悲しいくらい滑稽な生き物…なのだけど。
2014 / 07 / 03 ( Thu )
朝起きても、まだ少し左腕に痛みが残っていて、
そして、身体はだるく重く、
朝の家事をして、朝食を少し食べてから、ゴロゴロしているうちに眠ってしまいました。

眠りから覚めてもまだ起き上がるにはだるくて、横になったまま、
そのうち、私の中の『マリア』との会話が始まりました。


マリアは、いわゆる過去世の人で、おそらくスペインの港町で生きた女性でした。
周囲にどう思われようが、心のまま自由に生きた女性でした。
ファウの中から分離し、再統合した『白雪』の面が色濃く出た人生を生きた女性でした。


たくさんの「もっともらしい理由」でもって包み隠していた本心を、彼女は私の意識の上にさらけ出してきました。
悲しいくらい自分が滑稽な生き物のように感じました。
けれど、触れたくない本心を突きつけてくるマリアと向かい合っていました。


だって、それこそが私だから。
触れたくない見たくない隠していたい本心こそが、ほんとうの私の願いであり、そういう自分になりたいというほんとうの望みなのだから。





すると、
さきほど、サッチモさんの明日の占いが目に入りました。
http://maydayangels.blogspot.jp/2014/07/742014.html

☆山羊座☆
今より幸せになれる場所や世界に行くことができるだろう。きっと誰かがきっかけとなって、その場所へ行くのだろう。でも、君が心から変わりたいと思った結果なんだ



泣きそうになりました。






と。
この日記を書いていて、マリアがこのカードと重なって感じました。



「節制」なんてところから一番遠い生き方をした人なのに、おかしいね……なんて思い、カードをシャッフルして1枚ひいてみたら、ほんとうにこのカードが出ました。




でも…そうね。
マリア。
貴女は、やっぱり「節制」の、このカードの天使かもね。
スポンサーサイト
21 : 43 : 23 | マリア | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |