーーー??


どうしましょう。
これからスパルタされちゃったら…。
いやん。
打たれ弱いのに。私。
いや、別に守護されてるのがイヤって意味じゃないんだけど……あのー、マイルドにお願いします。
あまり厳しいと、泣いちゃうから。あたし。


と、ドキドキしてしまいました。


ちなみに、私の中のミカエル様は、金髪巻き毛の少年っぽい、ちょっとやんちゃチックなイメージであります。
マジでやんわりお願いします。ミカエル様…。
21 : 47 : 23 | ミカエル | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】月花さんのイメージワークをやってみた。面白かったよぉ。
2008 / 03 / 25 ( Tue )
【mixiより転記 3月4日】

サーフィンしてたら、月花さんという方のブログに辿り着き、載っているイメージワークの記事に目が止まり、軽い気持ちでやってみました。

興味ある人は、まずそちらをどうぞ。
てか、文章を読みながらイメージするだけなので、面白いですよ。
すぐできるから今すぐやってみそ。
(んでもって、よかったら結果をコメントに書いてみそ。)

天使とお茶会第一夜↓
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-125.html
第一夜のネタばらし↓
http://moonandflower.blog99.fc2.com/blog-entry-126.html#more








で。

イメージに浮かんできた私の姿ってーのが、今の私とは似ても似つかない、ゆるくウェーブのある長い金髪の男性っぽくて、白いドレープを着ていて素足なのです。
身体は今の私より大きくて、なーんかキレイな人って感じなのです。
天使に非常に近いイメージなのです。


そしたら、ネタばれで、それは今現在の、肉体という縛りから解き放たれた魂の本質だ、とあるではないですか。

えーー。
私の魂の本質さんって、ああいう感じなの?と、嬉しいやらビックリやら。

そして、守護獣は、何故か豹。
思ってもいない守護獣が登場しました。龍とかじゃないんだー。
名前は…?と思ったら「ガウラ」という言葉が浮かびました。
そうかー。ガウラちゃんってゆーのかー。
大人しくて、美しい豹でした。ガウラちゃん。

それから、大樹にも長いストレートヘアの穏やかな美しい女性的な天使さんにも、「とても久しぶりだね。」と言われました。
ちなみに、第二夜のゆるやかな巻き毛の金髪で少年のような青年の天使にも「ほんとに久しぶりだなぁ。」と言われました。

宝石は、赤色なんだけど、他の光も混ざっているキレイなものでした。



んー。
天使に「久しぶり。」と言われるってことは、天使(とかそういう上の方々)との繋がりが回復してきたってことなのかなぁ?
確かに観音様と仲良くさせてもらってるしなー。
んんんー。
なんか、ワクワクしちゃいますわ~~。
22 : 06 : 50 | おすすめ | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】お風呂の中で観音様とお話
2008 / 03 / 25 ( Tue )
【mixiより転記 3月3日】

夕べも観音様にいろいろ教えてもらいました。
お風呂につかりながらじっくりね。


お父ちゃんの「サナート・クマラさま」に関する懸案。
ええ。落ち着いて質問してみました。

お父ちゃんは、サナート・クマラさまを起点として、守護神さまのことは自分で探しなさい。とのこと。
おお。やっぱり自分で探せ、なのですな。

で、
お祈りとは別に瞑想もした方がいいね。とのこと。



要約するとこんな感じなのですが、お風呂上がりに速攻でお父ちゃんに観音様からの伝言を伝えました。

そしてお母ちゃんは先に寝たのですが。


お父ちゃんは、どうやらネットでサナート・クマラさまのことをアレコレ検察したらしいのです。
でもって、いろいろ読んでるうちに、「ああ、だから俺は自然農をやってるんだなぁ…。」と、しみじみ感じたらしいのです。

が。

私に上手に説明できないそうなので、何がどういう理由で感じたのかは分からんのです。非常に残念。
それでも、何か大切なことを感じたってことは分かったので、良かったなぁ、と思いました。

そして、お父ちゃんは続けて瞑想についても調べたようで、簡単な瞑想のやり方を実践したそうです。
そしたら、いつもよりぐっすり眠れたらしいのです。

おお。それも良かったんじゃないの?と思いました。
なんとなくね。


きっと、プチ瞑想でもいいから続けて、サナート・クマラさまのことを意識していれば、何かメッセージが飛び込んでくるようになるんでしょうね。
楽しみですね~~。



さて。
それから自分のことも聞いてみました。







「私の痔は、なんで再発してちょっと悪くなってきてるでしょう?」
という質問。いやん。


一番良くないのは、身体の歪みだそうです。
特に娘を抱っこするのに、どうしても利き腕の方をよく使うので、どんどん歪みが溜まるそうなのです。
それを解消していくために、今は「ゆる体操」をするといいよ、とのことでした。

少しずつでも、気長に続けることが大切なんでしょうね。



観音様、ありがとうございます。
22 : 02 : 40 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】観音様にオカンのことを聞いてみた。
2008 / 03 / 24 ( Mon )
【mixiより転記 2月27日】

午後のまったりした時間、娘も息子(まだ体調が万全じゃないので昼食後お帰りしている。)もお昼寝。

お茶を飲んで、本でも読もうとしたんですが、オカンに「私のことを観音様に聞いといて~。」と言われたのを思い出し、観音様との脳内妄想会話を始めました。

先日、実はお父ちゃんのことについて、観音様に
「私にとっての観音様みたいに、お父ちゃんにとってはどなたが強くサポートしてくださってますか?」と質問してみたところ、

「自分で探しなさい。」

との答えだったのです。
(それでもしつこく聞いたら、サナート・クマラさまだと言われてビックリ。「五井先生の言う『金星の長老』やん。長老さまなのー???」と脳内小人の私が右往左往。これについてはまだ謎だらけなので、そのうちまた観音様とお話してみたいです。はい。)

また自分で探せと言われるかと思いきや、オカンの場合は

「いっぱい。」

と言われました。
いっぱいサポートの方がいて、どれって言えないそうな。

そこからオカンについていろいろ質問をしたのですが、ちょっと性格的にキツい部分があるうちのオカンの、その困った部分というのがどこからくるのか、を聞いてみました。

「たくさんの過去世からの積み重ねで、今世でも、自分を赦せずにいる。そして自分を赦せないから、人も赦せない場合が多い。」

と教えてくれました。

五井先生も「自分を赦し、他人を赦し。」と言ってますが、オカンの魂の課題はそこにあるということです。
「五井先生のお祈りがあるから、それでクリアしていけるけれど、もっと自分を赦すということに意識を強く持っていきながら、お祈りの中に入っていくようにしなさい。」とも教えてくれました。


会話の途中で娘が起きてしまったので、脳内妄想会話はそこで中断となりました。
それで、早速オカンに電話しました。
こーゆーのって、メモするか誰かにすぐに話さないと詳細を忘れてしまうからです。
(この電話の時に、マイミクのくみちゃんが何度も電話を入れてくれたみたい。ごめんねぇ。)




話を聞いて、オカンはとても納得していました。
オカン自身も分かっていたことではあるのですが、それが魂の課題である、ということに非常に感慨深げでありました。
何か、お腹に落ちたような、そんな感じでした。

私も、不思議な、そして深い感謝の気持ちが沸き上がってきました。
ありがとうございます。
ありがとうございます。

脳内妄想会話がどんどん進化しております。
ありがとうございます。
ありがとうございます。
23 : 12 : 08 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】「消えてゆく姿」
2008 / 03 / 24 ( Mon )
【mixiより転記 2月26日】

んなもんねー、私ごときがでもですよ、五井先生の教えについて語ろうと思ったらですね、1時間はかかるってなもんでしてね。

それでも、すんげーー要約しますとね。

まず、五井先生って何者かと言いますと、過去世でどえらい修行をいっぱいされて、もう転生せんでもええよってくらいの方だったんですが、救われていない人たちのために、わざわざ再び肉体の世界に来てくださった方です。
そうは言っても、受肉というのは「忘却の河」を渡ってくるわけですから、肉体の先生も忘却されてることがいっぱいで、そのために苦しい修行をされ、肉体があるまま「神我一体」に至ったのだそうです。

神我一体については、五井先生が唯一そうである、というわけではなくて、霊性進化を続けていけば誰でも至るところではあるのですが、今の私からするとエベレストの頂上くらい果てしないところであります。
『あるヨギの自叙伝』を読まれると、そのあたりについてはよく分かると思います。
インドにはそういう人が比較的多くて、ビックリしちゃいます。
ずっと昔から現在まで、いろんな場所でいろんな聖者が、いろんな方法(教え)で人々を救おうとされてきているんですもんね。
しかし、インドは多い気がするーー。



さて、そんな五井先生が我々のために神界との約束をとりつけてくださいました。
『世界平和のお祈り』をすると、救世の大光明がさーーっと降りてくる、というものです。

ただし。

我々の側に大問題がありまして、いわゆる負のカルマがたんまりあって、それが分厚い雲のように覆っていて、なかなか大光明が届かないのです。
なので、お祈りをしたからと言って、たちどころに清められるというわけではないのですが、徐々に雲が少なくなっていき、我々にも「ああ、光が差し込んできたわ。」と感じられるようになってくるのです。
私の場合で言いますと、私は10年ちかくちびちびとお祈りをさせてもらってますが、最近気がついたら『私の真ん中でいつも世界平和の祈りが響いている』と感じられるようになってきました。
そうやって、徐々に清められていき、人生もどんどん変わっていくわけです。

そして。
もうひとつ言いますと、五井先生の教えには「消えてゆく姿」というのがあります。
人間はもともとは神そのものであったのですが、神界から霊界、霊界から幽界、幽界から肉体界へとディセションするに従い、波動が粗くなりますね。
その粗い波動の世界に降りてきて使命を完うしようとしてるうちに、神様とのつながりを忘れてしまったわけです。
神様と隙間ができてしまったわけですね。
それがキリスト教で言うところの『原罪』なんでしょう。
そこから負のカルマを生み出されていくわけですが、人間のそういうよろしくない想念や行為は全て幽界に溜まっていくのであります。
過去世からの負債がどれだけあるかって想像するだけでゾゾ~っとしますね。
あまりに我々の負債が大きすぎるので、守護霊さま守護神さまが肩代わりして消してってくれてるそうなのですが、もちろん全部を肩代わりしてくださるわけではありません。
返さなければならないものは返さなければならないのです。

つまり、その溜まっていったものが、いろんな条件がそろうと、ぼろっと現れてくるのです。
それが病気だったり事故だったりケンカだったり…と、さまざまなのですが、ありがたいことに、それらは『消えるために』現れるのです。
そうなんです。実はありがたいことなんです。
消えてゆく姿、なのです。
しかし、残念なことに我々は消えていこうとして現れるそれらに怒りなどを感じて、また掴んでしまうことが多いのです。

そこで、先生は「消えてゆく姿(に対する負の感情)は、お祈り(救世の大光明)の中に入れてしまいなさい。」と教えてくれているのです。
それは感情を押し込める、という意味ではないのです。
感情はちゃんと感じて、それを掴まないようにしなさい、ということなのです。


が。

それが、実際にはなかなか難しいのです。
簡単ではないからこそ、少しずつでも日々お祈りを続けて、救世の大光明が届きやすい自分になっていくこと、守護霊さま守護神さまがお助けしやすい自分になっていくことが必要になっていくわけです。
そうすると、「消えてゆく姿」に対しても上手に対応できるように徐々になっていけるのです。


あー。長かった。
すんげー『はしょった』けど、それでも長いよーー。


なんでこんな説明をしたかというとですね。

実は一昨日の日記の補足があるのです。

観音様に過去世の残った想いを光で包んでもらった…と書きましたが、『お金が無くて子どもを育てられなかった』という想い以外にも、いくつか思いついたものがあり、次々と光で包んでいただいたのです………が。

朝起きたら、思い出せないのです。

ちゃんとしっかり意識はあったんですよ。
なのに思い出せないのです。
どうやっても思い出せないのです。


そのことについて、今日弟1号に話したところ、
「消えてゆく姿やね~。消してもらえたんやね~~。良かったね~~。」と嬉しそうに答えてくれました。


おお。
そうか。そうなのか。
消えてしまったから思い出せないのか。






……うわー。
それって、すごいことやん。






弟に言われて、観音様のお慈悲に感激を新たにしたお母ちゃんなのでありました。
ありがとうございます。
ありがとうございます。





*****
なんとなく、世界平和のお祈りをしてみてもいいかな?と、思ったら、今すぐお祈りしましょう。
宗教宗派に関係ないお祈りですんで。

世界人類が平和でありますように。
日本(自分の国名)が平和でありますように。
私たちの天命が完う(まっとう)されますように。
守護霊さまありがとうございます。
守護神さまありがとうございます。
23 : 08 : 53 | 五井先生 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】残ってた想い
2008 / 03 / 24 ( Mon )
【mixiより転記 2月24日】

37度ちょっとの微熱と鼻水でダルダルだった昨日。
お父ちゃんにスーパーでお寿司を買ってきてもらい、それで夕食とするくらいダルダルでした。
(しかし、お寿司ブーム真っ只中の息子は大喜び。)


なので、横になったらすぐに眠れるかというと、そういうわけでもなかったので、いつものように世界平和のお祈りをしておったのですが、突然、ふと思いまして。

よく【引き寄せの法則】って目にすることが増えました。
しかし、氷山の一角である顕在意識がどれだけ強く願おうとも、潛在意識またはその奥の魂の願い・想いの方が世界を創造する力は強いわけで、いくら顕在意識の『私』が「お金持になりたいのっっ。」と願っていても、もしも顕在意識下の私の中にネガティブな想いがあったり、魂の計画があったりしたら、思い通りの世界にはならないわけです。

そんなことは分かっていたことなんですが。
なんだか、ふと頭に浮かんで離れなくなりました。

それで。
とりあえず、魂の計画は先の話としておきまして、現世だけでなく、過去世からの『想い癖』を探して観音様の光にさらけ出すというのが良いのでは?と、これまたハタと思いまして、息子と娘に挟まれて窮屈な姿勢のまま、目を閉じて観音様とお話してみました。


たとえば。
「お金が無くて、子どもを育てられなかった『私』もいるのかなぁ?」
と思いついたことを聞いてみると、
「いるよ。」
と間髪入れずに、そう言われてるような気がしました。

そっか。
そりゃ大変だったろうなぁ。
辛かっただろうなぁ。
お金に対するネガティブな想いが残っても当然かもなぁ…。
観音様、光で包んであげてね。


こんな感じの会話が少し続いて、知らない間に眠ってしまいました。



たくさんの前世で、たくさん残ったままの想いがゴロゴロしてるんでしょう。
守護の神霊が大半を大掃除してくれていても、自分で探し出してあげないといけない想いもあるんだなぁ、と思ったお母ちゃんなのでした。
23 : 06 : 08 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】NORIKOさん経由でメッセージをいただきました。ありがとうございます。
2008 / 03 / 24 ( Mon )
【mixiより転記 2月20日】

マイミクのNORIKOさんが、某コミュニティに参加している人たちにそれぞれ、天使や女神からのメッセージを伝えてくれています。
ありがたいです。嬉しいです。


で。
私へのメッセージもアップされてました。
------------------------------------
あなたはすでに何をするべきか知っているという、既知感、これはあなたの中にすでにある叡智。
そして、天からのメッセージをダイレクトに受け取ることがとても上手。
あなたの中に眠る叡智は、計り知れないパワーを宿していて、これからもあなたの道しるべとなるでしょう。
------------------------------------


おおおお。
予想外のメッセージです。
私の場合、きっと観音様からのメッセージなんでしょうけど、驚きです。
そうなんですか?観音様。天からのメッセージをダイレクトに受け取るのが上手っすか??私。
と、いう驚きと。
私はすでに何をするべきかを知っているという『答え』に驚きました。

「自分の魂が真に求めることって、何だろう?私は何をすべきなんだろう?」とぼんやり思うことが多くなったのです。最近。
もちろん、五井先生のお祈りの言葉の中の『私たちの天命が完うされますように。』がどれだけ深い意味を持っているのかは少しずつでも感じられるようになってきて、私の天命って何?なんて頭で考えることはあまり意味がないなぁ、って思えるようになってきました。
それは魂が知っていることで、小自我の私が考えて分かることではないですから。(だからこそ祈るのですね。)

でも、それとはまた少し違った切り口というか、違ったアプローチというか、そんな感じでぼんやりと思うことが増えたのです。
私の魂が真に望んでいることって何だろう?何をすべきなんだろう?って。


私は、私の魂の望むことを、もう知っている。
それは、私の中の無限なる叡知が教えてくれている。


そうかー。
そうなのかー。
私の中の無限なる叡知により、私は導かれて行ってるんですね。

ありがとうございます。
ありがとうございます。
23 : 03 : 42 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
【mixiより転記】封印は解除された…と思うんだけど。
2008 / 03 / 24 ( Mon )
【mixiより転記 2月11日】

年末年始にかけて、マイミクのNORIKOさんの「封印解除ワーク」を3回受けて、自分自身の封印が何か、は分からないままでも、ある日(今年の初観音の日!)突然「お。私は自分自身に許可していいんだ。」と素直に思えまして。
以前日記にも書きましたが、自分に許可していいという気持ちにどうしてもなれなかった私にとっては、ちょっと驚きにも似た感覚を伴っておりました。

だからって、何かサイキック能力が開花したとかっていう劇的なことは一切なく、それどころかココログにもmixiにも日記を書く気にならないくらい停滞気味に。
まぁ、溶連菌騒ぎもあったんだけど、何か身体が重たいし心もちょっと重たいのですな。


ところで。

NORIKOさんのワーク中に、私には観音様のサポートが強いと教えてもらい、それから時々観音様に話しかけたりしておるのですが、別に観音様の声が聞こえるわけもなく、相変わらず何も能力は目覚めてはおらんのですが、面白いことに「観音様。教えてください。」とお願いすると、ふと思いつくことが増えました。

そこで、ゆうべ布団の中で、「なんで私は今、こうなんでしょう?」と観音様に尋ねてみたところ、間髪入れずに「サナギの状態。」という言葉が浮かんできました。

おおおお。
サナギね。サナギ。
そりゃ、どんより停滞気味なはずだーー。

と、妙に納得しました。


2月7日は南極で日食があったそうで、えらいエネルギー当たりを起こしてる人が多いとか。
また、今日、2月11日もエネルギーシフトがあるらしいですし。
おかげで朝から頭痛ですわ。(我慢しようとしたけど、お母ちゃんは寝込んでられないのでセデスを飲んだんだけどね。)

こういうどんどん加速するエネルギーシフトに合わせるためのサナギ状態なのかもしれないなー、なんてぼんやり思ったお母ちゃんなのであります。



前に観音様に教えてもらったこと、ちゃんと噛みしめなければ。
http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2008/01/post_b3f3.html
http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2008/01/post_6256_1.html
23 : 00 : 50 | 観音様 | コメント(0) | page top↑
はじめに。
2008 / 03 / 24 ( Mon )
ずっと他のブログで日記を書いてましたが、スピリチュアルな記事に関しては別にした方が良いと感じるようになってきたため、こちらを開設しました。

はじめまして。

たみえるです。
2人の小さい子のお母ちゃんです。
息子はダウン症です。
娘は最近になって、ある方からキッパリと「クリスタルちゃんだね。」と言われました。
うすうすそうかと思ってましたが。
お父ちゃんはお百姓をしています。自然農という行をしてるようなもんです。

私のオカンと弟1号は霊感が強く、昔からあっちの世界の話題が日常的だったのですが、私自身は霊感というものとは無縁でした。
それでも、五井先生の世界平和のお祈りをちびちび続けているうちに、いろんな縁をいただき、あるライトワーカーさんから封印解除ワークというものをしていただいた途端、観音様やミカエルさまとお話ができるようになってしまいました。

いえ、お話と言っても、声がリアルにどかーんと聞こえるわけではありません。
脳内妄想会話…と言えばそれまでなのですが、それでもやっぱりただの妄想ではなく、ちゃんと観音様やミカエルさまとつながってると感じるのです。

こういうことは、実は誰でもできることらしいのですが、自分はムリとか関係ないと思い込んでいるために高次の方々のメッセージを認識できないのだそうです。

私の場合、恐れがありました。
本当は高次の方々と強くつながりを感じたいと思っているくせに、そうなったら自分がどうなるのか分からない怖さ、傲慢になるのではないかという怖さ、良くない存在を認識してしまうのではないかという怖さ……いろんな恐れがありました。

けれど、霊性の進化の過程にあって、私はどうしても自分の中の封印を解きたくなったのです。
そういう時期に入った、ということなのでしょう。
封印解除ワークをしてくださったライトワーカーさんから、「観音様のサポートが強いですよ。観音様が話しかけて欲しいと言ってますよ。」と教えてくださったので、素直に従ってみました。

それが今年の初めのことです。
観音様とお話ができるようになって、まだ少しの時間しか経っていませんが、自分の中では次々と大きな気づきと変化が起こっています。






地球のアセンション、人類のアセンション、そして私自身のアセンション。
どんなふうになっていくのかは分かりませんが、私は私の天命を完うさせていただけるように、そして私や周りの人たちがどんどん成長していけるように、と、いつも祈っています。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

22 : 55 : 27 | はじめに。 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |